2017 / 03
≪ 2017 / 02 2017 / 03 ≫
Page.2700

[路傍に咲いた]
秋の路傍でも忙しくなり、いっせいにあれこれ小さなが顔を出してきました。
冬に向かう前の短い間だけだと自己主張しているようです。
小さいのに精いっぱい鶴をのばして咲いているマメアサガオの色違い。
白いマメアサガオ
DSC02568マメアサガオ
白いマメアサガオ
DSC02569マメアサガオ
橙色のマメアサガオ
DSC02566マメアサガオ橙色

[戦争法(安保法制)成立1年、全国で抗議デモ]
安保法廃止デモ
写真:中日新聞から借用
安倍自公政権が平和安全保障法だと強弁した安全保障関連法成立から1年となった19日、戦争法(安保法制)に反対する市民団体が国会前で大規模な反対集会を開催しました。
主催者発表で約2万3千人が集まり、参加者は雨の中、「廃止するまで諦めない」「みんなの力で憲法を守ろう」などと声を張り上げ、全国的に一斉行動も呼び掛け、全国各地でデモや集会が実施されました。
市民の怒りはもちろん南スーダンPKОに派遣予定とされる自衛隊員の皆さんも本音は政府の暴走とかけ離れ、陸上自衛隊の上司から①進んで行く、②命令とあればやむを得ず従う、③行きたくないの三択のアンケートをとられ、③を選んだ隊員は理由を問いただされた挙句②を選択するよう強制されていることも明らかになり、隊員の皆さんが決して喜んで行くという人が大幅に少ないことも明らかになる中、それでも安保法制で施行された「駆けつけ警護」任務を押し付けられ、訓練を受けさせられ始めたと伝えられます。
自衛隊員の皆さんが入隊したときの決意は日本国民を守るために活動すると誓約していたのが、他国のために武器使用をしなければならないのかと悩んでいる人が圧倒的に多いことも明らかになっています。
南スーダン行きを断固拒否した先輩自衛官が出世からはずれ左遷されたと告白したことも露呈しました。
そもそも南スーダンでPKО活動を続けること自体が困難な状況になっており、先進諸国がすでに紛争状態にあると撤退をしているのに何故日本だけ派兵を増強するのか疑問視されています。
南スーダン政府も国連のPKО活動を中止するよう要求しており、PKОに参加しているのは周辺のアフリカ諸国だけになっており、日本がわざわざ危険さが増している南スーダンに自衛隊を派兵する根拠そのものが崩れてしまっていることに目をふさいでいるとしか思えない非常識極まる自衛隊の派兵計画を強引に進めることは人権を軽んじている安倍政権の本性を示すものでしょう。
これも戦争法(安保法制)の強行成立をたてに自衛隊員に死者が出るまで突き進むつもりでしょうが、もし自衛隊員が戦闘に巻きこまれ死者が出たとき、いったい誰が責任をとるのでしょう。
責任の所在もはっきりしていない憲法違反の戦争法は断じて認められません。
戦争法に反対する多くの市民が押し寄せた国会前は「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」が主催したもので、6歳の娘を連れて東京都板橋区から参加した障害者施設職員山内朋子さん(40)は「安保法への関心が薄くなってきているが、成立1年で国会前に抗議に行ったよと周囲に話をしようと思い、参加したと述べています。
私たち一般市民が声を上げ続けないとやがては安倍政権の思う壺です。
安倍政権が狙っている憲法9条改悪のための憲法審査会を絶対に開かせてはダメであり、民進党が代表が代わり憲法論議に参加する姿勢を出していますが、あさはかもいいところで、自公両党と同じ土俵に乗ってしまっては国民の過半数以上が反対している憲法9条改定が議題されかねません。
世界に誇るべき憲法9条はGHQの押しつけではなく、戦争の惨禍を2度と繰り返さないと決意した日本の政治家たちの英知が国会審議で決定されたものです。
市民と野党が共同して憲法9条を守り抜くことこそ安倍自公政権の無謀な野望を阻止できるでしょう。

[今日の音楽]
The Beatles - When I'm Sixty-Four


[今日のお気に入りの写真](画像クリックで拡大)
コスモス(白)
DSC02579コスモス
コスモス(ピンク)
DSC02577コスモス

[歴史に残る名言]
<石川啄木の名言
「そのかみの神童の名の
かなしさよ
ふるさとに来て泣くはそのこと」

石川啄木[いしかわ・たくぼく](明治の歌人・詩人、1886~1912)『一握の砂』


[今日は何の日?]
<今日のトップニュース>
※「豊洲」地下の説明が二転三転 駐車場→汚染浄化作業→配管保全
東京都が開設する豊洲市場(江東区)の建物下に土壌汚染対策の盛り土がなかった問題で、地下空間を設けた目的を巡って、都の担当者の説明が変遷している。石原慎太郎氏が都知事在任中の二〇〇八年、担当局長にコンクリート箱を埋める案の検討を指示する以前から、都側は盛り土案とターレ(小型搬送車)置き場案を併せて計画。その後は「浄化作業ができる空間」「配管や配線を維持管理する作業スペース」などと変わっている。都は歴代担当者を聴取し、週内にも小池百合子知事に経緯の調査結果を報告する。 (内田淳二)
都の会議録などによると、建物下の地下空間に関する言及は、少なくとも〇六年十月にさかのぼる。都と築地市場(中央区)の関係者が新市場計画について協議する場で、都側が「スロープ(坂)で地下のターレ置き場に接続する計画になっている」と説明していた。
その後、新市場予定地で高濃度のベンゼンなどが検出されたのを受け、都は〇七年四月、土壌汚染対策を検討する専門家会議を設置。翌月の初会合で、都側は盛り土案とターレ置き場案を併せて提案したが、委員から「有害物質が建物内に入る恐れがあるため、地下施設は造らない方がいい」と指摘され、ターレ置き場案は消えた。
石原氏が「コンクリートを埋め込むことで、ずっと安くて早く終わるんじゃないか」と担当局長に検討を指示したのは、翌〇八年五月ごろ。しかし同年七月、専門家会議は敷地全体の盛り土などの土壌汚染対策を提言した。
具体的な工法を検討する有識者の技術会議では同年十二月、都側は「万が一、地下水から環境基準を超える汚染物質が検出された場合にも、たとえば建物下で浄化ができるような作業空間の確保を考えている」と言及。地下空間が図面に初めて示されたのは一一年六月、基本設計を受注した日建設計(千代田区)が作成したものだった。
だが、その後も都の担当者は都議会などで「敷地全体を四・五メートルのきれいな土で覆っている」と答弁し、土壌汚染対策の万全さをアピールしてきた。実際は約四十ヘクタールの敷地のうち三割を占める建物下は盛り土されていなかった。
問題が発覚した今月十日、都の担当者は地下空間の目的について「下水管や電気の配線を通すので、メンテナンス用の作業空間を確保する必要があった」と、従来とは違う説明をした。2016年9月20日(東京新聞)

<ちょっと前のトップニュース>
※共産、参院選で候補者調整 他党に協力呼び掛け
共産党の志位和夫委員長は19日の記者会見で、来年夏の参院選で独自候補の擁立にこだわらず、民主党などとの候補者調整に乗り出す意向を示した。安倍政権を退陣に追い込むためで、安全保障関連法廃止などの政治的合意を前提とした上で「全選挙区に候補者を立てる方針だが、他の野党と選挙協力で合意できれば調整する」と述べた。衆院選での選挙協力も呼び掛け、委員長名の声明を同日、発表した。
民主、維新、共産、社民、生活各党は今国会で安保法成立阻止を目指し、党首会談を重ねるなど連携してきた。志位氏は安保法を廃止するためには野党間の協力が不可避と判断した。2015年9月19日【東京新聞】

<ちょっと前のトップニュース>
1951年9月20日、自らも被ばくした詩人・峠三吉が『原爆詩集』をガリ版刷りにより自費発行した。
峠三吉は、幼い頃から気管支の病気に苦しめられしばしば喀血、広島商業学校(現在の広島県立広島商業高校)在学時から詩作にいそしんだが、卒業後は長期の療養生活を余儀なくされ、この病気は三吉を生涯苦しめることとなった。
さらに1945年(昭和20年)8月6日、爆心地より3kmの広島市翠町(現在の南区翠町)で被爆。
敗戦後は広島を拠点とする地域文化運動で中心的な役割を果たし、広島青年文化連盟委員長に就任した。広島県庁での勤務や雑誌『ひろしま』編集のかたわら、1951年(昭和26年)には「にんげんをかえせ」で始まる『原爆詩集』を自費出版、原爆被害を告発しその体験を広めた。
1952年(昭和27年)、新日本文学会全国大会出席のため上京の途上で大喀血し入院することになり、持病(気管支拡張症)の本格的治療を決意して、被爆から8年後の翌1953年(昭和28年)、手術を受けたがその際中に病状が悪化、14時間の苦闘のすえ手術台上で死没した。36歳没 。
峠の詩は、死後50年が経過し、著作権の有効期限が失効している。そのため様々な平和教材に引用されたり、ネット上で閲覧する事ができる。(青空文庫でネット読書もできる)

<9月20日の記念日>
※バスの日
1903年(明治36年)の今日、日本で初めてのバス会社が本格的な営業を開始したことから、1987年(昭和62年)の全国バス事業者大会で制定された。京都の堀川中立売~七条~祇園間を走った最初のバスは、蒸気自動車を改造したもので6人乗り、幌もなかったという。
※空の日
1940(昭和15)年に「航空の日」として制定。戦争中中断されていたが、1953(昭和28)年に復活。運輸省(現在の国土交通省)航空局が1992(平成4)年に「空の日」改称した。
1911(明治44)年のこの日、山田猪三郎が開発した山田式飛行船が、滞空時間1時間の東京上空一周飛行に成功した。
日本で最初の飛行に成功したのは、1910(明治43)年12月19日に東京・代々木錬兵場で徳川大尉が行った飛行実験だった。しかし12月では気候的に「航空日」の行事に適さないため、帝都上空一周飛行が行われた9月20日を「航空日」とした。
※相続・贈与の日
彼岸の時期であり、先祖を供養するために家族が集まる機会も多いこの時期に、相続や贈与についての知識を深め、家族で話し合うきっかけにと、NPO法人・不動産承継支援ネットワークが制定。高齢化社会が進行する中で、相続や贈与の準備、対策を行うことの大切さをアピールするのが目的。春の彼岸の時期の3月20日と秋の彼岸の時期の9月20日を「相続・贈与の日」に制定している。
※お手玉の日
日本のお手玉の会が制定。
1992(平成4)年のこの日、第1回全国お手玉遊び大会が愛媛県新居浜市で開かれた。
お手玉遊びの魅力をPRする日。

<今日の誕生花
ローズマリー(まんねんろう)言葉:私を思って」サルビア<赤>言葉:貴方のことばかり思う」
ローズマリー サルビア
タマスダレ言葉:便りがある」
黄花玉簾 ヒガンバナ科 別名 ステルンベルギア

<歴史上の出来事
451年カタラウヌムの戦い
1336年(延元元年/建武3年8月15日)北朝の光明天皇が即位。再び南北朝分離へ。
1378年教会大分裂: 4月に選出されたローマ教皇ウルバヌス6世を支持しないフランス人枢機卿が独自に教皇選挙を行い、その結果ロベール・ド・ジュネーヴがクレメンス7世として即位。教会大分裂の始まり。
1519年マゼランが5隻の軍艦・265人でスペインを出航、世界一周航海に出発。
1620年(元和6年8月24日)伊達政宗の使節としてスペインに赴いた支倉常長が7年ぶりに帰国。
1792年フランス革命: フランスで初の男子普通選挙による議会である国民公会が召集。
1792年フランス革命戦争: ヴァルミーの戦い
1854年クリミア戦争: アルマの戦い(英語)。セヴァストーポリ要塞の攻略を目指すイギリス・フランス・オスマン帝国同盟軍がアルマ河でロシア軍と対戦。
1869年明治政府が蝦夷地を「北海道」と改称する布告。
1875年江華島事件:日本海軍の軍艦「雲揚」が朝鮮漢江河口の江華島附近で朝鮮守備隊と交戦。
1886年大阪紡績が夜間照明に日本の民間初の電灯となるアーク灯を使用。
1909年イギリスで「職業紹介所法」成立、失業保険制度が開始。
1911年山田猪三郎考案の山田式飛行船が東京上空を初飛行。
1925年東京六大学野球リーグ戦が開幕。
1945年「ポツダム」宣言ノ受諾ニ伴ヒ発スル命令ニ関スル件(ポツダム緊急勅令)公布・即日施行。
1945年文部省が教科書の戦時教育部分の削除を通達。生徒に墨で塗りつぶさせる「墨塗り教科書」となる。
1946年第1回カンヌ国際映画祭開催。
1949年武生事件。福井地裁・福井地検武生支部の建物が放火により全焼。
1950年GHQが米兵と日本人女性の結婚禁止令を解除。
1951年詩人・峠三吉が『原爆詩集』をガリ版刷りにより発行。
1957年糸川英夫東京大学教授らが、初の国産観測ロケット「カッパー4C型」の打上げ実験に成功。
1961年武州鉄道汚職事件で楢橋渡元運輸相夫妻を逮捕。
1973年衆議院が、北方領土の返還に関する決議を全会一致で可決。
1977年ベトナム社会主義共和国が国連に加盟。
1986年ウルグアイで開催されたGATT閣僚会議で多角的新貿易交渉(ウルグアイ・ラウンド)の開始を宣言。
1987年第42回国体夏期大会ゅ海邦国体)が沖縄県で開幕し、国体が全都道府県を一巡。
1990年南オセチアがグルジアからの独立を宣言。
1998年ボルチモア・オリオールズのカル・リプケンが2632試合連続出場を達成。
2001年海上自衛隊のたかなみ型汎用護衛艦「おおなみ」(DD-111)が進水
2005年秋田県仙北[せんぼく]市が市制施行

<著名人の誕生日>
1535年丹羽長秀[にわ・ながひで](戦国武将) [1585年4月16日]
1885年ジェリー・ロール・モートン(米:ジャズピアニスト(レッド・ホット・ペッパーズ))1890/10/20生とも[1941年7月10日]
1934年ソフィア・ローレン(伊:女優)
1947年小田和正[おだ・かずまさ](シンガーソングライター,ミュージシャン(オフコース/ヴォーカル))
1976年一青窈[ひとと・よう](歌手)

<著名人の忌日>
1605年山内一豐[やまのうち・かずとよ](武将,土佐藩祖) <数え60歳> [1546年生]
1806年喜多川歌麿[きたがわ・うたまろ](浮世絵師) <数え54歳> [1753年生]
1908年パブロ・デ・サラサーテ (スペイン:作曲家,バイオリン奏者) <64歳>[1844年3月10日生]
1957年ヤン・シベリウス (フィンランド:作曲家『フィンランディア』) <91歳> [1865年12月8日生]
1980年初代林家三平[はやしや・さんぺい1](落語家) <54歳> [1925年11月30日生]
1988年中村汀女[なかむら・ていじょ](俳人) <88歳> [1900年4月11日生]
1990年ニルス・エリック・バンク=ミケルセン (デンマーク:社会運動家,ノーマライゼーションを提唱) <71歳>[1919年3月29日生]
2000年徳間康快[とくま・やすよし] (経営者,徳間書店社長) <78歳>[1921年10月25日生]
2004年白石一郎[しらいし・いちろう] (小説家『海狼伝』『怒涛のごとく』) <72歳>1987年上期直木賞[1931年11月9日生]
2007年4代目望月朴清[もちづき・ぼくせい] (歌舞伎長唄囃子方) <73歳>1998年人間国宝[1934年1月8日生]
2014年土井たか子[どい・たかこ] ,衆議院議長(68代)) <85歳>[1928年11月30日生]

参加してるので、応援してもらえたら嬉しいです``r(^^;)ポリポリ
banner_22.gif 
 (↑ポチ)   (↑ポチ
拍手ボタンのポチポチお願いで~す。まり姫の励みになります、そして皆さんには笑顔をネ(*^^*ゞ
拍手ボタンを押すともっと見たくなりますよm(o´・ω・`o)mペコリン

スポンサーサイト


拍手する
Page.2585

[庭に咲いた薔薇]
IMG_0033_20160528102106034.jpg

[※オバマ大統領の被爆地広島での演説全文]
昨日米国のバラク・オバマ大統領が現職の大統領としては初めて広島を訪れ、当初は5分程度の所感を述べると伝えられてたいたものを18分間の日米国民だけでなく世界に向けて「核兵器廃絶」を訴える演説を行いました。
演説内容は広島・長崎で一瞬にして無辜の民が犠牲になった事実を具体的に触れ、また日本国民だけでなく、韓国、米軍捕虜までの命を奪った恐ろしい核兵器を米国が人類史上初めて手にし使用した事実を直視したうえで、戦争そのものを悪と明確に表現したものでした。
賛否両論はあるでしょうが、今日はバラク・オバマ大統領の演説全文を英語と日本語訳で記します。

Seventy-one years ago, on bright, cloudless morning, what fell from the sky changed the world. Flash of lights, along with fire, which destroyed the city, demonstrated that mankind possessed the means to destroy ourselves.
Why do we come to this place, Hiroshima? We come to learn the force that was unleashed not so distant past. We come to mourn the dead, including a hundred thousand Japanese men, woman, and children, thousands of Koreans, dozens of American prisoners.
Their souls speak to us.
Artifacts tell us that violent conflict appeared in their very first name, our early ancestors learned to use not just for hunting but against their own kind.
Our history and civilizations are filled by wars driven with hunger for gold, or religious zeal.
Empires have risen and fallen. People were subjugated. At each junctions, the innocence suffered and their names were forgotten.
The world war that reached at a brutal end in Hiroshima and Nagasaki, torn the most wealthiest and powerful of nations in the world. Their thinkes had advanced ideas and justice, harmony and truth. And yet, the wars rised from the same base instinct of domination, conquest, conflict among the simplest tribes. For the span of a few years, some 16 million people died, men, women, children, who were no different than us, shot, beaten, bombed, jailed, gassed to death---.
Many sites around the world can chronicle this war.
Yet in the image of the mushroom cloud, rose into the sky, we are most starkly reminded of the contradiction of very start of the start of the man species, our imagination, and languages.
We listened to a silent cry. We remember all the innocence killed across the ark of that terrible war and the wars that came before.
Mere word cannot give voice to such suffering. We are here to share responsibility to look directly in the eye of history .and ask what we must do differently to curve such suffering again.
Some day the voices of the Hibakusha no longer be with us to bear witness.
But the memory of the morning of August 6 1945,must never fade.
Nations of the Europe have built a union that replace battlefields with bonds with commerce and democracy. Press peoples and one nation one liberation, an international community established institutions and treaties that work to avoid war.
And inspire to restrict and rollback and ultimately eliminate the existence of nuclear weapons.
Still, every act of aggression between nations every act of terror and corruption cruelty, and suppression that we see around the world shows our work is never done.
We may not to be able to eliminate a man’s capacity to do evil. So nations and alliances We formed must possess a means to defend ourselves. But among those nations like my own nation who own the nuclear stockpiles, we must have a courage to escape the logical fear and pursue a world without them.
We may not realize this goal in my lifetime. But persistent effort can roll back the possibility of catastrophe.
We can try to course the lead to destruction of these stockpiles.
We can stop the spread to new nations and secure the deadly materials from fanatics. And yet that is not enough.
We see around the world today , how even the crudest rifles, and barrel bombs conserve a violence of terrible scam. We must change our mindset about the war itself.
To prevent conflicts thorough diplomacy.
And strive to end conflicts after they began. To see and going in independence the cause of peaceful cooperation not violent competition, to define the nations not by our capacity to destroy, by what we built.
And perhaps above all we must reimagine our connection to one another, as members of one human race.
For this too is what makes our species unique, we are not bound by genetic code to repeat the mistakes of the past.
We can learn.
We can choose.
We can tell our children a different story.
One that describes a common humanity.
One that makes war less likely.
And cruelty less easily accepted.
We see these stories in the Hibakusha, the woman who forgave a pilot who flew the plane that dropped the atomic bomb, because she recognized that what she really hated was war itself.
My own nation’s story begin with simple words.
All men are created equal, and endowed by our creator with certain unalienable rights, including life, liberty, and the pursuit of happiness.
Realizing that ideal has never been easy.
Even within our own borders, even among our own citizens.
But staying true to that story is worth the effort.
It is an ideal to be strived for.
An ideal that extends across continents, and across oceans.
The irreducible worth of every person, the insistence of ever life is precious.
The radical and necessary notion that we are part of a single family.
That is the story that we must all tell.
That is why we come to Hiroshima.
So that we might think of people we love.
The first smile from our children in the morning, the gentle touch from the over the kitchen table.
The comforting embrace from a parent.
We can think of these thing and know that those precious moments took place here 71years ago.
Those who died, they are like us.
Ordinary people understand this, I think.
They do not want more war.
They would rather, that the wonders of science be focused on life, and not eliminating it.
When the choices made by nations, and when choices made by leaders reflect this simple wisdom, and the lesson of Hiroshima is done.
The world was forever changed here.
But today, the children of this city, will go through their day in peace.
What a precious thing that is.
It is worth protecting.
And then extending to every child.
That is a future we can choose.
A future in which Hiroshima and Nagasaki are known not as the dawn of a atomic warfare.
But as the start of our own moral awakening.


[日本語訳]
71年前、明るく、雲一つない晴れ渡った朝、死が空から降り、世界が変わってしまいました。閃光(せんこう)と炎の壁が都市を破壊し、人類が自らを破滅させる手段を手にしたことを示したのです。
なぜ私たちはここ、広島を訪れるのか。私たちはそう遠くない過去に解き放たれた恐ろしい力に思いをはせるために訪れるのです。10万人を超す日本人の男女そして子どもたち、何千人もの朝鮮人、十数人の米国人捕虜を含む死者を悼むために訪れるのです。彼らの魂が私たちに語りかけます。私たちに内省し、私たちが何者なのか、これからどのような存在になりえるのかをよく考えるように求めているのです。
広島を際立たせるのは戦争の事実ではありません。暴力を伴う紛争は太古の昔からあったことが古代の遺物からわかります。火打ち石から刃を作り、木からやりをつくることを学んだ私たちの祖先は、これらの道具を狩猟だけでなく、人間に対しても使ったのです。食糧不足、富への渇望、国家主義的な熱烈な思いや宗教的熱情に突き動かされ、世界のどの大陸でも文明の歴史は戦争にあふれています。いくつもの帝国の興亡があり、人々は服従を強いられたり、解放されたりしました。それぞれの時期に罪なき人たちが犠牲になり、その名は時がたつにつれて忘れられていきました。
広島と長崎で残酷な終結を迎えることになった世界大戦は、最も豊かで、最も力の強い国々の間で戦われました。それらの国の文明は世界に偉大な都市や素晴らしい芸術をもたらしました。思想家たちは正義や調和、真実に関する考えを生み出してきました。しかし戦争は、最も単純な部族間の紛争の原因となった、支配や征服をしたいという本能と同じ本能から生まれてきたのです。新たな能力によってその古いパターンが増幅され、ついには新たな制約がなくなってしまったのです。
数年の間で6千万人もの人たちが亡くなりました。男性、女性、子ども、私たちと何ら変わりのない人たちが、撃たれ、殴られ、行進させられ、爆撃され、投獄され、飢えやガス室で死んだのです。この戦争を記録する場所が世界に数多くあります。勇気や英雄主義の物語を語る記念碑、筆舌に尽くしがたい悪行を思い起こさせる墓地や無人の収容所です。
しかし、この空に立ち上ったキノコ雲のイメージのなかで最も、私たちは人間性の中にある根本的な矛盾を突きつけられます。私たちを人類たらしめているもの、私たちの考えや想像力、言語、道具をつくる能力、自然を自らと区別して自らの意思のために変化させる能力といったものこそが、とてつもない破壊能力を私たち自身にもたらすのです。
物質的な進歩または社会的革新によって、私たちは何度この真実が見えなくなるのでしょうか。どれだけたやすく、私たちは何かより高い大義の名の下に暴力を正当化してきたでしょうか。あらゆる偉大な宗教が愛、平和、公正への道を約束しています。しかし、いかなる宗教も信仰が殺戮(さつりく)の許可証だと主張する信者から免れていません。
国家は人々を犠牲と協力で結びつける物語を伝え、顕著な業績を可能にしながら台頭します。しかし、それらの同じ物語は、幾度となく異なる人々を抑圧し、その人間性を奪うために使われてきました。
科学によって、私たちは海を越えて通信を行い、雲の上を飛び、病を治し、宇宙を理解することができるようになりました。しかし、これらの同じ発見は、これまで以上に効率的な殺戮の道具に転用することができるのです。現代の戦争は私たちにこの真実を教えてくれます。広島がこの真実を教えてくれます。
科学技術の進歩は、人間社会に同等の進歩が伴わなければ、人類を破滅させる可能性があります。原子の分裂を可能にした科学の革命には、道徳上の革命も求められます。だからこそ、私たちはこの場所を訪れるのです。私たちはここに、この街の中心に立ち、原子爆弾が投下された瞬間を想像しようと努めます。目にしたものに混乱した子どもたちの恐怖を感じようとします。私たちは、声なき叫びに耳を傾けます。私たちは、あの恐ろしい戦争の弧の中で、それ以前に起きた戦争で、それ以後に起きた戦争で殺されたすべての罪なき人々を思い起こします。
単なる言葉だけでは、こうした苦しみに声を与えることはできません。しかし私たちは、歴史を直視する責任を分かち合っています。そして、こうした苦しみの再発を防ぐためにどうやり方を変えるべきなのかを問わねばなりません。いつか、証言するヒバクシャ(被爆者)の声が聞けなくなる日がくるでしょう。
しかし、1945年8月6日の朝の記憶を薄れさせてはなりません。
その記憶は、私たちが自己満足と戦うことを可能にします。それは私たちの道徳的な想像力を刺激し、変化を可能にします。
あの運命の日以来、私たちは希望をもたらす選択をしてきました。米国と日本は同盟だけでなく、私たちの市民に戦争を通じて得られるよりも、はるかに多くのものをもたらす友情を築きました。
欧州諸国は、戦場を通商と民主主義の絆に置き換える連合を築きました。抑圧された人々と国々は解放を勝ち取りました。国際社会は戦争を回避し、核兵器の存在を制限し、縮小し、最終的には廃絶するために働く組織と条約をつくりました。
それでもなお、世界で目の当たりにする国家間のあらゆる攻撃的行動、あらゆるテロ、腐敗、残虐性、抑圧は、私たちの仕事に終わりがないことを物語っています。
私たちは、人間の悪をなす能力をなくすことはできないかもしれません。だからこそ、国家や私たちが作り上げた同盟は、自衛の手段を持たなければなりません。しかし、私の国のように核を保有する国々は、恐怖の論理にとらわれず、核兵器なき世界を追求する勇気を持たなければなりません。
私の生きている間に、この目標は実現できないかもしれません。しかし、たゆまぬ努力によって、悲劇が起きる可能性は減らすことができます。私たちは核の根絶につながる道筋を示すことができます。私たちは、ほかの国への核拡散を止め、狂信者たちから致死性の物質を遠ざけることができます。
しかし、それでもまだ十分ではありません。なぜなら、粗製のライフルや樽(たる)爆弾でさえ、どれだけ恐ろしい規模の暴力を起こせるのか、私たちは世界で目の当たりにしているからです。私たちは戦争そのものへの考え方を変えなければいけません。それによって、外交を通じて紛争を防ぎ、すでに始まった紛争を終わらせる努力をしなければなりません。相互依存の高まりが、暴力的な競争の原因になるのではなく、平和的な協力を生むものだと考えるのです。そして、私たちの国家を、破壊能力によってではなく、何を築き上げるかで定義づけるのです。
そして、おそらく何にもまして、私たちは一つの人類の仲間として、互いの関係をつくり直さなければいけません。なぜなら、そのことも人類を比類なき種にしているものだからです。私たちは遺伝情報によって、過去の間違いを繰り返す運命を定められているわけではありません。私たちは学び、選ぶことができます。人類が共通の存在であることを描き、戦争をより遠いものにし、残虐な行為は受け入れられがたいような、異なる物語を私たちは子どもたちに伝えることができます。
私たちはこうした物語を、ヒバクシャの中にみることができます。原爆を投下した爆撃機のパイロットを許した女性がいます。なぜなら、彼女は本当に憎いのは戦争そのものだと分かっていたからです。ここで殺された米国人たちの家族を捜し出した男性がいました。なぜなら、彼は彼らの喪失は自分たちの喪失と等しいと信じていたからです。
私の国の物語はシンプルな言葉から始まりました。「すべての人は等しくつくられ、生命、自由、幸福追求を含む、奪われることのない権利を創造者から授けられた」。そうした理想を実現するのは、たとえ私たちの国内であっても、国民同士であっても、決して簡単なことではありませんでした。しかし、その物語へ忠実であり続けることは、努力に値することです。大陸を越え、海を越えて追い求められるべき理想なのです。すべての人の減らすことのできない価値。すべての命は尊いという主張。私たちはたった一つの人類の一員なのだという根本的で欠かせない考え。これらが、私たち全員が伝えていかなければならない物語なのです。
それが、私たちが広島を訪れる理由です。私たちが愛する人のことを考えるためです。朝起きて最初に見る私たちの子どもたちの笑顔や、食卓越しの伴侶からの優しい触れあい、親からの心安らぐ抱擁のことを考えるためです。私たちはそうしたことを思い浮かべ、71年前、同じ大切な時間がここにあったということを知ることができるのです。亡くなった人たちは、私たちと変わらないのです。
普通の人たちは、このことを分かっていると私は思います。普通の人はもう戦争を望んでいません。科学の驚異は人の生活を奪うのでなく、向上させることを目的にしてもらいたいと思っています。国家や指導者が選択をするにあたり、このシンプルな良識を反映させる時、広島の教訓は生かされるのです。
世界はここで、永遠に変わってしまいました。しかし今日、この街の子どもたちは平和に暮らしています。なんて尊いことでしょうか。それは守り、すべての子どもたちに与える価値のあるものです。それは私たちが選ぶことのできる未来です。広島と長崎が「核戦争の夜明け」ではなく、私たちが道徳的に目覚めることの始まりとして知られるような未来なのです。

[今日の音楽]
今日の曲はこれThe Beatles -- I've Just Seen a Face


[今日のお気に入りの写真](画像クリックで拡大)
真桑文楽
通称真桑文楽で知られる、岐阜県本巣市上真桑に伝わる国の重要無形民俗文化財の人形浄瑠璃。
300年の歴史をもつ伝統芸能ですよ。
真桑文楽 (3)

真桑文楽 (6)

[歴史に残る名言]
<ベートーヴェンの名言
「たいていの人は何か良いものには感動します。
しかしそれが芸術家たる資質ではありません。
芸術家は火のように燃えています。
泣くことなどしません。」

ベートーヴェン[ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン](18~19世紀ドイツの作曲家、1770~1827)


[今日は何の日?]
<今日のトップニュース>
※「核なき世界へ勇気を」 オバマ米大統領、広島で追悼
オバマ米大統領が27日夕、現職米大統領として初めて被爆地・広島を訪問した。平和記念公園で原爆慰霊碑に献後、広島に原爆が投下された8月6日の「記憶は消え去らない」と所感を述べ、「核兵器なき世界」への決意を表明した。広島、長崎で亡くなった人々を含め、第2次大戦の全犠牲者を追悼し、戦争の惨禍を繰り返さないための誓いを新たにした。
被爆者も見守る中、約17分間にわたり所感を述べた後、日本原水爆被害者団体協議会(被団協)の代表委員坪井直さん(91)と握手し言葉を交わした。米兵捕虜らの身元特定に尽力した被爆者の森重昭さん(79)と抱き合う場面もあった。2016/5/27【共同通信】

<ちょっと前のトップニュース>
※集団的自衛権も専守防衛 首相、従来解釈拡大
安倍晋三首相は27日の衆院平和安全法制特別委員会で、集団的自衛権を行使する場合も「武力行使の新3要件」を満たせば専守防衛に該当すると明言した。「わが国の存立が脅かされる事態に国民を防衛するのは専守防衛だ。考え方は変わらない」と述べた。日本が攻撃を受けて発動する個別的自衛権行使に限った従来の専守防衛の解釈を拡大した。新たな安全保障法制について「抑止力を高め、国民のリスクを低減する」と強調した。野党は納得せず、政府の答弁姿勢を批判。
専守防衛は戦後日本の安保政策の基本方針。政府は「相手から武力攻撃を受けたときに初めて防衛力を行使」することだと説明してきた。2015/05/27 【共同通信】

安倍首相の支離滅裂な答弁には呆れます。
すり替えやごまかしだけでなく、自分の好き勝手な解釈が当然とばかりに開き直って、長年にわたって個別的自衛権が認められるのは専守防衛に限るとされてきたものを、どんなことでもわが国の存立が脅かされると判断すれば集団的自衛権まで含まれるとは非常識きわまる暴論です。
米国が始めた戦争の後方支援がどうして専守防衛になるのでしょうか。
イラク戦争やアフガン戦争の後方支援が専守防衛???
狂っているとしか思えない発想です。


<5月28日の記念日>
1961(昭和36)年のこの日、政治的権力による人権侵害を守るための国際民間機関アムネスティ・インターナショナルが発足した。
火の日
1733(亨保18)年のこの日、隅田川で水神祭りの川開きが行われ、慰霊を兼ねた火が打ち上げられた。
隅田川の火の歴史は意外と古くなかったようですね(。^p〇q^。)プッ
※ゴルフ記念日
スポーツ用品メーカー・ミズノの直営店・エスポートミズノが1994(平成6)年に制定。
1927(昭和2)年のこの日、第1回全日本オープンゴルフ選手権大会が横浜の保土ヶ谷ゴルフ場で開催された。
※3000本記念日
1980(昭和55)年のこの日、ロッテオリオンズの張本勲選手が日本プロ野球史上初の通算3000本安打を記録した。
1981年の引退までに3085安打を記録し、2009年にイチローに抜かれるまで日本記録であった。
イチロー選手のすごさを改めて実感できる記念日であり、遠くない時期に4000本記念日ができることを期待^^
※業平忌
平安時代初期の歌人・在原業平[ありわらのなりひら]の880(元慶4)年の忌日。平城天皇の子の阿保親王の第5子で、在原姓を賜って臣籍に下った。
六歌仙・三十六歌仙の一人で、容姿端麗で情熱的な和歌の名手だったため『伊勢物語』の主人公とされている。枕を共にした女性は若い娘から上は99歳まで、その数は3733人と伝えられ、才女の小野小町も名を連ねている。
※辰雄忌
小説家・堀辰雄[ほりたつお]の1953(昭和28)年の忌日。

<今日の誕生花>
薄荷[はっか]言葉:美徳」        ペパーミント(西洋はっか)「花言葉:心の暖かさ」
ハッカ ペパーミント
ベロニカ(瑠璃虎の尾)「花言葉:名誉」
ベロニカ(ルリトラノオ)

<歴史上の出来事>
1193年曾我十郎・五郎兄弟が父・河津三郎祐泰の仇・工藤祐経を討つ
1861年第一次東禅寺事件。英公使オールコックが幕府の反対を押切って陸路入京したことに反撥した水戸藩浪士らが江戸・東禅寺の英仮公使館を襲撃。館員が負傷、警備兵を刺殺
1871年「血の1週間」の戦闘によりパリ・コミューンが瓦解、パリ統治が終了
1945年海軍が人間魚雷「回天」などを水中特攻兵器として採用
1946年逓信院が女性の特定郵便局長就任を許可
1953年韓国の漁夫が竹島に上陸し、竹島領土問題が表面化
1966年第二釜ヶ崎事件。大阪・釜ヶ崎(後の愛隣地区)で労働者が暴動。碁会所の火事に対して消防車の到着が遅かった為、警察詰所などへ投石・放火
1977年愛隣騒動。大阪・愛隣地区で新左翼系労働者が殴られたことをきっかけに騒乱。南海電鉄の運行がストップ
1980年張本勲が日本プロ野球史上初の通算3000本安打を達成
1995年サハリンでM7.5の巨大地震。死者約2千人
1998年11日のインドの核実験に対抗してパキスタンが初の核実験を実施
2008年ネパールで王制が廃止。ギャネンドラ国王が退位
2015年日本年金機構の職員が電子メールの添付ファイルを開封して個人情報約125万件が外部に流出した事が判明

<著名人の誕生日>
1119年崇徳天皇(顯仁親王,讚岐院)[すとくてんのう(あきひとしんのう)] (天皇(75代))[1164年8月26日]
1738年ジョゼフ・ギヨタン (仏:解剖学者,政治家,ギロチンの名の由来)[1814年3月26日]
1850年初代三遊亭圓遊[さんゆうてい・えんゆう] (落語家)本来は3代目[1907年11月26日]
1870年小川琢治[おがわ・たくじ] (地質学者,地理学者,湯川秀樹の父)[1941年11月15日]
1889年山本宣治[やまもと・せんじ] (衆議院議員,生物学者,社会運動家)[1929年3月5日]暗殺
1905年阿部定[あべ・さだ] (「阿部定事件」犯人)1974年以降消息不明
1916年山田典吾[やまだ・てんご] (映画監督『裸の大将放浪記』『はだしのゲン』)[1998年5月14日]
1923年ジェルジ・リゲティ (ハンガリー:作曲家)[2006年6月12日歿]
1932年黒井千次[くろい・せんじ] (小説家『群棲』)
1940年筒美京平[つつみ・きょうへい] (作曲家)
1942年スタンリー・B.プルシナー (米:生理学者,プリオンを発見)
1947年はるき悦巳[はるき・えつみ] (漫画家『じゃりん子チエ』)
1953年杉本章子[すぎもと・あきこ] (歴史小説家『東京新大橋雨中図』)直木賞
1961年辛島美登里[からしま・みどり] (シンガーソングライター)
1962年中尊寺ゆつこ[ちゅうそんじ・ゆつこ] (漫画家)[2005年1月31日]
1972年キアラ・マストロヤンニ (伊:女優,マルチェロ・マストロヤンニとカトリーヌ・ドヌーブの子)
1989年林明日香[はやし・あすか] (シンガーソングライター)

<著名人の忌日>
880年在原業平(在五中将)[ありわら・の・なりひら] (歌人,六歌仙・三十六歌仙の一人) <数え56歳>[825年生]
1193年工藤祐経[くどう・すけつね] (武将)曾我兄弟に討たれる
1193年曾我十郎祐成[そが・じゅうろうすけなり] (武士,曾我兄弟の兄) <数え22歳>[1172年生]
1615年片桐且元[かたぎり・かつもと] (武将) <数え60歳>[1556年生]
1953年堀辰雄[ほり・たつお] (小説家『風立ちぬ』) <48歳>[1904年12月28日生]
1972年エドワード8世(ウィンザー公) (英:国王(ウィンザー朝2代),シンプソン夫人との結婚問題で退位) <77歳>[1894年6月23日生]
1990年中村竹弥[なかむら・たけや] (俳優) <71歳>[1918年7月11日生]
1992年藤村富美男[ふじむら・とみお] (野球(阪神/内野手・投手・監督)「初代ミスタータイガース」) <75歳>[1916年8月14日生]
2004年田中美羽[たなか・みは] (タレント) <41歳>交際相手により撲殺[1963年3月30日生]
2007年松岡利勝[まつおか・としかつ] (衆議院議員(自民党),農水相(42代)) <62歳>[1945年2月25日生]
国会の委員会答弁で「何とか還元水」という珍答弁が仇となり、疑惑の渦中に議員宿舎で自殺

参加してるので、応援してもらえたら嬉しいです``r(^^;)ポリポリ
banner_22.gif 
 (↑ポチ)   (↑ポチ
拍手ボタンのポチポチお願いで~す。まり姫の励みになります、そして皆さんには笑顔をネ(*^^*ゞ
拍手ボタンを押すともっと見たくなりますよm(o´・ω・`o)mペコリン



拍手する
Page.2499

[足立美術館庭園]
IMG_0004_2016030222394315c.jpg

IMG_0005_20160302223942512.jpg

[ひな祭り~,、'`,、 (´∀`) ,、'`,、]
今日は女の子の1年に1回の祭り、ひな祭りです。
飾ってあったお雛さまを今日を区切りにして片付けなくてはいけないとされていますよね~
祭りの日が終わった後も雛人形を片付けずにいると結婚が遅れるという話をご存じの方もあるでしょう。
でも本当かな??
旧暦の3月だと梅雨が間近になるから、早く片付けないと人形や絹製の細工物に虫喰いやカビが生えるからというのが゛本当のことじゃないかと思えます。
まあ現代人(私のこと?)がけじめを持たずにぐーたらしていると嫁の貰い手も現れないというのもわからないわけではありません(。_゜)〃ドテッ!
お雛さまが作られているところは関東地方に集中しているようですね。
でもいちばん高価な雛人形を作り出しているのは岐阜県内の人形店だそうですよ(笑)
端午の節句が『子どもの日』として祝日にされているのに、桃の節句、雛祭りが祝日にされていないのは不平等という声もありますよー(私は絶対そう思う)
江戸時代の雛祭りは「五節句」のひとつとして「祝日として存在した」ともいわれますが、。明治6年の新暦採用が「五節句(=雛祭り)」の祝日廃止となって、さらに「国民の祝日」より「皇室の祝日」色が濃くなったことも原因かもしれません。
戦後、最終的には5月5日の端午の節句だけを祝日(こどもの日)とする案が採用されています。
江戸時代は「かかあ天下」のお家が意外に多く、男性が三行半を突きつければ女性は実家に戻されるというのは支配層の話だけで、庶民には通用しなかったようですよ(笑)
とくに町人には女性の方が力を持っており、亭主の稼ぎが悪ければ家から追い出されることが度々あったとか・・・・・
女性差別が法制化されたのは実は明治新政府が初めてだったということを皆さん覚えておいてくださいね(徳川時代より超保守的だった)
いずれにしても歴史を調べていると、日本は四季があることもあり、旧暦の方が実情に合っているものもかなりあります。
まあ、2~3年に1度閏月を入れるという面倒なこともあり、また、13ケ月の年があるということは企業にとっては嫌でしょうね~(。^p〇q^。)プッ


今日は「平和の日」です!!
日本ペンクラブが提唱し、1985年国際ペンクラブが全世界で制定しました。
恒久平和を高らかに謳っている日本国憲法は、世界中から最も先進性があり素晴らしい憲法であると高く評価されているものであり、日本国憲法をないがしろにしている安倍自公政権には一言一句いじらせたくないものです。
ましてや権力機構に縛りをかける立憲主義を全く理解していないバカ総理の手で勝手に改憲など絶対にさせてはならにいことは明白です。
日本国憲法が規定する国民主権・基本的人権・平和主義は、現代でもどの国の憲法より先駆的で、最も質の高い憲法であると評価されています。
日本国憲法第99条の国務大臣をはじめ国会議員・裁判官・公務員らに課せられている憲法の尊重義務と擁護の義務を無視し、憲法改悪の姿勢を露骨に出している安倍晋三政権は日本国民にとってもっとも危険な害悪であり、悪性のガンそのものです。
いまや保守派の人々まで批判している極右内閣を早く退場に追い込まないと、日本はいつか来た道へ逆もどりしかねないことを危惧します。
日本国憲法九条を一言一句変更せず日本が恒久平和を追求するべき唯一の道で、いっさいの軍事同盟などない自主・独立の日本社会こそ未来永劫世界平和につながるでしょう。

[ここはどこ?](画像クリックで拡大)
DSC00548.jpg

[今日の音楽]
ミュージカル映画の代表作といえばやはりこれでしょう。
映画「サウンド・オヴ・ミュージック」から


[今日のお気に入りの写真](画像クリックで拡大)
西洋菜のを見つけました\(^o^)/
DSC01272西洋菜の花

[歴史に残る名言]
<山田太一の名言
「マイナスの経験をした人は有利です。
してない人は、人の気持ちが分からなくなっている。
分からないことすら気づかずに生きてしまう。」

山田太一[やまだ・たいち](脚本家・小説家、1934~)


[今日は何の日?]
<今日のトップニュース>
※安保理が北朝鮮制裁決議を採択 航空燃料を禁輸、「重大措置」も
【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会(15カ国)は2日午前(日本時間3日未明)、公開会合を開き、北朝鮮による4度目の核実験と事実上の長距離弾道ミサイル発射を非難し、制裁を大幅に強化する決議案を全会一致で採択した。北朝鮮への航空機・ロケット燃料の原則輸出禁止と北朝鮮産鉱物資源の一部輸入禁止が柱。北朝鮮の新たな核実験やミサイル発射には「さらなる重大な措置」で応じると警告している。
1月6日の核実験後、安保理の北朝鮮制裁決議案交渉では最長となる2カ月近くかけて国際社会が結束を示した。2016年3月3日【東京新聞】

国際社会による北朝鮮に対するもっとも厳しい制裁で一致した安全保障理事会の決議の完全履行が望まれますが、米国の情報機関によると、ミサイル開発に必要な技術や部品になるものの圧倒的多数が日本企業が輸出したものであることが暴露されました。
安倍政権が声高に「制裁と圧力」と言い続けても、肝心の大企業のおきて破りが横行していては中国批判などできないでしょう。
大企業の海外での技術流失や海外生産方式を規制しない限り、北朝鮮への制裁が実効性をともなわなくなるでしょう。
日本政府は北朝鮮だけでなく、軍事転用可能な技術や製品・部品はいっさい輸出しない制度を確立する必要性があります。
さらに儲けのためなら手段を選ばない大企業の無責任さも問われますね。


<ちょっと前のトップニュース>
※給与カット拒否市町村に「制裁」 政府、補助金を減額
政府は2日、2013年度中の実施を求めていた公務員給与削減に応じなかった市町村に対し、今年5月に配分予定の公共事業関連の補助金を減らす方針を固めた。国の意向に従わない自治体に対する事実上の制裁措置で、首長らから「地方分権に逆行する」との反発が出るのは必至だ。
これまで政府は、要請に応じなくても制裁はしないと表明していた。今回の対応は「給与を削減した行革に熱心な市町村への配分を手厚くした。制裁には当たらない」と説明する方針という。2014/03/03【共同通信】

安倍政権は地方自治体へも牙をむき出しにしてきました。
国家公務員の給与減額を口実に、地方自治体も同率で下げよという一方的な押し付けです。
しかしみなさん、これにはからくりがあり、国家公務員でもいわゆる高級官僚である上級公務員は減額対象からはずし、一般職の公務員だけ下げたもので、地方自治体が算出している年間給与総額と国家公務員全体の年間給与総額の予算に占める比率は大きな差があります。
地方分権推進と言いながら、教育への国家行政の介入、本来国が負担すべき医療・福祉など社会保障費の地方自治体への押し付け、社会福祉施設の建設費補助金の減額等を無理やり押し付け、さらに4月から消費税の大増税を強行すれば、ほんの一握りの大企業・大資産家・上級公務員たちだけが恩恵を受けるだけで、後は軒並み所得が減って負担増だけが進む最悪の道を行くことになり、日本経済の底が抜けることは間違いありません。
前回の消費税増税時には曲りなりにもまだ労働者の給与のベースアップがありましたが、2年連続で消費税を一気に倍増などという暴挙に出るなら国家財政もパンクし、間違いなく世界恐慌の大元になるでしょう。
この危機を乗り切るためには直ちに消費税増税を停止し、労働者の完全正規雇用、国民の所得を最低でも5%以上引き上げること、さらに下げ過ぎた大企業への法人税率の引き上げと社会保障費負担を外国並みに引き上げることです。
経団連が言う「法人税が高いから外国へ工場が逃げてしまう」というのは真っ赤な大ウソですよ!!


<3月3日の記念日>
※上巳[じょうし],桃の節句
上巳の節句は五節句の一つで、元々は3月上旬の巳の日だったが、後に3月3日に行われるようになった。旧暦では3月3日は桃のが咲く季節であることから「桃の節句」とも言われる。
古来中国では、上巳の日に川で身を清め不浄を祓う習慣があった。これが平安時代に日本に取り入れられた。後に、紙で小さな人の形(形代[かたしろ])を作ってそれにけがれを移し、川や海に流して不浄を祓うようになった。この風習は、現在でも「流し雛」として残っている。
※雛祭り
女の子の健やかな成長を願う伝統行事。女の子のいる家庭では、雛人形を飾り、白酒・菱餅・あられ・桃の等を供えて祀る。
上巳の日には、人形に穢れを移して川や海に流していたが、その人形が次第に精巧なものになって流さずに飾っておくようになり、雛祭りとして発展して行った。
雛祭りは始めは宮中や貴族の間で行われていたが、やがて武家社会でも行われるようになり、江戸時代には庶民の行事となった。
元々は、5月5日の端午の節句とともに男女の別なく行われていたが、江戸時代ごろから、豪華な雛人形は女の子に属するものとされ、端午の節句は菖蒲の節句とも言われることから、「尚武」にかけて男の子の節句とされるようになった。
※平和の日
1984(昭和59)年の国際ペンクラブ東京大会で、日本ペンクラブの発案により制定され、翌1985(昭和60)年から世界中で実施された。
「女の子の健やかな成長を祝う雛祭りは平和の象徴である」との考えから。
※女のゼネストの日
1997(平成9)年から全国各地の実行委員会が実施。
男女共同参画社会を目指し、「男女平等基本法」制定を求めて女性が立ち上がる日。この日が女の子の節句であることから、この日に実施することになった。
1996(平成8)年に来日したアイスランドのフィンボガドチル大統領の演説がきっかけになり制定された。アイスランドでは1975(昭和50)年と1985(昭和60)年に「女のゼネスト」を行い、何万人もの女性が仕事を放棄して首都レイキャビクに終結し、これを契機に初の女性大統領が誕生した。
※耳の日
日本耳鼻咽喉科学会が1956(昭和31)年に制定。
「み(3)み(3)」の語呂合せ。また、三重苦のヘレン・ケラーにサリバン女史が指導を始めた日であり、電話の発明者グラハム・ベルの誕生日でもある。
※耳かきの日
耳の衛生について、知識の普及や聴覚障害の予防・治療などへの理解を深めることを目的に3と3で「耳」と読む語呂合わせから制定された「耳の日」。その日をなじみ深い耳用品の「耳かきの日」にもと制定したのは、神奈川県横浜市に本社を置く耳かき具のトップメーカーの株式会社レーベン販売。耳かき具をつうじて、耳の衛生の大切さをアピールするのが目的。
※民放ラジオの日
日本民間放送連盟ラジオ委員会が2008(平成20)年に制定。
「耳の日」であることから。
※金魚の日
日本鑑賞魚振興会が制定。
江戸時代、雛祭りの時に金魚を一緒に飾ったことから。
※結納の日
全国結納品組合連合会が制定。
結婚式の「三三九度」から。
※サルサの日
ラテン音楽のサルサに合わせて踊るダンスのひとつ「サルサ」。その日本の代表的なサルサプロダクションとしてさまざまな活動を行っている有限会社サルサホットラインジャパンが制定した日。日付は3と3で「303(サンマルサン)」として、「サ」ンマ「ル」「サ」ンと読む語呂合わせから。「サルサ」のさらなる普及がその目的。
※ジグソーパズルの日
頭と手を使い楽しく遊びながら脳の健康を保ち集中力を向上させるとして、子どもからお年寄りまで幅広い人気のジグソーパズル。これをさらに多くの人に親しんでもらおうと、ジグソーパズル扱う各社で構成された「ジグソーパズルメーカー会」が制定。日付は数字の3は裏表を組み合わせるとピタリとはまるジグソー風な形になることから。
※三の日
日本人は古くから数字の3を好んできた。「三種の神器」「日本三景」など、3つでくくることによって物事が安定すると考えたからだ。そんな三について収集・研究をしている日本三大協会が1993(平成5)に制定した。
日本三大協会は、日本で古来より三つで括ると安定すると考えられたのはなぜか、等を研究している団体である。
※桃の日
「桃の天然水」を発売する日本たばこ産業株式会社が1999(平成11)年3月3日に制定した日。桃の節句と「桃の天然水」をかけて3月3日を記念日としたもので、テレビCMや店頭のポスターなどでPRに努めている。
※松井秀喜デー
ニューヨーク市の観光産業団体・ニューヨークシティ・アンド・カンパニーが、2004年のこの日、当時ニューヨーク・ヤンキースに所属していた松井秀喜外野手を観光親善大使に任命し、併せてこの日を記念日とした。
※闘鶏の節句
宮中では平安時代から旧暦の3月3日に闘鶏が行われていた。
※立子忌
高浜虚子の子で『玉藻』を主宰した俳人・星野立子[ほしのたつこ]の1984(昭和59)年の忌日。
※オーディオブックの日
書籍を音声化し、耳を使って読書ができるオーディオブック。いつでもどこでも手軽に読書の時間を持つことが可能なこの文化を広めることを目的に、日本最大のオーディオブック配信サイト「FeBe(フィービー)」を運営する株式会社オトバンクが制定。日付はオーディオブックが耳で聴くものなので、3と3で「耳」の語呂合わせから。
※ポリンキーの日
ひとくちサイズの三角形でサクサク軽い食感が特徴のスナック菓子ポリンキー。その発売元である株式会社フレンテが制定した日。

<今日の誕生花
蓮華草[れんげそう]言葉:私の幸福」「花言葉:貴方に首ったけ、気立ての良い娘」
蓮華草 桃の花

<歴史上の出来事
1642年江戸幕府が勘定奉行を設置
1854年江戸幕府と米国使節ペリーが横浜で「日米和親条約」(神奈川条約)に調印。鎖国が解除
1860年桜田門外の変。江戸城桜田門外で大老・井伊直弼が水戸浪士らに襲われ死亡
1861年ロシア皇帝アレクサンドル2世が農奴解放令を発布。領主制を廃止(ユリウス暦2/19)
1868年東山道先鋒総督府が相楽総三ら赤報隊幹部を偽官軍として下諏訪で処刊
1875年ビゼー作曲のオペラ『カルメン』がパリのオペラ・コミック座で初演
1897年農民800人が農商務省を取り囲み足尾銅山の操業停止を請願
1908年赤坂の歩兵第一聯隊の下士卒が隊伍を組んで兵営を脱走
1917年ロシアのペトログラードで大ストライキが始る。ロシア二月革命の発端
1922年部落解放運動の全国組織・全国水平社結成
1923年アメリカでニュース週刊誌『タイム』が創刊
1931年『星条旗』がアメリカ合衆国の国歌として法制化
1933年昭和三陸地震(M8.1)。津波により死者3008人、流失倒潰家屋5851戸
1938年衆議院国家総動員法案委員会で陸軍省軍務課・佐藤賢了中佐が「黙れ」と発言し議場が混乱
1944年疎開促進・空き地利用による食糧増産・学童給食の三要綱を閣議決定
1945年米軍が包囲攻撃でマニラを占領
1946年「物価統制令」公布
1946年旧円の流通を全面禁止
1958年富士重工が初の軽自動車・スバル360を発表
1969年アメリカの有人宇宙船「アポロ9号」打上げ
1973年日米など72か国が「ワシントン条約」に正式調印
1999年『だんご3兄弟』のCDが発売。爆発的なヒットに
2005年西武鉄道の証券取引法違反で前会長の堤義明が逮捕
2006年第1回ワールド・ベースボール・クラシックが開幕
2008年薬害エイズ事件: 最高裁判所が厚生省元生物製剤課長の上告を棄却し、有罪が確定
2009年ケルン市歴史文書館が倒壊

<著名人の誕生日>
1288年後伏見天皇(胤仁親王)[ごふしみてんのう(たねひとしんのう)] (天皇(93代))[1336年4月6日]
1749年大田南畝(蜀山人,四方赤良)[おおた・なんぽ] (戯作者,狂歌師,天明三大家の一人)[1823年4月6日]
1778年3代目中村歌右衞門[なかむら・うたえもん] (歌舞伎役者)[1838年7月25日]
1830年4代目中村芝翫[なかむら・しかん] (歌舞伎役者)[1899年1月16日]
1832年松の門三艸子[まつのと・みさこ] (歌人,芸者「千人信心」)[1914年8月22日]
1847年グラハム・ベル (英・米:教育者,電話発明)[1922年8月2日]
1851年荻野吟子[おぎの・ぎんこ] (日本初の女性公認医師)[1913年6月23日]
1864年前田林外[まえだ・りんがい] (詩人)[1946年7月13日]
1872年ウイリー・キーラー (米:野球(外野手))[1923年1月1日]
1890年坪田譲治[つぼた・じょうじ] (小説家,童話作家『風の中の子供』)[1982年7月7日]
1893年高野素十[たかの・すじゅう] (俳人,法医学者)[1976年10月4日]
1908年森田倭文子[もりた・しずこ] (教育者,平和運動家,京都外国語大学創設)[1994年11月27日]
1924年いぬいとみこ[いぬい・とみこ] (児童文学作家)[2002年1月16日]
1953年ジーコ (ブラジル:サッカー(監督))
1962年ジャッキー・ジョイナー・カーシー (米:陸上競技(走り幅跳び,七種競技))
1964年ローラ・ハリング (米:女優)
1964年河井リツ子[かわい・りつこ] (漫画家『とっとこハム太郎』)
1965年ドラガン・ストイコビッチ (ユーゴスラビア:サッカー(FW・監督))

<著名人の忌日>
1551年織田信秀[おだ・のぶひで] (武将,織田信長の父) <数え42歳>[1510年生]
1599年前田利家[まえだ・としいえ] (武将,五大老の一人,加賀藩祖) <数え62歳>(閏3月)[1538年12月25日生]
1860年井伊直弼[いい・なおすけ] (江戸幕府大老,彦根藩主(13代)) <数え46歳>桜田門外の変で斬殺[1815年10月29日生]
1868年相樂總三[さがら・そうぞう] (尊攘派志士,赤報隊隊長) <数え30歳>偽官軍として捕えられ斬首[1839年生]
1951年山上ゝ泉[やまがみ・ちゅせん] (歌人,国文学者) <70歳>[1880年10月6日生]
1984年星野立子[ほしの・たつこ] (俳人,高浜虚子の子) <80歳>[1903年11月15日生]
1987年ダニー・ケイ (米:俳優,コメディアン) <74歳>[1913年1月18日生]
2003年ホルスト・ブッフホルツ (独:俳優『荒野の七人』) <69歳>[1933年12月4日生]
2010年はやし家林蔵[はやしや・りんぞう] (落語家) <67歳>[1942年7月8日生]
2012年杉岡華邨[すぎおか・かそん] (書家) <98歳>[1913年3月6日生]
2014年安井昌二[やすい・しょうじ] (俳優) <85歳>[1928年8月16日生]

参加してるので、応援してもらえたら嬉しいです``r(^^;)ポリポリ
banner_22.gif 
 (↑ポチ)   (↑ポチ
拍手ボタンのポチポチお願いで~す。まり姫の励みになります、そして皆さんには笑顔をネ(*^^*ゞ
拍手ボタンを押すともっと見たくなりますよm(o´・ω・`o)mペコリン



拍手する
Page.2497

あっという間というくらい早い弥生3月です。
皆さま今月もよろししくで~す。

ところで極右思想で知られる高市早苗総務相が放送法4条違反を理由にテレビ局に「停波」を命じる可能性に言及したことについて、「朝まで生テレビ!」(テレビ朝日系)の司会者田原総一朗氏や「ニュース23」(TBS系)のアンカー岸井成格氏らジャーナリスト6人が29日、東京都内で会見を開き、「私たちはこの一連の発言に驚き、そして怒っている」とする声明を発表しました。
会見したのはジャーナリストの青木理氏、大谷昭宏氏、鳥越俊太郎氏、「報道特集」(TBS系)キャスターの金平茂紀氏に田原氏、岸井氏を加えた6人。出席はしなかったが、「週刊ニュース新書」(テレビ東京系)で司会を務めるジャーナリストの田勢康弘氏も声明の呼びかけ人に参加しています。
声明では、高市氏の発言を放送法第一条や憲法の精神に反するものだと批判。さらに、「現在のテレビ報道を取り巻く環境が著しく『息苦しさ』をましていないか」として、「自主規制、忖度(そんたく)、萎縮が放送現場の『内部から』広がることになっては、危機は一層深刻である」と訴えました。
時の政権の担当閣僚が野党だけでなく与党内からも「行き過ぎた発言だ」と批判の声が出ているにもかかわらず、放送法の趣旨から逸脱し、恫喝まがいの無知蒙昧の暴言を撤回する姿勢を見せないことは断じて許されません。

[路傍に咲いた]
西洋タンポポかな??
DSC02175.jpg

[病院行きー]
今日は恒例の定期検査の日です(。_゚)〃ドテッ!
毎度のことながらこれだけは避けられないからやむを得ません(゚∀゚ ;)タラー
私が社会の底辺で生き続けられているのも現代医学の高度化によるもので、第二次大戦終了時頃なら生まれて間もなく命がなかったと思いますo(`・д・´)o ウン!!
そのことを考えると、せっかく助かった命だから憎まれっ子世にはばかるでしつこく生きることを宣言してますから、定期検査なんてへの河童だあーo(`・д・´)o スペシャルウン!!
帰宅は~、たぶん夕方になるかな~
ではいつものように信仰もしてないのに今日だけ何事もありませんようにアーメン・八百万の神・ナムー・・・チ───(´゚ェ゚`)───ン
あたしはまたお預けかニャー
CIMG0600.jpg


[今日は3.1ビキニデー]
1954年3月1日、第五福竜丸はマーシャル諸島近海において操業中にビキニ環礁で行われた水爆実験(キャッスル作戦・ブラボー[BRAVO] 、1954年3月1日3時42分実施)に遭遇し、船体・船員・捕獲した魚類が放射性降下物に被爆ししました。実験当時、第五福竜丸は米国が設定した危険水域の外で操業していましたが、危険を察知して海域からの脱出を図ったものの、数時間に渡って放射性降下物の降灰(死の灰)を受け続けることとなり、第五福竜丸の船員23名が全員被爆しました。この水爆実験で放射性降下物を浴びた漁船は数百隻にのぼるとみられ、被爆者は2万人を越えるとみられています。
ビキニ環礁水爆実験
第五福竜丸の水爆災害(とりわけ久保山愛吉無線長[当時40歳]が「原水爆による犠牲者は、私で最後にして欲しい」と遺言を遺して息を引き取った事)は、当時の日本国内に強烈な反核運動を起こす結果となりました。
反核運動が反米運動へと移行することを恐れた米国は、実質上占領下であった日本政府との間で被爆者補償の交渉を急ぎ、「米国の責任を追及しないこと」の確約を日本政府に強要し、事件の早期決着を図りました。1955年(昭和30年)に200万ドルが支払われましたが、連合国による占領からの主権回復後間もなかったこともあり、賠償金としてではなく“ex gratia(好意による)”見舞金として支払われています。
日本は世界で初めて戦争で米国によって使用された原爆被爆国です。また、占領下とはいえ水爆の被害賠償もまともにしないような米国の顔色など窺う必要はないでしょう。
残念なことに、日本は原子力エネルギーで人類史上初めて被爆をした被害国であるにもかかわらず、人類がいまだ自在にコントロールできない最も危険な原子力エネルギーにしがみつく安倍自公政権と、原子力エネルギーで大儲けを企む大企業の無神経・無責任ぶりは嘆かわしいばかりです。
私たちは、原子力エネルギーを使えば、必ず放射能を含んだ死の灰(無害化まで数十万年)が出ることを肝に銘ずべきでしょう。
ましてや「核武装せよ」あるいは「ヘイトスピーチのどこが悪い」などと妄言を吐いているノー天気なネトウヨ連中を野放ししたままでは、世界中の笑いものになるだけでしょう。

[今日の音楽]
1955年製作のスペイン映画「汚れなき悪戯」。
1991年にイタリア版でリメイクされていますが、やはりテーマ音楽の「マルセリーノの歌」はオリジナル作品がいちばんでしょう。
現代でもオペラ歌手のコンサートやゴスペル歌手が好んでとり上げることがあると言われます。


[今日のお気に入りの写真](画像クリックで拡大)
[足立美術館庭園]
CIMG0578.jpg

CIMG0577.jpg

CIMG0576.jpg

[歴史に残る名言]
<山田太一の名言
「人間なんてほんとうにどうしようもないものなんだ、という認識が基本になければいけないんだと思います。」
山田太一[やまだ・たいち](脚本家・小説家、1934~)


[今日は何の日?]
<今日のトップニュース>
※サヨナラ金融資本主義 週のはじめに考える
世界経済を覆っている不安を拭うことはできるのでしょうか。G20の財政と金融の責任者が政策総動員を打ち出しましたが、一時しのぎではないか。
所詮(しょせん)、「モグラたたき」をしても後手後手に回るだけで問題を根治しなければ、また繰り返す-。
経済不安の震源地、中国の上海で開かれた二十カ国・地域(G20)の財務相・中央銀行総裁会議。目先のリスクを封じ込めようと躍起になる当局者たちの姿をみると、そんな印象を覚えます。
あふれ出させたマネーによる株価や原油価格の乱高下に慌てる陰で、貧困や経済格差といった問題は一顧だにされていないのです。
G20の協調と限界
危機とまではいえないが、危機になるおそれがある。そんな不安感の下でG20会合は開かれました。いわく現在の世界経済で不安要因といわれるのは、原油安、株価や為替の急激な変動、そして「世界の工場」だった中国経済の減速だといいます。
しかし、忘れてならないのは、元はといえばリーマン・ショック後に日米欧で強力に進めた金融緩和などが招いた事態だということです。それらが複合的に絡み合っているのが厄介なのです。
例えば、原油安になって産油国の財政が苦しくなったので世界で投資していたオイルマネーが引き揚げられ、それが世界同時株安の一因になった。
また、原油価格が為替相場を左右する大きなウエートを占めるようにもなったこと。その原油価格はといえば、中国経済の減速によって原油の需要が減り、それが値崩れを加速させた面がある。このようにマネーを媒介して不安要因同士が絡み合い、共振して危機を拡大させるのです。
そこでG20は、目の前の不安要因を一斉に封じ込めようと、各国が協調して政策総動員することを決めました。すなわちマネーの移動が市場を不安定化させるのだから資本流出対策を打ち出す。自国に有利な通貨安を競う動きが強まれば他国にしわ寄せがいくので通貨安競争をやめる。過剰な生産設備を抱える中国は早く消費主導の経済へと構造改革を急ぐ。余力のある国は財政出動して景気を刺激する、といった具合です。
借金日本の異常金利
でも、これらはどうみても対症療法でしかありません。会合では金融政策の限界論も一部に出たようですが、それでも目先のリスクにとらわれて金融緩和を続け、財政出動に頼るのです。日本と欧州は「まだ追加緩和の余地がある」といった姿勢ですし、米国は昨年末、九年半ぶりに利上げに踏み切ったが、それが中国や新興国からの資本流出を招いたとして今後の利上げに「待った」がかかった格好です。
これでは緩和マネー中毒から抜け出せず、バブルを繰り返すことでしか景気を立て直せない。問題は、立ち直ってもちょっとしたショックで世界同時株安が起きる脆弱(ぜいじゃく)な経済なのです。
それはサマーズ元米財務長官が二年以上前に唱えた「長期停滞論」の通りなのかもしれません。その長期停滞論によれば、実質金利がマイナスで推移しても、国内総生産(GDP)の水準が経済の実力(潜在GDP)を下回ったり、勤労者の所得が増えなかったりすると指摘しました。
まさに日本がその典型です。異次元の金融緩和を三年続けてきたが、一向に物価上昇目標は達成できず、GDPの伸びもほぼゼロ。追加緩和を繰り返し、マイナス金利という手法にまで至りました。世界一の借金を抱えた国なのに金利は下がり続け、とうとうマイナスです。
しかし、これはむしろ借金まみれだからこそのマイナス金利とみるべきかもしれません。国の利払い費が抑えられるからです。すでに無きに等しい財政規律が一層緩むおそれがある。
参考までにサマーズ氏の処方箋はというと、職業教育の拡充や企業の技術革新力(イノベーション)の底上げ、インフラ更新などの公共投資拡大を挙げています。確かに、日本では「革命的」な新製品やサービスが出たとしても小粒化しているといえるでしょう。
貧困・不平等の解消を
「格差拡大は経済成長を妨げる」-。先進国クラブといわれる経済協力開発機構(OECD)が、そんなリポートをまとめたのは一年半前です。それは、消費を担う中間層が減少し、何より所得格差は教育機会の格差となって将来の国富の喪失につながるのだ、といいます。
つまり成長戦略というのなら格差を縮める政策こそが重要なのです。アベノミクスも刷新し、貧困や不平等解消を目指す真の成長戦略をG20会合の場などで堂々と発表してもらいたいものです。2015年2月29日【中日新聞社説】

わが意を得たりですね。
アベノミクスは完全に破たんしておりアホノミクスになっちゃってます。
日本経済の立て直しのためには今のアベ政治ではダメで政策の180度転換が必要です。
大企業・大資産家が貯め込んだ金を適切な金額になるまで吐き出させることが先決ですね。
GDPはマイナスなのに投機マネーを呼び込み株価だけ吊り上げ維持に走った日銀の黒田総裁の罪は重い!!


<ちょっと前のトップニュース>
※村山元首相、河野談話検証を批判 「意味ない」
社民党の村山富市元首相は27日、日本記者クラブで記者会見し、従軍慰安婦問題をめぐり旧日本軍の関与を認めた1993年の河野洋平官房長官談話(宮沢内閣)の検証に意欲を示す安倍政権や日本維新の会を批判した。「事実がなかったとあげつらって、詮索する意味はない。軍が作戦上の必要から慰安所をつくったのは間違いない」と主張した。
談話作成の経緯に関し「軍関係者や政府の資料を調べて、総合的に判断したと思う。根拠もなく軽はずみに作ったものではない」として、見直しは国際的な反発を招くと強調した。2014/02/27【共同通信】

菅官房長官がなぜ河野談話の検証を持ち出したのか、国連からもくぎを刺されたばかりという事実さえ無視してのやり方は関係国の反発を増大させるだけで、かえって国益を損なうものです。
国立公文書館所蔵の法務省記録からも明らかなように、歴史的事実は慰安婦の強制連行があったことを事実を持って証明しており、すでに世界中に知られていることです。
安倍政権による歴史的事実を否定しようとする動きは、国際社会から反発をまねき日本が孤立化するだけで、政治的・経済的損失を増加させるだけです。


<3月1日の記念日>
※ビキニ・デー
1954(昭和29)年の今日、ミクロネシアのビキニ環礁でアメリカが行った水爆実験により、静岡県焼津市のマグロ漁船第5福竜丸が死の灰を浴びた。乗組員全員が被爆し、久保山愛吉無線長が半年後に死亡、この日をビキニデーとして反核の集会などが行われるようになった。
※労働組合法施行記念日
1946(昭和21)年のこの日、労働者の地位向上を図る為の法律「労働組合法」が施行された。
※豚の日
1972(昭和47)年に、アメリカのエレン・スタンリー、メアリー・リン・レイブ姉妹が、最も利口で役に立つ家畜のひとつである豚への感謝をこめて制定したとされている。
アメリカ合衆国の各地で豚の品評会が行われる。
※デコポンの日
柑橘類の果実、デコポンが熊本県より初めて出荷され、東京の青果市場で取引されたのが1991(平成3)年のこの日。この日を記念して日本園芸農業協同組合連合会が3月1日を「デコポンの日」に制定した。消費者にデコポンのおいしさをPRする日。
※未唯mieの日
コンサート、CD、舞台、テレビ、ラジオ、CMなど、多方面で活動するアーティストの「未唯mie」。その記念日を作りファンとの交流を深めることを目的に、元ピンクレディーの「ミー」こと根本美鶴代さんが制定。日付は3と1で「未唯mie」と読む語呂合わせから。
※切抜の日
1890(明治23)年のこの日、日本で最初の切り抜き(クリッピング)会社である日本諸新聞切抜通信が設立されたことから、株式会社内外切抜通信社が制定。同社は国内外の新聞・雑誌のクリッピング、テレビ・WEBのモニター調査などを手がける1939年創業の業界の草分け的企業。
※防災用品点検の日
関東大震災の起きた9月1日をはじめとして季節の変わり目となる年4回、防災用品の点検を行い災害に備えようと、防災アドバイザーの山村武彦氏が提唱した日。電池、非常用の飲料水、非常用食料、消火器、避難ロープなどの防災用品点検キャンペーンを展開。
※三汀忌,微苦笑忌
小説家・劇作家・俳人の久米正雄[くめまさお]の1952(昭和27)年の忌日。
俳号の三汀[さんてい]から三汀忌、久米正雄が微笑と苦笑を合わせて作った造語「微苦笑」から微苦笑忌と呼ばれる。
※マーチの日,行進曲の日
「行進曲」と「3月」が同じmarchというスペルであることから。

<今日の誕生花
房咲き水仙言葉:自尊」           杏子[あんず]言葉:臆病な愛」
房咲き水仙 杏子の花
ヒヤシンス<ピンク>(風信子)言葉:スポーツ,ゲーム」
  ヒヤシンス

<歴史上の出来事
585年仏教排斥を唱える物部守屋が、疫病の流行が原因が仏教崇拝にあると奏上
1562年ヴァシーの虐殺。フランスのヴァシーでプロテスタントが大量虐殺される。ユグノー戦争の発端
1587年豊臣秀吉が九州の島津氏討伐の為、自ら2万5千の兵を率いて出発
1692年アメリカ合衆国マサチューセッツ州セイラム村で「セイラム魔女裁判」が始まる。翌年5月までに200人近くの村人が魔女として告発され、19人処刑、5人獄死
1815年エルバ島を脱出したナポレオンがフランスに上陸
1834年水野忠邦が老中に就任。天保の改革を実施
1872年米議会が「国立公園設置法」を可決。アメリカ初の国立公園・イエローストーン国立公園が誕生
1881年ペテルブルグで露皇帝アレクサンドル2世が「人民の意志」派のテロリストにより爆殺
1882年福澤諭吉が日刊新聞『時事新報』を創刊
1896年立憲改新党・立憲革新党などが合同して進歩党を結党
1905年日露戦争・奉天会戦が開戦。大山巌満洲軍総司令官率いる25万人がロシア軍35万人を包囲
1911年日本初の洋風大劇場・帝国劇場が開館
1919年3.1独立運動。朝鮮京城のパゴダ公園で朝鮮民衆が独立宣言。独立万歳の大デモ行進を実施。以後、全土で独立運動が展開される
1932年満洲国が建国宣言
1934年満洲国で帝政実施。清朝最後の皇帝・溥儀が満洲国皇帝に
1938年京都で初めてタクシーのメーター制を実施。11月から全国で実施
1939年大阪府枚方市の陸軍禁野火薬庫で爆発事故。死者94人
1941年「国民学校令」公布。小学校を国民学校に改め義務教育を8年に延長。4月1日に施行
1942年バタビア沖海戦。日本軍の攻撃により英米の駆逐艦など3隻が沈没し、インドネシア方面の連合軍艦隊が壊滅
1942年日本軍がジャワ島に上陸
1946年「労働組合法」施行。労働者の団結権と団体交渉権が保障される
1946年第1回日本美術展「日展」開催
1948年GHQが、国民の祝日に日の丸を掲揚することを許可すると通告
1949年マッカーサー元帥が「日本はスイスのように中立を維持するよう期待」と言明
1950年池田勇人蔵相が不況関連で「中小企業の倒産や自殺はやむを得ない」と発言
1950年民主自由党と民主党連立派が合併し自由党が発足。吉田茂を初代総裁に
1954年アメリカがビキニ環礁で水爆実験。附近で操業していた焼津の漁船・第五福竜丸の乗組員が被爆
1955年イギリスが水爆製造開始を表明
1959年フジテレビが開局
1962年ニューヨーク発ロサンゼルス行のアメリカン航空機が離陸直後に制御不能となり高速のまま海に激突。95人全員死亡
1963年日本SF作家クラブが発足
1974年鳥海山が153年ぶりに噴火
1976年韓国で金大中らが「民主救国宣言」を発表
1988年水俣病刑事訴訟で最高裁が被告側の上告を棄却。チッソ元社長らに有罪判決。水俣病の公式発見から32年目
1992年「暴力団対策法」「育児休業法」施行
1997年大阪ドームが開場
1999年「対人地雷全面禁止条約」が発効
1999年文部省が2003年度からの高校の学習指導要領を発表。パソコン実習を必須に
2010年大手百貨店の大丸と松坂屋が合併し、「大丸松坂屋」が発足
2011年大型スーパーのジャスコ、サティが一部店舗を除きイオンの名称に統一される
2013年クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件の第一審判決で、国税局査察部告発・検察特捜部起訴の事案としては史上初の無罪判決が言い渡される(佐藤弘規裁判長)。
2013年第1回東京国際文芸フェスティバルが早稲田大学や東京大学、六本木アカデミーヒルズを中心に開催される(主催:日本財団)。
2014年昆明で無差別殺傷事件が発生し、29人が殺害される。
2015年常磐自動車道が全線開通。
2015年武豊線が全線電化。

<著名人の誕生日>
1445年サンドロ・ボッティチェッリ (伊:画家『ビーナスの誕生』)1444年,1446年説あり[1510年5月17日]
1810年フレデリック・ショパン (ポーランド・仏:作曲家)[1849年10月17日]
1883年朝倉文夫[あさくら・ふみお] (彫刻家『和気清磨像』)[1964年4月18日]
1889年岡本かの子[おかもと・かのこ] (小説家,歌人,岡本太郎の母)[1939年2月18日]
1892年芥川龍之介[あくたがわ・りゅうのすけ] (小説家『羅生門』『鼻』)[1927年7月24日]
1904年グレン・ミラー (米:ジャズ楽団指揮者,トロンボーン奏者)[1944年12月15日]
1908年菊田一夫[きくた・かずお] (劇作家,作詞家,演出家)[1973年4月4日]
1922年石丸寛[いしまる・ひろし] (指揮者)[1998年3月23日]
1926年岩佐美代子[いわさ・みよこ] (国文学者『光厳院御集全釈』)
1927年ハリー・ベラフォンテ (米:歌手,俳優)
1932年滝田ゆう[たきた・ゆう] (漫画家)[1990年8月25日]
1933年南田洋子[みなみだ・ようこ] (女優)[2009年10月21日]
1943年加藤茶[かとう・ちゃ] (ミュージシャン、俳優(ドリフターズ))
1956年花咲アキラ[はなさき・あきら] (漫画家『美味しんぼ』)
1994年ジャスティン・ビーバー (カナダ:歌手)

<著名人の忌日>
1881年アレクサンドル2世 (露:皇帝(ロマノフ朝16代),農奴解放令発布) <62歳>暗殺[1818年4月17日生]
1939年岡本綺堂[おかもと・きどう] (劇作家,小説家『半七捕物帳』) <66歳>[1872年10月15日生]
1952年久米正雄(三汀)[くめ・まさお] (小説家,劇作家,俳人) <60歳>02/29説あり[1891年11月23日生]
1988年加藤嘉[かとう・よし] (俳優) <75歳>[1913年1月12日生]
1995年ジョージ・ケーラー (独:免疫学者,モノクローナル抗体の研究) <48歳>[1946年4月17日生]
2000年田中澄江[たなか・すみえ] (劇作家,随筆家『花の百名山』) <91歳>[1908年4月11日生]
2001年小田稔[おさ・みのる] (宇宙物理学者) <78歳>[1923年2月24日生]
2009年吉岡吉典[よしおか・よしのり][歴史研究家] (参議院議員[元]) <80歳>[1928年5月16日生]
2014年アラン・レネ (仏:映画監督『二十四時間の情事』) <91歳>[1922年6月3日生]

参加してるので、応援してもらえたら嬉しいです``r(^^;)ポリポリ
banner_22.gif 
 (↑ポチ)   (↑ポチ
拍手ボタンのポチポチお願いで~す。まり姫の励みになります、そして皆さんには笑顔をネ(*^^*ゞ
拍手ボタンを押すともっと見たくなりますよm(o´・ω・`o)mペコリン



拍手する
Page.2489

[今日は猫の日]
猫好きな方にとって今日は絶対忘れてはいけないニャン・ニャン・ニャンの日ですよ(。^p〇q^。)プッ
うちのドラニャンコも今日だけは大きな顔をしてまーす(^^ゞ
CIMG0579.jpg
CIMG0580.jpg
CIMG0581.jpg

[平和が一番!!]
毎年2月22日を迎えると、背筋がぞっとする事件を思い出します。
それは第二次大戦中、ヒトラー率いるナチスドイツで起きた反ナチ抵抗運動の学生がギロチンで処刑された日なのです。
反ナチ抵抗運動の通名「白いバラ」はミュンヘンの大学生で構成されていましたが、首謀者とされたハンス・ショルとその妹ゾフィ・ショルが1943年2月18日にミュンヘン大学で反ナチのビラ配布中にナチ党員の大学職員ヤーコプ・シュミットに発見され、秘密警察ゲシュタポに逮捕され、ハンス・ショルが持っていたクリストフ・プロープストの手書きのビラ草稿から翌日にはクリストフ・プロープストも逮捕され、1943年2月22日に人民法廷(ドイツ民族裁判所)で反逆罪とされ、即日処刑という残酷なことが行われました。
1933年2月20日に特高警察の手で逮捕当日に、激しい拷問の末虐殺された作家小林多喜二をはじめ、軍部の無法な侵略戦争に反対し、自由と民主主義・平和な日本を求めた多くの市民が弾圧された、日本の暗黒時代とまったく同じように、非暴力の反戦抵抗運動の弾圧がナチスドイツでも行われていたのです。
当然、同調者や行動を共にした人々も処刑や投獄をされています。
唯一日本と違うのは、敗戦後この人たちはドイツの良心の象徴として、現在もたたえられていることです。
残念ながら日本は、戦争に反対した人々を称賛するのではなく、弾圧側は権力機構に残ったままで、投獄された人々は、その名誉も回復されずいまだに国賊扱いされたままです。
ナチズム礼賛をする集会が日本でもあったそうですが、戦前の史実を否定し超国家主義国家を復活させようとする危険な風潮が大都市を中心に出てきています。
次世代の人たちが苦しむような戦前の暗黒時代に戻させないよう、現代に生きる私たち国民自身が監視の目を行き届かせることが必要でしょう。
毎年この日が来ると、私は非戦を貫いて無念の死をとげた人々に報いるにはどうしたらいいか考える日にしています。


ヒックリ光景
信州・岐阜飛騨地方・東農地方の家庭料理から発展した特産品の五平餅がなんと中国地方のSAで特産名物としてたこやきとともに売られていたことに叔父がカンカカンに怒ってました(〃^∇^)o_彡☆あははははっ
たしかにソフトクリームの看板の隣に五平餅の名前が(。^p〇q^。)プッ
東海地方ならまだ許せるって☆(゜∇゜☆)(☆゜∇゜)☆(アホッ)
CIMG0547.jpg

[今日の音楽]
1952年製作のアメリカ映画{ライムライト」。
この作品はチャールズ・チャップリンが当然監督・主演・音楽などすべてをこなしたものです。
日本では1953年に公開されていますが、テレビ放映やビデオ・DVD化もされており、私もビデオで見ました。
チャップリンのアメリカでの最後の作品となった(本作のロンドンでのプレミアのためにイギリスに向かう最中に、アメリカの法務長官から事実上の国外追放命令が出たため)ことでもよく知られています。
オマケ:この作品にはチャップリンの家族も出演しているんですよ(*^^)


[今日のお気に入りの写真](画像クリックで拡大)
郵便歴史資料館(妻籠郵便局)
妻籠郵便局

郵便資料館内部

[歴史に残る名言]
<山田洋二の名言
「男っていうものはな、引き際が肝心よ。」
映画『男はつらいよ』の車寅二郎のせりふ(監督山田洋次の脚本から)


[今日は何の日?]
<今日のトップニュース>
※自民、衆院小選挙区を0増6減 アダムズ方式は今回見送り 
自民党執行部は21日、衆院選挙制度改革をめぐり、2015年国勢調査に基づく小選挙区での6議席削減は「0増6減」で実施する方針を固めた。有識者調査会の答申に盛り込まれた新たな議席配分方法「アダムズ方式」の導入は今回、小選挙区では見送る。これとは別に、比例代表で同方式に基づき4議席減らす。安倍晋三首相にも方向性を伝えており、24日の選挙制度改革に関する党会合で提示する。複数の政権幹部が明らかにした。
アダムズ方式を用いて小選挙区で6減した場合、10年国勢調査に基づけば「7増13減」が必要となる。首相は、7増13減では党内調整に手間取りかねないと判断した。2016/2/21 【共同通信】

先に定数削減ありきの有識者調査会の答申そのものに大きな問題があり、比例区の定数削減はそもそも大間違いです。
有識者調査会の座長佐々木毅氏は名うての小選挙区制論者であり、いわゆる民意の集約などできるはずがありません。
選挙制度は多様な民意を正確に反映してこそ投票率もあがるものです。
政治の劣化を招き、有権者を投票行動する権利さえ奪う小選挙区制にしがみついたままで、政治改革など夢のまた夢でしょう。
そもそも日本の国会議員の衆参両院の定数は先進主要国と比較しても少ない方です。
減らすなら国会議員の議員特権と議員報酬、そして何より政治家を堕落させた元凶である政党助成金こそ廃止すべきです。
政党助成金を廃止するだけで国会議員の数を大幅に増やせるほどなんですよ(−_−#)


<ちょっと前のトップニュース>
※防衛省「背広組優位」見直し 設置法改正法案、来月提出
防衛省が、内部部局(内局)の背広組(文官)が制服組自衛官より優位を保つと解釈される同省設置法一二条を改正する方針を固めたことが分かった。自衛隊の部隊運用(作戦)を制服組主体に改める「運用一体化」も改正法案に盛り込む。背広組優位からの転換となり、背広組が制服組をコントロールする「文官統制」の規定が全廃される。制服組や制服OBの国会議員からの強い要求を受け入れた形。
三月に設置法改正案を通常国会に提出するが、万が一、制服組が暴走しようとした際に、阻止する機能が低下するとの懸念もある。
設置法一二条は、大臣が制服組トップの統合幕僚長や陸海空の幕僚長に指示を出したり、幕僚長の方針を承認したり、一般的な監督をする際に、背広組の官房長や局長が「大臣を補佐する」と規定。これにより「文官統制」ができる仕組みになっていた。
改正案では、官房長、局長らは各幕僚長と対等な立場で大臣を補佐すると改める。
一九五四年の防衛庁、自衛隊発足時、旧軍が暴走した反省から設けられたのが文官統制だ。制服組の政治への介入を阻むため、文民統制(シビリアンコントロール)が日常的に行われるよう文官が関わる制度で、その要は、内局の局長らが所掌を超えて大臣を直接補佐する参事官を兼ねる「参事官制度」だった。
しかし、自衛隊の地位向上や国民からの支持増大などを背景に制服組が反発を強め、二〇〇四年に参事官制度撤廃を要求し、〇九年に廃止。制服組は、設置法一二条を「背広組が制服組より上位と解釈される」として強く削除を求めていた。
<文民統制と文官統制>文民統制は政治が軍事に優越するという民主主義国家の基本原則で、シビリアンコントロールの訳語。旧憲法下で軍部が暴走し、第2次世界大戦の惨禍をもたらした反省から採用された。首相や閣僚は文民でなければならないと憲法で規定し、首相が自衛隊に対する最高指揮権を持つ。さまざまなレベルで行われることが必要とされ、防衛相を支える背広組(文官)を制服組自衛官より優位とする防衛省内の「文官統制」もその一つ。ほかに(1)防衛出動の承認など国会による統制(2)首相や防衛相による政府内の統制-がある。2015/2/22【中日新聞一面】

ついに安倍政権は民主国家では当然であるべき文民統制下の武力組織の権限を制服組に持たせようと、文官優性という原則まて外そうとしています。
米国国防総省でさえ文官優位で、統合参謀議長も簡単に罷免できる制度になっています。
文官優位を外そうなどというのは後進国以外にあり得ないことです。
ここで見えてくるのは安倍首相以下現在の閣僚がひとりとして第二次世界大戦および日中戦争と朝鮮半島の植民地支配を何一つ反省していないどころか、国際社会が築き上げた戦後国際秩序に挑戦するかのような露骨な軍国主義国家体制を今一度復活させようという怖ろしい野望を露わにしたものといえるでしょう。
日本国憲法は主権は国民にあると規定しており、自衛隊は軍事組織であり国民でありません。
国民がコントロール権をもてないような自衛隊に変質させようという安倍政権の野望を絶対に許してはなりません。


<2月22日の記念日>
※風生忌
俳人・富安風生[とみやすふうせい]の1979(昭和54)年の忌日。
※白蓮忌
歌人・柳原 白蓮[やなぎわら びゃくれん]の1967年(昭和42年)2月22日の忌日。本名は子(あきこ)。大正三美人の一人といわれる。1885年{明治18年)10月15日東京に生まれた。
父は柳原前光伯爵、母は前光の妾のひとりで没落士族の娘で柳橋の芸妓となっていた奥津りょう(通名:おりょう)。大正天皇の生母である柳原愛子(なるこ)の姪で、大正天皇の従妹にあたるが、自由奔放を好み、現在で言う不倫など、恋と短歌に情熱をそそぐ波乱に満ちた生涯を送る。
※世界友情の日
ボーイスカウト運動の創始者ベーデン・パウエルの誕生日を記念して1963年(昭和38年)のボーイスカウト世界会議で決定された。日本でも、ボーイスカウト日本連盟が主体となって1965年(昭和40年)より記念行事を行っている。
※猫の日
2月22日を猫の鳴き声「ニャン・ニャン・ニャン」ともじって決められた日で、猫の日制定委員会が1987年(昭和62年)に制定した。この日は、猫のコンテストなどの行事が行われる。
※駅すぱあとの日
日本初の交通機関の最適な経路を提供する案内ソフト「駅すぱあと」。これをを開発、販売するソフトウェア開発会社である株式会社ヴァル研究所が制定。日付は「駅すぱあと」が初めて発売された1988年2月22日を記念して。
※頭痛にバファリンの日
頭痛に悩む20代、30代の女性を応援する日として、解熱鎮痛薬トップブランドの「バファリン」を製造販売するライオン株式会社が制定。「バファリン」は、頭痛や生理痛、腰痛などの日常的に起こるさまざまな痛みや急な発熱を効果的に和らげる。日付は2と22を「バファリン」のサウンドロゴである「頭痛にバファリン♪♪」の「頭痛に」と読んだ語呂合わせから。
※行政書士記念日
1951年(昭和26年)の2月22日に、行政書士制度の根幹となる「行政書士法」が公布されたことから、日本行政書士会連合会が制定した日。行政書士の自覚と誇りを促すとともに、組織の結束と制度の普及を図るのがその目的。
※おでんの日
「クチこみラジオ越後じまんず」(DAN番組制作実行委員会)が制定した日。新潟のおでんをPRするとともに、オリジナルおでんの開発や全国おでん合戦開催などを行う。日付はアツアツのおでんは「ふーふーふー」と息を吹きかけて食べることから、2(ふー)と22(ふーふー)の2月22日としたもの。
※ヘッドホンの日
いつでも気軽に音楽を聴くための道具、ヘッドホン。どこにでも持ち歩けるヘッドホンは2チャンネルの出力で音楽を楽しめることから、2の重なる日を記念日としたのはヘッドホンのサイト「ヘッドホンナビ」。「2」にはP2MP2M(peer to music)で、みんなと音楽の架け橋にとの思いも込められている。
※太子会
622(推古天皇30)年のこの日、聖徳太子が斑鳩宮で薨去した。
聖徳太子ゆかりの広隆寺・法隆寺(3月22日)・四天王寺(4月22日)等では聖徳太子の遺徳を偲ぶ法会が行われる。
推古天皇30年2月22日という忌日は『上宮聖徳法王帝説[じょうぐうしょうとくほうおうていせつ]』に記述されている日附であり、『日本書紀』では推古天皇29年2月5日となっている。

<今日の誕生花
槿[むくげ]「花言葉:デリケートな美」  ローダンセ(広葉簪)「花言葉:終りのない友情」
木槿(むくげ) ローダンセ(広葉簪)
木瓜[ぼけ]「花言葉:平凡」
ボケの花

<歴史上の出来事
749年陸奥国から日本で初めて産出された黄金が献上される
1585年天正遺欧使節がローマ教皇グレゴリウス13世に公式謁見
1632年ガリレオ・ガリレイが地動説の解説書『天文対話』を刊行
1848年パリで政治集会「選挙改革宴会」の禁止に労働者・学生らが反撥してデモ。フランス二月革命が始る
1863年京都で足利三代木像梟首事件が発生
1875年板垣退助が大阪で自由民権運動の政治団体「愛国社」を創設
1895年第一高等学校の野球部員・中馬庚がベースボールを野球と訳す
1907年日本社会党が結社を禁止される
1943年反ナチス運動「白いバラ」のメンバーに対し死刑判決、即日処刑
1944年1月18日に決定した「緊急国民勤労動員方策要綱」に基き国民登録を実施
1950年牛乳・バターなど乳製品の価格統制を廃止
1951年八宝亭事件。東京築地の中華料理店の一家4人が鉈で惨殺。3月11日、第一発見者で捜査に協力していた同店のコックを逮捕するが、翌日自殺
1971年成田空港建設予定地で第1回行政代執行開始。反対同盟と機動隊が衝突
1989年佐賀・吉野ヶ里遺蹟で弥生時代後期の国内最大規模の集落を発見
1993年中学校での業者模擬テスト実施の禁止を文部省が通達
1996年シラク仏大統領が地上発射核ミサイル基地閉鎖・戦術核ミサイル廃棄を発表
1999年NTTドコモがiモードのサービスを開始
2002年マイクロソフトが家庭用ゲーム機「Xbox」を日本で発売
2009年『おくりびと』がアカデミー外国語映画賞を受賞。日本映画では54年ぶり
2011年ニュージーランド・カンタベリー地方でM6.3の地震
2014年ソニーが家庭用ゲーム機「プレイステーション4」を日本で発売

<著名人の誕生日>
1788年アルトゥル・ショーペンハウアー (独:哲学者)[1860年9月21日][1906年8月16日]
1857年ハインリヒ・ヘルツ (独:物理学者,電磁波の存在を実証,周波数の単位Hz(ヘルツ)の名の由来)[1894年1月1日]
1864年ジュール・ルナール (仏:小説家,劇作家『にんじん』)[1910年5月22日]
1874年高濱虚子[たかはま・きょし] (俳人,小説家)[1959年4月8日]
1884年三浦環[みうら・たまき] (オペラ歌手(ソプラノ))[1946年5月26日]
1894年杵屋栄左衛門[きねや・えいざえもん] (長唄三味線方)人間国宝[1982年1月12日]
1920年ジュリエッタ・マシーナ (伊:女優,フェデリコ・フェリーニ(映画監督)の妻)[1994年3月23日]
1932年谷啓[たに・けい] (俳優,タレント,ミュージシャン(クレージー・キャッツ/トロンボーン))[2010年9月11日]
1934年財津一郎[ざいつ・いちろう] (俳優,歌手,コメディアン)
1935年大藪春彦[おおやぶ・はるひこ] (小説家『蘇える金狼』『野獣死すべし』)[1996年2月26日]
1939年吉増剛造[よします・ごうぞう] (詩人)
1939年山下敬二郎[やました・けいじろう] (歌手,「ロカビリー三人男」の一人)[2011年1月5日]
1948年都はるみ[みやこ・はるみ] (演歌歌手)
1959年カイル・マクラクラン (米:俳優『ツイン・ピークス』)
1968年佐々木主浩[ささき・かずひろ] (野球(投手))
1969年トーマス・ジェーン (米:俳優)
1975年ドリュー・バリモア (米:女優)

<著名人の忌日>
622年聖徳太子(厩戸豐耳皇子)[しょうとくたいし] (皇族,推古天皇の摂政,用明天皇の子) <数え49歳>[574年1月1日生]
1239年後鳥羽天皇(尊成親王,隱岐院,顯徳院)(天皇(82代),土御門・順徳・仲恭天皇の上皇) <数え60歳>[1180年7月14日生]
1690年シャルル・ルブラン (仏:画家) <70歳>[1619年2月24日生]
1875年ジャン=バティスト・カミーユ・コロー (仏:画家) <78歳>[1796年7月17日生]
1951年2代目實川延若[じつかわ・えんじゃく] (歌舞伎役者) <73歳>[1877年12月11日生]
1967年柳原白蓮[やなぎはら・びゃくれん] (歌人) <81歳>[1885年10月15日生]
1976年家城巳代治[いえき・みよじ] (映画監督) <64歳>[1911年9月10日生]
1979年富安風生[とみやす・ふうせい] (俳人) <93歳>[1885年4月16日生]
1989年那須良輔[なす・りょうすけ] (風刺漫画家) <75歳>[1913年4月15日生]
1994年山田恵諦[やまだ・けいてい] (天台宗座主) <98歳>[1895年12月1日生]
1999年勝又一透[かつまた・いっとう] (俳人)<91歳>[1907年生]
2005年羽生未来[はにゅう・みく](タレント,歌手) <30歳> [1974年7月14日生]
2013年光本幸子[みつもと・さちこ] (女優)[映画「男はつらいよ」初代マドンナ] <69歳>[1943年8月25日生]

参加してるので、応援してもらえたら嬉しいです``r(^^;)ポリポリ
banner_22.gif 
 (↑ポチ)   (↑ポチ
拍手ボタンのポチポチお願いで~す。まり姫の励みになります、そして皆さんには笑顔をネ(*^^*ゞ
拍手ボタンを押すともっと見たくなりますよm(o´・ω・`o)mペコリン



拍手する

marihime

Author:marihime
歴史・平和・歌舞伎・花・
ひとり旅・お酒とボヤキが大好き!
ときどき病院通い(情けない)
自慢できるもの何もありません

こちらからリンクをさせていただいた方をのぞき、原則相互リンクとさせていただいていましたが、かなりの方が自主的にリンクを貼られています。
リンクを貼られている方は管理人までご連絡をよろしくお願いしますね。
拍手大好き人間ですから拍手ボタンを押していただけると、管理人は飛び上がって喜びますσ(゚ー^*)

なお、当ブログへコメントを寄せていただいた皆さまへのレスは省略させていただき、コメント返しは皆さまのブログに書きこませていただきますのでご了解くださいませ。
管理人への誹謗・中傷とも受け取られるようなコメントの書き込みは直ちに削除することもあります。
完全非公開をご希望の方は拍手コメントをご利用くださいませ。(URLのないコメントへのお返事はできません)

当ブログの記事、画像の無断使用及び転載等は厳禁とさせていただきます。


こちらのブログも見てね
⇓⇓⇓⇓
『花と史跡の写真館』

『まり姫のブログ』

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
お好きな音楽や映画、歌手を検索してお楽しみくださいませ
Loading...
Loading...
developed by 遊ぶブログ
日本国憲法

世界人権宣言

今日の気分によってボタンを選んでください
平和と原発は相容れないもの。 すべての原発を廃炉にし、日本の将来を担う子どもたちの安全・安心を一日も早く確保しましょう!! 反核・平和な日本の実現を目指しましょう。
FC2のユーザーの皆さんから 募金を募り、義援金として支援を実施しています。 東北地方太平洋地震で被災された方々への支援を希望される方は 東北地方太平洋沖地震の募金について のページから、ご寄付をお願い致します。
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
すべての原発を廃炉にし、日本の将来を担う子どもたちの安全・安心を一日も早く確保しましょう!!
アシタカさんのブログパーツを使わせてもらっています
土岐陽子(まり姫)facebook
画像ポチでFBへ
おきてがみ

いつもありがとうございます!

-天気予報コム- -FC2-
ただいまコミュニティへの参加を募集中です。 現在7名にふえています。
信長と濃姫 主に東海地方の歴史や史跡などを訪れた報告や紹介を中心とし、足を延ばせる人は他地域のことも紹介するなど、歴史を楽しむコミュニティをめざします。 その他、地域情報や身の回りの近況等の紹介や愚痴などもOK。 年齢、性別、学歴、未婚、既婚いっさい関係なく楽しいブログ仲間になってほしいというのが管理人の願いです。