☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆&

美濃・尾張・近江・伊勢(まり姫の史跡めぐり&見たこと・聞いたこと!)

Category :  ぼやき
tag :  写真 おもうこと
例年なら一年のうち一番寒い時期なのに、地球の気候変動が異常に進み、本来なら積雪に悩まさせられる豪雪地帯も積雪ゼロとなるなど、春を思わせる陽気が続いています。
梅やたんぽぽも狂い咲きとはいえないようで、国際社会から批判を受けても何の施策もとらない安倍亡国政権の無策ぶりがますます明らかになり、もはや安倍政権をこれ以上つづけさせることは、国民の不幸であることは間違いありません。
一刻も早く安倍首相に退陣してもらうことこそ日本社会を健全な方向に向かわせることができるでしょう。


桜を見る会=開門前に大量の入園
2020012402_01_1.jpg
安倍晋三首相主催の「桜を見る会」に関し内閣府は23日、2013年~19年の参加者数の根拠を示す資料を初めて国会に明らかにしました。野党議員の求めに応じて参院予算委員会理事懇談会に出されたもの。同資料には、一般の招待者を「桜を見る会」の開門前に大量入園させていた実態が記されていました。
内閣府が提出した新資料は、「桜を見る会」の会場である新宿御苑への開催日の入園者数を記録したもの。「桜を見る会」の開門および受付時間は午前8時30分とされていますが、新資料では午前8時前から入園者を記録しています。
それによると、午前8時前に入園した一般の招待者は、13年は空欄、14年は2人ですが、15年以降に急増。15年は823人、16年1533人、17年669人、18年1859人、19年1842人となっていました。
「桜を見る会」をめぐっては、安倍首相の地元後援会員が開門前に入園して、安倍首相夫妻と記念撮影をするなど、特別扱いされていたことが指摘されています。新資料は、安倍首相の後援会員がこうした特別扱いを受けていたことを裏付けています。

一億五千万円は安倍首相案件!
「公選法違反疑惑」の河井克行前法相・案里夫妻、参院選前に自民党本部から1億5千万円の異例の資金提供されていたことがあかるみになりましたが、気に入らない現職議員を蹴落とすためには手段を選ばず、湯水のように”カネ”を投じた「運動員買収」にも安倍官邸の影が見え隠れしているような!?
他の自民党候補には一千五百万円が支給されていたのに、自民党本部から異例中の異例の「巨額資金」が河井夫妻に振り込まれていたことを河井案里議員が認めたのは報道でも明らかです。
違法に運動員を買収した公選法違反疑惑により、広島地検から本格的に強制捜査を受けている河井克行前法相と妻の案里議員に対して、問題の参院選挙前に自民党本部から1億5千万円もの巨額の資金が提供されていたことは選挙の正当性まで揺るがすものです。
自民党関係者も「異例中の異例」と話していることからも分かるように、当時の岸田派の現職・溝手顕正議員を落選させつつ、自身の子飼い議員を当選させるために、安倍首相自らが主導して河井議員を全面的に支援していたことが浮かび上がってきました。
場合によっては安倍官邸が公選法違反の「運動員買収」に関わっていた可能性もなきにしもあらずです。
安倍官邸側は”無関係”を主張するでしょうが、額が額なだけに、これは相当闇が深そうです。
河井夫妻はこのしきんについてとのように政治資金収支報告書に記載するのか見ものです。
安倍官邸が、岸田派の溝手氏を何としても落選させようと手段を選ばずに河井夫妻を全面的に支援していたとも容易に見て取れるし、このやり口は安倍一強に胡坐をかいた安倍官邸の驕りそのものでしょう。
河井夫妻の公選法違反事件が「安倍案件」になってきた様相ですが、問題は、一体どこまで広島地検がこの事件を深く掘り下げ、真相を徹底的に解明することが出来るのか。
司法の独立性が問われます。
なにせ河井夫妻のバックには安倍首相が隠然と控えていることが明らかですから。
IRカジノ疑獄もそうだですが、自民党内の権力図が「安倍一派の一強独裁状態」となっている以上、自民党議員をめぐる多くの違法疑惑について、果たして、広島地検及び東京地検がどこまでメスを入れるのか(それとも、安倍官邸の圧力に屈して不起訴で終わるのか)、今後の動きを気をつけてみていくとしましょう。

京都の町屋
スナップショット 8 (2016-02-06 14-46)
スナップショット 9 (2016-02-06 14-12)
スナップショット 10 (2016-02-06 14-15)

参加してるので、応援してもらえたら嬉しいです``r(^^;)ポリポリ
banner_22.gif 
 (↑ポチ)   (↑ポチ
拍手ボタンのポチポチお願いで~す。まり姫の励みになります、そして皆さんには笑顔をネ(*^^*ゞ
拍手ボタンを押すともっと見たくなりますよm(o´・ω・`o)mペコリン
スポンサーサイト




拍手する

テーマ:ひとりごと - ジャンル:学問・文化・芸術

Category :  一人旅
tag :  写真 おもうこと
気がつけば今日はクリスマス・イヴ、今年もあと一週間になりました。
今年は公私ともに激動の年となって、一年を振り返る余裕もほとんどない状態が続きました。
年末にあたりまして本年は喪中につき新年の御挨拶を 遠慮させていただきます。
多くの皆さまにお世話になりました亡姪土岐陽子(まり姫)は病と闘い続けましたが 去る8月15日満42歳にて永眠いたしました。
長い間 皆さまにお世話になりましたが故人がご挨拶をさせていただくことはかなわなくなくなりました。
したがってお付き合いいただいた皆さまには年頭のご挨拶を遠慮させていただき皆さまが希望あるお年をお迎えいただけることを祈念しております。
寒さに向かう折からご自愛のほどを心中より祈念しております。
2019年12月


[おもうこと]
年の瀬になり来年度予算が公表されましたが、予算総額は史上最高の102兆円という異常なまでに膨れあがった予算となりました。
この予算で気になることは税金のすべてが国民のために本当に使われることになっているか。はたして税金の無駄遣いはないのか。当然私たち納税者の権利として知らされるべきです。
私たち有権者が考えるべきことは、この予算案が貧困や格差是正とは全く無縁の富めるものはさらに富み、貧困層はさらに貧困を強いられる格差を助長する史上最悪予算案となっていることを見抜く必要があります。
10年ほど前に東京の日比谷公園に開村した「年越し派遣村」のことを思い出してください。大企業による解雇や雇い止めで仕事や住まいを失った非正規労働者らに寝食を提供するため支援団体が設けました。大勢を寒空の下に追いやる大企業の冷たい仕打ち。生活と雇用を確保できない政治の無策。その姿は日本の貧しさを如実に示しました。国民の7人に1人、ひとり親世帯の5割が貧困層という異常さです。国際的には経済大国と言われながら、実態は稀にみる貧困大国であることは今も変わりません。そのうえ、安倍政権は低所得者やお年寄りにさらなる負担増を強いようとしています。消費税の大増税はまさに日本経済の底を抜いてしまう最悪の悪政の象徴です。日本経済を下支えしているのは国内総生産の約六割を占めている国民の消費活働であり、増税により国民の消費が大きく落ち込むことは日本経済立て直しには全く効果はありません。いま政府がやるべきことは何の貢献もしていない大企業の内部留保(利益剰余金)の積み増しや超富裕層の資産増加ではなく、国民の懐を温め消費を大幅に増やす施策に転換すべきで、庶民から税金の大幅負担増を押し付けることではありません。財界の要求に唯々諾々と屈し、米国より低い法人税の減税、株取引にかかる税制優遇措置を廃止し、大企業や超富裕層が貯めこんだ巨額の利益を吐き出させることこそ重要です。102兆円をこえる過去最大の来年度予算案にそう感じた方も多いのではないでしょうか。国民の福祉やくらしを手厚くするどころか、安倍政権になってから軍事費は8年連続の増額。大企業には税金を優遇し、無用な大型開発を推し進める。逆立ちした国のかたちに怒りがわきます。格差の拡大、貧困の連鎖、押しつけられる自己責任。それを放置すれば人心はむしばまれ、利潤や欲ばかりを求める社会はすさんでいきます。一方で、ともに支え合い生きようとする運動もひろがっています。
現在の危機的景気低迷状態から脱する最善の方法は、格差を助長する消費税の増税ではなく、とりあえず消費税を5%に減税し、庶民から税負担を大幅に減らすのが最善の道です。また、下げすぎた法人税を少なくとも米国並みまで戻すのが当然です。富裕層塀の優遇措置も直ちに撤廃すべきで、課税強化こそ日本の財政健全化と景気回復に適切な方法でしょう。
財界のデタラメな要求に屈し、間違っても低所得層への負担増を押し付けるのなら日本経済の回復は決してありえません。
また、安倍首相主催の「桜を見る会」に関して安倍首相夫妻がかかわっているとの疑惑もひきつづき明らかにするよう野党が一致協力してもらいたいものです。


せせらぎ街道の紅葉
2019-11-5せせらぎ街道t6
2019-11-5 せせらぎ街道26
2019-11-5 せせらぎ街道25
2019-11-5 せせらぎ街道26
2019-11-5 せせらぎ街道26
2019-11-5 せせらぎ街道の2

参加してるので、応援してもらえたら嬉しいです``r(^^;)ポリポリ
banner_22.gif 
 (↑ポチ)   (↑ポチ
拍手ボタンのポチポチお願いで~す。まり姫の励みになります、そして皆さんには笑顔をネ(*^^*ゞ
拍手ボタンを押すともっと見たくなりますよm(o´・ω・`o)mペコリン


拍手する

テーマ:あれこれ - ジャンル:学問・文化・芸術

Category :  あれこれ
tag :  写真 おもうこと ぼやき
気がつけば、いつの間にか師走を迎え日々寒気が日本列島を脅かす日がやってきています。
師走は何かと気忙しいと言われていますが、今年の師走は例年と違い、民主主義にかかわる重大な問題が表面化しました。
私たち有権者が憂慮すべき事態が頻発しているのです。
安倍晋三政権と与党、日本維新の会は何としてもうやむやにして公文書破棄、隠蔽、改ざんとまさに証拠隠滅には手段を選ばない前代未聞の疑惑隠しに躍起になっています。
公金である国民の税金であてている予算を大幅にオーバーして、自らが招待した「桜を見る会」に自分の選挙区の後援会員を出席させたことも何ら反省せず、立憲野党が要求している予算委員会の集中審議さえ自公の与党に拒否させ、またまた「モリ・カケ疑惑」のようにうやむやに済ませたいのか。
メテデイアに露出している自称コメンテーターと称する人たちは、「『桜を見る会』のことより、ほかにやるべきことがある」と立憲野党への攻撃・批判とも受け取られる声を大きくしつつありますが、これは本末転倒の安倍政権擁護姿勢にほかなりません。
いま、日本の政治が民主主義破壊・嘘とごまかし、改ざん、隠蔽、憲法破壊、官僚の忖度による真実を覆い隠す悪政がまかりとおろうとしています。
国民の負担した税金がごく一部の人たちの食い物にされ、その使い道さえ不明なまま「なかったことに」されてはたまりません。
日本国憲法をないがしろにし続けた戦後最悪いや史上最悪内閣である安倍自公政権を一刻も早く退陣に追い込まなければ私たちが生きる日本国はお先真っ暗です。すでに安倍自公政権によって10月から強行された消費税の大増税により、国民の消費支出が大幅に落ち込み、日本経済はガタガタになり前回増税時を上回る景気の悪化となり、このままでは日本経済の底が抜けてしまう可能性が見えてきました。
また、安倍政権は国際社会では核兵器廃絶・気候変動問題などあらゆる面で現在国際社会から嘲笑され、バカにされていることさえ自覚していません。
国民無視を続けるこんな政権はもうおしまいにしようではありませんか。
安倍暗黒政治から脱する真の日本の夜明けを我々有権者が自らの手で勝ち取るためには、まずは有権者が声をあげ、一人一人が街頭に出て声を上げることです。日本全国津々浦々、大都市だけでなく地方都市でも国民に不幸しか味わせない安倍政治を終らせるべく街頭に出て、「安倍首相は退陣せよ!!」の声を結集することではないでしょうか。
中国政府の脅しにも屈しない香港市民ややフランス市民をはじめとする欧州各国にできて日本の国民にできぬはずがありません。
我々有権者はいまこそ怒りの一歩を踏み出す時でしょう。


さる11月に墓参りに出かけた際のせせらぎ街道の紅葉
2019-11-5 せせらぎ街道 
2019-11-5 せせらぎ街道2
2019-11-5 せせらぎ街道3
2019-11-5 せせらぎ街道8
2019-11-5 せせらぎ街道9
2019-11-5 せせらぎ街道10
2019-11-5 せせらぎ街道13
2019-11-5 せせらぎ街道23

唯一の戦争による核兵器被爆国の日本にとってぜひとも受け止めるべきと思いローマ・カトリック教会のフセンシスコ教皇のメッセージを掲載します。

[核兵器の非人道性を説き、長崎・広島を訪れたローマ教皇による長崎におけるメッセージ全文]

ローマ教皇「核兵器についてのメッセージ」(全文)

ローマ・カトリック教会のフランシスコ教皇(82)が24日、長崎市の爆心地公園でおこなったスピーチ「核兵器についてのメッセージ」は次のとおりです。

愛する兄弟姉妹の皆さん。
この場所は、わたしたち人間が過ちを犯しうる存在であるということを、悲しみと恐れとともに意識させてくれます。近年、浦上教会で見いだされた被爆十字架とマリア像は、被爆なさったかたとそのご家族が生身の身体に受けられた筆舌に尽くしがたい苦しみを、あらためて思い起こさせてくれます。
人の心にあるもっとも深い望みの一つは、平和と安定への望みです。核兵器や大量破壊兵器を所有することは、この望みへの最良のこたえではありません。それどころか、この望みをたえず試みにさらすことになるのです。わたしたちの世界は、手に負えない分裂の中にあります。それは、恐怖と相互不信を土台とした偽りの確かさの上に平和と安全を築き、確かなものにしようという解決策です。人と人の関係をむしばみ、相互の対話を阻んでしまうものです。
国際的な平和と安定は、相互破壊への不安や、壊滅の脅威を土台とした、どんな企てとも相いれないものです。むしろ、現在と未来のすべての人類家族が共有する相互尊重と奉仕への協力と連帯という、世界的な倫理によってのみ実現可能となります。
ここは、核兵器が人道的にも環境にも悲劇的な結末をもたらすことの証人である町です。そして、軍備拡張競争に反対する声は、小さくともつねに上がっています。軍備拡張競争は、貴重な資源の無駄遣いです。本来それは、人々の全人的発展と自然環境の保全に使われるべきものです。今日の世界では、何百万という子どもや家族が、人間以下の生活を強いられています。しかし、武器の製造、改良、維持、商いに財が費やされ、築かれ、日ごと武器は、いっそう破壊的になっています。これらは途方もないテロ行為です。
核兵器から解放された平和な世界。それは、あらゆる場所で、数え切れないほどの人が熱望していることです。この理想を実現するには、すべての人の参加が必要です。個々人、宗教団体、市民社会、核兵器保有国も、非保有国も、軍隊も民間も、国際機関もそうです。核兵器の脅威に対しては、一致団結して応じなくてはなりません。それは、現今の世界を覆う不信の流れを打ち壊す、困難ながらも堅固な構造を土台とした、相互の信頼に基づくものです。1963年に聖ヨハネ23世教皇は、回勅『地上の平和(パーチェム・イン・テリス)』で核兵器の禁止を世界に訴えていますが(112番[邦訳60番]参照)、そこではこう断言してもいます。「軍備の均衡が平和の条件であるという理解を、真の平和は相互の信頼の上にしか構築できないという原則に置き換える必要があります」(113番[邦訳61番])
今、拡大しつつある、相互不信の流れを壊さなくてはなりません。相互不信によって、兵器使用を制限する国際的な枠組みが崩壊する危険があるのです。わたしたちは、多国間主義の衰退を目の当たりにしています。それは、兵器の技術革新にあってさらに危険なことです。この指摘は、相互の結びつきを特徴とする現今の情勢から見ると的を射ていないように見えるかもしれませんが、あらゆる国の指導者が緊急に注意を払うだけでなく、力を注ぎ込むべき点なのです。
カトリック教会としては、人々と国家間の平和の実現に向けて不退転の決意を固めています。それは、神に対し、そしてこの地上のあらゆる人に対する責務なのです。核兵器禁止条約を含め、核軍縮と核不拡散に関する主要な国際的な法的原則に則(のっと)り、飽くことなく、迅速に行動し、訴えていくことでしょう。昨年の7月、日本司教協議会は、核兵器廃絶の呼びかけを行いました。また、日本の教会では毎年8月に、平和に向けた10日間の平和旬間を行っています。どうか、祈り、一致の促進の飽くなき探求、対話への粘り強い招きが、わたしたちが信を置く「武器」でありますように。また、平和を真に保証する、正義と連帯のある世界を築く取り組みを鼓舞するものとなりますように。
核兵器のない世界が可能であり必要であるという確信をもって、政治をつかさどる指導者の皆さんにお願いします。核兵器は、今日の国際的また国家の、安全保障への脅威からわたしたちを守ってくれるものではない、そう心に刻んでください。人道的および環境の観点から、核兵器の使用がもたらす壊滅的な破壊を考えなくてはなりません。核の理論によって促される、恐れ、不信、敵意の増幅を止めなければなりません。今の地球の状態から見ると、その資源がどのように使われるのかを真剣に考察することが必要です。複雑で困難な持続可能な開発のための2030アジェンダの達成、すなわち人類の全人的発展という目的を達成するためにも、真剣に考察しなくてはなりません。1964年に、すでに教皇聖パウロ6世は、防衛費の一部から世界基金を創設し、貧しい人々の援助に充てることを提案しています(「ムンバイでの報道記者へのスピーチ(1964年12月4日)」。回勅『ポプロールム・プログレッシオ(1967年3月26日)』参照)。
こういったことすべてのために、信頼関係と相互の発展とを確かなものとするための構造を作り上げ、状況に対応できる指導者たちの協力を得ることが、きわめて重要です。責務には、わたしたち皆がかかわっていますし、全員が必要とされています。今日、わたしたちが心を痛めている何百万という人の苦しみに、無関心でいてよい人はいません。傷の痛みに叫ぶ兄弟の声に耳を塞(ふさ)いでよい人はどこにもいません。対話することのできない文化による破滅を前に目を閉ざしてよい人はどこにもいません。
心を改めることができるよう、また、いのちの文化、ゆるしの文化、兄弟愛の文化が勝利を収めるよう、毎日心を一つにして祈ってくださるようお願いします。共通の目的地を目指す中で、相互の違いを認め保証する兄弟愛です。
ここにおられる皆さんの中には、カトリック信者でないかたもおられることでしょう。でも、アッシジの聖フランシスコに由来する平和を求める祈りは、わたしたち全員の祈りとなると確信しています。
主よ、わたしをあなたの平和の道具としてください。

憎しみがあるところに愛を、
いさかいがあるところにゆるしを、
疑いのあるところに信仰を、
絶望があるところに希望を、
闇に光を、

悲しみあるところに喜びをもたらすものとしてください。
記憶にとどめるこの場所、それはわたしたちをハッとさせ、無関心でいることを許さないだけでなく、神にもっと信頼を寄せるしてくれます。また、わたしたちが真の平和の道具となって働くよう勧めてくれています。過去と同じ過ちを犯さないためにも勧めているのです。
皆さんとご家族、そして、全国民が、繁栄と社会の和の恵みを享受できますようお祈りいたします。

参加してるので、応援してもらえたら嬉しいです``r(^^;)ポリポリ
banner_22.gif 
 (↑ポチ)   (↑ポチ
拍手ボタンのポチポチお願いで~す。まり姫の励みになります、そして皆さんには笑顔をネ(*^^*ゞ
拍手ボタンを押すともっと見たくなりますよm(o´・ω・`o)mペコリン


拍手する

テーマ:ひとりごと - ジャンル:学問・文化・芸術

アベ政治を許さない!!

安部政治を許さない

時によって変わるメッセージ

プロフィル

まり姫&頑固じじい

Author:まり姫&頑固じじい
歴史・平和・歌舞伎・花・
ひとり旅・お酒とボヤキが大好き!
ときどき病院通い(情けない)
自慢できるもの何もありません

こちらからリンクをさせていただいた方をのぞき、原則相互リンクとさせていただいていましたが、かなりの方が自主的にリンクを貼られています。
リンクを貼られている方は管理人までご連絡をよろしくお願いしますね。
拍手大好き人間ですから拍手ボタンを押していただけると、管理人は飛び上がって喜びますσ(゚ー^*)

なお、当ブログへコメントを寄せていただいた皆さまへのレスは省略させていただき、コメント返しは皆さまのブログに書きこませていただきますのでご了解くださいませ。
管理人への誹謗・中傷とも受け取られるようなコメントの書き込みは直ちに削除することもあります。
完全非公開をご希望の方は拍手コメントをご利用くださいませ。(URLのないコメントへのお返事はできません)

当ブログの記事、画像の無断使用及び転載等は厳禁とさせていただきます。


こちらのブログも見てね
⇓⇓⇓⇓
『花と史跡の写真館』

『まり姫のブログ』

投稿カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近記事(新しい順)
カテゴリ
閲覧ありがとうございます

あなたは

人目に閲覧いただいた方です

閲覧中の方

只今閲覧中の方:

最新コメント(新しい順)
Google動画

お好きな音楽や映画、歌手を検索してお楽しみくださいませ

Loading...
Loading...
developed by 遊ぶブログ

ユーザータグ
「日本国憲法」

日本国憲法

「世界人権宣言」

世界人権宣言

ことばの応援歌

今日の気分によってボタンを選んでください

共謀罪法を廃止させよう!!

201702_kyobouzai_plaster-thumb-120xauto-20567.jpg

FC2拍手ランキング

国民の命と暮らしに原発は不要!!

平和と原発は相容れないもの。 すべての原発を廃炉にし、日本の将来を担う子どもたちの安全・安心を一日も早く確保しましょう!! 反核・平和な日本の実現を目指しましょう。

義援金募集

FC2のユーザーの皆さんから 募金を募り、義援金として支援を実施しています。 東北地方太平洋地震で被災された方々への支援を希望される方は 東北地方太平洋沖地震の募金について のページから、ご寄付をお願い致します。

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

「小倉百人一首」

問い合わせ先

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
79位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
16位
アクセスランキングを見る>>

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

めざそう原発ゼロと核兵器廃絶を!

すべての原発を廃炉にし、日本の将来を担う子どもたちの安全・安心を一日も早く確保しましょう!!

時間で変わる旬の花時計

アシタカさんのブログパーツを使わせてもらっています

facebook

土岐陽子(まり姫)facebook

画像ポチでFBへ

web拍手

足あとを残せます

 

ポチットネ(*^^)

Ties-page

タイズページ

おきてがみ

おきてがみ

いつもありがとうございます!

人気ブログランキング

banner_22.gif

FC2ブログランキング

ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

リンクさせていただいた方

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請欄
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

おすすめす本

★ 東海地方の歴史・史跡めぐりコミュニティ

ただいまコミュニティへの参加を募集中です。 現在7名にふえています。

信長と濃姫 主に東海地方の歴史や史跡などを訪れた報告や紹介を中心とし、足を延ばせる人は他地域のことも紹介するなど、歴史を楽しむコミュニティをめざします。 その他、地域情報や身の回りの近況等の紹介や愚痴などもOK。 年齢、性別、学歴、未婚、既婚いっさい関係なく楽しいブログ仲間になってほしいというのが管理人の願いです。

まり姫のお友だち
最新トラックバック

RSSリンクの表示