2017 / 09
≪ 2017 / 08 2017 / 10 ≫
Page.3071

[戦争法(安保法制)成立2年、全国で抗議デモ]
安保法廃止デモ
安倍自公政権が平和安全保障法だと強弁した安全保障関連法成立から2年の節目を翌日に控えた18日、安保法や原発再稼働に反対する「さようなら原発 さようなら戦争全国集会」が、東京都渋谷区の代々木公園で開かれました。
会場では安保法に対し「戦争する国になる」「憲法違反」など懸念の声が上がる一方、安倍晋三首相が衆院解散・総選挙の方針を固めたことに対しても「疑惑からの追及逃れ」など批判の声が相次ぎました。
集会後にはデモ行進もあり参加者の声が街中に響きました。
市民ら9千5百人(主催者発表)が参加し主催した市民団体「『さようなら原発』一千万署名市民の会」の呼び掛け人の作家、落合恵子さんはあいさつで、学校法人加計(かけ)学園の獣医学部新設や、学校法人森友学園の国有地払い下げを巡る疑惑を念頭に、「安倍政権は私たちが(疑惑を)忘れ、支持率がアップしたので選挙に勝てると思っている。これほどやりたい放題の内閣はあったでしょうか」と声を張り上げました。
市民や市民団体でつくる「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」の福山真劫(しんごう)共同代表は「安保法は違憲。みんなで戦争法廃止を勝ち取ろう」と呼び掛け、その上で、「衆院解散は権力の私物化、貧困と格差の拡大を隠すための保身、党利党略で許せない。だが、安倍政権の政策を転換させるチャンス」と訴えました。
米軍辺野古新基地建設の抗議活動で長期拘束された沖縄平和運動センターの山城博治(ひろじ)議長は「安倍政権は北朝鮮の脅威をあおって憲法を変え、この国を変えようとしている」と厳しく批判しました。
安倍政権は国民・市民がもう忘れていると安易に考えているようですが、これだけ踏みつけにされたら市民はそんな簡単には忘れません。
この日上がった参加者の怒りの声はすぐにツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどで全国に広がるでしょう。
それこそが国民の本当の民意です。
野党は共闘せよという声も市民の民意です。
この声をないがしろにして「政権選択選挙だから理念や政策の違うところとは共闘しない」などと言っている政党は国民・市民から今度の総選挙で完全に見放されるでしょうね!!

[路傍に咲いた]
秋の路傍でも忙しくなり、いっせいにあれこれ小さなが顔を出してきました。
冬に向かう前の短い間だけだと自己主張しているようです。
小さいのに精いっぱい鶴をのばして咲いているマメアサガオの色違い。
白いマメアサガオ
DSC02569マメアサガオ
橙色のマメアサガオ
DSC02566マメアサガオ橙色

[薩長史観が靖国史観の大元№11]
「薩長史観」では薩摩藩の島津久光が起こした「寺田屋騒動」と「生麦事件」は正当な対処であったとしていますが、本当でしょうか。
久光に取り入って幕府や朝廷の様子の情報を教えていた「精忠組(下級武士の尊王攘夷グループ)」の大久保利通(一蔵)を重用し、文久2年京都伏見の寺田屋に集結していた尊攘過激派の自藩の有馬新七らを殺害する寺田屋事件を起こしたり、朝廷に対する久光の働きかけにより同年5月9日、幕政改革を要求するために勅使を江戸へ派遣することが決定され、勅使随従を命じられると、幕府への要求事項として、以下の「三事策」(1.は長州藩、2.は岩倉具視、3.は薩摩藩の各意見を採用したもの)が決めました。
1.将軍・徳川家茂の上洛
2.沿海5大藩(薩摩藩・長州藩・土佐藩・仙台藩・加賀藩)で構成される五大老の設置
3.一橋慶喜の将軍後見職、前福井藩主・松平春嶽の大老職就任
出府に先立って5月12日、通称を和泉から三郎へと改めた上で、21日に勅使・大原重徳に随従して京都を出発、6月7日に江戸へ到着すると、当地において勅使とともに幕閣との交渉に当たり、7月6日に慶喜の将軍後見職、9日に松平春嶽の政事総裁職の就任を実現させました(文久の改革)。
勅使東下の目的を達成したことで、8月21日に江戸を出発、東海道を帰京の途上、武蔵国橘樹郡生麦村(現神奈川県横浜市鶴見区)でイギリスの民間人4名と遭遇し、久光一行の行列の通行を妨害したという理由で随伴の薩摩藩士がイギリス人を殺傷する生麦事件が起こり、何の処理をすることもなく閏8月6日に京都へ到着、9日に参内して幕政改革の成功を復命した後、23日に京都を発し薩摩に帰ってしまいました(9月7日鹿児島着)。
久光が「生麦事件」の処理を誤ったためにイギリス人殺傷の一件は結果的に、翌文久3年(1863年)7月の薩英戦争へと発展してしまいました。
事はそれだけで足りず、英国公使から幕府は賠償請求を突き付けられ、当初は拒否し続けていたものの結局賠償に応じた老中はその責任を負い、辞職しています。
これらの根底にあるのは、幕末の「暗殺の季節」が、はじめは「攘夷」を正当化するために外国人を対象にしていましたが、やがて「天誅」という天道さえも恐れるような殺戮が京都において「政敵」にむけられ、それを公然と行わせたのが島津久光だったのです。
島津久光は異母兄斉彬の遺言により実子忠義が藩主になると、その後見役となり薩摩藩の実権を握りました。
久光の野望は前藩主斉彬を踏襲したもので、軍事力を背景にして朝廷を支え、幕政を改革し公武合体を進めることで、一挙に中央政界に乗り出すことでした。
幕政の改革は、安政の大獄で冷や飯を食わされた松平春嶽を大老にし、一橋慶喜を将軍後見役につけることで、朝廷が主張する攘夷を行うというものでした。
彼が唱えた公武合体はどちらかといえば朝廷に軸足を置いたもので、当然ながら尊攘過激主義者には大うけしたのです。
久光に入れ知恵した大久保利通は後年、西郷、木戸と並んで維新三傑と称されましたが、彼らも現代で言えば過激な武闘派に過ぎなかったのです。
「薩長史観」に染まった薩摩藩は上から下まで形は違っても過激だったことだけは間違いないようで、歴史を正視すれば新しい夜明けを決して望んでいなかったものだと理解できます。
ではもう一方の長州藩はどうか。次回に史実にもとづき検証したいと思います。(次回につづく)

[今日の音楽]
岩手県出身の三人組のフォーク・グループで1972年結成したニュー・サディスティック・ピンク(NSP)
1973年のデビュー曲です。大ヒットしたとされる「夕暮れ時はさびしそう」とともに有名だとか(*^^)
NSP 「さようなら」


[今日のお気に入りの写真](画像クリックで拡大)
コスモス(白)
DSC02579コスモス
コスモス(ピンク)
DSC02577コスモス

[歴史に残る名言]
<石川啄木の名言
「そのかみの神童の名の
かなしさよ
ふるさとに来て泣くはそのこと」

石川啄木[いしかわ・たくぼく](明治の歌人・詩人、1886~1912)『一握の砂』


[今日は何の日?]
<今日のトップニュース>
※安保法、衆院選争点に 自民「抑止力に」4野党「違憲疑い」
他国を武力で守る集団的自衛権の行使容認を柱とした安全保障関連法の成立から、十九日で二年。政府はこの間、自衛隊の新任務を次々に実行してきた。民進党などの野党は廃止を求めている。二十八日召集の臨時国会冒頭にも衆院が解散され、来月下旬に行われる見通しの衆院選で、安保法の存廃は争点となる。 (新開浩)
安保法に基づき政府は昨年秋、南スーダン国連平和維持活動(PKO)で、離れた場所で襲われた文民らを守る「駆け付け警護」などの任務を付与。今年五月には、平時の米艦防護を安保法の新任務として初めて実施した。日本海周辺で米イージス艦に洋上給油を行ったことも判明している。
政府は米トランプ政権と安保分野での協力拡大で一致しており、自衛隊と米軍の一体化をさらに進める方針。北朝鮮の核実験や弾道ミサイル発射を巡っては、安保法が「日米同盟の抑止力に極めて大きな役割を果たした」と訴える。
安倍晋三首相側近の萩生田(はぎうだ)光一・自民党幹事長代行は、北朝鮮情勢に触れ「安保法がどうワーク(機能)するか国民に理解をいただくこと」を衆院選の争点に挙げた。
これに対して野党四党側は、安保法は違憲の疑いがあるとして廃止法案を提出してきた。昨年の参院選では、廃止を求める市民団体と野党四党が連携。民進党の前原誠司代表と共産党の志位和夫委員長は十八日、衆院選に向けてそれぞれ安保法廃止を訴えた。
東京都渋谷区の代々木公園では十八日、「さようなら原発 さようなら戦争全国集会」が開かれ、市民ら九千五百人(主催者発表)が安保法や原発再稼働に反対の声を上げた。2017年9月19日【出典:東京新聞】

<ちょっと前のトップニュース>
※「豊洲」地下の説明が二転三転 駐車場→汚染浄化作業→配管保全
東京都が開設する豊洲市場(江東区)の建物下に土壌汚染対策の盛り土がなかった問題で、地下空間を設けた目的を巡って、都の担当者の説明が変遷している。石原慎太郎氏が都知事在任中の二〇〇八年、担当局長にコンクリート箱を埋める案の検討を指示する以前から、都側は盛り土案とターレ(小型搬送車)置き場案を併せて計画。その後は「浄化作業ができる空間」「配管や配線を維持管理する作業スペース」などと変わっている。都は歴代担当者を聴取し、週内にも小池百合子知事に経緯の調査結果を報告する。 (内田淳二)
都の会議録などによると、建物下の地下空間に関する言及は、少なくとも〇六年十月にさかのぼる。都と築地市場(中央区)の関係者が新市場計画について協議する場で、都側が「スロープ(坂)で地下のターレ置き場に接続する計画になっている」と説明していた。
その後、新市場予定地で高濃度のベンゼンなどが検出されたのを受け、都は〇七年四月、土壌汚染対策を検討する専門家会議を設置。翌月の初会合で、都側は盛り土案とターレ置き場案を併せて提案したが、委員から「有害物質が建物内に入る恐れがあるため、地下施設は造らない方がいい」と指摘され、ターレ置き場案は消えた。
石原氏が「コンクリートを埋め込むことで、ずっと安くて早く終わるんじゃないか」と担当局長に検討を指示したのは、翌〇八年五月ごろ。しかし同年七月、専門家会議は敷地全体の盛り土などの土壌汚染対策を提言した。
具体的な工法を検討する有識者の技術会議では同年十二月、都側は「万が一、地下水から環境基準を超える汚染物質が検出された場合にも、たとえば建物下で浄化ができるような作業空間の確保を考えている」と言及。地下空間が図面に初めて示されたのは一一年六月、基本設計を受注した日建設計(千代田区)が作成したものだった。
だが、その後も都の担当者は都議会などで「敷地全体を四・五メートルのきれいな土で覆っている」と答弁し、土壌汚染対策の万全さをアピールしてきた。実際は約四十ヘクタールの敷地のうち三割を占める建物下は盛り土されていなかった。
問題が発覚した今月十日、都の担当者は地下空間の目的について「下水管や電気の配線を通すので、メンテナンス用の作業空間を確保する必要があった」と、従来とは違う説明をした。2016年9月20日(東京新聞)

<もう少し前のトップニュース>
※共産、参院選で候補者調整 他党に協力呼び掛け
共産党の志位和夫委員長は19日の記者会見で、来年夏の参院選で独自候補の擁立にこだわらず、民主党などとの候補者調整に乗り出す意向を示した。安倍政権を退陣に追い込むためで、安全保障関連法廃止などの政治的合意を前提とした上で「全選挙区に候補者を立てる方針だが、他の野党と選挙協力で合意できれば調整する」と述べた。衆院選での選挙協力も呼び掛け、委員長名の声明を同日、発表した。
民主、維新、共産、社民、生活各党は今国会で安保法成立阻止を目指し、党首会談を重ねるなど連携してきた。志位氏は安保法を廃止するためには野党間の協力が不可避と判断した。2015年9月19日【東京新聞】

<9月20日の記念日>
※バスの日
1903年(明治36年)の今日、日本で初めてのバス会社が本格的な営業を開始したことから、1987年(昭和62年)の全国バス事業者大会で制定された。京都の堀川中立売~七条~祇園間を走った最初のバスは、蒸気自動車を改造したもので6人乗り、幌もなかったという。
※空の日
1940(昭和15)年に「航空の日」として制定。戦争中中断されていたが、1953(昭和28)年に復活。運輸省(現在の国土交通省)航空局が1992(平成4)年に「空の日」改称した。
1911(明治44)年のこの日、山田猪三郎が開発した山田式飛行船が、滞空時間1時間の東京上空一周飛行に成功した。
日本で最初の飛行に成功したのは、1910(明治43)年12月19日に東京・代々木錬兵場で徳川大尉が行った飛行実験だった。しかし12月では気候的に「航空日」の行事に適さないため、帝都上空一周飛行が行われた9月20日を「航空日」とした。
※相続・贈与の日
彼岸の時期であり、先祖を供養するために家族が集まる機会も多いこの時期に、相続や贈与についての知識を深め、家族で話し合うきっかけにと、NPO法人・不動産承継支援ネットワークが制定。高齢化社会が進行する中で、相続や贈与の準備、対策を行うことの大切さをアピールするのが目的。春の彼岸の時期の3月20日と秋の彼岸の時期の9月20日を「相続・贈与の日」に制定している。
※お手玉の日
日本のお手玉の会が制定。
1992(平成4)年のこの日、第1回全国お手玉遊び大会が愛媛県新居浜市で開かれた。
お手玉遊びの魅力をPRする日。

<今日の誕生花
ローズマリー(まんねんろう)言葉:私を思って」サルビア<赤>言葉:貴方のことばかり思う」
ローズマリー サルビア
タマスダレ言葉:便りがある」
黄花玉簾 ヒガンバナ科 別名 ステルンベルギア

<歴史上の出来事
451年カタラウヌムの戦い
1336年(延元元年/建武3年8月15日)北朝の光明天皇が即位。再び南北朝分離へ。
1378年教会大分裂: 4月に選出されたローマ教皇ウルバヌス6世を支持しないフランス人枢機卿が独自に教皇選挙を行い、その結果ロベール・ド・ジュネーヴがクレメンス7世として即位。教会大分裂の始まり。
1519年マゼランが5隻の軍艦・265人でスペインを出航、世界一周航海に出発。
1620年(元和6年8月24日)伊達政宗の使節としてスペインに赴いた支倉常長が7年ぶりに帰国。
1792年フランス革命: フランスで初の男子普通選挙による議会である国民公会が召集。
1792年フランス革命戦争: ヴァルミーの戦い
1854年クリミア戦争: アルマの戦い(英語)。セヴァストーポリ要塞の攻略を目指すイギリス・フランス・オスマン帝国同盟軍がアルマ河でロシア軍と対戦。
1869年明治政府が蝦夷地を「北海道」と改称する布告。
1875年江華島事件:日本海軍の軍艦「雲揚」が朝鮮漢江河口の江華島附近で朝鮮守備隊と交戦。
1886年大阪紡績が夜間照明に日本の民間初の電灯となるアーク灯を使用。
1909年イギリスで「職業紹介所法」成立、失業保険制度が開始。
1911年山田猪三郎考案の山田式飛行船が東京上空を初飛行。
1925年東京六大学野球リーグ戦が開幕。
1945年「ポツダム」宣言ノ受諾ニ伴ヒ発スル命令ニ関スル件(ポツダム緊急勅令)公布・即日施行。
1945年文部省が教科書の戦時教育部分の削除を通達。生徒に墨で塗りつぶさせる「墨塗り教科書」となる。
1946年第1回カンヌ国際映画祭開催。
1949年武生事件。福井地裁・福井地検武生支部の建物が放火により全焼。
1950年GHQが米兵と日本人女性の結婚禁止令を解除。
1951年詩人・峠三吉が『原爆詩集』をガリ版刷りにより発行。
1957年糸川英夫東京大学教授らが、初の国産観測ロケット「カッパー4C型」の打上げ実験に成功。
1961年武州鉄道汚職事件で楢橋渡元運輸相夫妻を逮捕。
1973年衆議院が、北方領土の返還に関する決議を全会一致で可決。
1977年ベトナム社会主義共和国が国連に加盟。
1986年ウルグアイで開催されたGATT閣僚会議で多角的新貿易交渉(ウルグアイ・ラウンド)の開始を宣言。
1987年第42回国体夏期大会ゅ海邦国体)が沖縄県で開幕し、国体が全都道府県を一巡。
1990年南オセチアがグルジアからの独立を宣言。
1998年ボルチモア・オリオールズのカル・リプケンが2632試合連続出場を達成。
2001年海上自衛隊のたかなみ型汎用護衛艦「おおなみ」(DD-111)が進水
2005年秋田県仙北[せんぼく]市が市制施行
2014年 - ISILに拉致されていたトルコ人たち46人が無事解放されて帰国した

<著名人の誕生日>
1535年丹羽長秀[にわ・ながひで](戦国武将) [1585年4月16日]
1885年ジェリー・ロール・モートン(米:ジャズピアニスト(レッド・ホット・ペッパーズ))1890/10/20生とも[1941年7月10日]
1934年ソフィア・ローレン(伊:女優)
1947年小田和正[おだ・かずまさ](シンガーソングライター,ミュージシャン(オフコース/ヴォーカル))
1972年鈴木砂羽[すずき・さわ] (女優)
1976年一青窈[ひとと・よう](歌手)
1977年安室奈美恵[あむろ・なみえ] (歌手)

<著名人の忌日>
1605年山内一豐[やまのうち・かずとよ](武将,土佐藩祖) <数え60歳> [1546年生]
1806年喜多川歌麿[きたがわ・うたまろ](浮世絵師) <数え54歳> [1753年生]
1908年パブロ・デ・サラサーテ (スペイン:作曲家,バイオリン奏者) <64歳>[1844年3月10日生]
1957年ヤン・シベリウス (フィンランド:作曲家『フィンランディア』) <91歳> [1865年12月8日生]
1980年初代林家三平[はやしや・さんぺい1](落語家) <54歳> [1925年11月30日生]
1988年中村汀女[なかむら・ていじょ](俳人) <88歳> [1900年4月11日生]
1990年ニルス・エリック・バンク=ミケルセン (デンマーク:社会運動家,ノーマライゼーションを提唱) <71歳>[1919年3月29日生]
2000年徳間康快[とくま・やすよし] (経営者,徳間書店社長) <78歳>[1921年10月25日生]
2004年白石一郎[しらいし・いちろう] (小説家『海狼伝』『怒涛のごとく』) <72歳>1987年上期直木賞[1931年11月9日生]
2007年4代目望月朴清[もちづき・ぼくせい] (歌舞伎長唄囃子方) <73歳>1998年人間国宝[1934年1月8日生]
2014年土井たか子[どい・たかこ] ,衆議院議長(68代)) <85歳>[1928年11月30日生]

参加してるので、応援してもらえたら嬉しいです``r(^^;)ポリポリ
banner_22.gif 
 (↑ポチ)   (↑ポチ
拍手ボタンのポチポチお願いで~す。まり姫の励みになります、そして皆さんには笑顔をネ(*^^*ゞ
拍手ボタンを押すともっと見たくなりますよm(o´・ω・`o)mペコリン

スポンサーサイト


拍手する
Page.3069

[安倍暴走政権はここまでやるか!!]
突如噴出した安倍首相による臨時国会の冒頭解散説、いったい国民に何を問うというのか、もともと「大義」とは縁もゆかりもない政権だとは思っていましたがここまでとは空いた口が塞がりません。
森友疑惑隠し、加計疑惑隠し、日報隠しの党利党略そのもので、国政を私物化することここに極まれりです。
北朝鮮の核、ミサイル強行の中での総選挙は国際社会から見ても異様ではないでしょうか。
改憲勢力3分の2割れはおろか、この際安倍自公とその補完勢力、野党共闘を拒否しようとしている勢力を少数派に叩き落さねばなりません。
元東京都知事の猪瀬直樹氏でさえもツイッター上で「北朝鮮ミサイル危機のなかで解散・総選挙をやれば有利という考え方は、国家の存立を人質にするようなもので政権の正統性を踏みにじる行為ではないだろうか。」とあきれるツイートを発信しています。
民進党が山尾志桜里議員の不祥事で自爆状態のいま、前原代表では荷が重すぎますから、この際昔の名前でまともなことを言っている鳩山元総理や管直人元総理、岡田元代表が前面に出て、共産党、自由党、社民党と一致結束して安倍自公を総選挙で少数派に追い込む絶好のチャンスとするべきでしょう。
幸い共産党志位委員長と自由党小沢代表は意外に馬が合うようですから、結束して戦える状況は十分あり得ます。
言うだけ番長の前原氏がついてくるかどうかわからないけど、旧民主党の長老たちと共産党・自由党・社民党が組めば一+一が三にも四にもなるでしょう。
安倍首相さんへ、Jアラートじゃなくて安倍アラートじゃないのー??
北のミサイルが宇宙空間を飛んで日本上空を通過しても日本列島に落ちることなどオスプレイが墜落する確率より何万分の一にもなりませんよー。
米軍のオスプレイが好き勝手に低空飛行しているときこそ危険そのものです。
そのときにJアラートを鳴らしたらいかが・・・・!!!!!!ア!(* ̄○ ̄)( ̄о ̄*)ホラシイ!!


[我が家の畑はぐちゃぐちゃ]
今年は入院したことで手入れしてませーん(。_゜)〃ドテッ!
コスモス、ケイトウ、百日草、マリーゴールド、鉄砲ゆり、サルビアなどが所狭しと咲き乱れています(゚∀゚ ;)タラー
DSC02576マイ畑
草ぼうぼうの先で野菜を細々と☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
DSC02578my farm
DSC03067.jpg

[薩長史観が靖国史観の大元№9]
今日は少し視点を変えて幕末時の歴史を紐解いてみたいと思います。
そもそも「薩長史観」の倒幕運動が成功に至ったのは英仏のロスチャイルドの力があったからだという事実を、私たちはまず知る必要があります。
実際に、仏ロスチャイルドという外資が徳川幕府に武器や資金を援助し、英ロスチャイルドが「薩長」を支援しており、薩長による倒幕の実現はロスチャイルドの支援があったればこそできたのであり、外資の力が徳川幕府だけに偏っていたら討幕はあり得なかったということです。
しかも、倒幕を果たした同じ「薩長史観」の下級武士たち=いわゆる明治の元勲たちの主張が途中からコロコロと変わっていることも注目すべきでしょう。
幕末までは尊皇攘夷を主張していた同じ人物が、明治新政府になると文明開化(西洋化路線)へと転換しています。
これも、倒幕運動がロスチャイルドという外圧の差し金であったことの証拠の一つですが、幕末の武士たちが外資資本の支配に組み込まれていったのは、彼らが近代思想(資本主義)の騙し構造にはまっていき、自己の利権の塊となっていったからです。
逆に、それを良しとしなかった者たちは非業の死を遂げていくことなり、西郷隆盛や江藤新平などがその代表です。
薩長に利用だけされた土佐出身者は外国資本にうまく取り入った岩崎弥太郎以外はおのずと日本の近代民主主義の源となる自由民権運動に行きつくことになりました。
そして、薩長、とりわけ長州閥があらゆる部門を掌握するという体制が出来上がっていき、それが明治維新の本質そのものなのです。
そして、ロスチャイルド資本に支配された明治新政府は、地租改正等の私有権制度や徴兵制度によって旧来の共同体を破壊した上で、中央銀行制度や議会制度を導入し、保守的資本家支配国家となっていきました。
この共同体の破壊に対して、幕末の農民や町人たちはどう対応したのでしょうか?
江戸時代後半から進行した市場拡大によって共同体崩壊が進行し、それが頂点に達した幕末から明治初めにかけて、農民たちは貧困の拡大は武士階級及び大商人の搾取の激しさにあることに気づき始め、ついには農民たちの我慢の限界となり、関東近郊で発生した大規模な百姓一揆、穀物商、両替商家の打ちこわしが地方にも広がることに活路を見出し、武士階級と大商人たちを震え上がらせました。
百姓一揆や打ちこわしは新たな支配体制に対する世直しへの期待であり、そこから幕末に大流行した民衆による「ええじゃないか」という一種の宗教がかった行動が登場したのです。
これは当時の農業共同体の維持・存続こそが農民にとって何よりも大切なものであり、それが武士階級と大商人による搾取で崩壊の危機に晒されたことから世直しへの期待が広がり、それによってはじめて農民自身が物事を考え始めたのです。
明治維新の後、地租改正や徴兵制度が太政官布告で強引に導入された時に、それに反対する一揆が起こったのも同じ理由です。
「薩長史観」による太政官主導の明治の新制度が従来の共同体を破壊するものだったから農民たちは立ち上がったのです。
農民や町人は武士階級及び過激公家による体制転換より平穏な社会を望み、決して徳川幕府体制に不満を持っていたわけではなく、不当な年貢米徴収や土木工事従事の強要を忌避しただけであり、各藩の藩政改革が正当であれば従順な姿勢を維持したでしょう。
後醍醐天皇の「建武の親政」の失敗を知りながら、明治新政府はスタート時点で太政官制度による公家と討幕功労者とされる一部の人間だけで国家を動かせると思い込み愚かな政治を国民に押し付けたのです。
明治新政府によってわずか一年で消滅してしまいましたが、旧幕府軍によって樹立された蝦夷共和国(函館政府)のように選挙によって国の代表者を選出し、閣僚も選挙によって選出していれば権力が一人に集中することはなく、また反対者があっても合議制で決めたことなら皆ある程度は納得づくで進められたでしょうが、天皇の名を利用して絶対的権力をふるえばそれだけ反発も強くなるのが当然であることを明治の元勲とされた人たちは理解していなかったのです。(次回につづく)

[今日の音楽]
めまい - 小椋佳


[今日のお気に入りの写真](画像クリックで拡大)
玄関前まで迫ってきたハツユキカズラ。
1ポット50円で売ろうかな☆(゜∇゜☆)(☆゜∇゜)☆(アホッ)
DSC02583ハツユキカズラ

[歴史に残る名言]
<石川啄木の名言
「ふるさとの土をわが踏めば
何がなしに足軽(かろ)くなり
心重(おも)れり」

石川啄木[いしかわ・たくぼく](明治の歌人・詩人、1886~1912)『一握の砂』


[今日は何の日?]
<今日のトップニュース>
※<検証「加計」疑惑> 始まりは15年4月2日
2015年4月2日に首相官邸を訪問した愛媛県今治市の出張記録。応対者は非公表=市職員名は加工処理
PK2017091702100038_size0.jpg
急きょ東京出張の日程が変更になった。二〇一五年四月二日夕。帰りの航空機の便を遅らせて、愛媛県今治市の職員が首相官邸を訪れた。
待っていたのは、柳瀬唯夫(やなせただお)首相秘書官(当時)。県職員と学校法人「加計学園」(岡山市)の幹部も同席した場で、県と市に学園の獣医学部新設を進めるよう対応を迫ったという。
柳瀬氏は、安倍晋三首相が創設した国家戦略特区を担当。アベノミクスの恩恵を全国に波及させるとして、地方創生につながる特区提案を近く募ることになっていた。
市の文書には、この日の午後三時~四時半、「獣医師養成系大学の設置に関する協議」のため、市の担当者が官邸を訪問した出張記録が残る。
しかし、今年七月、国会の閉会中審査で、官邸での面会の事実を問われた柳瀬氏は「記憶にない」を連発。かたくなに面会を否定する政府に対し、県幹部も苦言を呈する。「何で国は隠すんですか」
官邸訪問から二カ月後、県と市が国家戦略特区に提案すると、十年にわたって膠着(こうちゃく)していた獣医学部の計画が一気に動きだす。
政府関係者は言う。「四月二日が『加計ありき』のキックオフだった」
 ◇ 
おごりと慢心。「官邸主導」の政権運営にほころびが見え始めた。加計学園の獣医学部新設を巡っても、国民の疑念に答えようとしない安倍首相への不信感がくすぶる。「加計疑惑」の背景を検証する。
PK2017091702100039_size0.jpg
◆もろ刃の「安倍特区」
昨年十一月五日、愛媛県今治市の菅(かん)良二市長が地元の県議六人を市役所に呼び出した。
「特区を使って獣医学部の話が前に進みそうだ」。菅市長は意気揚々と切り出した。市の担当者らが、首相官邸で柳瀬唯夫(やなせただお)首相秘書官(当時)と会ってから一年半後のことだった。政府は同九日、国家戦略特区で獣医学部新設の方針を決めた。
市と県は二〇〇七年以降、構造改革特区に提案し続けたが、十年にわたって厚い壁に阻まれてきた。「四国新幹線と同じ。夢物語としか見ていなかった」。福田剛(つよし)県議は、配られた資料に「平成三十年四月開学」と明記されていたことに目を見張った。
獣医学部新設が動きだすきっかけとなった国家戦略特区は、第二次安倍政権の目玉政策。これまでの構造改革特区は、自治体などの提案に対し、規制官庁も認定の可否に関わり、思うような成果が上がらなかった。そのため、規制官庁の関与は意見を聴くなどの調整にとどめ、首相のトップダウンで抵抗の強い岩盤規制の突破を図った。
規制改革の実効性が高まる半面、権力の私物化を招きかねない。国会では導入を巡り「あらぬ国民の疑念を招くのでは」と制度の危うさが指摘されていた。
その懸念が現実になった。「友人のために便宜を図り、行政手続きをゆがめたのでは」。特区で獣医学部新設が認められた学校法人「加計(かけ)学園」の加計孝太郎理事長と、特区選定の最高責任者である安倍晋三首相が昵懇(じっこん)だったことから、国民の間に疑念が膨らんだ。
 ◆    ◆ 
米国留学時代に知り合ったという二人。安倍首相は「加計さんが私に対し、地位や立場を利用して、何かを成し遂げようとしたことはただの一度もない」と答弁している。しかし、周辺の人たちの証言から浮かび上がるのは、二人の公私にわたる蜜月ぶりだ。
政権交代が起こった〇九年夏の衆院選直前。学園が、若手職員を出張命令で安倍陣営の選挙応援に動員させようとしているとの情報が流れた。学園の労働組合の元幹部によると、組合が文書で抗議した結果、学園は有給休暇を使って職員が自主的に選挙応援に参加した形にして送り出したという。学園は「出張命令で派遣した事実はない。有給休暇の利用は選挙運動への参加など職員によってさまざま」とし、安倍首相の事務所は「公職選挙法に則(のっと)り、適正に処理している」とコメントしている。
獣医学部新設に関し、安倍首相は「国民から疑念の目が向けられるのはもっともなこと」と言葉足らずを釈明しているが、国民の疑問に答えたとは言い難い。
「事業者が決まった今年一月二十日に加計学園の獣医学部計画を知った」。七月の国会の閉会中審査で、疑念を振り払おうと安倍首相が発した一言は、かえって不信感を高めた。
第二次政権発足後、確認できるだけで二人は、十六回ものゴルフや会食を重ねている。「腹心の友」と公言する加計氏の計画を本当に知らなかったのか。
首相に近い自民党議員は言う。「首相の説明は、説明になっていない。この問題を解決するには、正直に話すしかない」
<加計学園問題> 50年以上抑制してきた獣医学部の新設について、政府は1月、国家戦略特区で愛媛県今治市に限定して設置を認めた。公募の結果、「加計学園」(岡山市)が事業者に選ばれ現在、文部科学省の審議会で審査中。5月、特区担当の内閣府が文科省に「総理の意向」などと早期開学を迫る複数の文書が流出、特区選定の妥当性が疑われている。2017年9月17日【出典:東京新聞】

首相官邸記者会見で厳しく菅官房長官を糾している東京新聞社会部女性記者の望月衣塑子氏を会見場から閉め出そうと画策している産経・読売両紙のいわれのない誹謗中傷がまかり通っています。
ネトウヨによる殺害予告まで捻じ曲げて報道する産経などは報道機関としての資格も品性もない安倍ご用達機関紙であり、東京新聞を市民が徹底して応援すべきでしょう。
s-IMG_7724_20170610183957fdb_20170917210905601.jpg
不当な圧力に屈せず東京新聞はガンバレ!!
良心を捨てない望月衣塑子氏を応援しよう。


<ちょっと前のトップニュース>
※7月に陸自宿営地の隣で銃撃戦 南スーダン首都での戦闘
【ジュバ共同】南スーダンの首都ジュバで7月に大規模な戦闘が発生した際、国連平和維持活動(PKO)に参加する陸上自衛隊の宿営地の隣にあるビルで2日間にわたり銃撃戦が起きていたことが分かった。南スーダン政府軍のルアイ報道官が16日、共同通信に現場を公開した。
南スーダンPKOへの日本の参加を巡っては、停戦合意などPKO参加5原則は満たされているのか疑問の声が上がっている。日本政府が駆け付け警護など新任務の付与について検討する中、宿営地と目と鼻の先で銃撃戦が起きたことが判明し、参加の是非があらためて問われそうだ。2016/9/17 【共同通信】

※石原氏、コンクリ検討指示認める 発言を修正
元東京都知事の石原慎太郎氏は17日、都内で報道陣の取材に応じ、豊洲市場の建物下にコンクリートの箱を埋める案について、これまでの発言を修正し、「(自分が)専門家から聞き、都の幹部に検討したらどうだと言っていた」と述べた。
検討を指示した後は「コンクリート(で地下空間)を造る計画は一切報告を受けていない」と説明した。
石原氏は知事だった2008年5月の定例記者会見で、海洋工学の専門家が「(汚染対策は)違う発想で考えたらどうか」と発言していると紹介。長所として工費の安さや工期の短さを挙げ、当時の担当局長にコンクリ案を検討するよう伝えたことを明らかにしていた。(共同)2016年9月17日【東京新聞】

<もう少し前のトップニュース>
※与党きょう安保成立方針 野党、内閣不信任案提出へ
国会は18日、集団的自衛権の行使を解禁する安全保障関連法案の成立をめぐり、与野党の攻防が最終局面を迎えた。与党は同日中に参院本会議で可決、成立させる方針。廃案を主張する野党側は、衆院に安倍内閣不信任決議案を提出して抵抗を一段と強める構えだ。民主党が参院に提出した中谷元・防衛相に対する問責決議案は、18日未明の参院本会議で与党などの反対により否決された。
民主、維新、共産、社民、生活の野党5党は18日午前、党首会談を国会内で開く。5党は安保法案の成立は認められないとして内閣不信任案を共同提出する方針で一致しており、会談後にも衆院に提出する見通しだ。2015年9月18日【東京新聞】

[中日新聞社説]2015/9/18
なお、東京新聞社説は本社である中日新聞と同じ文章を掲載しています。
※憲法を再び国民の手に 「違憲」安保法制 
政府が憲法解釈を勝手に変えてしまえば、国民が憲法によって権力を律する「立憲主義」は根底から覆る。憲法を再び国民の手に取り戻さねばならない。
安全保障法制をめぐる安倍政権の強硬姿勢は最後まで変わらなかった。国会周辺や全国各地で響きわたる「九条壊すな」の叫びに、耳を貸さなかったようだ。
他国同士の戦争に参戦する「集団的自衛権の行使」を法的に可能にするのが安倍政権が進める安保法制の柱である。多くの憲法学者らがどんなに「憲法違反」と指摘しても、安倍内閣と与党側は「合憲」と強弁し続ける傲慢(ごうまん)さだ。
歴代内閣が見解踏襲
そもそも集団的自衛権の行使を「憲法違反」としてきたのは、ほかならぬ政府自身である。
戦後、制定された日本国憲法は九条で、国際紛争を解決するための戦争や武力の行使、武力による威嚇は行わないと定めた。
日本国民だけで三百十万人もの犠牲を出し、近隣諸国にも多大な損害を与えた先の大戦に対する痛切な反省に基づく、国際的な宣言でもある。
その後、実力組織である自衛隊を持つには至ったが、自衛権の行使は、日本防衛のための必要最小限度の範囲にとどめる「専守防衛」政策を貫いてきた。
一方、国連憲章で認められた集団的自衛権は有してはいるが、行使は必要最小限の範囲を超えるため、憲法上、認められないというのが、少なくとも四十年以上、自民党を含む歴代内閣が踏襲してきた政府の憲法解釈だ。
この解釈は、国権の最高機関である国会や政府部内での議論の積み重ねの結果、導き出された英知の結集でもある。一内閣が恣意(しい)的に変えることを許せば、憲法の規範性や法的安定性は失われる。そんなことが許されるはずはない。
「禁じ手」の解釈変更
しかし、安倍晋三首相の内閣は昨年七月の閣議決定で、政府のそれまでの憲法解釈を変更し、違憲としてきた集団的自衛権の行使を一転、合憲とした。
集団的自衛権を行使しなければ国民の生命や財産、暮らしが守れないというのなら、その賛否は別にして、衆参両院でそれぞれ三分の二以上の賛成を得て改憲を発議し、国民投票に付すのが憲法に定められた手続きだ。
その労を惜しみ、憲法そのものではなく、閣議決定による解釈変更で、それまで「できない」と言い続けていたことを一転、「できる」ようにするのは、やはり「禁じ手」だ。憲法軽視がすぎる。
首相は、徴兵制は憲法が禁じる苦役に当たるとして否定したが、一内閣の判断で憲法解釈の変更が可能なら、導入を全否定できないのではないか。現行憲法が保障する表現の自由や法の下の平等ですら、制限をもくろむ政権が出てこないとも限らない。
政権が、本来の立法趣旨を逸脱して憲法の解釈を自由に変えることができるのなら、憲法は主権者たる国民の手を離れて、政権の意のままに操られてしまう。
国民は、一連の国政選挙を通じて安倍首相率いる自民党に政権を託したとはいえ、そこまでの全権を委任したわけではない。
報道各社の直近の世論調査でも依然、安保関連法案への「反対」「違憲」は半数を超える。今国会での成立反対も過半数だ。
首相は十四日の参院特別委員会で「法案が成立し、時が経ていく中で間違いなく理解が広がっていく」と語った。どんな根拠に基づいて決めつけることができるのか。
国会周辺をはじめ全国各地で行われている安保関連法案反対のデモは収束するどころか、審議が進むにつれて規模が膨らんだ。
憲法破壊に対する国民の切実な危機感に、首相をはじめ自民、公明両党議員はあまりにも鈍感ではないのか。
憲法はもちろん、国民のものである。特に、膨大な犠牲を経て手にした戦争放棄の九条や国民の権利を定めた諸規定は、いかなる政権も侵すことは許されない。
絶望は愚か者の結論
私たちは違憲と指摘された安保関連法案の廃案を求めてきた。衆院に続いて参院でも採決強行を阻止できなかった自らの非力さには忸怩(じくじ)たるものがある。
しかし、今こそ、英国の政治家で小説家であるディズレーリが残した「絶望とは愚か者の結論である」との言葉を心に刻みたい。
憲法を私し、立憲主義を蔑(ないがし)ろにするような政治を許すわけにはいかない。ここで政権追及の手を緩めれば権力側の思うつぼだ。
憲法を再び国民の手に取り戻すまで、「言わねばならないこと」を言い続ける責任を自らに課したい。それは私たちの新聞にとって「権利の行使」ではなく「義務の履行」だからである。

<9月18日の記念日>
※満洲事変記念日
1931(昭和6)年、満洲事変が起った。
満洲支配をねらう関東軍が、奉天郊外・柳條湖の南満洲鉄道(満鉄)の線路を爆破した。関東軍は、それが中国国民政府軍の犯行であると報告し、満鉄沿線で行動を起こして数日のうちに満洲南部の要地を占拠した。
※しまくとぅばの日 (沖縄県)
沖縄県の言葉「しまくとぅば(島言葉)」を奨励する日。
平成18(2006)年、沖縄県が「しまくとぅばの日に関する条例」により制定。方言に関する記念日が条例により定められるのはこれが初めてである。
「く(9)とぅ(十)ば(8)」の語呂合せ。
※かいわれ大根の日>
日本かいわれ協会が1986(昭和61)年9月の会合で、無農薬の健康野菜である貝割大根にもっと親しんでもらおうと制定。
※蘆
小説家・徳富蘆[とくとみろか]の1927(昭和2)年の忌日。
※露月忌
俳人・石井露月[いしいろげつ]の1928(昭和3)年の忌日。

<今日の誕生花
薊[あざみ]言葉:厳格」       孔雀草[くじゃくそう]「言葉:一目惚れ」
薊 (あざみ)  孔雀草
おじぎそう(眠り草)言葉:敏感」
おじぎ草

<歴史上の出来事
711年元明天皇の詔勅により太安麻呂が『古事記』の編纂に着手
1428年正長の土一揆。京都・醍醐附近の地下人が徳政を要求して蜂起
1793年ロシアに漂着した大黒屋光太夫が将軍徳川家斉に面会
1814年フランス革命・ナポレオン戦争後の問題処理のウィーン会議が始る。利害紛糾で「会議は踊る、されど進まず」と諷刺される
1863年新選組局長芹沢鴨と平山五郎の葬儀が行われた。
1918年北海道帝国大学が、専科に限り女性の入学を許可
1931年柳条湖事件。柳条湖近くで満鉄の線路が爆破され、関東軍が張学良軍正規兵の犯行であるとして中国軍を攻撃。満洲事変の発端に
1947年アメリカ中央情報局(CIA)が発足
1948年全日本学生自治会総連合(全学連)が結成大会。145校が加盟
1948年木村伊兵衛・土門拳らが「日本写真家集団」を結成
1966年フランスの哲学者サルトルと詩人ボーボワールの夫妻が来日
1971年日清食品が「カップヌードル」を発売
1981年フランスで死刑廃止法案可決。ギロチンも廃止に
1984年厚生省が「離婚白書」をまとめる
1987年在日外国人の指紋押捺を1回限りに改正
1999年新幹線0系電車の東海道新幹線での運用がこの日をもって終了
2001年アメリカ炭疽菌事件: 炭疽菌入りの手紙がニュースメディア事務所や民主党議員に送られ、5人が死亡
2004年プロ野球再編問題: 日本プロ野球史上初のストライキ
2007年ミャンマーでの軍事政権への抗議行動に僧侶たちが加わり、反政府デモへと発展
2009年72年間にわたり放送されたドラマ『ガイディング・ライト』が放送終了
2014年スコットランド独立住民投票で反対票が過半数
2016年ロシア下院選挙で与党が過半数を獲得する

<著名人の誕生日>
1868年横山大観[よこやま・たいかん] (日本画家)[1958年2月26日]
1890年土屋文明[つちや・ぶんめい] (歌人,国文学者)[1990年12月8日]
1905年グレタ・ガルボ (スウェーデン・米:女優)[1990年4月15日]
1957年うじきつよし[うじき・つよし] (タレント,ミュージシャン(子供バンド/ヴォーカル・ギター))
1961年中井貴一[なかい・きいち] (俳優)
1968年旭豪山和泰[きょくごうざん・かずやす] (相撲)
1978年森薫[もり・かおる] (漫画家『エマ』)

<著名人の忌日>
1863年芹澤鴨[せりざわ・かも] (水戸藩浪士,新選組局長) <数え37歳>近藤方により粛清[1827年生]
1922年知里幸惠[ちり・ゆきえ] (アイヌ文学記録者『アイヌ神謡集』,知里真志保の姉) <19歳>[1903年6月8日生]
1927年徳冨蘆花[とくとみ・ろか] (小説家『不如帰』,徳冨蘇峰の弟) <58歳>[1868年10月25日生]
1928年石井露月[いしい・ろげつ] (俳人) <55歳> [1873年5月17日生]
1970年ジミ・ヘンドリックス (米:ギタリスト) <27歳> [1942年11月27日生]
2002年ボブ・ヘイズ (米:陸上競技(短距離)「褐色の弾丸」) <59歳>東京五輪金メダリスト[1942年12月20日生]
2004年藤田喬平[ふじた・きょうへい] (ガラス工芸家) <83歳>[1921年4月28日生]

本日は追記に[侵略と戦争の歴史を繰り返さないで!]を掲載しました。
お時間のある方は読んでいただけるとありがたいと思います。


参加してるので、応援してもらえたら嬉しいです``r(^^;)ポリポリ
banner_22.gif 
 (↑ポチ)   (↑ポチ
拍手ボタンのポチポチお願いで~す。まり姫の励みになります、そして皆さんには笑顔をネ(*^^*ゞ
拍手ボタンを押すともっと見たくなりますよm(o´・ω・`o)mペコリン



▼続きを読む▼

拍手する
Page.3055

[北朝鮮の核実験強行に断固抗議する!!]
北朝鮮は昨年9月に続く6回目の核実験を昨日3日強行しました。
北朝鮮は、「ICBM(大陸間弾道ミサイル)搭載の水素爆弾の実験を成功させた」と主張しています。
北朝鮮の核実験は、今年だけでも13回行った弾道ミサイル発射とともに、世界と地域の平和と安定にとっての重大な脅威であり、累次の国連安保理決議、6カ国協議の共同声明、日朝平壌宣言に違反する暴挙にほかなりません。
この行為は、国際社会が追求している「対話による解決」に逆行する行為であり、核兵器禁止条約の採択など「核兵器のない世界」を求める被爆者と世界の大勢に逆らうものです。
ここに強い憤りをもって、この暴挙を糾弾し、断固抗議するものです。
いまの最大の危険は、米朝両国の軍事的緊張がエスカレートするもとで、当事者たちの意図にも反して、偶発的な事態や誤算などによって軍事衝突が引き起こされる現実の可能性が生まれ、強まっているということです。
万が一にもそうした事態が引き起こされるならば、その被害は日本にも深刻な形で及ぶことになります。
おびただしい犠牲をもたらす軍事衝突は、絶対に回避しなければなりません。
現在の危機の打開のためには、米朝の直接対話が絶対に必要ですが、それはいよいよ緊急で切実な課題となっています。
北朝鮮に対して、これ以上の軍事的な挑発を中止することを厳重に求めるもので、米朝両国に対して、強く自制を求めるとともに、現在の危機を打開するために、直接対話に踏み出すことを強く求めるものです。
8月29日の国連安保理議長声明は「対話を通じた平和的で包括的な解決」を加盟国に対し呼びかけています。
日本政府は米朝両国に直接対話をうながし、平和的・外交的な手段で核・ミサイル問題を解決するために、可能なあらゆる手立てをとることを強く求めるものです。
とくに日本政府が、「圧力」一辺倒姿勢から転換せず「対話否定論」に固執する態度をあらため、「いまこそ対話に踏み切るべきだ」ということを米国政府に説くことを強く要求するものです。
安倍政権は米朝両国関係が朝鮮戦争から休戦状態であることを無視しし、また朝鮮戦争の当事者でもないのに、無責任に北朝鮮に対しての「圧力の強化」をことさら打ち出すことで、日本国民が不測の事態で生命・安全を脅かされ不利益を被ることに安倍政権がすべて責任が取れるはずもないことを言うべきではないでしょう。

[標高900mのシダ]
CIMG0780.jpg
CIMG0779.jpg

[日本列島各地 米軍がわが物顔]
緊急着陸で民間空港居座り 爆音訓練強行 住民の生活や不安無視
住民の不安を無視した在日米軍のわが物顔の横暴勝手が列島各地で相次ぎ、批判が広がっています。8月29日に大分空港(大分県国東(くにさき)市)に緊急着陸した普天間基地(沖縄県宜野湾市)配備の米海兵隊MV22オスプレイは、5日目の2日も居座ったまま。厚木基地(神奈川県大和、綾瀬両市)では1日、横須賀基地配備の米海軍原子力空母の艦載機が離着陸訓練を開始しました。日本国民の生活や安全よりも軍事作戦を優先する米軍の姿勢が鮮明になっています。
<大分空港では>
大分空港へ緊急着陸したオスプレイは、民間空港の駐機場を占拠して、右側エンジンの一部部品交換、左側エンジンの交換を実施することに。8月30日に岩国基地から作業員が到着。同31日夕、嘉手納基地から米軍輸送機C130が飛来して整備員や交換用エンジン2基を降ろし、1日朝には岩国基地からコンテナを運び入れ、修理が始まりました。
緊急着陸したオスプレイの所属する飛行隊は8月28日まで北海道での日米共同演習に参加。9月には東富士演習場(静岡県)で離着陸訓練を予定しています。同飛行隊は、強襲揚陸艦に搭乗し、アジアで作戦行動する部隊です。
大分空港そばの高台では2日、大分県平和委員会や地元住民らが「オスプレイ飛行中止を」との横断幕を掲げて抗議しました。
<厚木基地では>
厚木基地での艦載機の離着陸訓練は、周辺住民からの爆音への苦情、訓練中止を求める声に押され、1993年以降は硫黄島(東京都)を中心に実施されていました。厚木基地での実施は12年5月以来5年ぶり。しかも周辺自治体への通告は訓練開始当日でした。
横須賀配備の原子力空母は毎年6月~11月にかけてインド・アジア太平洋地域での作戦行動を実施。中間で1カ月程度の整備を実施しています。現在配備されているロナルド・レーガンは今年前半の行動を終えて8月9日に横須賀に入港していました。離着陸訓練は今年後半の作戦行動の準備とみられます。
米軍は周辺自治体に対し「台風の影響で洋上での訓練ができない」と説明しますが、ここでも住民生活より米軍の作戦スケジュールが優先されています。
厚木基地での原子力空母艦載機の離着陸訓練は2日、午前8時前から午後3時40分ごろまで周囲に爆音を響かせ、市民の平穏な生活を脅かしました。爆音を聞き訓練の様子を見にきた住民=海老名市=は「艦載機を岩国基地に移駐しても厚木基地を使うと米軍は言っていると聞いた。墜落事故と部品落下がいつ起きるか心配だし、爆音が続くのかと不安」と話しています。

[今日の音楽]
現代の曲にありがちな、薄っぺらい英語やカタカナ語が無い、日本語の美しささえも感じられる歌詞。
もう30年も昔の、お互いに貧乏でも寄り添っていられた、平凡で素朴な恋愛を思い出す方もいらっしゃるでしょう。
笑顔が素敵だったあの時の人は、今どこで何をしているんだろうなんてね(。^p〇q^。)プッ
「22歳の別れ」 伊勢正三作詞作曲、歌唱


[今日のお気に入りの写真](画像クリックで拡大)
史跡姫路城
DSC03027_20170903224520548.jpg
DSC03033_20170903224519366.jpg

[歴史に残る名言]
<石川啄木の名言
「はても見えぬ
真直(ますぐ)の街をあゆむごとき
こころを今日は持ちえたるかな」

石川啄木[いしかわ・たくぼく](明治の歌人・詩人、1886~1912)『一握の砂』


[今日は何の日?]
<今日のトップニュース>
※麻生副総理兼財務相 また不適切表現使用
麻生太郎副総理兼財務相は2日に愛媛県西条市で行った講演で、熱心に祭りに参加する人を表現する際に、精神障害者に対する差別的な言葉を使った。一部報道によると麻生氏はこの後、「不適切な表現だった」と述べたという。麻生氏は衆院愛媛3区補選(10月22日投開票)を前に愛媛入り。講演では「(補選前に)お祭りもある。選挙を一生懸命やっている人は、お祭りも一生懸命やっている人だ。選挙どころではない」と述べつつ、差別的な言葉を使った。
麻生氏は先月29日の派閥研修会で「何百万人も殺しちゃったヒトラーは、いくら動機が正しくてもだめだ」と発言し、翌日に撤回したばかりだった。2017年9月3日【出典:毎日新聞】

<ちょっと前のトップニュース>..
※台風12号、4日にも九州上陸か 十島村「50年に1度の大雨」
強い台風12号は3日、屋久島の西海上を北寄りに進み、屋久島が暴風域に入った。強い勢力のまま4日から5日にかけ九州に接近し、上陸する恐れがある。気象庁は西日本を中心に暴風に厳重に警戒し、高波や大雨による土砂災害、河川の増水にも注意するよう呼び掛けた。
鹿児島県十島村では3日午後2時半ごろまでの1時間に129.5ミリを記録。気象庁は「50年に1度の記録的な大雨となっている」としている。
台風12号は3日午後6時現在、屋久島の西約40キロを時速約15キロで北へ進んだ。中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。2016/9/3【共同通信】

<もう少し前のトップニュース>
※元最高裁長官が「違憲」明言 安保法案、政府説明を批判 
元最高裁長官の山口繁氏(82)が三日、共同通信の取材に応じ、安全保障関連法案について「集団的自衛権の行使を認める立法は憲法違反と言わざるを得ない」と述べた。政府、与党が一九五九年の砂川事件最高裁判決や七二年の政府見解を法案の合憲性の根拠と説明していることに「論理的な矛盾があり、ナンセンスだ」と厳しく批判した。
「憲法の番人」である最高裁の元長官が、こうした意見を表明するのは初めて。高村正彦自民党副総裁は、憲法学者から法案が違憲と指摘され「憲法の番人は最高裁であり憲法学者ではない」と強調したが、その元トップが違憲と明言したことは、波紋を広げそうだ。
政府、与党は、砂川判決が「必要な自衛の措置」を認めていることを根拠に、限定的な集団的自衛権の行使容認を導き出したが、山口氏は当時の時代背景を踏まえ「集団的自衛権を意識して判決が書かれたとは到底考えられない。憲法で集団的自衛権、個別的自衛権の行使が認められるかを判断する必要もなかった」と語った。
七二年の政府見解は「必要な自衛の措置」を取り得るとする一方で「集団的自衛権の行使は憲法上許されない」と明記。歴代政権も引き継いできた。政府、与党は、この見解を行使容認の論拠としつつ、安全保障環境の変化を理由に結論部分を百八十度転換した。
山口氏はこの点について「七二年見解の論理的枠組みを維持しながら、集団的自衛権の行使も許されるとするのは、相矛盾する解釈の両立を認めるもの。七二年見解が誤りだったと位置付けなければ、論理的整合性は取れない」と断じた。
その上で「従来の解釈が国民に支持され、九条の意味内容に含まれると意識されてきた。その事実は非常に重い」と主張。「それを変えるなら、憲法を改正するのが正攻法だ」と述べた。
山口氏は九七年十月から約五年間、最高裁長官を務めた。 2015/9/4 朝刊2015/9/4【中日新聞】

政府や与党が最大の根拠にあげていた最高裁「砂川判決」、1972年の閣議決定の解釈を180度変更してまで「集団的自衛権」の行使容認を閣議決定し、憲法学者のほとんどが「違憲」としたもを、「最終判断するのは最高裁だ」として国民の声に一切耳を傾けず強引に立法化しようとしていますが、政府・与党が主張する根拠そのものを元最高裁長官が一周し、明確に違憲と発言したことで、いよいよこの法案の根拠が完全に崩れ去りました。
違憲立法はもうボロボロであり、参議院で与党が法案を撤回するか廃案あるのみです。


<9月4日の記念日>
※クラシック音楽の日
日本音楽マネージャー協会などが、9月4日の語呂合わせから、より多くの人にクラシック音楽を親しんでもらえる日をと制定。
※くしの日
9月4日の語呂合わせから、くしを大切に扱い、美容に対する人々の認識を高めてもらおうと、美容関係者らが1978年(昭和53年)に制定した日。この日を中心にした1週間を美容週間とし、さまざまなイベントを行う。身だしなみのため、いつも鞄にはくしを忍ばせておきたいもの。
※串の日
香川県三豊市に本社を置き、各種の冷凍食品の製造販売を手がけ、全国の量販店、コンビニ、外食産業などに流通させている株式会社「味のちぬや」が制定した日。運動会やお祭り、イベントなどで出かけることの多いこの季節に、片手でも手軽に食べられる串ものをもっと食べてもらいたいとの願いが込められている。日付は9と4で「串(くし)」と読む語呂合わせから。
※心を注ぐ急須の日
急須のある生活を進めることで人々の心にも愛情という潤いを注ぎ、家族のなごみの時間を増やしてもらおうと、京都市伏見区の宇治茶の製造卸直販店「京都ほっこり庵七之進」の畠山友晴氏が制定。日付は9と4で「急須」と読む語呂合わせから。「お茶の入れ方セミナー」などを通じて急須でお茶を飲む文化の普及と、人と人との温かいコミュニケーションの拡大を目指している。
※オークションの日
不動産取引の新しい形として注目されているマザーズオークションを手がける株式会社アイディーユーが制定。オークション形式により、公平性、透明性、合理性を追及した不動産取引の実現を図っている。日付は9月4日で0904から「オークション」につながる語呂合わせ。
※関西国際空港開港記念日
1994(平成6)年9月4日午前0時、関西国際空港が開港した。
世界初の本格的な海上空港で、日本初の24時間運用空港でもある。航空審議会が「泉州沖が最適」と答申してから20年目のことだった。

<今日の誕生花
大根草言葉:満ちた希望」      リューカデンドロン[銀葉樹]言葉:物言わぬ恋」
ダイコンソウ(大根草) リュウカデンドロン
ペンステモン[釣り鐘柳]言葉:貴方に見とれています」
ベンステモン

<歴史上の出来事
476年ゲルマンの傭兵隊長オドアケルが西ローマ皇帝ロムルス・アウグストゥルスを退位させ、西ローマ帝国が滅亡
622年マホメットがメッカからメディナに移る。この年がヒジュラ暦(イスラム暦)元年
1869年徴兵制推進などで士族の反感を買っていた兵部大輔・大村益次郎が萩藩士らに襲われ重傷。11月に死去
1870年パリ市民と共和派ブルジョアが国民防衛政府を組織し、第三共和政を宣言。ナポレオン3世の第二帝政が終焉
1939年阿部信行内閣が欧州戦争(第二次世界大戦)に介入しないと声明
1943年上野動物園で、空襲に備えて毒殺処分になった猛獣の慰霊法要を実施
1948年オランダのヴィルヘルミナ女王が健康上の理由で退位。ユリアナが新女王に即位
1951年サンフランシスコ講和会議が開幕。9月8日に「対日講和条約」「日米安保条約」に調印
1955年トンボ・ユニオンズのスタルヒン投手が日本プロ野球史上初の通算300勝を達成
1962年ビートルズが、ロンドンのEMIレコーディングスタジオ(後のアビーロード・スタジオ)で結成後初のレコーディング
1976年国鉄東海道本線・京都~大阪のSL牽引のイベント列車「京阪100年号」に、線路際で写真撮影をしていた小学生が接触し死亡
1987年第二電電・日本テレコム・日本高速通信の新電電3社が一般向けの市外電話サービスを開始
1990年北朝鮮首相らがソウルを訪問。分断後初の南北朝鮮首相会談
1994年武豊騎手が騎乗するスキーパラダイスがフランスのムーラン・ド・ロンシャン賞で優勝。日本人初の海外G1制覇
2001年東京ディズニーシーが開園
2006年運輸多目的衛星「MTSAT-2(ひまわり7号)」が気象観測の待機運用を開始。初めて気象衛星が2機体制となる
2011年紀伊半島豪雨発生に際して災害対策本部が設置される
2015年浦和警察署巡査部長男性殺人事件発生

<著名人の誕生日>
1824年アントン・ブルックナー (墺:作曲家)[1896年10月11日]
1913年丹下健三[たんげ・けんぞう] (建築家『広島平和記念公園』『新東京都庁』)[2005年3月22日]
1924年ジョーン・エイケン (英:児童文学作家『ウィロビー・チェイスのおおかみ』)[2001年1月4日]
1936年梶原一騎[かじわら・いっき] (漫画原作者『巨人の星』『あしたのジョー』)[1988年1月21日]
1964年茂山千三郎[しげやま・せんざぶろう] (狂言師)
1973年リディア・シモン (ルーマニア:陸上競技(マラソン))
1981年ビヨンセ (米:歌手,女優)

<著名人の忌日>
1907年エドヴァルド・グリーグ (ノルウェー:作曲家『ペール・ギュント組曲』) <64歳>[1843年6月15日生]
1913年田中正造[たなか・しょうぞう] (衆議院議員,社会運動家) <71歳>[1841年11月3日生]
1946年白瀬矗[しらせ・のぶ] (陸軍中尉,日本人初の南極探検) <85歳>[1861年6月13日生]
1965年アルベルト・シュバイツァー (仏:神学者,医師,音楽家) <90歳>ノーベル平和賞[1875年1月14日生]
1990年大石真[おおいし・まこと] (児童文学作家『チョコレート戦争』) <64歳>[1925年12月8日生]
1992年7代目三升家小勝[みますや・こかつ] (落語家) <54歳>[1937年11月5日生]
2004年飯塚小玕齋[いいづか・しょうかんさい] (竹工芸家) <85歳>玕は{王干}人間国宝[1919年5月6日生]

参加してるので、応援してもらえたら嬉しいです``r(^^;)ポリポリ
banner_22.gif 
 (↑ポチ)   (↑ポチ
拍手ボタンのポチポチお願いで~す。まり姫の励みになります、そして皆さんには笑顔をネ(*^^*ゞ
拍手ボタンを押すともっと見たくなりますよm(o´・ω・`o)mペコリン



拍手する
Page.3045

[東大法学部政治学科は何を教えているの?]
いまやたらちやほやされテレビメディアに出まくっている自称国際政治学者の三浦瑠麗(ミウラルリ)氏。
東大では日本の近現代史も教えていないのですかね~アキレタ
彼女曰く、「大日本帝国が本当の意味で変調を来し、人権を極端に抑圧した総動員体制だったのは、一九四三(昭和十八)~四五年のせいぜい二年間ほどでした。それ以前は、経済的に比較的恵まれ、今よりも世界的な広い視野を持った人を生み出せる、ある種の豊かな国家だったと考えています。それを全て否定するのは一面的で、過去を見誤っています」。
日本がアジア諸国への侵略戦争をいったいいつから始めたのか、こんなことも知らないでよく政治学者と名乗れたものです。
ましてや国内が豊かな国だったとは聞いてあきれる幼稚な知識しかないことは明らかで、自民党総裁賞を受賞したというのも安倍首相・自民党総裁が褒めるのだから程度が知れています。
三浦氏の発言を「戦前との類似性全否定、戦前賛美と取るのが普通でしょう」と批判した米山隆一新潟県知事について、自身のTwitterで「私の仕事の半分は現在起きている政治的事象の構造的分析。それをここでやってみるなら、地方の知事がやたら色んな問題に頭を突っ込むのは原発についての態度を180度変え支持基盤の脆弱さを補うためにとにかく目立つ必要があるから。といったところでしょうか。」と頓珍漢な批判をする始末です。
三浦氏の歴史に対して真摯に向き合う姿勢はひとかけらもなく、ただ御用学者の受け売りをしているだけの浅薄さを露呈したもので、御用学者が安倍政権のお気に入りになるため知ったかぶりをしているものをテレビメディアは容姿と東大法学部政治学科出身というだけで討論番組などに出演させること自体テレビメディアの自殺行為に他ならないでしょう。
序でに言っておきますが、日本は明治維新以来日本人が本来持っていた農林水産業中心の生活スタイルを捨てて富国強兵策に邁進し、国策企業や旧豪商による市民搾取が江戸時代よりひどくなり、国民の不満を逸らすために中国や朝鮮半島に権益を求めだしたことが日本の不幸の始まりであり、絶対主義的天皇制と言う名のもとに国民を完全支配しようとしたいわゆる明治の元勲にはじまる支配階級が政治を完全支配し続け、民主主義とはかけ離れた政治体制のもと第二次世界大戦で日本全体が焦土になるまで封建的社会体制だったのが真実です。
資本主義も封建的で近代資本主義体制とはとても言えない国家主義・全体主義一色だったことを抜きにして、戦前を語ることなどはできません。
三浦氏の安倍政権に対する姿勢も述べてみたいと思います。
安倍政権の加計学園問題については、「トヨタだったらどうなるんだ。ダブルスタンダードがある」、「加計学園という規模の小さな人たちが、個人的なよしみで何らかの美味しい思いをさせて貰ったらしい、というストーリー自体が国民が見たときに罰したくなるストーリーだったからで、これがトヨタだったら、日本の命運を支えるトヨタのためには…」と安倍政権を擁護し、「皆さんは口利きの現状を知らない」、「日本政治は口利きの温床」だとしています。
おふざけもいいとこで、巨大企業であろうがなかろうが口利きは国会議員が犯してはならない立派な犯罪行為であり、双方とも罰せられるのが日本の法体系だということもご存じないようです。
三浦氏は2017年5月22日、坂元一哉大阪大学大学院教授、細谷雄一慶應義塾大学教授とともに、首相公邸で安倍晋三首相と会食までしています。
三浦氏の師匠の藤原帰一東京大学大学院教授も同年6月26日に首相公邸で安倍首相と会食するなど、師弟ともども安倍首相への接近を強めていることは明白です。
せいぜい小林よしのり氏や橋下徹氏とくだらないバトルでもやりあって表に顔を出さないでもらいたいものですね(−_−#)

平和で温和な日本がいいんだニャー
DSC02483.jpg
それよりも今日は暑いし眠いのだニャッ、寝るから邪魔するニャー
DSC02482.jpg


[市場守る約束果たして]
築地女将さん会 小池都知事に質問状
東京・築地市場で働く女性でつくる「築地女将(おかみ)さん会」は23日、築地市場(中央区)を豊洲新市場(江東区、東京ガス豊洲工場跡地)に移転するという基本方針(6月20日)を決めた小池百合子知事に対し、「要請・質問状」を提出し、改めて築地市場を守るよう求めました。
「要請・質問状」は、都が約束していた豊洲新市場用地の「東京ガス操業由来の汚染物質は全て除去」するという都議会の付帯決議や業者・都民との約束を撤回して、汚染を残したまま移転を強行しようとする基本方針を批判。同会が3月に提出した都への要請には水産仲卸業者の7割超が署名していることを挙げ、「基本計画の実現は難しいのではないか」としています。知事に対し、▽知事は「安全宣言」をするのか▽環状2号線工事と築地市場移転の法的な関係▽全市場関係者が参加できる説明会の開催―などについて、31日までに文書で回答するよう求めています。
都が築地市場を解体し、2020年東京五輪の輸送拠点に一時使用しようとしていることについて、五輪計画とは切り離して十分な時間をかけ、幅広い合意形成を得るよう求めています。
都庁で会見した山口タイ会長は、小池知事が昨年8月、豊洲新市場の開場計画を延期したことを本当に喜んだとし、「小池さんには、築地を守るという約束を果たしてもらいたい」と訴えました。
水産仲卸業の二人は「(豊洲は)無害化もされていないし、安全宣言もされていない。もう一度立ち止まって考えてほしい」「魚を調達しにくるお客さまの99%が、豊洲に行ってほしくないと言う」と述べました。
小池百合子知事は都議選の圧勝に気をよくしたのか右翼的本性を次々と表し、豊洲市場問題の強引さや、9月1日に市民団体の日朝協会などが主催する関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式に、都知事名の追悼文を送らない方針を決めたことも分かりました。
過去の都知事は例年、追悼文を出してきましたが、小池氏は昨年と一転し今春、見直しを示唆していましたが完全拒否とは関東大震災時の朝鮮人虐殺被害者の追悼文まで取りやめるとは非常識極まる横暴ぶりです。
当然主催者からは「突然の方針転換は納得できない」と非難する声が上がっています。

[伊吹山の高山植物]
エゾフウロ
DSC00791エゾフウロ
オオバギボウシ
DSC00951オオバキ゜ボウシ

[今日の音楽]
沖縄の風 「風ー命どう宝 」 安村かず子


[今日のお気に入りの写真](画像クリックで拡大)
昨日アップしたウナギ専門店店内
CIMG1308.jpg
これは別の和食専門店の水車
CIMG1304.jpg
日替わり定食1500円
CIMG1305.jpg

[歴史に残る名言]
<石川啄木の名言
「死にたくてならぬ時あり
はばかりに人目を避(さ)けて
怖(こは)き顔する」

石川啄木[いしかわ・たくぼく](明治の歌人・詩人、1886~1912)『一握の砂』


[今日は何の日?]
<今日のトップニュース>
※残業代ゼロ、残業上限規制、同一労働・賃金 「働き方法案」一括審議へ
厚生労働省は二十三日、収入が高い一部専門職を労働時間規制から外す「残業代ゼロ」制度(高度プロフェッショナル制度)創設を柱とする労働基準法改正案、罰則付きで残業の上限規制を盛り込む同法改正案、正社員と非正社員の不合理な差をなくす「同一労働同一賃金」を目指す労働契約法改正案など七本の法案を一つにまとめ、一括法案として秋の臨時国会に提出する方針を固めた。
「残業代ゼロ」法案、「残業上限規制法案」ともに過労死を招く危険性があるとして、野党は反対している。政府は一括法案にすることで、審議時間を短縮し、臨時国会での成立を目指す。
厚労省は来週開かれる労働政策審議会(厚労相の諮問機関)に一括法案とする方針を示す。連合など労働組合側の委員は、国民生活に直結するとして、法案ごとに丁寧に審議するよう求めるとみられる。
「残業代ゼロ」法案は一昨年に国会提出されたが、二年以上継続審議になっている。野党や労働組合は長時間労働を促し、過労死リスクが高まるとして反発し、一度も審議入りしていない。政府は同法案を取り下げ、関連法案として出し直す。対象は、年収千七十五万円以上の金融ディーラーや研究開発などの専門職。連合は一時、健康確保対策の強化を条件に、政府と法案修正で折り合ったが、傘下労組の反発から、容認姿勢の撤回に追い込まれた。
残業上限規制は、一年間の残業時間総量を七百二十時間と定め、その枠内なら特例として「一カ月百時間未満」「二~六カ月の月平均八十時間以内」の残業ができる。ただ、月百時間は労災認定の目安である過労死ラインと同じ。そこまでなら残業させてもいいという誤ったメッセージになる可能性もあり、過労死遺族も反対している。
◆性格異なる3制度、拙速
<解説> 残業代ゼロ制度、残業時間の上限規制、同一労働同一賃金。この三つは目的も、対象とする労働者の立場も全く違う。そして、働き方に大きな影響を与える。それを一括法案としてまとめて審議しようという厚労省の姿勢は乱暴といわざるを得ない。
政府の狙いは一括にすることで審議時間を短縮することだ。さらに、「働き過ぎ」を助長する懸念が指摘される残業代ゼロ制度への批判を薄める思惑もある。
残業代ゼロ制度は産業競争力を強化する観点から提案された。二〇一四年に経済同友会幹部が政府の会議に提案し、成長戦略に盛り込まれた。経営者側の論理に立った制度といえる。
一方、政府は一六年からは「一億総活躍社会」実現の一環として、働き方改革を叫ぶようになった。
残業代ゼロは一部専門職に限り、残業時間の規制に縛られず働けるようにするもので、残業上限規制とは真逆(まぎゃく)の内容。
同一労働同一賃金は、正社員と非正社員の格差をなくすのが目的。ほかの二つとは全く性格が違う。
日本労働弁護団幹部は「規制緩和と規制強化の法律を一緒に議論するなどあり得ない。しかも、それが正社員、非正社員の均等待遇の話と何の関係があるのか」と批判する。 (編集委員・上坂修子)2017年8月24日【出典:東京新聞】

※訴訟懸念し国有地値引きか 森友、財務省姿勢に手応え
学校法人「森友学園」が評価額から約8億円値引きされ小学校予定地の国有地を取得した問題で、学園側が2016年3月、地中からごみが見つかったと財務省側に苦情を訴えた後、国側への訴訟をしないことと引き換えに、評価額を下げる方向に動いているとの手応えを、学園前理事長の籠池泰典容疑者(64)ら学園側が得ていたことが24日、会議のメモや関係者への取材で分かった。
財務省の佐川宣寿理財局長(当時)は今年3月の参院予算委員会で「国による埋設物撤去の遅れが原因で開校できないとなれば、損害賠償訴訟を起こされる恐れがあった」と説明した。(共同)2017年8月24日【出典:東京新聞】

<ちょっと前のトップニュース>
※マイナンバーに324億円 総務省の17年度概算要求
総務省の2017年度予算の概算要求案が24日、分かった。個人番号カードの交付遅れが問題となったマイナンバー関連は、カードの交付円滑化や利用促進に324億円を盛り込む。地方交付税も含む総額は16年度比4.3%増の16兆6743億円となる。25日に自民、公明両党へ提示した上で決定する。
マイナンバーは、カード交付事務を担う自治体向け補助金として232億円を計上する。このほか番号カードにポイントをためて、全国の公共施設や商店街などで使えるようにする取り組みも進める。女性の活躍支援として、マイナンバーカードや住民票に旧姓を表記できるようにシステムも改修する。2016/8/25【共同通信】

経済不況で国民が疲弊しているとき、こんなことに多額の税金を投入して国民の暮らし監視を徹底的にしようとはあきれ果てるばかりです。
税金の使い道を変えることこそ大切で、医療・福祉の国民負担増を押し付けることをやめてそちらに回すべきでしょう。


<もう少し前のトップニュース>
※首相、中国「侵略」明示避ける 参院予算委で答弁
安倍晋三首相は24日の参院予算委員会で、14日に閣議決定した戦後70年談話に関し、満州事変から先の大戦までの中国大陸での日本の行為について、侵略だったかどうか明示を避けた。自身の私的諮問機関が出した報告書に沿い「中には侵略と評価される行為もあったと思う」と述べたものの、行為を具体的に特定することはせず、曖昧にしたままだった。
首相は答弁で、談話は報告書に沿って作成したと強調。侵略行為について問われ「具体的にどのような行為が侵略に当たるか否かは、歴史家の議論に委ねるべきだ」と答えるにとどまった。
共産党の山下芳生氏への答弁。2015/8/24 19:13(共同)【中日新聞】

戦後70年が節目として「安倍談話」を出したものの、中身が空っぽだったことを自ら露呈した参院予算委員会での安倍首相の答弁にはあきれ果てました。
歴代自民党総理でさえ中国・朝鮮半島や東南アジア諸国への軍事行動を侵略だったと認めているものを、安倍首相ただひとり「侵略」とは認めたくない姿勢がはっきりしました。
都合が悪くなると「「侵略」かいなかは後世の歴史家の判断にゆだねる」と逃げ、決して自らの言葉で語ろうとしないかたくなな姿勢は国際社会から見れば明らかに異常です。
国際社会の常識も認めたくない安倍首相がどうして国際貢献などできるでしょうねー。
自分の言っていることの矛盾も理解できないようではとても行政府の長を任せることはできません。
潔く退陣するか、自民党自身の手で安倍首相を解任すべきでしょう。


<8月25日の記念日>
※道元忌,曹洞宗開山忌
曹洞宗を開いた禅僧・道元禅師の1253(建長5)年の忌日。
※チキンラーメン誕生の日(即席ラーメン記念日)
1958年(昭和33年)の今日、インスタントラーメンの第1号「チキンラーメン」が日清食品より発売されたことに由来する。「おいしくて保存が利き、手間がかからず安くて安全」という5つの条件をクリアして、商品化することに成功したという。
※サマークリスマス
12月の冬のクリスマスに対して、8月の夏のクリスマスをと始まった行事。TBSの林美雄アナウンサーが先駆けとなり、イベントを行った。
※パステル和(NAGOMI)アートの日
「心豊かで健康的な社会環境の実現にむけて」をテーマに、誰でもきれいに簡単に描ける絵で、心が穏やかになり、元気になるパステル和(NAGOMI)アートの普及を目指す日本パステルホープアート協会が制定。日付は2007年8月25日にスクーリングを行ったことから。

<今日の誕生花
アンスリウム[紅団扇]言葉:恋に悶える心,情熱」ルドベキア言葉:正義」
DSC00484アンスリウム DSC00401ルドベキア7.31

<歴史上の出来事
1543年ポルトガル船が種子島に漂着し、鉄砲が日本に伝来(1542年説あり)
1598年豊臣秀吉の死去に伴い、徳川家康ら五大老が朝鮮撤兵を決定し使者を朝鮮に派遣
1894年北里柴三郎がペスト菌を発見
1912年孫文・宋教仁らが国民党を結成
1914年第一次大戦で、オーストリアが日本に宣戦布告
1922年信濃川の大河津分水工事が完成。日本最大の分水工事
1937年トヨタ自動車工業が豊田自動織機製作所から分離独立
1937年中国で紅軍を改組し八路軍が誕生
1944年第二次大戦で、聯合軍がパリに突入。パリの独軍が降伏
1951年外国軍の日本駐留や中国の講和除外に抗議してインドが対日講和会議への不参加を通告
1958年日清食品が「チキンラーメン」を発売
1959年中華人民共和国とインドの国境で両国の軍隊が衝突
1960年第17回オリンピック・ローマ大会が開幕
1981年アメリカの無人惑星探査機「ボイジャー2号」が土星に最接近
1984年国立競技場で釜本邦茂の引退試合。6万2千人が入場
1989年アメリカの無人惑星探査機「ボイジャー2号」が海王星に最接近。打上げの12年後
2009年韓国初のロケット「KSLV-1」1号機が打上げ。衛星の軌道投入ができず打上げ失敗
2012年ボイジャー1号が太陽から約190億kmの地点で、人工物として太陽圏を離脱した初めての人工物となる

<著名人の誕生日>
1836年榎本武揚[えのもと・たけあき] (幕臣,外交官)[1908年10月26日]
1912年福田恆存[ふくだ・つねあり] (評論家,劇作家,翻譯家,演出家『私の國語教室』)[1994年11月20日]
1914年笠置シヅ子[かさぎ・しづこ] (歌手『東京ブギウギ』「ブギの女王」)[1985年3月30日]
1918年レナード・バーンスタイン (米:指揮者,作曲家『ウェストサイド物語』)[1990年10月14日]
1924年増村保造[ますむら・やすぞう] (映画監督『兵隊やくざ』『曾根崎心中』)[1986年11月23日]
1930年ショーン・コネリー (英:俳優)
1931年山村美紗[やまむら・みさ] (推理小説家「ミステリーの女王」)本人は「1934年生」と称していた[1996年9月5日]
1949年ジーン・シモンズ (米:ミュージシャン(KISS/ベース・ヴォーカル))
1956年岡田武史[おかだ・たけし] (サッカー(DF[元],札幌[元]・横浜FM[元]・日本代表/監督))
1985年中野友加里[なかの・ゆかり] (フィギュアスケート)
1987年エイミー・マクドナルド、英国のシンガーソングライター

<著名人の忌日>
1822年ウィリアム・ハーシェル (英:天文学者,天王星を発見) <83歳>[1738年11月15日生]
1900年フリードリヒ・ニーチェ (独:哲学者) <55歳>[1844年10月15日生]
1955年河本大作[こうもと・だいさく] (陸軍軍人,関東軍参謀) <72歳>[1883年1月24日生]
1984年トルーマン・カポーティ (米:小説家『ティファニーで朝食を』) <59歳>[1924年9月30日生]
1990年滝田ゆう[たきた・ゆう] (漫画家) <58歳>[1932年3月1日生]
2001年アリーヤ (米:歌手,女優) <22歳>[1979年1月16日生]
2008年深浦加奈子[ふかうら・かなこ] (女優) <48歳>[1960年4月4日生]
2012年ニール・アームストロング (米:宇宙飛行士,人類初の月面着陸) <82歳>[1930年8月5日生]

参加してるので、応援してもらえたら嬉しいです``r(^^;)ポリポリ
banner_22.gif 
 (↑ポチ)   (↑ポチ
拍手ボタンのポチポチお願いで~す。まり姫の励みになります、そして皆さんには笑顔をネ(*^^*ゞ
拍手ボタンを押すともっと見たくなりますよm(o´・ω・`o)mペコリン



拍手する
Page.3035

お知らせ
検査結果が思ったより悪く、点滴が一本余分になりました☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
帰宅できるのは午後7時頃になりそうです。
帰宅次第皆さまのところへお邪魔させていただきますのでよろしくですm(o´・ω・`o)mペコリン



お盆でも今日はもう恒例の二週間に一度の定期検査で病院行きです☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
これだけは避けられないからやむを得ません(。_゚)〃ドテッ!
たぶん大丈夫、いや絶対大丈夫だと自分に言い聞かせて出かけます(〃^∇^)o_彡☆あははははっ
ではいつものように信仰もしてないのに今日だけ何事もありませんようにアーメン・その他いろいろ・ナムー・・・チ───(´゚ェ゚`)───ン

何でしょう????
DSC02993_201708142011095fa.jpg


[第二次世界大戦特集]
※特攻の真実=自殺兵器となった学徒兵兄弟の証言
太平洋戦争末期、極限状況で死と向き合った兄弟が侵略戦争を美化する者への怒りの告発をした記述の最終章をとりあげ、戦争の悲惨さを二度と繰り返さないことと、特攻に追いやられた学徒兵たちの心の叫びをここに記します。
特攻の真実をあえて記した学徒兵兄弟が、著書を出版する契機となったのは、小林よしのり「新ゴーマニズム宣言 戦争論」が「個を超える勇気と誇り」と特攻を美化し、そのマンガ本が広い青年層に読まれていることを知ったことにはじまっています。
もう一つは「新しい歴史教科書」が特攻隊員の遺書を掲載して、特攻容認の記述をおこなったことを黙認できなかったと記しています。
幸か不幸か特攻で兄弟とも生き残り、彼らが特攻体験を通じてできあがった戦争拒否への信念が、現在の危険な風潮に危機感を覚え、あえて特攻の真実を読者に提供したことは想像にかたくないと考えられます。
彼らはかつて戦友だった特攻隊員の死を悼みつつ、沖縄特攻に向かっていた戦艦大和の青年士官たちに焦点を当て、兵学校出身士官と学徒出身の予備士官の間には、特攻における死と日本の敗北の受け止め方の違いで乱闘まで発展した事実を明らかにしています。
これを鎮めたのはケプガン(青年士官の居室であるガンルームのキャプテン)白淵大尉で、彼が述べた言葉が特攻の死生観論争の混迷を断ち切ったと著者は記しています。
白淵の言葉は以下の通り。
「進歩のない者は決して勝たない。負けて目覚めることが最上の道だ。日本は進歩といふことを軽んじすぎた。私的な潔癖や徳義にこだはって、真の進歩を忘れてゐた。敗れて目覚める。それ以外にどうして日本が救はれるか。今目覚めずしていつ救はれるか。俺たちはその先導になるのだ。日本の新生に先がけて散る、まさに本望じゃないか。」
すぐれた知性をもった若者たちをここまで追いやったものが、「祖国」「天皇制」「教育」「私的な潔癖」だったことが明らかだとし、巷間言われるような特攻死の美化ではなく、彼らが自らの命を犠牲にして特攻に行かざるを得ない状況に追い込まれたことを明らかにしています。
特攻に選抜された前途のある若者たちが、国家のために決して喜んで散って行ったわけではなく、死と生の狭間を悩み続けていたことを自らの体験から導き出した結論は、時代がどれだけ経過しても若者が無駄死にさせられたという悔恨の念が経ちきれないものだと推察されます。
9.11朝のニューヨーク貿易センタービルに飛行機が突入した場面が、特攻と重なり戦慄を覚えた人もあるでしょう。
あの光景こそ特攻そのものではないかと感じます。
自らの利権を得ようと他国へ侵略した戦争には、どんな理由をつけようともそこには正義はありません。
軍部の暴走という言葉に逃げることも自己を正当化するものであり、ましてや玉音で放送された「大東亜の解放」などというのは手前もその思い上がりであり論外です。
無駄死にさせられた若者たちの魂を安らかにするのは、戦病死意外に極東軍事裁判で死刑に処せられたA級戦犯が合祀された靖国神社ではなく、現代に生きる私たちが二度とあのような戦争を国家の名で起こさせないことだと考えます。
A級戦犯の処刑について戦勝国が勝手に裁いたと主張している親米右翼の人々の発想は、日本国民自らの手で徹底的に戦争指導者を裁かなかったことを忘れ、無謀な戦争で我が国の国民320万人もの犠牲者を出したことを反省すらせず合理化しているのにほかなりません。
同じ敗戦国であるドイツは現代になっても過去に犯したナチ党員としての罪を追及しつづけ、つい最近も戦争犯罪者を裁判にかけ終身刑を課しています。
それと比較すると日本の対応はあまりにも姑息であり、先日NHKが珍しく圧力に屈しないで報道した、史上最悪と言ってもいい残虐行為を働いた731部隊の本質と彼らがその後、石井四郎軍医中将を筆頭に戦争犯罪から逃れるために米国に対し人体実験結果資料を渡してまで戦犯逃れをしただけでなく、平然と出身大学のエリートとして影響力を行使していた事実を報道したことや、岸信介をはじめA級戦犯容疑者がぬくぬくと戦後も生き抜いただけでなく、日本の戦後民主主義と正面から敵対する政治勢力を率いている子や孫に戦争責任を否定できるよう工作し続けていることを私たち国民は忘れてはいけないでしょう。
参考文献:「特攻」岩井忠正・岩井忠熊共著


[終戦記念日(敗戦記念日)]
本日8月15日は「戦歿者を追悼し平和を祈念する日」です。
日本国憲法は、満州事変を皮切りに日中戦争から始まった12年に及ぶ侵略戦争行為で、日本がおかした数々の過ちをただすともに、二度と戦争をしない恒久平和の国となることを決意し、そのためには一切の武力をもたない決意を条文に記しましたが、歴代自民党政権は解釈改憲という卑劣な方法で事実上の軍事力を保持しつづけています。
国際社会からも高く評価されている憲法九条は決して時代遅れではなく、最も先進的であり国際政治をリードできる唯一の羅針盤ともいえる日本が誇るべき条文です。
安倍晋三首相は、自らの野望のために国民の過半数以上が反対もしくは慎重に議論すべきだとしているものを、一内閣による閣議決定という法的な根拠もない、かつ憲法に真っ向から挑戦する暴挙に出て、憲法に違反する集団的自衛権の行使容認を閣議決定してしまいました。
また、自衛隊が海外で米軍と一体となって戦争ができるようにするため、事実上の「戦争法案」を数の力で衆議院で強行採決しましたが、国民の各界各層の圧倒的多数が共同し、「戦争法案阻止」「アベ政治を許さない」の一点でつながり、与党である公明党の支持母体の創価学会員や創価大学教員有志までが反対声明を発表するなど、確実に安倍政権を追い詰めています。
安倍首相は、それでも不足として日本国憲法そのものを改悪する野望をむき出しにしています。
自民党古老でさえ暴挙だと批判の声が出るほどの暴走ぶりは目に余るものがあり、もはや亡国首相と言ってもいいでしょう。
戦後72年間一人の外国軍兵士を殺したこともなく、また自衛隊員が戦争に巻き込まれて殺されたことがないということは、憲法九条が歯止めになっていたからこそです。
これをなし崩し的に変更することは国民を冒涜するものであり、憲法に反する行為は立憲主義を破壊するものにほかなりません。
ましてや、日本会議が主張している憲法九章に自衛隊の存在を明記するなどありえないことで、これこそ憲法九条二項を事実上骨抜きにするものであり断じて認められません。
安倍政権が画策している平和を脅かすいかなる手法も、ならぬものはならぬのです!!
さらに付け加えると、若手国際政治学者としてマスメディアでちやほやされている極右三浦瑠麗(みうらるり)などが主張する「国家総動員体制になる1943年以前はまだよかった、全否定には無理がある」などの歴史を偽造した歴史修正主義などは絶対に認められないことです。
日本軍国主義が国際社会から厳しい批判の嵐に遭うようになったのは、日本が常任理事国であった1933年に国際連盟から脱退したときを境にしたもので、当時すでに旧日本軍は中国北部満州に侵略し、謀略で満州事変を引き起こしていたことを無視した暴論に過ぎません。
戦前の暗黒時代を完全に否定してこそ、戦後日本の民主主義の土台ができたのであり、現代社会でも民主主義が決して成熟してはいないと見ることこそ国際政治を語る資格があるのです。
国際政治学者(これでも東大出)の肩書が泣くあまりに近現代史に無知な人物は桜井よしこと大して変わらないでしょう。

[伊吹山の高山植物]
コオニユリの蕾
DSC00504.jpg
霧が一瞬はれたときのカワラナデシコ。
少しだけ上手く撮れたかな``r(^^;)ポリポリ

DSC00946カワラナデシコ

[今日の音楽]
説明は省略しますね。


[今日のお気に入りの写真](画像クリックで拡大)
<野良ちゃんガンバリヤー>
DSC02450.jpg

[歴史に残る名言]
<石川啄木の名言
「何がなしに
息きれるまで駆け出してみたくなりたり
草原(くさはら)などを」

石川啄木[いしかわ・たくぼく](明治の歌人・詩人、1886~1912)『一握の砂』


[今日は何の日?]
<今日のトップニュース>
※<語り継ぐ 戦後72年>戦前回帰、黙ってられない 元特攻隊、90代の兄弟 
「沈黙は中立ではなく、権力者への従属だ」
太平洋戦争末期、特別攻撃隊(特攻隊)に志願し、命を散らした若者たちがいた。岩井忠正さん(97)=東京都武蔵野市、忠熊さん(94)=大津市=の兄弟も、その一員として一度は生きることをあきらめた。「終戦を迎えられたのは、ただの巡り合わせ」。戦後72年。再び感じるあの時代のにおいに、警告する。「沈黙してはいけない」
一枚の白黒写真がある。立ち姿で、軍服に身を包むのは弟の忠熊さん。京都帝大一年だった一九四三(昭和十八)年秋、学徒出陣で徴兵された。
先祖が眠る山形県米沢市へ墓参りに向かう列車で、同時に入隊が決まった慶応大二年の兄忠正さんの言葉を覚えている。「俺が死ぬのは、カイザー(皇帝=天皇)のためじゃないぞ」。国策に反する言論を封じられた時代。周囲に悟られぬよう、兄はドイツ語で話し掛けた。命を懸けるのは、愛する家族や友人を守るため。「俺もだ」。兄弟だけでも本音を共有したかった。
海軍の別々の学校に移ったが、四四年十一月に長崎県川棚町の訓練所で偶然再会した。「どうせ死ぬなら潔く一発で」。同じ思いから特攻に志願していた。近くの写真館で二人の「遺影」を撮り、中国・大連の両親に送った。
忠熊さんは「震洋(しんよう)」の搭乗員になった。ベニヤ板の粗末なボートに爆薬を積み、敵に体当たりする。出撃で石垣島へ向かう洋上、輸送船が米潜水艦の魚雷攻撃に遭った。自身は救出されたが、一緒だった搭乗員百八十六人のうち百四十二人が命を落とした。
忠正さんは「伏龍(ふくりゅう)」部隊に。機雷の付いた棒で敵艦の船底を突いて自爆する。だが、渡された潜水服は「とんでもなく愚かな代物だった」。背中の呼吸装置の重みで顔が上がらず、頭上の敵艦の位置すら確認できない。装置から劇物が漏れる事故死が相次ぎ、自身も訓練中に気絶して死にかけた。
結局、兄弟は出撃を待たずに終戦を迎えたが、長く特攻での体験を語らずにいた。命を粗末にする「思い出したくない愚行」(忠熊さん)に思えたからだ。ただ、九〇年代に入ったころから、この国が戦争の恐ろしさを忘れ始めた気がして講演を引き受けるようになった。忠熊さんは「今はドイツ語なんて使わない。堂々と『二度と戦争するな』と叫びたい」と訴える。
治安維持法の復活とも指摘される「共謀罪」法が施行されたこの夏、忠正さんは「戦後で一番『あの時代』に近づいている」と感じる。「七十二年前、私たちは戦争に表立って反対することをあきらめてしまった。沈黙は中立ではなく、権力者への従属だ。私たちみたいになるな」(中野祐紀)
<特攻隊> 爆弾を装着した航空機や船舶などで敵に体当たりするために編成された部隊。戦況が悪化した太平洋戦争末期、米軍への対抗策として日本の陸海軍が組織した。海軍の「神風特攻隊」の名が知られる。特攻による死者数は諸説あるが、公益財団法人「特攻隊戦没者慰霊顕彰会」(東京)によると、陸軍が2244人、海軍が4174人に上る。2017年8月14日【出典:中日新聞】

※終戦の日、首相式辞の文言に注目 情勢緊迫の中、問われる平和
終戦から72年となる15日、政府主催の全国戦没者追悼式が東京都千代田区の日本武道館で開かれる。天皇、皇后両陛下や安倍晋三首相、約5200人の戦没者遺族らが参列し、先の大戦で犠牲になった約310万人を悼む。
北朝鮮が米領グアム沖へのミサイル発射検討を表明し、トランプ米大統領が軍事報復を示唆するなど情勢は緊迫。平和の在り方が問われる中での追悼式となる。
安倍首相は昨年までの追悼式で、歴代首相が触れてきたアジア諸国への加害と反省に言及しなかった。「不戦の誓い」との言葉も使わず、近隣諸国の反発を招いた経緯もあり、今年の式辞の内容が注目される。(共同)2017年8月14日【出典:東京新聞】

<ちょっと前のトップニュース>
※<戦後71年 夏> 海外での戦闘、宣誓してない
◆安保関連法で岐路
自衛隊員は入隊時に「服務の宣誓」をする。「我が国の平和と独立を守る自衛隊の使命を自覚し、日本国憲法及び法令を順守し(中略)国民の負託にこたえることを誓います」。解釈改憲で集団的自衛権の行使が可能となり、安全保障関連法が3月に施行された。「守る」と誓った憲法の根幹が変わり、自衛隊もまた、岐路に立つ。
◆自衛隊員らに強い危機感
「だまされたと思った」。元自衛官の池田頼将さん(44)=名古屋市熱田区=が振り返る。イラク特措法でクウェートへ派遣中の二〇〇六年、米国の民間軍事会社の車両にはねられて大けがを負い、今も後遺症に悩まされる身だ。
派遣先の現実は、小泉純一郎首相(当時)が派遣の条件として語った「非戦闘地域」からは程遠かった。到着直後のバス移動では「隊員が乗っていると分かれば自爆攻撃をされる。カーテンを開けるな」と言われ、基地周辺にはイラク軍の侵攻時に敷設されたとみられる地雷が残っていた。
宣誓時に池田さんが想像した「国民の負託にこたえる」とは、災害支援を中心とした任務だ。海外の「歩くのも怖い場所」で活動するために宣誓したつもりはない。
元自衛官の水上学さん(42)=同区=も「所属し続けていたら、自分も海外に派遣されたかもしれない」と思う。
一九九二年から十年間所属した航空自衛隊で、輸送計画づくりや大型車の運転などに携わった。安保法に基づいて海外に派遣されれば、他国部隊や武器弾薬を運ぶ計画立案や、車両の運転に関わることになりかねない。「宣誓した時、隊員は海外で戦闘に巻き込まれることまでを受け入れたわけではない。安保法は契約違反です」
実際、現役隊員からも声が上がった。安保法に基づく防衛出動は違憲として今年三月、国を相手取り東京地裁に提訴した。原告の隊員は「入隊時に、集団的自衛権の行使となる命令に従うことには同意していない」と主張する。
池田さんを支援する秋田光治弁護士(67)は「現場から声が上がるのは、なかなかない。現役隊員にも危機感が出てきているのでは」と話す。
隊員家族の胸中も揺れる。岐阜基地に勤務経験がある空自隊員の妻は「自衛官だから命を危険にさらすのは仕方がないと納得する面と、本当に死んだらどうしようという心配が半々」。
隊員や家族の電話相談窓口を設けた北海道合同法律事務所の佐藤博文弁護士(62)は「上官から『弁護士に相談するな』『親が相談すれば昇進に影響する』と言われ、隊員らが外と遮断された状況になっている」。派遣で増えるリスクを正面から議論して、隊員や家族の不安に応える必要性を強調する。
戦後七十一年。平和国家の安保政策を大転換させた安倍政権は、自衛隊員のリスクを十分に語ることなく、本格的な改憲へ向けて走りだそうとしている。 (竹田佳彦)2016年8月15日【中日新聞】

<8月15日の記念日>
※終戦記念日,敗戦記念日,全国戦没者追悼式
1945年8月14日、政府はポツダム宣言を受諾し、翌15日の正午、昭和天皇による玉音放送によって日本が無条件降伏したことが国民に伝えられた。これにより第二次世界大戦が終結した。
1982年4月の閣議決定により「戦歿者を追悼し平和を祈念する日」となった。
1963年から毎年、政府主催による「全国戦没者追悼式」が行われ、正午から1分間、黙祷が捧げられる。
※月遅れ盆
本来は旧暦7月15日であるが、明治の改暦後は、多くの地域で月遅れの8月15日に行われる。
※刺身の日
1448(文安5)年、刺身が初めて文書に登場した。
室町時代後期の書記官・中原康冨の文安5年のこの日の日記に「鯛なら鯛とわかるやうにその魚のひれを刺しておくので刺し身、つまり「さしみなます」の名の起り」とあり、これが初めて文書に登場する刺身に関する記録とされている。
※聖母マリア被昇天祭
キリスト教の聖名祝日。
聖母マリアはイエスの死の後、使徒ヨハネの保護のもとに余生を送り、使徒たちに見守られながら亡くなった。遺体は使徒たちによって葬られたが、3日後使徒たちが棺を開いてみると遺体を包んだ布だけが残されており、使徒たちは聖母が天に昇ったことを信じたと言う。
※素堂忌
俳人・山口素堂[やまぐちそどう]の1716年の忌日。

<今日の誕生花
向日葵[ひまわり]言葉:光輝、偽りの富」モントブレチア(姫檜扇水仙)言葉:謙譲の美」
ヒマワリ(向日葵) モントブレチア

<歴史上の出来事
1057年ランファナンの戦いでスコットランド王マクベスが戦死。
1248年ケルン大聖堂が起工。完成まで600年。
1336年北朝の光明天皇が即位。再び南北朝分離へ。(新暦9月20日)
1543年フランシスコ・ザビエルらがパリでイエズス会を発足。
1567年織田信長が斎藤龍興の居城だった稲葉山城に移り岐阜城と改称。初めて「岐阜」の名が登場。(新暦9月17日)
1723年江戸幕府が江戸市中に火の見櫓の設置令を発布。(新暦9月14日)
1808年フェートン号事件。英軍艦フェートン号が長崎湾内に侵入し食料などを強要して退去。長崎奉行が引責自決。(新暦10月4日)
1869年明治政府が蝦夷地を「北海道」と改称する布告。(新暦9月20日)
1901年與謝野晶子の第一歌集『みだれ髪』が発刊。
1914年太平洋と大西洋をつなぐパナマ運河が開通。
1919年九州で暴風雨。海軍輸送船「志自岐丸」が種子島平山沖で沈没し111人死亡。
1929年嘆きの壁事件。シオニストの青年たちが嘆きの壁の前でイスラエル国歌を歌ったことによりイスラム教徒の感情を刺戟し、ユダヤ教徒とイスラム教徒が衝突。パレスチナ全土に拡大。
1940年立憲民政党が解党。
1945年皇居占拠事件。前日深夜、陸軍軍務局員の畑中健二少佐らが終戦阻止の為に近衛師団を動かし皇居と東京放送局を占拠。早朝鎮圧される。
1945年早朝、陸軍横浜警備隊長・佐々木武雄大尉が終戦阻止の為に横浜高工の学生らを率いて首相公邸・首相私邸・内大臣邸などを襲撃。
1945年正午、昭和天皇の「戦争終結の詔書」の放送(玉音放送)。
1945年鈴木貫太郎内閣が総辞職。
1946年第28回全国中等学校優勝野球大会開幕。戦時中中止されていた中等学校野球大会(後の高校野球)が再開。
1947年前日のパキスタンに続いてインドがイギリスから独立。
1947年GHQと政府の強力な監督の下で民間貿易が再開。
1948年大韓民国が成立。
1958年日教組が勤務評定に反対して全国スト。
1963年政府主催の第1回全国戦歿者追悼式を挙行。
1965年高田光政が日本人として初めてアイガー北壁に登頂成功。
1969年アメリカ・ニューヨーク州で、3日間にわたる大規模な野外ロックコンサート・ウッドストック・フェスティバルが開幕。
1971年アメリカが金とドルの交換停止などドル防衛策を発表。翌日からダウ平均が暴落しドル売りが殺到(ニクソンショック)。
1974年津川雅彦・朝丘雪路夫妻の生後5か月の長女・真由子が誘拐。翌日、犯人を逮捕し、人質を保護。
1974年朴正煕韓国大統領が狙撃され、大統領夫人が死亡。
1975年バングラデシュで軍事クーデター。ムジブル・ラフマン大統領が暗殺。
1975年三木武夫首相が私人として靖国神社に参拝。在任中の首相の終戦の日の参拝は戦後初。
1977年『愛のコリーダ』の著者・大島渚らがわいせつ文書図画販売で起訴。1979年に無罪判決。
1977年地球外知的生命体探査(CETI)で、オハイオ州立大の電波望遠鏡が特徴的な信号「Wow!シグナル」を受信。
1985年中曽根康弘首相ら閣僚17人が靖国神社を公式参拝。
1986年新自由クラブが解散。
1995年村山富市首相が、第二次大戦における日本の植民地支配と侵略を反省し謝罪する「村山談話」を発表。
2006年小泉純一郎首相が、総裁選での公約通り終戦の日に靖国神社に参拝。
2007年ペルー沖でM8.0の地震。死者510人。
2013年ドッコイセ福知山火大会屋台爆発事故が発生

<著名人の誕生日>
1769年ナポレオン1世(ナポレオン・ボナパルト) (仏:皇帝(第1帝政),軍人)[1821年5月5日]
1925年オスカー・ピーターソン (カナダ:ジャズピアニスト)[2007年12月23日]
1944年シルヴィ・ヴァルタン (仏:歌手)
1967年2代目市川猿弥[いちかわ・えんや2] (歌舞伎役者)
1972年ベン・アフレック (米:俳優)
1975年川口能活[かわぐち・よしかつ] (サッカー(GK))

<著名人の忌日>
1519年北條早雲(伊勢盛時)[ほうじょう・そううん] (武将,後北條氏の祖) <数え88歳>[1432年生]
1716年山口素堂[やまぐち・そどう] (俳人) <数え75歳>[1642年5月5日生]
1860年徳川齊昭(烈公)[とくがわ・なりあきら] (水戸藩主(9代),徳川慶喜の実父) <数え61歳>[1800年3月11日生]
1996年丸山眞男[まるやま・まさお] (政治学者,思想史家) <82歳>[1914年3月22日生]
2009年松林宗恵[まつばやし・しゅうえ] (映画監督) <89歳>[1920年7月7日生]

参加してるので、応援してもらえたら嬉しいです``r(^^;)ポリポリ
banner_22.gif 
 (↑ポチ)   (↑ポチ
拍手ボタンのポチポチお願いで~す。まり姫の励みになります、そして皆さんには笑顔をネ(*^^*ゞ
拍手ボタンを押すともっと見たくなりますよm(o´・ω・`o)mペコリン



拍手する

marihime

Author:marihime
歴史・平和・歌舞伎・花・
ひとり旅・お酒とボヤキが大好き!
ときどき病院通い(情けない)
自慢できるもの何もありません

こちらからリンクをさせていただいた方をのぞき、原則相互リンクとさせていただいていましたが、かなりの方が自主的にリンクを貼られています。
リンクを貼られている方は管理人までご連絡をよろしくお願いしますね。
拍手大好き人間ですから拍手ボタンを押していただけると、管理人は飛び上がって喜びますσ(゚ー^*)

なお、当ブログへコメントを寄せていただいた皆さまへのレスは省略させていただき、コメント返しは皆さまのブログに書きこませていただきますのでご了解くださいませ。
管理人への誹謗・中傷とも受け取られるようなコメントの書き込みは直ちに削除することもあります。
完全非公開をご希望の方は拍手コメントをご利用くださいませ。(URLのないコメントへのお返事はできません)

当ブログの記事、画像の無断使用及び転載等は厳禁とさせていただきます。


こちらのブログも見てね
⇓⇓⇓⇓
『花と史跡の写真館』

『まり姫のブログ』

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お好きな音楽や映画、歌手を検索してお楽しみくださいませ
Loading...
Loading...
developed by 遊ぶブログ
日本国憲法

世界人権宣言

今日の気分によってボタンを選んでください
平和と原発は相容れないもの。 すべての原発を廃炉にし、日本の将来を担う子どもたちの安全・安心を一日も早く確保しましょう!! 反核・平和な日本の実現を目指しましょう。
FC2のユーザーの皆さんから 募金を募り、義援金として支援を実施しています。 東北地方太平洋地震で被災された方々への支援を希望される方は 東北地方太平洋沖地震の募金について のページから、ご寄付をお願い致します。
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
すべての原発を廃炉にし、日本の将来を担う子どもたちの安全・安心を一日も早く確保しましょう!!
アシタカさんのブログパーツを使わせてもらっています
土岐陽子(まり姫)facebook
画像ポチでFBへ
おきてがみ

いつもありがとうございます!

-天気予報コム- -FC2-
ただいまコミュニティへの参加を募集中です。 現在7名にふえています。
信長と濃姫 主に東海地方の歴史や史跡などを訪れた報告や紹介を中心とし、足を延ばせる人は他地域のことも紹介するなど、歴史を楽しむコミュニティをめざします。 その他、地域情報や身の回りの近況等の紹介や愚痴などもOK。 年齢、性別、学歴、未婚、既婚いっさい関係なく楽しいブログ仲間になってほしいというのが管理人の願いです。