☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆&

美濃・尾張・近江・伊勢(まり姫の史跡めぐり&見たこと・聞いたこと!)

Category :  時事問題
tag :  写真 出来事 ぼやき
[安倍首相のやってるふり、実はやる気ゼロ]
コロナ第2波のさ中に「朝から晩まで自宅でくつろいだり銀座で著名人と会食する安倍首相」
さる7月19日、日本列島がコロナ危機の「第2波」に襲われている中、最近は国会出席どころか記者会見もろくに開かなくなっていた安倍首相が、なんと朝から晩まで終日自宅でのんびりくつろいでいました。27日もそうです。
第1波に続き、再び日本国民の健康や生命が脅威に晒されているさなか、全くやる気のない安倍首相、各種世論調査(産経、読売をのぞく)で軒並み支持率が下落して、国民からの批判の声は強まる一方なのに出てくるのが嫌なのか、マスメディアへの対応もぶら下がり質問さえまともに答えず逃げ続けています。新聞の首相動静(7月19日)を見て驚き\(◎o◎)/!
午前10時現在、東京・富ケ谷の私邸。朝の来客なし。
午前中は来客なく、私邸で過ごす。
午後も来客なく、私邸で過ごす。
午後10時現在、私邸。来客なし。
さらに、4連休の初日である23日、東京都の新規感染者数がついに366人を記録したことは周知のことです。22日も全国の新型コロナ新規感染者数は792人(厚労省発表。NHKまとめでは795人)となり、ついに過去最多を更新。さらに、大阪府や愛知県、福岡県、埼玉県などの新規感染者も過去最多となり、感染が全国で急拡大していることがはっきりとしました。しかし、こんな最悪のタイミングで、あろうことか安倍政権は「Go Toトラベル」を開始させたのです。
緊急事態宣言を発出した前よりも感染者数が増加し、国民から批判の声が続出するなかで人の移動を促す「Go Toトラベル」を見切り発車する──。新型コロナ対応として絶句するほかない状況にもかかかわらず、が、安倍首相は総理会見を開くこともなく、22日の記者団のぶら下がりでは「こういう機会に説明もさせていただいている」「西村経済再生担当大臣からも菅官房長官からもほぼ毎日説明している」と言い放ち、総理大臣としての説明責任を放棄しました。
感染症対策の陣頭指揮に立つべき人物が、無用な混乱と不安を招いておきながら、国民に直接説明することさえ投げ出すとは……ε-(´ω`●)
あまりにも無責任すぎて開いた口が塞がりません。
しかも、安倍首相はさらに信じられないような行動に出ました。
新型コロナ対策本部に出席したのち、そうそうと安倍首相は官邸をあとにし、銀座に直行し、高級ステーキ店で、なんと王貞治氏や杉良太郎氏らと会食を楽しんだのです。
時事通信の首相動静によれば、〈午後6時30分、東京・銀座のステーキ店「銀座ひらやま」着。自民党の二階俊博幹事長、林幹雄幹事長代理、元宿仁事務総長、プロ野球ソフトバンクの王貞治球団会長、俳優の杉良太郎氏、政治評論家の森田実氏、洋画家の絹谷幸二氏と会食。午後8時19分、同所発。午後8時45分、私邸着。〉
総理記者会見も開かず、国民・国会の前から逃げつづける一方で、銀座で球界・芸能界の有名人と会食する。産経新聞は〈王氏は東京五輪・パラリンピック組織委員会の理事を務めており、来年夏に延期となった東京五輪などについて意見交換したとみられる〉と伝えていますが、ここまで全国で感染が広がるなかで、内輪で会食をしながら五輪の話をしているような場合でしょうか。
さらに、政府は「夜の街」を連呼してホストクラブやキャバクラなどを目の敵にしていますが、実際には会食や飲み会でも感染は広がっており、政府の分科会のメンバーである舘田一博・日本感染症学会理事長も「特に東京は、接待を伴わない会食や通常の飲み会などでの感染が起きてきているので、今後、こうした場所での感染が増えてくるかどうかを注意深くみていかないといけない」(NHKニュース22日付)と警鐘を鳴らしています。専門家の警告に対し、感染を広げまいと不要不急の外出を自主的に自粛している国民は多いばずです。
にもかかわらず、安倍首相は21日にも高級フランス料理店「シェ松尾 松濤レストラン」で長谷川榮一首相補佐官ら側近たちと会食をおこない、その後も多人数での会食を再開させたのです。
これが一国の総理大臣のすることでしょうか。


[「森友」改ざん訴訟=真相語るのが安倍政権の責任]
「安倍首相、麻生大臣、私は真実が知りたいです」=自分の疑惑なのにそんなアホな(--〆)
国有地を不当な安値で払い下げた「森友学園」問題に関連し、公文書の改ざんなどを強いられて自殺した財務省近畿財務局の元職員・赤木俊夫さんの妻・雅子さんが、国と当時の理財局長・佐川宣寿氏に損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が開かれました。俊夫さんが残した遺書や手記には局長らから改ざんを指示されたことが生々しくつづられていますが、安倍晋三首相も麻生太郎財務相も再調査に応じません。初弁論での妻の叫びを、首相らは真剣に受け止めるべきです。
<国政私物化の象徴>
俊夫さんの自殺は、人事院によって「公務災害」と認定されました。しかし政府側は、なぜ俊夫さんが死に追い込まれていったのか十分説明しようとせず、資料も黒塗りのものしか出しません。雅子さんが損害賠償を求めて提訴したのは、誰のどのような指示で俊夫さんが改ざんを強制されたのか、真実を知りたいとの思いからです。
「森友」問題は2017年2月に発覚しました。国有地の不当な処分で、安倍首相や妻の昭恵氏の関与が浮かび上がりました。首相が「私や妻の昭恵が関係していれば、首相も国会議員も辞める」と国会で答弁したのを契機に、それに合わせて佐川局長らが国会で虚偽答弁を行い、公文書の廃棄・改ざんまで指示したとされる問題です。首相と理事長が親密な関係にあった「加計学園」の獣医学部開設や、「桜を見る会」への支持者の大量招待にもつながる安倍政権の国政私物化の象徴ともいえます。
世論の批判を浴びる中、財務省は18年6月に調査報告をまとめました。しかし、佐川局長が改ざんを方向づけたとはしたものの、「具体的な指示はなかった」とごまかし、監督責任がある麻生財務相も形式的な処分で済ませました。与党は、国会での再喚問にも応じていません。
雅子さんが今年3月、改ざんを強いられ18年3月に自殺した俊夫さんの手記などを公表し、新しい事実を明らかにして再調査を求めたのに対しても、安倍首相や麻生財務相は、財務省のこれまでの調査と「大きな乖離(かいり)はない」と言って、再調査に応えません。
雅子さんが再調査を求めて始めたインターネット署名は、35万人を超える賛同を得ました。市民団体が始めた佐川局長の証人喚問を要求する署名も13万人分を突破しました。世論調査でも、「再調査が必要」は7割以上です。
安倍政権が再調査さえ拒否するのは、最愛の夫を亡くし、訴訟にも踏み切った妻の気持ちを踏みにじるだけでなく、国民世論にも逆らうものです。人の命は何よりも重いと考えるのなら、安倍政権は直ちに再調査し、国民の前に真相を明らかにすべきです。
<妻の叫びに向き合え>
雅子さんが初弁論で、安倍首相や昭恵氏、麻生財務相らの名前を挙げ、真相を明かしてほしいと訴えたのは、「私の雇い主は日本国民」といっていた夫の遺志を継ぎ、まじめに働く人が二度と悲劇にあってほしくないという強い願いからです。
再調査は政権に求められる最低限の責任です。夫を理不尽な死で奪われた遺族をはじめ国民の声に背を向け続ける政治家には、政権を担う資格はありません。


藤井聡太新棋聖、AIを超える能力と、ひらめき加わり“異次元の強さ
規制戦後の新しい覚悟を披露

2020-7-16藤井規制
最年少で将棋の初タイトルを獲得し新棋聖になった藤井聡太さん
高校生棋士で後手の藤井聡太七段(17)が、「現役最強」と評される渡辺明棋聖(36)=棋王・王将=を下し、3勝1敗で初タイトルの棋聖位を獲得。17歳11カ月で史上最年少タイトル獲得の記録を30年ぶりに更新した。
藤井新棋聖の最年少タイトル獲得は、人工知能(AI)と切磋琢磨してきた結果でもあった。かつてアマレベルだった将棋ソフトが、ここ20年ほどでトップ棋士をもしのぐほどに進化。新棋聖も研究に取り入れ、「ソフトの読み筋の評価値を見て、自分の考えと照らし合わせるという使い方が多い」と明かしている。
将棋ソフトは対戦相手を務めたり、ある局面での有力な一手を示したりする機能を持つ。過去の膨大な棋譜データに基づいて「評価値」と呼ばれる値で、どちらの形勢が有利なのかを表現。駒の損得や駒の働き、玉の安全度などから総合的に判断される。藤井新棋聖は序盤が上達しないという課題を克服するために、中学1年時から自宅のパソコンで使い始めた。

2020-7-16藤井颯太
高校生棋士で後手の藤井聡太七段(17)が、「現役最強」と評される渡辺明棋聖(36)=棋王・王将=を下し、3勝1敗で初タイトルの棋聖位を獲得。17歳11カ月で史上最年少タイトル獲得の記録を30年ぶりに更新した。
藤井新棋聖の最年少タイトル獲得は、人工知能(AI)と切磋琢磨してきた結果でもあった。かつてアマレベルだった将棋ソフトが、ここ20年ほどでトップ棋士をもしのぐほどに進化。新棋聖も研究に取り入れ、「ソフトの読み筋の評価値を見て、自分の考えと照らし合わせるという使い方が多い」と明かしている。
将棋ソフトは対戦相手を務めたり、ある局面での有力な一手を示したりする機能を持つ。過去の膨大な棋譜データに基づいて「評価値」と呼ばれる値で、どちらの形勢が有利なのかを表現。駒の損得や駒の働き、玉の安全度などから総合的に判断される。藤井新棋聖は序盤が上達しないという課題を克服するために、中学1年時から自宅のパソコンで使い始めた。
“世界最強”とされる将棋ソフト「水匠」の開発者で、弁護士の杉村達也氏(33)は「(藤井新棋聖が)序盤から柔軟に対応しているのは、AIと指していることが大きい」と分析。その上で「中盤から終盤では未知の局面が出てくる。そこは藤井さんの才能というか努力。大局観や読み以外のものもある」。AIにはない流れや対局の空気、ひらめきなどが加わり“異次元の手”につながっているという。
藤井新棋聖も「ソフトを活用することで、より自分自身が成長できる可能性がある」。AIと共存する新時代の将棋界を切り開いていく。


[我が家の暴走ニャンコ  レノン]
KIMG0086.jpg

KIMG0087.jpg

KIMG0088.jpg

KIMG0089.jpg

参加してるので、応援してもらえたら嬉しいです``r(^^;)ポリポリ
banner_22.gif 
 (↑ポチ)   (↑ポチ
拍手ボタンのポチポチお願いで~す。まり姫の励みになります、そして皆さんには笑顔をネ(*^^*ゞ
拍手ボタンを押すともっと見たくなりますよm(o´・ω・`o)mペコリン
スポンサーサイト




拍手する

テーマ:あれこれ - ジャンル:学問・文化・芸術

Category :  あれこれ
tag :  写真 ぼやき
[購読紙朝刊コラムから]
私たち市民が真剣に考えるべきことが、某新聞のコラムに掲載されていました。全文を掲載して皆さんに考えていただきたい思います。
ー以下コラム全文ー
古来日本の文化とは川の文化でもありました。川の水を治め地を養い、米をつくる。人や物を運ぶ。個々の川には、その土地の歴史が刻みつけられています。
この国の川は急流で短い。降った雨は洪水流となって一気に海へ突っ走り、あとはたちまち乾いてしまう。その暴れ川の氾濫原に土地利用をもとめてきたのが日本人であった―。『水の文化史』を著した富山和子さんは、昔から水害は宿命的で治水が最大の課題だったと説いています。しかしいま、魔物のように荒れ狂い、各地で人びとや町をのみ込んでいく姿は、もはや治めることができないほど激しい。数十年に一度、経験したことのない豪雨がくり返される現実は、川とのつきあい方さえ変えてしまいます。
北極圏に位置するシベリアの町で40度近い気温が記録されるなど、地球全体が警報を鳴らす時代。温暖化を抑え、異常なありさまを元に戻す責任もまた、人類に問われています。
「どんな試練なのか…」。一夜にして生活のすべてを失い、途方に暮れる被災者がもらしていました。コロナ禍に水害。列島の至るところで、命とくらしを脅かす危機があるいまこそ、政治が役割を果たすとき。ところが、ときの政府は自利ばかりを追い、疑惑にまみれ、人心や社会を沈ませています。
文化とはゆとりである、そう富山さんは呼びかけます。「先祖たちが培ってきたそのゆとりを現代の私たちが取り戻せるかどうかが、いま自然からも歴史からも、試されているように思えてならない」
ー以上ー
人類の見境のない地球破壊によって環境の激変が進み、世界人類が経験したことがない気候変動が今や確実に急変しています。後世に穏やかな地球環境をわずかでも残せるのは我々現代に生きる者の責任です。
残せるものは再生可能エネルギーの圧倒的シェアを拡大するとともに、化石燃料煮たよね石炭火力発電の完全廃止と、原発ゼロの身です。
この課題に我々日本人がどれだけ真摯に取り組むかにかかっているでしょう。


[ダンボール箱には目がないやんちゃ猫レノン]
中身が空っぽになるのを今か今かと待っていて、空っぽになった瞬間飛び込んだ~!!
ちょっと顔出し~

KIMG0081.jpg
カメラを見たら何気にカメラ目線(〃^∇^)o_彡☆
KIMG0085.jpg
ゴマすりはもういいだろうにゃっ
KIMG0080.jpg

[岐阜県関市平成(へなり)地区にある道の駅平成(へいせい)]
道の駅はへいせいっていうんだ。紛らわしい(--〆)
KIMG0076.jpg
建物屋内で平成記念切符が売られています。
レストランもありますが味は個人差があり保障できませんε-(´・_・`)ハァ・・

DSC03746_202007092100143c3.jpg
歴史文化財展示室のレプリカ
KIMG0075.jpg

参加してるので、応援してもらえたら嬉しいです``r(^^;)ポリポリ
banner_22.gif 
 (↑ポチ)   (↑ポチ
拍手ボタンのポチポチお願いで~す。まり姫の励みになります、そして皆さんには笑顔をネ(*^^*ゞ
拍手ボタンを押すともっと見たくなりますよm(o´・ω・`o)mペコリン


拍手する

テーマ:あれこれ - ジャンル:学問・文化・芸術

Category :  あれこれ
tag :  写真 おもうこと ぼやき
気がつけば、いつの間にか師走を迎え日々寒気が日本列島を脅かす日がやってきています。
師走は何かと気忙しいと言われていますが、今年の師走は例年と違い、民主主義にかかわる重大な問題が表面化しました。
私たち有権者が憂慮すべき事態が頻発しているのです。
安倍晋三政権と与党、日本維新の会は何としてもうやむやにして公文書破棄、隠蔽、改ざんとまさに証拠隠滅には手段を選ばない前代未聞の疑惑隠しに躍起になっています。
公金である国民の税金であてている予算を大幅にオーバーして、自らが招待した「桜を見る会」に自分の選挙区の後援会員を出席させたことも何ら反省せず、立憲野党が要求している予算委員会の集中審議さえ自公の与党に拒否させ、またまた「モリ・カケ疑惑」のようにうやむやに済ませたいのか。
メテデイアに露出している自称コメンテーターと称する人たちは、「『桜を見る会』のことより、ほかにやるべきことがある」と立憲野党への攻撃・批判とも受け取られる声を大きくしつつありますが、これは本末転倒の安倍政権擁護姿勢にほかなりません。
いま、日本の政治が民主主義破壊・嘘とごまかし、改ざん、隠蔽、憲法破壊、官僚の忖度による真実を覆い隠す悪政がまかりとおろうとしています。
国民の負担した税金がごく一部の人たちの食い物にされ、その使い道さえ不明なまま「なかったことに」されてはたまりません。
日本国憲法をないがしろにし続けた戦後最悪いや史上最悪内閣である安倍自公政権を一刻も早く退陣に追い込まなければ私たちが生きる日本国はお先真っ暗です。すでに安倍自公政権によって10月から強行された消費税の大増税により、国民の消費支出が大幅に落ち込み、日本経済はガタガタになり前回増税時を上回る景気の悪化となり、このままでは日本経済の底が抜けてしまう可能性が見えてきました。
また、安倍政権は国際社会では核兵器廃絶・気候変動問題などあらゆる面で現在国際社会から嘲笑され、バカにされていることさえ自覚していません。
国民無視を続けるこんな政権はもうおしまいにしようではありませんか。
安倍暗黒政治から脱する真の日本の夜明けを我々有権者が自らの手で勝ち取るためには、まずは有権者が声をあげ、一人一人が街頭に出て声を上げることです。日本全国津々浦々、大都市だけでなく地方都市でも国民に不幸しか味わせない安倍政治を終らせるべく街頭に出て、「安倍首相は退陣せよ!!」の声を結集することではないでしょうか。
中国政府の脅しにも屈しない香港市民ややフランス市民をはじめとする欧州各国にできて日本の国民にできぬはずがありません。
我々有権者はいまこそ怒りの一歩を踏み出す時でしょう。


さる11月に墓参りに出かけた際のせせらぎ街道の紅葉
2019-11-5 せせらぎ街道 
2019-11-5 せせらぎ街道2
2019-11-5 せせらぎ街道3
2019-11-5 せせらぎ街道8
2019-11-5 せせらぎ街道9
2019-11-5 せせらぎ街道10
2019-11-5 せせらぎ街道13
2019-11-5 せせらぎ街道23

唯一の戦争による核兵器被爆国の日本にとってぜひとも受け止めるべきと思いローマ・カトリック教会のフセンシスコ教皇のメッセージを掲載します。

[核兵器の非人道性を説き、長崎・広島を訪れたローマ教皇による長崎におけるメッセージ全文]

ローマ教皇「核兵器についてのメッセージ」(全文)

ローマ・カトリック教会のフランシスコ教皇(82)が24日、長崎市の爆心地公園でおこなったスピーチ「核兵器についてのメッセージ」は次のとおりです。

愛する兄弟姉妹の皆さん。
この場所は、わたしたち人間が過ちを犯しうる存在であるということを、悲しみと恐れとともに意識させてくれます。近年、浦上教会で見いだされた被爆十字架とマリア像は、被爆なさったかたとそのご家族が生身の身体に受けられた筆舌に尽くしがたい苦しみを、あらためて思い起こさせてくれます。
人の心にあるもっとも深い望みの一つは、平和と安定への望みです。核兵器や大量破壊兵器を所有することは、この望みへの最良のこたえではありません。それどころか、この望みをたえず試みにさらすことになるのです。わたしたちの世界は、手に負えない分裂の中にあります。それは、恐怖と相互不信を土台とした偽りの確かさの上に平和と安全を築き、確かなものにしようという解決策です。人と人の関係をむしばみ、相互の対話を阻んでしまうものです。
国際的な平和と安定は、相互破壊への不安や、壊滅の脅威を土台とした、どんな企てとも相いれないものです。むしろ、現在と未来のすべての人類家族が共有する相互尊重と奉仕への協力と連帯という、世界的な倫理によってのみ実現可能となります。
ここは、核兵器が人道的にも環境にも悲劇的な結末をもたらすことの証人である町です。そして、軍備拡張競争に反対する声は、小さくともつねに上がっています。軍備拡張競争は、貴重な資源の無駄遣いです。本来それは、人々の全人的発展と自然環境の保全に使われるべきものです。今日の世界では、何百万という子どもや家族が、人間以下の生活を強いられています。しかし、武器の製造、改良、維持、商いに財が費やされ、築かれ、日ごと武器は、いっそう破壊的になっています。これらは途方もないテロ行為です。
核兵器から解放された平和な世界。それは、あらゆる場所で、数え切れないほどの人が熱望していることです。この理想を実現するには、すべての人の参加が必要です。個々人、宗教団体、市民社会、核兵器保有国も、非保有国も、軍隊も民間も、国際機関もそうです。核兵器の脅威に対しては、一致団結して応じなくてはなりません。それは、現今の世界を覆う不信の流れを打ち壊す、困難ながらも堅固な構造を土台とした、相互の信頼に基づくものです。1963年に聖ヨハネ23世教皇は、回勅『地上の平和(パーチェム・イン・テリス)』で核兵器の禁止を世界に訴えていますが(112番[邦訳60番]参照)、そこではこう断言してもいます。「軍備の均衡が平和の条件であるという理解を、真の平和は相互の信頼の上にしか構築できないという原則に置き換える必要があります」(113番[邦訳61番])
今、拡大しつつある、相互不信の流れを壊さなくてはなりません。相互不信によって、兵器使用を制限する国際的な枠組みが崩壊する危険があるのです。わたしたちは、多国間主義の衰退を目の当たりにしています。それは、兵器の技術革新にあってさらに危険なことです。この指摘は、相互の結びつきを特徴とする現今の情勢から見ると的を射ていないように見えるかもしれませんが、あらゆる国の指導者が緊急に注意を払うだけでなく、力を注ぎ込むべき点なのです。
カトリック教会としては、人々と国家間の平和の実現に向けて不退転の決意を固めています。それは、神に対し、そしてこの地上のあらゆる人に対する責務なのです。核兵器禁止条約を含め、核軍縮と核不拡散に関する主要な国際的な法的原則に則(のっと)り、飽くことなく、迅速に行動し、訴えていくことでしょう。昨年の7月、日本司教協議会は、核兵器廃絶の呼びかけを行いました。また、日本の教会では毎年8月に、平和に向けた10日間の平和旬間を行っています。どうか、祈り、一致の促進の飽くなき探求、対話への粘り強い招きが、わたしたちが信を置く「武器」でありますように。また、平和を真に保証する、正義と連帯のある世界を築く取り組みを鼓舞するものとなりますように。
核兵器のない世界が可能であり必要であるという確信をもって、政治をつかさどる指導者の皆さんにお願いします。核兵器は、今日の国際的また国家の、安全保障への脅威からわたしたちを守ってくれるものではない、そう心に刻んでください。人道的および環境の観点から、核兵器の使用がもたらす壊滅的な破壊を考えなくてはなりません。核の理論によって促される、恐れ、不信、敵意の増幅を止めなければなりません。今の地球の状態から見ると、その資源がどのように使われるのかを真剣に考察することが必要です。複雑で困難な持続可能な開発のための2030アジェンダの達成、すなわち人類の全人的発展という目的を達成するためにも、真剣に考察しなくてはなりません。1964年に、すでに教皇聖パウロ6世は、防衛費の一部から世界基金を創設し、貧しい人々の援助に充てることを提案しています(「ムンバイでの報道記者へのスピーチ(1964年12月4日)」。回勅『ポプロールム・プログレッシオ(1967年3月26日)』参照)。
こういったことすべてのために、信頼関係と相互の発展とを確かなものとするための構造を作り上げ、状況に対応できる指導者たちの協力を得ることが、きわめて重要です。責務には、わたしたち皆がかかわっていますし、全員が必要とされています。今日、わたしたちが心を痛めている何百万という人の苦しみに、無関心でいてよい人はいません。傷の痛みに叫ぶ兄弟の声に耳を塞(ふさ)いでよい人はどこにもいません。対話することのできない文化による破滅を前に目を閉ざしてよい人はどこにもいません。
心を改めることができるよう、また、いのちの文化、ゆるしの文化、兄弟愛の文化が勝利を収めるよう、毎日心を一つにして祈ってくださるようお願いします。共通の目的地を目指す中で、相互の違いを認め保証する兄弟愛です。
ここにおられる皆さんの中には、カトリック信者でないかたもおられることでしょう。でも、アッシジの聖フランシスコに由来する平和を求める祈りは、わたしたち全員の祈りとなると確信しています。
主よ、わたしをあなたの平和の道具としてください。

憎しみがあるところに愛を、
いさかいがあるところにゆるしを、
疑いのあるところに信仰を、
絶望があるところに希望を、
闇に光を、

悲しみあるところに喜びをもたらすものとしてください。
記憶にとどめるこの場所、それはわたしたちをハッとさせ、無関心でいることを許さないだけでなく、神にもっと信頼を寄せるしてくれます。また、わたしたちが真の平和の道具となって働くよう勧めてくれています。過去と同じ過ちを犯さないためにも勧めているのです。
皆さんとご家族、そして、全国民が、繁栄と社会の和の恵みを享受できますようお祈りいたします。

参加してるので、応援してもらえたら嬉しいです``r(^^;)ポリポリ
banner_22.gif 
 (↑ポチ)   (↑ポチ
拍手ボタンのポチポチお願いで~す。まり姫の励みになります、そして皆さんには笑顔をネ(*^^*ゞ
拍手ボタンを押すともっと見たくなりますよm(o´・ω・`o)mペコリン


拍手する

テーマ:ひとりごと - ジャンル:学問・文化・芸術

Category :  ぼやき
tag :  写真 史跡めぐり ぼやき
前回更新時からはや一か月、この間亡き姪の遺品の整理も順調に進み、姪の自宅の処分も終わりました。
姪が借りていた借家については交通の利便さもあり、知人が引き継いで借りることになり姪の遺品もそっくり引き取っていただきました。
姪の遺灰は遺言通り故郷高山の大八賀川に流し、一部を私の実兄夫婦が眠っている墓に入れ親子が一緒に過ごせるようにいたしました。
これで少しは姪も安心したと思います。
さて、姪のブログについて今後どうするかでございますが、姪はこのブログを開設するにあたって、過去にブログを書いていた時にストーカー被害に遭ったことから私のメールアドレスを貸してほしいと言ってきて、男名義でブログを開設するほど警戒していました
のでメールアドレスの使用を了解した経緯もあり、姪のハンドルネームと私のハンドルネームを表記して今後も継続させていただこうと考えております。
ただ、姪のように毎日更新するほどのエネルギーはとてもございませんので、肉体的・精神的に余裕があるときに更新をさせていただくということでご容赦をいただければありがたいと思います。
何せ老老介護に追われる毎日で、心が休まる日がなかなかございませんので・・・・・(^^ゞ


少し前に認知症の家族をショートステイに預け、気晴らしに石田光成の策謀により自害に追い込まれた豊臣秀次が築いた近江八幡市を訪れました。
滋賀県は街並み保存に力を入れており、豊臣秀次の善政の象徴である街並みや水路が現在も残っておりました。
八幡城跡にも行きたかったのですが、ロープウエー代を払うのが惜しくてやめました。

映画、テレビ時代劇でよく使われる水路
DSC03724_20191106202023b09.jpg
遊覧船
DSC03726_20191106202024fd1.jpg
同じような遊覧船が三艘水路に
DSC03727.jpg
近江八幡街並み
KIMG0052.jpg
KIMG0053.jpg
DSC03720_20191106202023255.jpg
KIMG00512.jpg

さる10月31日、今年も東京渋谷スクランブル交差点や名古屋栄父区でハロウインの本来の意味も知らず、ニュースもまともに見ていない無知なバカ連中がバカ騒ぎをして、近隣住民に大迷惑行為を引き起こしたことはマスメディアでもとり上げられましたなあ。
マスメディアと利益追求のみに走っている利害関係者が煽り、それに悪乗りして報道をエスカレートさせているテレビ各局にも問題がありますが、日本社会の異常さに気づかないバカな若者たちをもてはやすような報道そのものに日本のマスメディアの劣化がこれほど進んでしまったことを嘆かざるを得ない時代に突き進んでいるように見えてしまうのは私のような頑固おやじの僻みか。
また、メロンやカニの次はマンゴーやトウモロコシを有権者にばら撒いたことが週刊誌報道で露見し、わずか一週間で二人の主要閣僚が説明責任も果たさず辞任しましたが、せっかくの贈り物も選挙のための買収行為に使われては台無しです。贈る方も、受け取る方も、どこか後ろめたいはずでないですかね~。
菅原経産相につづいて有権者に贈った疑いで辞任した河井法相。しかも先の参院選で初当選した妻・案里氏の事務所が何人もの運動員に法の規定を上回る報酬を支払っていた疑いまで。報じた週刊誌の記事は違反を隠すため2枚に分けられた領収書の写真まで添えているのに~。
法の番人が法破りの疑惑にまみれる腐敗ぶりはもちろん、このわずか1週間で2人の主要閣僚が不祥事で辞める異常さはなんぞや(嘆かわしい)。
そのうえ、萩生田文科相の「身の丈」発言や河野防衛相の「雨男」発言をはじめ、閣僚どころか国会議員の資格さえ問われる事態が次々と露呈しましたなあ。
出所が怪しい金品で票を買う。受験生を差別して開き直る。自身の金集めの場で自ら「根雨男」と称し台風被害に苦しむ被災者の感情を逆なでする。そこからみえてくるのは、国民に対してどこまでも不誠実なこの政権(安倍のバカとかという人もいる)の姿です。
側近を集めた安倍首相が、みずからの野望のために「適材適所」に配置した内閣改造から、わずか1カ月半余り。「任命責任」はいつも口先だけのポーズで、安倍首相自身の説明責任も果たしておらん。その無責任さとおごりが全体にまん延しておるわ!!!(激-`ェ´-怒)
政治家として、人として、やってはならない、言ってはいけないことを誰はばからず平然と言い募る。法律や道徳の規範を破り、人びとの痛みも感じとれない。
こんな身勝手な連中を、いつまでも政治の中心に居座らせていては、国民は救われず日本社会がこわれてしまうのではないですかな(--〆)

参加してるので、応援してもらえたら嬉しいです``r(^^;)ポリポリ
banner_22.gif 
 (↑ポチ)   (↑ポチ
拍手ボタンのポチポチお願いで~す。まり姫の励みになります、そして皆さんには笑顔をネ(*^^*ゞ
拍手ボタンを押すともっと見たくなりますよm(o´・ω・`o)mペコリン

拍手する
皆さまにご心配をいただいているここ数日間ですが、4月4日以降に皆さまにご挨拶できるひがやってきそうです。
今回のことについてご報告を控えさせていただいておりますが、4月4日の記事更新に於いて事情の詳細を報告させていただく予定でおります。
あと少しですがよろしくお願い申し上げます(^_-)-☆



[センバツベスト4決定]
第91回選抜高校野球大会は31日、甲子園球場でし準々決勝が行われ、習志野高校、大分明峰高校、東邦高校、尼崎商業高校といずれも実力校が勝ち進みました。
4校とも好投手を擁し強力打線で勝ち進んできましたが、投手力では東邦高校、明石商業高校が一つ図抜けていると言われていますが、高校野球は何が起こるかわからないところに面白さがあるでしょうね。
今日の準決勝を見事勝ちあがるチームは果たしてどこか・・・・・・・・
東邦高校はいわゆる平成最初の優勝校であり、最後の年も優勝することを目標にしているとか。
何よりも注目されるのは、4校のうち2校が公立高校です。
どこが勝ちあがるにしても頑張ってほしいですねσ(゚ー^*) ソメ
おまけでプロ野球も開幕しましたが、贔屓チームの勝敗に一喜一憂されている方もあるでしょうね。
皆さんの今シーズンの予想はいかがでしょうか(^_-)-☆


採れたてのソメイヨシノ
IMG_0032_201804012302530e9.jpg


[新元号を決定したものの??]
昨日1日に新元号が発表されました。大化以来、これまで中国の古典から引用されてきたものが、改憲を狙う安倍首相の執念もあり、初めて万葉集から引用され「令和」に決定しました。
この間、あらゆるメディアが連日のように元号予想やアンケートを実施するなど、元号狂騒曲ともやゆしたくなるような異常な報道ぶりが続きました。
しかも、昨日の新元号発表に向けた、NHKをはじめ各局が大型特番を組んでまでの熱の入れようは尋常ではありませんでした。
NHKは朝の連続テレビ小説終了後の8時15分から3時間に及ぶ大型特番の放送を行いました。
しかもスタジオ解説者に、宮内庁担当だけでなく、よりにもよって安倍首相御用記者と言われている岩田明子氏まで起用する始末です。
まさに「安倍様のNHK」そのものでした。
ちなみにテレビ朝日(『羽鳥慎一モーニングショー』(でも、前御用ジャーナリスト・田崎史郎氏が解説、大下容子ワイド!スクランブル)、TBS(ビビット、JNN報道特別番組、ひるおび、ゴゴスマ!など)、日本テレビ(スッキリ、EVREY特別版、ヒルナンデス、ミヤネ屋)、フジテレビ(トクダネ!、列島縦断LIVE、バイキング、直撃ライブグッデイ超速報!)という過熱ぶりはどうみても異常としか思えません。
ただ1社、わが道を行くはテレビ東京だけというお粗末ぶりでした。
前回の元号発表時と比べれば一目瞭然、誰しもがおかしいと普通の感覚なら思わずにいられないはずですが、マスメディアの報道にならされてしまった人たちはこの異常さに気づかないままです。
今回の新元号の報道ぶりはまったく異常で、マスメデイアが一切報じなかった本質的な問題を指摘する声が聞けなかったのは日本の国の行く末に不安を感じずにはいられません。
現実的に考えて、元号は非常に不合理なものです。
日本の官公庁や公的機関の書類は、なぜか元号表記であり、公的には元号使用が強制されていますが、この元号は国際社会にはまったく通用しないうえ、日本国内でも西暦が完全に定着し、国民生活では西暦が中心になっています。そのため、ことあるごとに元号表記を西暦に、あるいは西暦を元号に換算する必要が出てきます。
しかも、いちばんの働き頭と目される40代の人からは元号はまったく支持されていません。要するに面倒で仕事にも役に立たないということです。
そもそもこの元号制度は、明治以降に絶対主義的天皇制のイデオローグとして活用されたもので、第二次世界大戦での敗戦で、その法的根拠を完全に失ったものです。実際に日本国憲法下の皇室典範には元号の定めは抹消されました。法的根拠も失ったものが何故ゾンビのようにまた出てきたのでしょうか。戦後の国際化の流れのなかで、「元号を使うのはもうやめて西暦に統一しようではないか」という廃止論も盛り上がったにもかかわらずです。
日本社会の元号不要という流れに強い危機感を抱き、元号の法制化に邁進したのが、いまの改憲右翼団体「日本会議」に繋がる宗教右派・極右運動家たちでした。現実に右翼保守派の猛烈な巻き返しで、元号は1979年施行の元号法によって法的な地位を得ていますが、これは彼ら極右団体の言う「成果」であり、「日本会議」前史における大きな「成功体験」だとしてその後の改憲策動につながっています。
ちなみに1997年結成の「日本会議」は、生長の家や神社本庁などの宗教右派が実質的に集結した「日本を守る会」(1974年結成)と「日本を守る国民会議」(1981年結成)が合わさって生まれたものです。後者はもともと、この元号法制化運動のための「元号法制化実現国民会議」が前身です。そして、これらの団体の実働部隊が、現在でも「日本会議」の中心にいる右翼団体・日本青年協議会(日青協)です。そこに何故か韓国系の霊感商法で悪名高い統一教会(現世界平和統一家庭連合)が実働部隊として入っていることを私たちは知るべきでしょう。
さらに自民党国会議員の多くが「日本会議国会議員懇談会」に加入していることも見落としてはならない重大問題です。
新元号発表に名を借りた国民洗脳策動に私たち国民がのせられてしまったら、いつか来た道に逆戻りしかねないことを認識すべきです。
わたしは元号は、もともとは中国に由来するもので、「君主が空間だけでなく時間まで支配する」という思想に基づくものであり、それは日本国憲法の国民主権の原則になじまないものだと考えています。
しかし、国民が元号を慣習的に使用することに反対するものではありません。
同時に、西暦か元号か、いかなる紀年法を用いるかは、自由な国民自身の選択にゆだねられるべきであって、国による使用の強制には強く反対するものです。
政府は、これまでも「一般国民にまで(元号の)使用を強制することにはならない」ことを「政府統一見解」として明らかにしています。
この立場を厳格に守ることを、あらためて強く求めるのです。

[今日の音楽]
ABBA - Knowing Me, Knowing You


[今日のお気に入り写真](画像クリックで拡大)
ソメイヨシノ
IMG_0033_20180401233022c63.jpg
IMG_0035_201804012330212f3.jpg

[歴史に残る名言]
<ヴォルテールの名言
「現在から、未来は生まれ落ちる。」
ヴォルテール(ボルテール)(18世紀フランスの小説家・劇作家・思想家、1694~1778)


[今日は何の日?]
<今日のトップニュース>
※改正入管法、課題残し施行へ 外国人就労拡大、最大34万人
外国人労働者の受け入れを拡大する新制度を盛り込んだ改正入管難民法が4月1日、施行された。新制度の中心を担う出入国在留管理庁も同日発足。在留資格「特定技能1号」「同2号」を創設し、政府は5年間で最大約34万5千人の受け入れを見込む。高度専門職に限っていた従来施策の大きな転換となる。ただ改正法成立から4カ月弱しかたっておらず、外国人向けの相談窓口設置や送り出し国との協力態勢などの準備は遅れており、課題を残しての船出となった。
在留資格「1号」は一定技能が必要な業務に、「2号」は熟練技能が必要な業務に就く。当面「1号」を、建設など14業種を対象に受け入れる。(共同)2019年4月1日【出典:中日新聞】

<ちょっと前のトップニュース>
※安倍首相の放送法撤廃はやはり政権擁護フェイク番組の量産が目的! 官邸の推進会議委員に「ニュース女子」出演者が3人
なんとわかりやすい“圧力”だろう──。政治的公平を義務づける放送法4条をはじめ、外資規制、番組審議会の設置などの規制撤廃を盛り込んだ放送制度改革の方針案を、安倍政権が打ち出そうとしている件だ。
この放送制度改革では放送の規制を全廃する方針だといい、もし実施されれば、インターネットテレビなどによる放送事業への新規参入が促されることになる。そのため、すでに民放テレビ局のトップたちが相次いで批判の声をあげているが、いま、この改革案を安倍首相がもち出したのは、民放に対する恫喝であることはあきらかだ。
これまでも安倍政権は電波の利用権を競争入札にかける電波オークションの導入をちらつかせてきたが、ここにきて放送改革の話が急に進んだのは、森友文書改ざん問題に対する報道を牽制するためだ。
事実、朝日新聞が改ざんのスクープを報じた3月2日と同じ日の夜、安倍首相は『BSフジLIVE プライムニュース』(BSフジ)の放送10周年を祝う集いに出席し、「電波、通信の大改革を行いたい。大競争時代に入り、ネットや地上波が競合していく」と挨拶。祝辞のなかで、わざわざ電波改革に言及したのである。そのタイミングから考えて、暗にテレビ局に対し“改ざん問題の後追い報道をすればどうなるのか”と警告を与えたようなものだ。
さらに、15日に共同通信が放送法4条の撤廃を政府が検討していることをスクープしたが、20日の参院総務委員会で放送を所管する総務省の大臣・野田聖子氏は「私自身はまだ何も承知していない」「(安倍首相からの指示は)「きょうまで何もない」と答弁。安倍官邸による独走で一気に動きはじめた疑いが濃厚なのだ。
しかし、今回の放送法4条の撤廃の問題はそれだけではない。最大の問題は、安倍政権が露骨な政権擁護番組を地上波で放送できることを狙ってこの方針を打ち出したことだ。
これまで安倍政権は、むしろ放送法4条を盾にして、テレビ報道に圧力をかけてきた。たとえば、2014年11月には、『NEWS23』(TBS)内で生出演していた安倍晋三首相がアベノミクスに懐疑的な声をあげる街頭インタビューについて「意見を意図的に選んでいる」と声を荒げて批判。その直後に自民党はテレビ局に公正・中立報道を求める文書を送りつけている。さらに、『報道ステーション』(テレビ朝日)でコメンテーターの古賀茂明氏が「(官邸に)バッシングを受けた」と述べた際も、菅義偉官房長官は「放送法がある以上、事実に反する放送をしちゃいけない」と発言。自民党の情報通信戦略調査会はテレビ朝日の経営幹部を呼びつけ、事情聴取までおこなった。
それが一転、圧力の道具にしてきた放送法4条の撤廃を打ち出す。──これは「政治的公平」で番組内容にケチをつける方法ではなく、政治的に振り切って政権擁護をおこなう番組を増やそう、という方針に転換したからだ。つまり、安倍応援団が勢揃いして政権を擁護しまくるDHCテレビ制作の『ニュース女子』や『真相深入り!虎ノ門ニュース』などのような番組を地上波でガンガン放送させようというわけだ。
長谷川幸洋、飯田泰之、原英史が放送法の「規制改革推進会議」メンバーに
「まさか、そこまで露骨なことは考えないだろう」……そういう人もいるかもしれない。しかし、これが被害妄想でないことは、官邸で安倍首相のもと、この放送法撤廃を議論しているメンバーを見れば、わかってもらえるだろう。
今回の放送制度改革案は「規制改革推進会議」が取りまとめをおこない、6月にも安倍首相に答申する予定なのだが、この「規制改革推進会議」のメンバーに、あの『ニュース女子』出演者が3人も含まれているのである。
それは、『ニュース女子』司会である長谷川幸洋・東京新聞論説委員に、同番組の準レギュラーで、文書改ざん問題では朝日批判を展開していた経済学者の飯田泰之氏、同じく準レギュラーである、加計学園問題では国家戦略特区ワーキンググループ委員として「議事録はすべて公開されている」と虚偽の主張を繰り広げていた政策コンサルタントの原英史氏の3名だ。
言わずもがな、『ニュース女子』といえば、昨年1月に沖縄ヘイトデマを垂れ流し、BPO(放送倫理・番組向上機構)の放送倫理委員会は「重大な放送倫理違反」と指摘。今月8日には放送人権委員会も、市民団体「のりこえねっと」共同代表である辛淑玉氏に対して「名誉毀損の人権侵害があった」とし、判断としてはもっとも重い「勧告」を出したばかり。批判の高まりもあり、TOKYO MXをはじめとして番組の放送中止を決定する地方局が相次いでいるが、DHCという巨大な資本をバックに、番組はいまなおデマやヘイトを流したことへの謝罪は一切ないまま継続されている。
そして、司会の長谷川氏はもちろんのこと、飯田氏も原氏も、まったく事実に基づかないデマや人権を犯す放送がおこなわれた以降も、この番組に疑問を呈することなく、平気な顔で出演しつづけているのだ。──このような者たちが放送制度改革案を取りまとめるというのだから、それが安倍首相の意向を反映させたものになるのは必至だろう。
しかも、同会議の委員は、現在、議長を含め計14名で構成されているが、そのなかにはこの3名のほかにも安倍首相シンパが勢揃いしている。議長は第一次安倍政権で民間閣僚として経済財政政策担当大臣に抜擢された大田弘子氏であり、議長代理の金丸恭文・フューチャー会長兼社長も〈菅義偉官房長官とのパイプが太く、安倍首相にも信頼されている〉(日経ビジネスオンライン2016年11月4日付)といわれる人物。さらに、安倍首相を応援する財界集団「さくら会」の中心メンバーである富士フイルムホールディングスの古森重隆会長や、安倍首相とはゴルフを興じる仲である森下竜一・大阪大学大学院教授など、安倍首相と昵懇のメンバーが顔を揃えているのだ。
放送制度改革がこのまま実施されれば、地上波に『ニュース女子』のようなフェイク番組が溢れかえり、昨年、総選挙公示日直前に安倍首相が出演したAbemaTV『徹の部屋』でホスト役の見城徹・幻冬舎社長が「日本の国は安倍さんじゃなきゃダメだ」などと繰り返したような発言がただただ流される──。恐ろしい悪夢のような現実が、確実に待ち受けているのである。
放送法4条にかんしては、政治権力が直接メディアに圧力をかけることを可能にしてしまっていることから「撤廃するべき」という声もあったが、このような安倍首相の思惑がある以上、いまは到底、看過できるものではない。だいたい、公文書を改ざんしてしまうような独裁政権に規制改革など任せられるか。放送を安倍首相のおもちゃにさせないためにも、一刻も早く内閣総辞職に追い込まなくてはならない。(編集部)2018.03.30.【出典:リテラエキサイト ニュース】

もう少し前のトップニュース>
※小学英語の教科化を告示 小中の新指導要領
松野博一文部科学相は三十一日付で、各教科での「主体的、対話的で深い学び」に向けた授業改善の推進や、小学五、六年での英語教科化を柱とした小中学校の新しい学習指導要領を告示した。パブリックコメント(意見公募)を受け、小学校で「聖徳太子(厩戸王(うまやどのおう))」、中学校で「厩戸王(聖徳太子)」としていた表記を、小中とも現行指導要領と同じ「聖徳太子」に戻すなど、歴史用語中心に改定案を修正した。
文科省は改定案を公表した二月十四日から今月十五日まで意見公募を実施。一万一千二百十件の意見が寄せられた。
社会で教える聖徳太子を巡っては「歴史教育の連続性から、用語を変えるべきではない」といった意見を踏まえた。ただ、中学校では史実を深く学ぶことを重視し、古事記や日本書紀で「厩戸皇子(うまやどのおうじ)」などと表記され、後に「聖徳太子」と称されるようになったことに触れるよう新たに示した。
改定案で消えた江戸時代の「鎖国」が小中ともに復活。中学校の「モンゴルの襲来(元寇(げんこう))」も「元寇(モンゴル帝国の襲来)」という現行に近い表記になった。
東京電力福島第一原発事故でのいじめや風評被害に絡み、「放射線に関する正しい知識を体系的に指導すべきだ」という意見があり、小中の総則に「災害等を乗り越えて次代の社会を形成する」ための資質・能力を育むとの文言を追加した。
中学校の保健体育では武道の内容の取り扱いで、競技人口や国体種目であることなどを考慮し、銃を模した用具を使い互いに突き合う「銃剣道」も例に加えた。
小学校では英語より国語に力を入れるべきだとの意見もあったが、双方の充実を盛り込んでいるとして修正しなかった。
表クリックすると大きく見えます。
2017学習指導要領
2017年3月31日【出典:東京新聞】

改訂された小中学校の学習指導要領と幼稚園教育要領は、2006年の教育基本法改悪で定めた「愛国心」などの「教育目標」にそって、本格的に子どもの学習を統制しようとするものです。
幼稚園でも「君が代」を教えさせようとするなど安倍政権の反動的姿勢を色濃く反映したものです。
とくに学習指導要領等がはじめて子どもが身につけるべき「資質・能力」を規定し、その達成を求めたことは、人格そのものへの国家統制につながる重大な問題です。学習を通じて子どもの人間性や能力をどう育むかは国民が考えることであり、国家が立ち入るべきではありません。
「資質・能力」の効率的達成のために教育方法や評価方法を詳細に記述していることも、大綱的基準である学習指導要領として逸脱です。
学習指導要領は「主体的・対話的で深い学び」を強調しましたが、各地で特定の型の押しつけとなり混乱を招いています。暗記型でない豊かな学びは重要です。そのためには、授業準備もできないような教員の多忙化を解消し、全国学力テストによる点数競争や授業の画一化をやめる必要があります。条件整備と教育現場の自主性の尊重を国に強く求めます。
授業時数が学校週6日制の時期とまったく同じになり子どもの負担が限界に達しているもとで、漢字数や英単語数など学習内容が増え、「つめこみ」が強まることも深刻です。多くの子どもが授業から取り残され、塾依存が強まり、教育格差をさらに広げかねません。すべての子どもが大事な事項をよく分かるまでじっくり学べるよう、教員に学習内容の精選などの裁量を保障すべきです。
小学校英語が財界などの要求にそって教科化されましたが、多くの専門家の言う通り、早期教育が有効だという根拠はありません。しかも英語教育の専門知識のない学級担任に任せることはあまりに無責任です。早期の見直しを求めます。
保健体育では武道が追加されましたが、日本銃剣道連盟や防衛省の強い要求に押され、当初の柔道、剣道、空手道など8項目から銃剣道も追加されたことは看過できません。見直しを要求するものです。
憲法は、行政権力に教育内容への介入の抑制を求め、学校・教員の自主性を保障しています。その立場から、学習指導要領等に基づく過度の統制を許さず、子どもたちに豊かな学びと成長を保障するための国民的な共同をよびかけます。


<かなり前のトップニュース>
※41道府県議選、3日に告示 約3270人出馬へ
統一地方選の41道府県議選と17政令市議選が3日に告示される。道府県議選には約3270人、政令市議選は約1480人が立候補を予定している。各党は来年の参院選や次期衆院選を見据えて支持基盤を広げたい考えで、各地で激しい議席争いが予想される。投開票は先に告示された10道県知事選、5政令市長選と同じ12日。
道府県議選は岩手、宮城、福島、茨城、東京、沖縄の6都県を除く41道府県で実施される。総定数は2284で、競争率は2011年の前回より低い1・4倍程度の見込み。選挙区ごとの定数を上回る立候補者がいない場合の無投票当選が多数発生する可能性がある。2015/04/01【共同通信】

自治体の議会選挙は住民の暮らしや福祉向上に直結するものです。
それを知ってか知らずか棄権する有権者が多すぎる現状は、あまりにも有権者自身が投票権利を軽視し地方議会の重みを理解していないことと、意図的に選挙区細分化と定数削減が一部政党の都合で繰り返されてきたことにあります。
有権者が無関心になれば地方政治も衰退の一途をたどり、地方自治体が本来やるべき仕事も軽視されていくでしょう。
地域の実情にあった選挙区制と削減しすぎた議員定数を欧州並みに戻せば、地方議員は有権者の声をいやでも聞いて議会に反映しなければならなくなりますが、定数が1~2人区ばかり増やしたら大政党が有利になることは当たり前です。
国政選挙も地方選挙も比例代表制を導入すれば有権者の声が鏡のように議会に反映されることになるでしょう。
そうなれば無投票当選などということは絶対に起こり得ません。


<4月2日の記念日>
※蓮翹忌
詩人・歌人・彫刻家の高村光太郎の1956(昭和31)年の忌日。
これは、高村が生前好んだがレンギョウであり、彼の告別式で棺の上にその一枝が置かれていたことに由来する。
※週刊誌の日
1922(大正11)年、『週刊朝日』と『サンデー毎日』が創刊された。
※国際こどもの本の日
日本国際児童図書評議会等が1996(平成8)年に制定。
デンマークの童話作家・アンデルセンの誕生日。
※五百円札発行記念日
1951(昭和26)年、岩倉具視の肖像の500円札が初登場した。
1982(昭和57)年に500円硬貨が発行され、現在では見かけなくなった。
※図書記念日
1872(明治5)年、東京・湯島に日本初の官立公共図書館・東京書籍館が開設された。
※歯列矯正の日
歯列矯正医院専門のマネージメント会社・オーシーエージャパンが制定。
「し(4)れ(0)つ(2)」の語呂合せ。
オーシーエージャパン
※世界自閉症啓発デー(World Autism Awareness Day)
2007(平成19)年12月の国連総会で制定。国際デーの一つ。
世界自閉症啓発デー日本実行委員会

<今日の誕生
アネモネ言葉:期待」             四つ葉のクローバー言葉:私のもの」
アネモネ DSC01185.jpg
金盞(時知らず)言葉:暗い悲しみ,嘆き」
キンセンカ

<歴史上の出来事
1574年 石山本願寺の顯如が織田信長に反抗して挙兵
1630年 江戸幕府が日蓮宗の一派・不受不施派を弾圧
1744年 スコットランドで世界初のゴルフのオープン競技開催
1781年 光格天皇の即位に伴い天明に改元。1789年に寛政に改元
1810年 ナポレオン1世がオーストリア皇帝フランツ1世の娘マリ・ルイーズと再婚
1814年 フランス元老院が皇帝ナポレオンの廃位を宣言
1849年 ムガール帝国とのシーク戦争に勝利したイギリスがカシミールを併合
1890年 皇紀2550年を記念して、神武天皇が即位した大和橿原宮跡に橿原神宮を創建
1904年 イギリスの文学者ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)がアメリカで『怪談(Kwaidan)』を刊行
1922年 『週刊朝日』『サンデー毎日』が創刊
1947年 国連安保理が、旧日本委任統治領の南太平洋諸島をアメリカ信託統治領とすることを決定
1948年 厚生省が全国30市を「保健所を設置すべき市」に指定。東京都杉並区にモデル保健所を設置
1982年 アルゼンチン軍が英領フォークランド(マルビナス)諸島を占領。イギリスは国交を断絶
1989年 PLOのアラファト議長がパレスチナ初代大統領に選任
1990年 1987年のブラックマンデーに次ぐ史上2番目の株価大暴落
1994年 北大恵迪寮に建設119年目で初めて女子学生が入寮。女子の進学率増加で女子寮の部屋が足りなくなった為
1997年 最高裁が、愛媛県が護国神社などに玉串料などを公費支出したのは違憲と判決
2000年 小淵恵三首相が体調不良で入院、意識不明に。5月14日に死去
2007年 ソロモン諸島付近で、マグニチュード8.0の大地震発生(ソロモン諸島沖地震 (2007年)(英語版))。周辺海域で津波による被害が発生し、20名以上死亡
2015年ケニア・ガリッサのガリッサ大学を銃を持った男が襲撃し、147名が死亡(ガリッサ大学襲撃事件)

<著名人の誕生日>
1805年 ハンス・クリスチャン・アンデルセン (デンマーク:童話作家,小説家)[1875年8月4日]
1834年 フレデリック・バルトルディ (仏:彫刻家『自由の女神像』) [1904年10月4日]
1862年 ニコラス・バトラー (米:教育家,カーネギー国際平和基金の設立に尽力)ノーベル平和賞[1947年12月7日]
1875年 ウォルター・クライスラー (米:経営者,クライスラー創業)[1940年8月18日]
1879年 西山翠嶂 (日本画家)[1958年3月30日]
1880年 熊谷守一 (洋画家)[1977年8月1日]
1903年 羽仁説子 (婦人運動家,羽仁五郎の妻,羽仁もと子の子)[1987年7月10日]
1914年 アレック・ギネス (英:俳優『戦場に架ける橋』『スター・ウォーズ』)[2000年8月5日]
1915年 飛鳥田一雄 (衆議院議員,社会党委員長)[1990年10月11日]
1921年 初代澤村昌之助 (歌舞伎役者)[1988年11月15日]
1942年 レオン・ラッセル (米:シンガーソングライター)
1942年 坂井宏行 (フランス料理人)
1951年 岡本綾子 (ゴルフ)
1951年 忌野清志郎 (ミュージシャン(RCサクセション/ヴォーカル))[2009年5月2日]
1951年 浅茅陽子 (女優)
1961年 シンザン (競走馬)[1996年7月13日]
1968年 森絵都 (小説家『DIVE!!』『風に舞いあがるビニールシート』)直木賞
1971年竹山隆範(カンニング竹山)[たけやま・たかのり] (お笑い芸人(カンニング))
1984年今井正人[いまい・まさと] (陸上競技)箱根駅伝で山の神と称された
1993年バッドつん子[バッド・つんこ] (サンリオキャラ(『バッドばつ丸』))

<著名人の忌日>
1657年 フェルディナント3世(神聖ローマ皇帝(ハプスブルク朝))<48歳>[1608年7月13日生]
1784年 田沼意知 (江戸幕府若年寄,田沼意次の子)<数え36歳>佐野善左衛門に斬りつけられた傷が元で死亡[1749年生]
1791年 オノーレ・ミラボー(仏:政治家,フランス革命指導者)<42歳>[1749年3月9日生]
1872年 サミュエル・モールス(米:画家,電信機とモールス符号を発明)<80歳>[1791年4月27日生]
1874年 初代桂文枝 (落語家)<56歳>[1819年生]
1914年 パウル・フォン・ハイゼ (独:小説家,劇作家,詩人,翻訳家)<84歳>[1830年3月15日生]
1937年 十一谷義三郎 (小説家『唐人お吉』)<39歳>[1897年10月14日生]
1939年 本田あふひ (俳人)<63歳>[1875年12月17日生]
1944年 ジョン・バチェラー (英:日本聖公会宣教師,アイヌ研究家)<90歳>[1854年3月20日生]
1956年 高村光太郎 (彫刻家,詩人『智恵子抄』,歌人,高村光雲の子)<73歳>[1883年3月13日生]
1983年 高垣眸 (児童文学作家,小説家)<85歳>[1898年1月20日生]
1992年 若山富三郎 (俳優,勝新太郎の兄)<62歳>[1929年9月1日生]
2005年 ヨハネ・パウロ2世 (ローマ教皇(264代)) <84歳>[1920年5月18日生]
2008年 石井桃子 (児童文学作家『ノンちゃん雲に乗る』)<101歳>[1907年3月10日生]

参加してるので、応援してもらえたら嬉しいです``r(^^;)ポリポリ
banner_22.gif 
 (↑ポチ)   (↑ポチ
拍手ボタンのポチポチお願いで~す。まり姫の励みになります、そして皆さんには笑顔をネ(*^^*ゞ
拍手ボタンを押すともっと見たくなりますよm(o´・ω・`o)mペコリン

拍手する

テーマ:あれこれ - ジャンル:学問・文化・芸術

アベ政治を許さない!!

安部政治を許さない

時によって変わるメッセージ

プロフィル

まり姫&頑固じじい

Author:まり姫&頑固じじい
歴史・平和・歌舞伎・花・
ひとり旅・お酒とボヤキが大好き!
ときどき病院通い(情けない)
自慢できるもの何もありません

こちらからリンクをさせていただいた方をのぞき、原則相互リンクとさせていただいていましたが、かなりの方が自主的にリンクを貼られています。
リンクを貼られている方は管理人までご連絡をよろしくお願いしますね。
拍手大好き人間ですから拍手ボタンを押していただけると、管理人は飛び上がって喜びますσ(゚ー^*)

なお、当ブログへコメントを寄せていただいた皆さまへのレスは省略させていただき、コメント返しは皆さまのブログに書きこませていただきますのでご了解くださいませ。
管理人への誹謗・中傷とも受け取られるようなコメントの書き込みは直ちに削除することもあります。
完全非公開をご希望の方は拍手コメントをご利用くださいませ。(URLのないコメントへのお返事はできません)

当ブログの記事、画像の無断使用及び転載等は厳禁とさせていただきます。


こちらのブログも見てね
⇓⇓⇓⇓
『花と史跡の写真館』

『まり姫のブログ』

投稿カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近記事(新しい順)
カテゴリ
閲覧ありがとうございます

あなたは

人目に閲覧いただいた方です

閲覧中の方

只今閲覧中の方:

最新コメント(新しい順)
Google動画

お好きな音楽や映画、歌手を検索してお楽しみくださいませ

Loading...
Loading...
developed by 遊ぶブログ

ユーザータグ
「日本国憲法」

日本国憲法

「世界人権宣言」

世界人権宣言

ことばの応援歌

今日の気分によってボタンを選んでください

共謀罪法を廃止させよう!!

201702_kyobouzai_plaster-thumb-120xauto-20567.jpg

FC2拍手ランキング

国民の命と暮らしに原発は不要!!

平和と原発は相容れないもの。 すべての原発を廃炉にし、日本の将来を担う子どもたちの安全・安心を一日も早く確保しましょう!! 反核・平和な日本の実現を目指しましょう。

義援金募集

FC2のユーザーの皆さんから 募金を募り、義援金として支援を実施しています。 東北地方太平洋地震で被災された方々への支援を希望される方は 東北地方太平洋沖地震の募金について のページから、ご寄付をお願い致します。

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

「小倉百人一首」

問い合わせ先

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
188位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
44位
アクセスランキングを見る>>

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

めざそう原発ゼロと核兵器廃絶を!

すべての原発を廃炉にし、日本の将来を担う子どもたちの安全・安心を一日も早く確保しましょう!!

時間で変わる旬の花時計

アシタカさんのブログパーツを使わせてもらっています

facebook

土岐陽子(まり姫)facebook

画像ポチでFBへ

web拍手

足あとを残せます

 

ポチットネ(*^^)

Ties-page

タイズページ

おきてがみ

おきてがみ

いつもありがとうございます!

人気ブログランキング

banner_22.gif

FC2ブログランキング

ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

リンクさせていただいた方

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請欄
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

おすすめす本

★ 東海地方の歴史・史跡めぐりコミュニティ

ただいまコミュニティへの参加を募集中です。 現在7名にふえています。

信長と濃姫 主に東海地方の歴史や史跡などを訪れた報告や紹介を中心とし、足を延ばせる人は他地域のことも紹介するなど、歴史を楽しむコミュニティをめざします。 その他、地域情報や身の回りの近況等の紹介や愚痴などもOK。 年齢、性別、学歴、未婚、既婚いっさい関係なく楽しいブログ仲間になってほしいというのが管理人の願いです。

まり姫のお友だち
最新トラックバック

RSSリンクの表示