☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆&

美濃・尾張・近江・伊勢(まり姫の史跡めぐり&見たこと・聞いたこと!)

今日とりあげる金子みすゞの中に、どういうわけか「よりだんご」が出てきます。
今日の歴史と文化のテーマに「小林一茶」をとりあげますが、一茶の俳句の中にも「よりだんご」
が出てきます。
日本の文化にはどこか共通するものがあるのかもしれません。


          いろはかるた

          ふときく声は、子どもの声は、
          「はなよりだんご、はの字だよ。」

          小雨、ぬか雨、ふるなかを、
          にいさんむかえにゆくみちよ。

          みかえりゃ、雨戸がしまってて、
          それでもあかりはこぼれてた。

          「いいかい、おつぎは・・・・・・。」
          あるきだす、向こうのむこうが暗いこと。


     庭のサツキの中でも少し変わった弁のサツキです。
           サツキ5.25№10

     曽根城公園の菖蒲がいよいよいっせいに咲き、観光客もどっと押し寄せそうです。
           菖蒲14


今日は江戸中期俳諧の巨匠小林一茶の俳句と生涯についてふれたいと思います。

松尾芭蕉や与謝蕪村をご存じの方は、当然小林一茶のことも聞いた覚えがあると思います。
私は、松尾芭蕉は自然そのものを詠い、小林一茶は人間を詠ったような想いがします。
好き嫌いは当然ありますが、私が好きなのは小林一茶の方です。
そこで小林一茶の代表的な俳句を紹介して、みなさんから率直なご意見を寄せていただけたらと思います。

私の勝手な解釈をそれぞれの句の下に記しますが、みなさんも一茶の気持ちになって独自の解釈をされてはいかがかと思います。


陽炎や 手に下駄はいて 善光寺 (かげろふや てにげたはいて ぜんくわうじ)
[善光寺はありがたいお寺だから、はじめから最敬礼して行ったほうがいいね。]

春風や 牛に引かれて 善光寺 (はるかぜや うしにひかれて ぜんくわうじ)
[春の風に誘われて、走って行く牛を追っていったら、 いつの間にか善光寺に着いた。
不思議なことがあるもんだ。]

やせがへる 負けるな 一茶是にあり (やせがへる まけるな いつさこれにあり)
[おれ[一茶]がいるから頑張れよお痩せさん]

おれとして にらみくらする 蛙かな (おれとして にらみくらする かはづかな)
[おれとにらめっこするつもりなのかい?]

正直は おれもより 団子かな (しやうじきは おれもはなより だんごかな)
[正直なところ風流なんてくそっくらえだよ。とりあえずは食べることが先]

雀の子 そこのけそこのけ お馬が通る (すずめのこ そこのけそこのけ おうまがとほる)
[子どもがうろうろしてると踏みつぶされるよ]

我と来て 遊べや 親のない雀 (われときて あそべや おやのないすずめ)
[同じ親無しっ子どおしでいっしょに遊ぼうか]

めでたさも 中くらゐなり おらが春 (めでたさも ちうくらゐなり おらがはる)
[今年の初春は中の上くらいのものかなあ。そんなにめでたくもない]


みなさんの感想はいかがでしたでしょうか。
私は、人間小林一茶の温かさが伝わってくる句だと思うのですが・・・・

小林一茶の生涯について
小林一茶は、1763(宝暦13)年、長野県の北部、北国街道柏原宿(現信濃町)の農家に生まれ、本名を弥太郎といいました。3歳のとき母がなくなり、8歳で新しい母をむかえました。働き者の義母になじめなった一茶は、15歳の春、江戸に奉公に出されました。奉公先を点々とかえながら、20歳を過ぎたころには、俳句の道をめざすようになりました。

一茶は、葛飾派三世の溝口素丸、二六庵小林竹阿、今日庵森田元夢らに師事して俳句を学びました。初め、い橋・菊明・亜堂とも名乗りましたが、一茶の俳号を用いるようになりました。

29歳で、14年ぶりにふるさとに帰った一茶は、後に「寛政三年紀行」を書きました。30歳から36歳まで、関西・四国・九州の俳句修行の旅に明け暮れ、ここで知り合った俳人と交流した作品は、句集「たびしうゐ」「さらば笠」として出版しました。

一茶は、39歳のときふるさとに帰って父の看病をしました。父は、一茶と弟で田畑・家屋敷を半分ずつ分けるようにと遺言を残して、1か月ほどで亡くなってしまいました。このときの様子が、「父の終焉日記」にまとめられています。この後、一茶がふるさとに永住するまで、10年以上にわたって、継母・弟との財産争いが続きました。

一茶は、江戸蔵前の札差夏目成美の句会に入って指導をうける一方、房総の知人・門人を訪ねて俳句を指導し、生計をたてました。貧乏と隣り合わせのくらしでしたが、俳人としての一茶の評価は高まっていきました。

50歳の冬、一茶はふるさとに帰りました。借家住まいをして遺産交渉を重ね、翌年ようやく和解しました。52歳で、28歳のきくを妻に迎え、長男千太郎、長女さと、次男石太郎、三男金三郎と、次々に子どもが生まれましたが、いずれも幼くして亡くなり、妻きくも37歳の若さで亡くなってしまいました。一茶はひとりぽっちになりましたが、再々婚し、一茶の没後、妻やをとの間に次女やたが生まれました。
家庭的にはめぐまれませんでしたが、北信濃の門人を訪ねて、俳句指導や出版活動を行い、句日記「七番日記」「八番日記」「文政句帖」、句文集「おらが春」などをあらわし、2万句にもおよぶ俳句を残しています。

1827(文政10)年閏6月1日、柏原宿の大半を焼く大火に遭遇し、母屋を失った一茶は、焼け残りの土蔵に移り住みました。この年の11月19日、65歳の生涯をとじました


「戦国の女性たち」は次週に掲載する予定です。

上がらないランクkao06
(ポチッ)で上げてやってください
banner_22.gif 
       (ポチッとお願い)
スポンサーサイト




拍手する

テーマ:本日のオススメ - ジャンル:ブログ

アベ政治を許さない!!

安部政治を許さない

時によって変わるメッセージ

プロフィル

まり姫&頑固じじい

Author:まり姫&頑固じじい
歴史・平和・歌舞伎・花・
ひとり旅・お酒とボヤキが大好き!
ときどき病院通い(情けない)
自慢できるもの何もありません

こちらからリンクをさせていただいた方をのぞき、原則相互リンクとさせていただいていましたが、かなりの方が自主的にリンクを貼られています。
リンクを貼られている方は管理人までご連絡をよろしくお願いしますね。
拍手大好き人間ですから拍手ボタンを押していただけると、管理人は飛び上がって喜びますσ(゚ー^*)

なお、当ブログへコメントを寄せていただいた皆さまへのレスは省略させていただき、コメント返しは皆さまのブログに書きこませていただきますのでご了解くださいませ。
管理人への誹謗・中傷とも受け取られるようなコメントの書き込みは直ちに削除することもあります。
完全非公開をご希望の方は拍手コメントをご利用くださいませ。(URLのないコメントへのお返事はできません)

当ブログの記事、画像の無断使用及び転載等は厳禁とさせていただきます。


こちらのブログも見てね
⇓⇓⇓⇓
『花と史跡の写真館』

『まり姫のブログ』

投稿カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最近記事(新しい順)
カテゴリ
閲覧ありがとうございます

あなたは

人目に閲覧いただいた方です

閲覧中の方

只今閲覧中の方:

最新コメント(新しい順)
Google動画

お好きな音楽や映画、歌手を検索してお楽しみくださいませ

Loading...
Loading...
developed by 遊ぶブログ

ユーザータグ
「日本国憲法」

日本国憲法

「世界人権宣言」

世界人権宣言

ことばの応援歌

今日の気分によってボタンを選んでください

共謀罪法を廃止させよう!!

201702_kyobouzai_plaster-thumb-120xauto-20567.jpg

FC2拍手ランキング

国民の命と暮らしに原発は不要!!

平和と原発は相容れないもの。 すべての原発を廃炉にし、日本の将来を担う子どもたちの安全・安心を一日も早く確保しましょう!! 反核・平和な日本の実現を目指しましょう。

義援金募集

FC2のユーザーの皆さんから 募金を募り、義援金として支援を実施しています。 東北地方太平洋地震で被災された方々への支援を希望される方は 東北地方太平洋沖地震の募金について のページから、ご寄付をお願い致します。

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

「小倉百人一首」

問い合わせ先

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
398位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
80位
アクセスランキングを見る>>

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

めざそう原発ゼロと核兵器廃絶を!

すべての原発を廃炉にし、日本の将来を担う子どもたちの安全・安心を一日も早く確保しましょう!!

時間で変わる旬の花時計

アシタカさんのブログパーツを使わせてもらっています

facebook

土岐陽子(まり姫)facebook

画像ポチでFBへ

web拍手

足あとを残せます

 

ポチットネ(*^^)

Ties-page

タイズページ

おきてがみ

おきてがみ

いつもありがとうございます!

人気ブログランキング

banner_22.gif

FC2ブログランキング

ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

リンクさせていただいた方

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請欄
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

おすすめす本

★ 東海地方の歴史・史跡めぐりコミュニティ

ただいまコミュニティへの参加を募集中です。 現在7名にふえています。

信長と濃姫 主に東海地方の歴史や史跡などを訪れた報告や紹介を中心とし、足を延ばせる人は他地域のことも紹介するなど、歴史を楽しむコミュニティをめざします。 その他、地域情報や身の回りの近況等の紹介や愚痴などもOK。 年齢、性別、学歴、未婚、既婚いっさい関係なく楽しいブログ仲間になってほしいというのが管理人の願いです。

まり姫のお友だち
最新トラックバック

RSSリンクの表示