2017 / 10
≪ 2017 / 09 2017 / 11 ≫
Page.1425

[ああ勘違い!]
ご先祖様が名門土岐一族だとばかり思ってたら大きな勘違いでした。
伯父曰く、私のご先祖は天下の謀反人明智光秀ゆかりの者だって~(-´ω`-)シュン
笑い話にもなりませんが、曽祖父は生涯で転職した回数は数えきれないほどで、カッとなるとすぐ辞表を提出の繰り返し、そのため履歴書が柳桑折(やなぎごうり)いっぱいになるほどだったそうです(おバカぶりは遺伝してるようで)
光秀さんも信長公より短気だったかも(●´∀)bぅんぅん
伯父もご先祖の血を引いているのか瞬間湯沸かし器みたいなところがあるしー(゚うェ´゚)
家紋が桔梗なので自慢できると思ってたら謀反人とはね~ガック―――(っω`- )―――リ

おまけと言うと怒る人もあるかもしれませんが、地元の高校が春の選抜高校野球大会で何十年ぶりかで勝利しました(戦前からの野球の名門校で春は3回優勝)。
ブログ仲間でお世話になっているバンガードさんの出身校です。
この高校出身の有名人といえば、シドニーオリンピックで陸上女子で初めて金メダルを獲得した高橋尚子さん、中日ドラゴンズ監督の「暴走おじいさん」といわれている高木守道監督、同じく和田一浩外野手、広島東洋カープの石原捕手等々を輩出しています。
また、プロ入りを拒否して実業団行きを選択した早稲田の強打者鍛冶舎選手は、今では大手家電メーカーの重役だとか(プロより所得が多いかもネ)。
私の母校は男女共学だけど間違っても甲子園とは縁がありません。
というか飛騨地方から甲子園へ行けるようなチームは皆無です(たぶんこれからも)(。_゜)〃ドテッ!

庭に咲いたプリムラ・ポリアンサの黄色
IMG_0081.jpg

[今日の音楽]
昨日もとり上げたビージーズ。
少しご紹介をさせてもらうと、ビージーズは英国王領マン島生まれのイギリス人の三人兄弟を中心に構成された、男性ボーカルグループです。1963年にオーストラリアよりレコードデビューし、1973年からは米国を中心に活動しました。
よく知られた歌「Massachusetts」「Holiday」「How Deep Is Your Love」「Stayin' Alive」「Night Fever」など、数多くのヒット曲を出しています。いずれも兄弟ならではの曲ばかりです。
2003年、メンバーのモーリス・ギブが53歳で急逝し、グループとしての活動をやめましたが、2009年から活動を再開ししました。残念ながら2012年5月20日、ロビン・ギブが死去しています。
イギリスではビートルズに次ぐグループとして数々の賞も獲得していますが、ボーカルと作曲を担当したバリー・ギブを除き、あとの兄弟は全員死去しています。
ビージーズのメンバーではなかったのですが、末弟のアンディ・ギブもビージーズへ参加直前に30歳の若さで急死しています。
でも長兄バリー・ギブのファルセット歌唱は現在も健在のようです。
団塊の世代の方なら涙を流して喜びそうな1967年発売の「Holiday」を(o´・∀・`o)ニコッ♪


[今日のお気に入りの写真](画像クリックで拡大)
安八町百梅園の梅の
八重松島                  八重豊後
八重松島  八重豊後 (2)
八重豊後                  八重緑萼
八重豊後  八重緑萼

[新選組の歴史]
今日は新選組出来事が知られている限り何もなかった日なので、勝敗を左右したともいわれている宮古湾海戦についての詳細を記してみます。
明治2年が明け、旧幕府の発注していた米軍艦ストーンウォール号を購入、和名「甲鉄」艦として強力な海軍力を得た新政府軍は、甲鉄、丁卯、戊辰、豊安、飛龍、晨風、春日、陽春の8艦による箱館追討軍を編制、3月9日に江戸を発ち、途中の風雨による曲折の末、3月16日から22日にかけて宮古湾に集結しました。

一方箱館政府軍は、前年に榎本武揚が頼みとした旗艦「開陽」を座礁で失っており、アメリカ領事からの通牒で新政府軍艦隊の品川出航を察知したことから、回天艦長で海軍頭の甲賀源吾の発案を検討し、箱館襲来前の宮古湾で最強の甲鉄を襲撃の後奪取し、両軍の海軍力を再度逆転する策を立てました。その計画は総裁榎本武揚や海軍総司令の荒井郁之助らも認め、仏人海軍教官ニコールらにはかり、「アボルダージュ(接舷攻撃)」と襲撃方法を定め、舷が低く内輪船である蟠竜と高雄の2艦で両側から接舷、兵士が乗り移って敵兵を艦内に閉じ込め、舷が高く外輪船で速力のある回天は他の敵艦を牽制し、甲鉄を制した後はそのまま箱館へ奪い去るという計画であったといいます。

旗艦回天には司令官荒井郁之助、艦長甲賀源吾、フランス人教官ニコールの他、土方歳三と野村利三郎、相馬主計、安藤太郎ら数名の新選組と神木隊。蟠竜にはフランス人クラート、林薫と彰義隊、遊撃隊。高雄にはフランス人コラッシュと神木隊が乗り込み、3月20日夜半に箱館を出発しました。

函館政府軍3艦は八戸に近い鮫港に寄港したものの様子がわからず、次に宮古の南方約20キロにある山田湾大沢港を目指しましたが、暴風雨により離散、回天は覆いを破損しつつ24日に大沢へ入港、遅れて高雄も到着しましたが蟠竜は脱落してしまいました。回天・高雄の2艦は敵が宮古湾に停泊していることを知り、蟠竜を待たずに出航しましたが、高雄も機関故障により脱落し、3月25日早朝、回天一艦だけで宮古湾に進入しました。

回天は敵の目を欺く為、作戦通り米国星条旗を掲げていましたが、攻撃直前に日の丸を差し替えて掲げ、銃砲を連射し、2度目の試みで甲鉄の左舷中央部に船首部から接舷、回天は外輪船のため平行に接する事が出来ず、さらに喫水線の違いから約2メートルとも3メートルともいう高低差を生じましたが、真っ先に一等測量の大塚波次郎、続いて新選組の野村利三郎が果敢に敵艦へ飛び移ったといいます。甲鉄甲板上は白兵戦となり、回天艦上は他艦からも含めて集中射撃を浴び、激しい闘いとなりましたが、甲鉄は連射用のガトリング砲を装備しており、函館政府軍は大塚波次郎、野村利三郎が戦死、回天艦長の甲賀源吾も指揮中に被弾するなど次々に戦死者を出し、戦闘30分で回天は退却せざるをえなくなり宮古湾を脱出し、自力で引き揚げていた蟠竜と共に箱館へ戻りました。

なお、高雄艦は羅賀に乗り上げて自焼、乗組員は全員南部藩に投降しました。この戦いでの戦死者は16人とも31人ともされ負傷者は6人から30数人まで様々な記録がありますが、新選組では野村利三郎が戦死、のちに最後の新選組隊長になる相馬主計が負傷しています。この戦いの後に海から流れ着いた函館政府軍兵士の遺体は、地元の住民が墓を作り葬ったと伝えられます。(出典:新選組大辞典より)

[歴史に残る名言]
<小林一茶の名言
「世の中は 地獄の上の 見かな」
小林一茶[こばやし・いっさ](江戸時代の俳人、1763~1828)


[What A Day]
<今日のトップニュース>
※歌舞伎座開場記念で銀座をお練り 若手人気俳優が勢ぞろい 
東京・銀座のランドマークとなる歌舞伎座の再開場を記念し、中村時蔵さんや市川染五郎さん、市川海老蔵さんら63人の歌舞伎俳優が27日、銀座の目抜き通りを練り歩いた。若手人気俳優らが勢ぞろいする大がかりなお練りは異例で、4月2日からのこけら落とし公演に向け、祝賀ムードが高まっている。
「世紀のお練り」と銘打ち、木やりに続き、俳優たちは小雨が降る中、銀座1丁目から百貨店などが並ぶ通りを約400メートル、和光前までパレード。沿道に詰め掛けた大勢のファンの声援に、笑顔で手を振って応えていた。【共同通信】

<ちょっと前のトップニュース>
※骨抜き派遣法案を可決 参院厚生労働委
参院厚生労働委員会は2012年3月27日、「抜け穴」だらけの政府案をさらに骨抜きにした労働者派遣法改定案を採決し、民主、自民、公明3党の賛成多数で可決された。日本共産党、社民党、みんなの党は反対した。
※名張毒ぶどう酒事件発生
1961年3月28日、三重県名張市葛尾の薦原地区公民館葛尾分館(現存しない)で、地区の農村生活改善クラブ(現「生活研究グループ」)「三奈の会」の総会が行われ、男性12人と女性20人が出席した。この席で男性には清酒、女性にはぶどう酒が出されたが、ぶどう酒を飲んだ女性17人が急性中毒の症状を訴え、5人が亡くなった。捜査当局は、清酒を出された男性とぶどう酒を飲まなかった女性3人に中毒症状が無かったことから、女性が飲んだぶどう酒に原因があるとして調査した結果、ぶどう酒に農薬が混入されていることが判明した。
その後、重要参考人として「三奈の会」会員の男性3人を聴取する。3人のうち、1人の妻と愛人が共に被害者だったことから、捜査当局は、「三角関係を一気に解消しようとした」ことが犯行の動機とみて、奥西勝死刑囚を追及。4月2日の時点では自身の妻の犯行説を主張していたが、4月3日には農薬混入を自白したとして逮捕された(逮捕直前、奥西死刑囚は警察署で記者会見に応じている)。逮捕後の取り調べ中から犯行否認し最高裁で確定後も無実を訴え再審請求を複数回続けている。
弁護側の新証拠提出でいったんは再審開始の決定が出されたが、検察の異議で決定取り消しとなり最高裁で審理中。

<3月28日の記念日>
※三ツ矢サイダーの日
古くから親しまれている日本を代表する清涼飲料水の三ツ矢サイダー。その製造販売元であるアサヒ飲料株式会社が制定した日。日付は三ツ矢サイダーの三ツ矢(ミツヤ)を、3と2と8で表した語呂合わせから。
※シルクロードの日
1900(明治33)年のこの日、スウェーデンの探検家・地理学者のスウェン・ヘディンによって、廃虚になっていたシルクロードの古代都市・楼蘭が発見された。
※スリーマイル島記念日
1979(昭和54)年のこの日、アメリカ・ペンシルベニア州のスリーマイル島原発で放射能漏れ事故が発生した。世界初の原発事故だった。
※三つ葉の日
「み(3)つ(2)ば(8)」の語呂合せ。
※宗因忌
江戸前期の連歌師・俳人の西山宗因[にしやまそういん]の1682(天和2)年の忌日。
井原西鶴の師としても知られ、俳壇の中心的存在として活躍した。
※鑑三忌
明治、大正時代のキリスト教指導者で評論家の内村鑑三[うちむらかんぞう]の1930(昭和5)年の忌日。
1891(明治24)年に信仰上の立場から教育勅語に対する敬礼を拒否して第一高等中学校講師の職を追われて以来著述に専念した。雑誌『聖書之研究』を創刊し、聖書に基づく無教会主義を唱えた。英文による『余は如何にして基督信徒となりし乎(How I become a Christian)』は数か国語に翻訳された。
※邂逅忌
小説家・椎名麟三[しいなりんぞう]の1973(昭和48)年の忌日。
長編作品『邂逅』から邂逅忌と呼ばれる。
椎名麟三を偲ぶ会主催の追悼会が行われる。
※京都裏千家利休忌

<今日の誕生花
槐[はなえんじゅ]言葉:上品」      山吹[やまぶき]言葉:金運」
ハナエンジュ(花槐)マメ科 ヤマブキ(山吹)  バラ科 
海老根[えびね]「花言葉:忠実」
エビネ(海老根)ラン科

<歴史上の出来事
193年ディディウス・ユリアヌスが、ローマ皇帝の地位の公開競売により皇帝に即位
804年最澄と空海が遣唐使として入唐
1052年藤原頼通が宇治の別荘を平等院と命名
1312年京極為兼が『玉葉和歌集』を撰進
1611年徳川家康が上洛し、豊臣秀頼を二條城に呼び出して会見。徳川と豊臣の主従関係が逆転
1802年2番目の小惑星「パラス」を発見
1854年イギリス・フランスがロシアに宣戦布告しクリミア戦争が開戦
1868年「神仏判然令」公布。神仏混淆を禁止し神社と寺を分離独立
1869年明治天皇が京都から江戸城に入城。事実上の東京遷都
1871年パリで革命政府「パリ・コミューン」の成立宣言
1876年「廃刀令」公布。武士の特権だった帯刀が全面的に禁止に
1894年朝鮮の独立派の指導者・金玉均が上海で朝鮮政府の刺客により暗殺
1901年「北海道会法」「北海道地方費法」公布。北海道が府県と同等の地方公共団体として認められる
1913年所沢飛行場で着陸寸前の陸軍機が墜落。死者2人。日本初の飛行機死亡事故
1920年平塚らいてうらの「新婦人協会」の発会式
1940年内務省が、ディック・ミネ、ミス・ワカナ、藤原釜足ら16人に芸名変更を指示
1949年政府が本土から沖縄への旅券発給を開始
1949年厚生省がヒロポンなど覚醒剤6種を劇薬に指定
1950年女子プロ野球の「日本女子野球連盟」が発足
1959年身元不詳の戦没者の遺骨を納める「千鳥ケ淵戦没者墓苑」が竣工
1960年土井辰雄大司教が日本人初の枢機卿に任命される
1961年名張毒ぶどう酒事件。三重県名張市の地域の会合で、ぶどう酒を飲んだ女性5人が混入していた農薬による中毒で死亡
1964年東大の卒業式で大河内一男総長が「太った豚より痩せたソクラテスになれ」と告辞したと報じられる
1968年東大の卒業式が学生の安田講堂占拠の為中止に
1979年スリーマイル島原発で放射能漏れ事故
2003年日本初の偵察衛星である情報収集衛星「光学1号機」「レーダ1号機」を打上げ
2005年半世紀ぶりに改訂された新しいJISマークが発表

<著名人の誕生日>
1750年フランシスコ・デ・ミランダ (ベネズエラ:革命家)[1816年7月14日]
1893年2代目(初代)桂小文治[かつら・こぶんじ] (落語家)[1967年11月28日歿]
1900年寿岳文章[じゅがく・ぶんしょう] (イギリス文学者,和紙研究家)[1992年1月16日]
1902年3代目桂三木助[かつら・みきすけ] (落語家)[1961年1月16日歿]
1909年石野径一郎[いしの・けいいちろう] (小説家『ひめゆりの塔』)[1990年8月3日]
1912年畑中健二[はたなか・けんじ] (陸軍軍人,8.15皇居乱入事件の首謀者)[1945年8月15日]
1913年2代目尾上松緑[おのえ・しょうろく] (歌舞伎役者)人間国宝[1989年6月25日]
1916年岩谷時子[いわたに・ときこ] (作詞家)
1929年色川武大(阿佐田哲也)[いろかわ・たけひろ] (小説家『離婚』『麻雀放浪記』)[1989年4月10日]
1942年北の富士勝昭(九重親方・陣幕親方[元])[きたのふじ・かつあき] (相撲/横綱(52代))
1947年高田ひろお[たかだ・ひろお] (作詞家,絵本作家)
1960年安藤勝己[あんどう・かつみ] (騎手)
1962年佐々木史郎[ささき・しろう] (ジャズトランペット奏者)
1968年アイリス・チャン (米:ジャーナリスト)[2004年11月9日]
1985年鈴木明子[すずき・あきこ] (フィギュアスケート)

<著名人の忌日>
1184年平維盛[たいら・の・これもり] (武将,平重盛の子) <数え27歳>屋島の戦から逃亡し、那智の沖で入水[1158年生]
1678年宮本伊織[みやもと・いおり] (武士,宮本武蔵の養子) <65歳>[1612年10月21日生]
1682年西山宗因[にしやま・そういん] (連歌師,談林派の祖) <数え78歳>[1605年生]
1894年金玉均[きん・ぎょくきん] (朝鮮:政治家,独立党指導者) <43歳>朝鮮守旧派の刺客洪鍾宇により暗殺[1851年1月23日生]
1930年内村鑑三[うちむら・かんぞう] (思想家,キリスト教無教会主義の創始者) <69歳>[1861年2月13日生]
1939年田中光顕[たなか・みつあき] (宮内相(3代),内閣書記官長(初代)) <95歳>[1843年閏9月25日生]
1941年ヴァージニア・ウルフ (英:小説家『ダロウェイ夫人』) <59歳>入水自殺[1882年1月25日生]
1943年セルゲイ・ラフマニノフ (露:作曲家,ピアニスト) <70歳>[1873年3月20日生]
1964年三浦孝之助[みうら・こうのすけ] (詩人) <60歳>[1903年12月9日生]
1973年椎名麟三[しいな・りんぞう] (小説家『重き流れのなかに』『邂逅』) <61歳>[1911年10月1日生]
1975年14代目守田勘彌[もりた・かんや] (歌舞伎役者) <68歳>[1907年3月8日生]
1985年マルク・シャガール (仏:画家) <97歳>[1887年7月7日生]
2004年ピーター・ユスティノフ (英:俳優,劇作家) <82歳>[1921年4月16日生]

参加してるので、応援してもらえたら嬉しいです``r(^^;)ポリポリ
banner_22.gif 
 (↑ポチ)   (↑ポチ
拍手ボタンのポチポチお願いで~す。まり姫の励みになります、そして皆さんには笑顔をネ(*^^*ゞ
拍手ボタンを押すともっと見たくなりますよm(o´・ω・`o)mペコリン

スポンサーサイト


拍手する

marihime

Author:marihime
歴史・平和・歌舞伎・花・
ひとり旅・お酒とボヤキが大好き!
ときどき病院通い(情けない)
自慢できるもの何もありません

こちらからリンクをさせていただいた方をのぞき、原則相互リンクとさせていただいていましたが、かなりの方が自主的にリンクを貼られています。
リンクを貼られている方は管理人までご連絡をよろしくお願いしますね。
拍手大好き人間ですから拍手ボタンを押していただけると、管理人は飛び上がって喜びますσ(゚ー^*)

なお、当ブログへコメントを寄せていただいた皆さまへのレスは省略させていただき、コメント返しは皆さまのブログに書きこませていただきますのでご了解くださいませ。
管理人への誹謗・中傷とも受け取られるようなコメントの書き込みは直ちに削除することもあります。
完全非公開をご希望の方は拍手コメントをご利用くださいませ。(URLのないコメントへのお返事はできません)

当ブログの記事、画像の無断使用及び転載等は厳禁とさせていただきます。


こちらのブログも見てね
⇓⇓⇓⇓
『花と史跡の写真館』

『まり姫のブログ』

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
お好きな音楽や映画、歌手を検索してお楽しみくださいませ
Loading...
Loading...
developed by 遊ぶブログ
日本国憲法

世界人権宣言

今日の気分によってボタンを選んでください
平和と原発は相容れないもの。 すべての原発を廃炉にし、日本の将来を担う子どもたちの安全・安心を一日も早く確保しましょう!! 反核・平和な日本の実現を目指しましょう。
FC2のユーザーの皆さんから 募金を募り、義援金として支援を実施しています。 東北地方太平洋地震で被災された方々への支援を希望される方は 東北地方太平洋沖地震の募金について のページから、ご寄付をお願い致します。
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
すべての原発を廃炉にし、日本の将来を担う子どもたちの安全・安心を一日も早く確保しましょう!!
アシタカさんのブログパーツを使わせてもらっています
土岐陽子(まり姫)facebook
画像ポチでFBへ
おきてがみ

いつもありがとうございます!

-天気予報コム- -FC2-
ただいまコミュニティへの参加を募集中です。 現在7名にふえています。
信長と濃姫 主に東海地方の歴史や史跡などを訪れた報告や紹介を中心とし、足を延ばせる人は他地域のことも紹介するなど、歴史を楽しむコミュニティをめざします。 その他、地域情報や身の回りの近況等の紹介や愚痴などもOK。 年齢、性別、学歴、未婚、既婚いっさい関係なく楽しいブログ仲間になってほしいというのが管理人の願いです。