2017 / 10
≪ 2017 / 09 2017 / 11 ≫
Page.1124

[順調ですよ!!]
皆さまにご心配をいただいている姪は、経過も順調で昨日に最後の治療も終わり、副作用もそれほどひどくなさそうです。
私共も正直なところほっとしています。
先程私は病院へ様子を見るため出かけました。
帰宅が遅ければ、今日は頑固親爺が皆さまのところにお邪魔するかもしれませんのでよろしくお願いしますね^^
さて、私共は今は姪を苦しめていた病巣が完全に無くなっていることを期待しています^^
明日になれば皆さまにいい報告ができるかもしれません_(^^;)ゞ

ドボルザークはチェコの作曲家で、チェコ国民楽派を代表する作曲家であり、後期ロマン派を代表する作曲家というにとどまらず、クラシック音楽史上屈指の人気作曲家です。
音楽の教科書でもとり上げられたほど日本人にも人気があります。
今日紹介する交響曲第九番「新世界より」は多くの方も聞かれたことがあると思います。
日本でよく知られているのは第二楽章ですが、当時の新大陸アメリカをほうふつとさせる第四楽章も高い人気を誇っています。
ドボルザークで交響曲第九番「新世界より」第四楽章:指揮ベルト・ホン・カラヤン



今日は写真の大量アップにより、今日のトップニュース、今日の誕生、歴史上の出来事・著名人の誕生日及び忌日はお休みさせていただきます。
頑固親爺が撮影した写真をまとめて公開しますのであしからず_(^^;)ゞ

下の写真はすべて先日撮ってきた大野町バラ公園の蔓バラです^^
(画像クリックで大きく見えますよウヒョ)
IMG_0196.jpg  IMG_0197.jpg

IMG_0198.jpg  IMG_0204.jpg

IMG_0211.jpg IMG_0220.jpg

[今日のお気に入りの写真](画像をクリックすると拡大)
農園と庭に咲いているを何でもかんでも撮ったみたいです。
左はもらいものなので名前不明、右は西洋桜草の仲間だと思います。

IMG_0264.jpg IMG_0267.jpg
ドクダミ(左)とジャガイモ(右)
IMG_0271.jpg IMG_0274.jpg
ミカンの(左)とサツキの(右)
IMG_0276.jpg IMG_0277.jpg


[新選組の歴史]
土方歳三の恋人はどんな人だった?
作家・司馬遼太郎の小説「燃えよ剣」を読まれた方はご存知だと思いますが、この中に土方歳三の生涯の恋人として描かれた「お雪」さんはあまりにも有名です。もちろん司馬遼太郎の創作ですが、作品中の彼女は大垣藩士の未亡人で京都在住という設定になっています。
本当に歳三に恋人がいたのかどうかは新選組に興味を持つ人や土方フアンにとっては知りたいところでもあります。
いろいろ資料をあさっていたら面白い話がありました。
「燃えよ剣」に先立って、時代小説作家の池波正太郎が聞いた話として、「老母と何げなく過ごしていた時、『そういえば、新選組の土方の恋人は経師屋の後家さんだったんだってねぇ…』と、母が容易ならぬことを口にした」と言っています。池波正太郎が老母に詳しく尋ねると、「京都で土方歳三の馬丁をしていた人の話」ということを昔伝え聞いたことがあるというものでした。今となっては嘘か誠かわかりかねますが、池波正太郎は、土方歳三と京都の経師屋の後家とのはかない恋を短編小説「色」としてまとめました。
土方歳三が上洛した文久3年には「遊女や芸妓にモテて困る」と女性からのラブレターの束まで郷里へ送っていましたが、もし池波正太郎が聞いた話が本当であれば、相手に迷惑をかけることをはばかって公言しなかった可能性もあります。
それ以外にも芸妓との間に女の子が生まれたという話も残されていて、歳三に可愛がられていた甥の佐藤俊宣が明治になって京都を訪れ消息を探したものの、子供は幼少で亡くなっており、芸妓も他の人に嫁いだが亡くなっていたとしか確かめられなかったといいます。
いずれにしても土方歳三ほどの美男子ですから、京都にいた5年間に恋人がいたとしても不思議ではありません。
故郷多摩には許嫁の琴さんもいましたが、彼女とのことは土方歳三が残した豊玉発句集に収められている『しれば迷い しなければ迷はぬ 恋の道』という俳句に記されたように、これからどう生きるべきか迷っていた時期ですから、仮に土方歳三が恋の道をとっていたら幕末維新も違った様相を示していたかもしれません。
「燃えよ剣」を読まれた方は男性の方が多いと勝手に思っていますが、やはり歳三の恋人は「お雪」さんのような女性がいいと思われているでしょうね~

[歴史に残る名言]
<石川啄木の名言
「友がみなわれよりえらく見ゆる日よ
を買ひ来て
妻としたしむ」

石川啄木[いしかわ・たくぼく](明治の歌人・詩人、1886~1912)


[What A Day]
<5月29日の記念日>
※白櫻忌,晶子忌
歌人・詩人の與謝野晶子[よさのあきこ]の1942(昭和17)年の忌日。
歿後に出された最後の歌集『白櫻集』に因み、「白櫻忌」とも呼ばれる。
※多佳子忌
俳人・橋本多佳子[はしもとたかこ]の1963(昭和38)年の忌日。
※国連平和維持要員の国際デー
2002年の国連総会で採択。国際デーの1つ。
国連平和維持活動(PKO)にかかわった全ての人の献身と勇気を称え、PKOで命を失った人々を追悼する日。
※エベレスト登頂記念日
1953(昭和28)年のこの日、ニュージーランドのエドモンド・ヒラリーとシェルパ族のテンジン・ノルゲイが、世界で初めて世界最高峰のエベレストの登頂に成功した。
※幸福の日
世界の人々が幸せに平穏に暮らせることを祈って「幸福の日」を制定したのは、インターネットなどでグリーティングカード、慶弔関連ギフトなどを販売している株式会社ヒューモニーの長谷川博之氏。「幸せになりたい」「幸せにしたい」メッセージの公募などを行う。
※こんにゃくの日
5月29日の5.2.9を「こんにゃく」と読む語呂合わせから、日本こんにゃく協会と全国こんにゃく協同組合連合会が1989年(平成元年)に制定した日。こんにゃくの作付けが5月に行われることと、本格的な夏を迎える前に、こんにゃくの効用や機能性を再確認して健康に過ごして欲しいという願いも込められている。
※呉服の日
5月29日の5.2.9を「ごふく」と読む語呂合わせから。各呉服店などで「もっと和服を着ましょう」というPRを行っている。ちなみに「きものの日」は11月15日。

参加してるので、応援してもらえたら嬉しいです``r(^^;)ポリポリ
banner_22.gif 
 (↑ポチ)   (↑ポチ
拍手ボタンのポチポチお願いネ。まり姫の励みになります(*^^*ゞ
スポンサーサイト


拍手する

marihime

Author:marihime
歴史・平和・歌舞伎・花・
ひとり旅・お酒とボヤキが大好き!
ときどき病院通い(情けない)
自慢できるもの何もありません

こちらからリンクをさせていただいた方をのぞき、原則相互リンクとさせていただいていましたが、かなりの方が自主的にリンクを貼られています。
リンクを貼られている方は管理人までご連絡をよろしくお願いしますね。
拍手大好き人間ですから拍手ボタンを押していただけると、管理人は飛び上がって喜びますσ(゚ー^*)

なお、当ブログへコメントを寄せていただいた皆さまへのレスは省略させていただき、コメント返しは皆さまのブログに書きこませていただきますのでご了解くださいませ。
管理人への誹謗・中傷とも受け取られるようなコメントの書き込みは直ちに削除することもあります。
完全非公開をご希望の方は拍手コメントをご利用くださいませ。(URLのないコメントへのお返事はできません)

当ブログの記事、画像の無断使用及び転載等は厳禁とさせていただきます。


こちらのブログも見てね
⇓⇓⇓⇓
『花と史跡の写真館』

『まり姫のブログ』

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
お好きな音楽や映画、歌手を検索してお楽しみくださいませ
Loading...
Loading...
developed by 遊ぶブログ
日本国憲法

世界人権宣言

今日の気分によってボタンを選んでください
平和と原発は相容れないもの。 すべての原発を廃炉にし、日本の将来を担う子どもたちの安全・安心を一日も早く確保しましょう!! 反核・平和な日本の実現を目指しましょう。
FC2のユーザーの皆さんから 募金を募り、義援金として支援を実施しています。 東北地方太平洋地震で被災された方々への支援を希望される方は 東北地方太平洋沖地震の募金について のページから、ご寄付をお願い致します。
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
すべての原発を廃炉にし、日本の将来を担う子どもたちの安全・安心を一日も早く確保しましょう!!
アシタカさんのブログパーツを使わせてもらっています
土岐陽子(まり姫)facebook
画像ポチでFBへ
おきてがみ

いつもありがとうございます!

-天気予報コム- -FC2-
ただいまコミュニティへの参加を募集中です。 現在7名にふえています。
信長と濃姫 主に東海地方の歴史や史跡などを訪れた報告や紹介を中心とし、足を延ばせる人は他地域のことも紹介するなど、歴史を楽しむコミュニティをめざします。 その他、地域情報や身の回りの近況等の紹介や愚痴などもOK。 年齢、性別、学歴、未婚、既婚いっさい関係なく楽しいブログ仲間になってほしいというのが管理人の願いです。