09
13
14
16
17
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

義母退院です&富嶽三十六景&薩長史観が靖国史観の大元№7&安保法制強行から3年&音楽&お気に入り&名言&今日は何の日?

いつも多くの皆さまにお立ち寄りいただき、またコメントやメッセージを寄せていただきありがとうございます。
退院後の体調回復につとめ、また義母(叔母)の付き添いをしてまいりましたが、おかげさまで義母は本日無事に退院できることになりました。
この間皆さまのブログにお邪魔することを控えさせていただいておりましたが、義母の退院によって一区切りとなり、ブログ巡りも明日から再開させていただこうと思います。
明日はとりあえず皆さまにお礼のご挨拶に伺わせていただく予定でおりますのでよろしくお願い申し上げます。
2018年9月20日   まり姫(土岐陽子)



葛飾北斎画「東海道江尻田子の浦略図」(富嶽三十六景)
葛飾北斎「東海道江尻田子の浦略図」(富嶽三十六景)

再掲[[薩長史観が靖国史観の大元№7](加筆修正)
前回の続き➡徳川討伐のための総責任者は街道ごとに決定されていて、すべて公家が討伐軍の総大将であり、資格は太政官でした(実際の戦闘は薩長土肥の軍隊と赤報隊が担当、なお、東山道先遣隊の赤報隊は太政官直々に命令書を発行されており偽官軍ではなかった)。
明治新政府を正当化するために長州藩そのものを正当化し、さらに長州藩の蛮行(禁門の変=御所に大砲を打ち込み、京都の町屋に放火した)を正当化するために吉田松陰を幕末維新の偉人として山縣有朋らが維新神話を広げていったという構造です。
それに輪をかけて戦後にこの神話を広げていったのが司馬遼太郎氏の小説です。 「明治は偉い、徳川幕府はダメ」「戦後の昭和は素晴らしい、戦前の昭和はダメ」という思想に立脚して書かれているのが司馬遼太郎氏の文章です。
司馬遼太郎氏が持ち上げた吉田松陰の思想の立脚点についても分析をしたいと思います。
そもそも尊王攘夷運動で倒幕運動を主導したのは身分制度序列の上位にいた下級武士たちで、いわゆる庶民(農民・町人)はそれを完全に傍観していました。
現代の庶民と違い、当時の庶民は幕府軍と薩長連合のどちらが勝っても支配構造は本資質的には何も変わらないことを肌身で感じていたからです。
下級武士たちがどうして討幕運動を遂行できたのか。
全国諸藩の藩士の地位を失った浪人たちが江戸を初め、地方の城下町でもあふれていた時期に下級武士は共同体と社会的役割を喪失した遊民と化しており、いわば自暴自棄に陥っていました。
藩士の身分を喪失した浪人たちが社会的役割の代償として施された理想主義的教育の結果、武士たちは現実の圧力から乖離した観念思考に傾斜していったとみてもいいでしょう。
下級武士は年々貧しくなる一方で、立身出世の可能性もないために幕藩体制に対する不満と反体制(反秩序)意識が当然強くなっていくのは必然です。
無役だった勝海舟や福沢諭吉がその代表格でしょう。
元々は幕藩体制の維持と社会の秩序化を目指した水戸学が、正反対の倒幕と秩序破壊の尊皇攘夷運動へと変質していったのも、それを担った下級武士が、共同体と社会的役割を喪失し、自我・私権の主体となり、反体制・反秩序意識を強く孕んでいたからです。
ようするに下級武士の反体制、反秩序意識の急先鋒が長州藩士の資格をはく奪された吉田松陰なのです。
反体制、反秩序意識という『否定意識』から吉田松陰は暗殺を次々と計画したということです。
したがって、これはただの体制破壊であり、民衆から湧き出てきた新しい秩序を構築する真の革命ではなかったのです。
松陰には将来を描く理想も思想もなく、未来社会への中味がない薄っぺらなもので、尊皇攘夷を主張したかと思えば開国を主張したりと筋も全く通っていません。
結論として、これが明治維新の先駆けだと教科書等で言われ続けた吉田松陰という人物の本当の実態なのです!!
(吉田松陰の項終わり、次回からは薩長史観を語るうえでどうしても吉田松陰に触れなければならないところがありますが、基本的には今、NHK大河ドラマでもとり上げられている西郷隆盛や大久保利通などを主体としてとり上げていく予定です)[次回につづく]


[安保法制強行から3年]
▼崩れる根拠、危険は一層明白
安倍晋三政権が2015年9月19日、憲法の平和主義と立憲主義を破壊し、安保法制=戦争法の成立を強行して3年がたちました。今年に入り、戦争法の最大の口実になってきた北朝鮮の脅威をめぐり、米朝首脳会談が開催されるなど朝鮮半島で劇的な緊張緩和への動きが起こり、その根拠は大きく崩れつつあります。一方で、昨年、米朝の軍事的緊張が激しさを増す中での「米艦防護」の実施や、一昨年の南スーダン派兵部隊への「駆け付け警護」任務の付与など、自衛隊の海外での武力行使に道を開く戦争法の危険性も明瞭になっています。
▼口実だった北朝鮮の脅威
昨年9月、安倍首相は年に1度の自衛隊高級幹部への訓示で、「限定的な集団的自衛権行使を含む平和安全法制(戦争法)」の制定に触れ、「わが国を取り巻く安全保障環境の現実を直視する時、これらの政策は全く間違っていなかった」と述べていました。その根拠として挙げたのは、北朝鮮によるミサイル発射と核実験の強行でした。
ところが、今年の訓示(今月3日)で首相は、「平和安全法制」にも、朝鮮半島情勢にも直接触れることができませんでした。
同時に、日本を取り巻く安全保障環境は「格段に速いスピードで厳しさを増している」と述べ、「これまでの成果の上に安住することは許されない」と軍事力と軍事体制の強化を説くとともに、改憲の「決意」を示しました。「北朝鮮の脅威」という口実が崩れてもあくまで9条改憲を行い、海外での無制限の武力行使を可能にする「戦争する国」づくりを本格的に狙う首相の姿勢は重大です。
北朝鮮の核・ミサイル問題をめぐっては、戦争法発動による危険が浮き彫りになりました。
米朝間の軍事的緊張が高まり、一触即発の危機が叫ばれた昨年、自衛隊は戦争法に基づき、日米共同訓練中の米艦船や米軍機の警護を行いました(「米艦防護」「米軍機防護」)。また、情報収集活動などをしている米艦船に燃料や食料を補給しました。
防衛省はこれらの詳しい実施状況を明らかにしておらず、万一、偶発的な事態などによって米朝両軍の間で軍事衝突が起これば、日本国民の知らないところで自衛隊が戦闘に入りかねませんでした。
南スーダンに派兵されていた自衛隊部隊の実態も、戦争法の危険を鮮明にしました。
防衛省・自衛隊の組織的隠蔽(いんぺい)が明らかになった派兵部隊の「日報」は、一昨年7月の首都ジュバでの「戦車や迫撃砲を使用した激しい戦闘」などを指摘していました。「日報」が「戦闘への巻き込まれに注意が必要」と警告した内戦状態の下で、同年11月には、戦争法に基づき武器使用が認められた「駆け付け警護」任務が付与され、自衛隊員が「殺し、殺される」危険をさらに高めました。
▼一刻も早い廃止こそ必要
自衛隊は戦争法発動のための訓練を重ねています。今年6月のモンゴルでの多国間共同訓練では、戦争法に基づく治安活動として国連関連施設の警護のため武装勢力との銃撃戦を演習しています。過激組織ISのテロが続くシナイ半島に展開する多国籍軍への自衛官派遣の検討も報じられています。戦争法の一刻も早い廃止と立憲主義の回復が急務となっています。

[今日の音楽]
Céline Dion 「All By Myself 」


[今日のお気に入り写真](画像クリックで拡大)
<百日草に留まった蝶>
DSC03063.jpg

[歴史に残る名言]
<石川啄木の名言
「今日聞けば
かの幸(さち)うすきやもめ人(びと)
きたなき恋に身を入(い)るるてふ」

石川啄木[いしかわ・たくぼく](明治の歌人・詩人、1886~1912)『一握の砂』


[今日は何の日?]
<今日のトップニュース>
※「辞表出せ」発言 麻生氏、圧力の議員擁護 石破氏反発「パワハラだ」
自民党総裁選(二十日投開票)で、石破茂元幹事長を支援する斎藤健農相が安倍晋三首相(総裁)を支援する国会議員から辞表を出すように圧力を受けたとされる問題を巡り、十八日、閣僚や党幹部から発言が相次いだ。 (清水俊介)
麻生太郎財務相は閣議後の記者会見で「現職がいなくなった後の総裁選と、現職がいるときの総裁選では意味が違う」と述べ、閣僚が首相の対立候補を支援するのは不適切だと指摘。「今回は(現総裁が)いてやるわけだから、どういうことになるかという話を根本に据えておかないといけない」と圧力を擁護した。
二階俊博幹事長は党役員連絡会後の記者会見で「選挙は日を追うに従って過熱してくる。そういう中での発言で、党として改めて取り上げる必要はない」と静観する構えを示した。
これに対し、石破氏は広島県尾道市での演説で「パワハラや圧力など、あってはいけないことが社会にいっぱいある。自民党の中でそんなことが行われて、どうしていい国になるのか」と圧力に疑問を呈した。
鈴木俊一・五輪相も記者会見で「そういうことが実際に行われていることは好ましいことではない」と批判した。当の斎藤氏は記者会見で「あの場で私が述べたことに尽きている。何かつけ加えたり、解釈したりすることはない」と述べるにとどめた。
斎藤氏は十四日の千葉市での会合で「安倍応援団の一人に『石破氏を応援するなら農相の辞表を書いてからやれ』と言われた」と明かしていた。安倍氏は自身の陣営に斎藤氏に辞表提出を迫った議員はいなかったとして、圧力を否定している。2018年9月19日【出典:東京新聞】

<ちょっと前のトップニュース>
※安保法、衆院選争点に 自民「抑止力に」4野党「違憲疑い」
他国を武力で守る集団的自衛権の行使容認を柱とした安全保障関連法の成立から、十九日で二年。政府はこの間、自衛隊の新任務を次々に実行してきた。民進党などの野党は廃止を求めている。二十八日召集の臨時国会冒頭にも衆院が解散され、来月下旬に行われる見通しの衆院選で、安保法の存廃は争点となる。 (新開浩)
安保法に基づき政府は昨年秋、南スーダン国連平和維持活動(PKO)で、離れた場所で襲われた文民らを守る「駆け付け警護」などの任務を付与。今年五月には、平時の米艦防護を安保法の新任務として初めて実施した。日本海周辺で米イージス艦に洋上給油を行ったことも判明している。
政府は米トランプ政権と安保分野での協力拡大で一致しており、自衛隊と米軍の一体化をさらに進める方針。北朝鮮の核実験や弾道ミサイル発射を巡っては、安保法が「日米同盟の抑止力に極めて大きな役割を果たした」と訴える。
安倍晋三首相側近の萩生田(はぎうだ)光一・自民党幹事長代行は、北朝鮮情勢に触れ「安保法がどうワーク(機能)するか国民に理解をいただくこと」を衆院選の争点に挙げた。
これに対して野党四党側は、安保法は違憲の疑いがあるとして廃止法案を提出してきた。昨年の参院選では、廃止を求める市民団体と野党四党が連携。民進党の前原誠司代表と共産党の志位和夫委員長は十八日、衆院選に向けてそれぞれ安保法廃止を訴えた。
東京都渋谷区の代々木公園では十八日、「さようなら原発 さようなら戦争全国集会」が開かれ、市民ら九千五百人(主催者発表)が安保法や原発再稼働に反対の声を上げた。2017年9月19日【出典:東京新聞】

<もう少し前のトップニュース>
※「豊洲」地下の説明が二転三転 駐車場→汚染浄化作業→配管保全
東京都が開設する豊洲市場(江東区)の建物下に土壌汚染対策の盛り土がなかった問題で、地下空間を設けた目的を巡って、都の担当者の説明が変遷している。石原慎太郎氏が都知事在任中の二〇〇八年、担当局長にコンクリート箱を埋める案の検討を指示する以前から、都側は盛り土案とターレ(小型搬送車)置き場案を併せて計画。その後は「浄化作業ができる空間」「配管や配線を維持管理する作業スペース」などと変わっている。都は歴代担当者を聴取し、週内にも小池百合子知事に経緯の調査結果を報告する。 (内田淳二)
都の会議録などによると、建物下の地下空間に関する言及は、少なくとも〇六年十月にさかのぼる。都と築地市場(中央区)の関係者が新市場計画について協議する場で、都側が「スロープ(坂)で地下のターレ置き場に接続する計画になっている」と説明していた。
その後、新市場予定地で高濃度のベンゼンなどが検出されたのを受け、都は〇七年四月、土壌汚染対策を検討する専門家会議を設置。翌月の初会合で、都側は盛り土案とターレ置き場案を併せて提案したが、委員から「有害物質が建物内に入る恐れがあるため、地下施設は造らない方がいい」と指摘され、ターレ置き場案は消えた。
石原氏が「コンクリートを埋め込むことで、ずっと安くて早く終わるんじゃないか」と担当局長に検討を指示したのは、翌〇八年五月ごろ。しかし同年七月、専門家会議は敷地全体の盛り土などの土壌汚染対策を提言した。
具体的な工法を検討する有識者の技術会議では同年十二月、都側は「万が一、地下水から環境基準を超える汚染物質が検出された場合にも、たとえば建物下で浄化ができるような作業空間の確保を考えている」と言及。地下空間が図面に初めて示されたのは一一年六月、基本設計を受注した日建設計(千代田区)が作成したものだった。
だが、その後も都の担当者は都議会などで「敷地全体を四・五メートルのきれいな土で覆っている」と答弁し、土壌汚染対策の万全さをアピールしてきた。実際は約四十ヘクタールの敷地のうち三割を占める建物下は盛り土されていなかった。
問題が発覚した今月十日、都の担当者は地下空間の目的について「下水管や電気の配線を通すので、メンテナンス用の作業空間を確保する必要があった」と、従来とは違う説明をした。2016年9月20日(東京新聞)

<かなり前のトップニュース>
※共産、参院選で候補者調整 他党に協力呼び掛け
共産党の志位和夫委員長は19日の記者会見で、来年夏の参院選で独自候補の擁立にこだわらず、民主党などとの候補者調整に乗り出す意向を示した。安倍政権を退陣に追い込むためで、安全保障関連法廃止などの政治的合意を前提とした上で「全選挙区に候補者を立てる方針だが、他の野党と選挙協力で合意できれば調整する」と述べた。衆院選での選挙協力も呼び掛け、委員長名の声明を同日、発表した。
民主、維新、共産、社民、生活各党は今国会で安保法成立阻止を目指し、党首会談を重ねるなど連携してきた。志位氏は安保法を廃止するためには野党間の協力が不可避と判断した。2015年9月19日【東京新聞】

<9月20日の記念日>
※バスの日
1903年(明治36年)の今日、日本で初めてのバス会社が本格的な営業を開始したことから、1987年(昭和62年)の全国バス事業者大会で制定された。京都の堀川中立売~七条~祇園間を走った最初のバスは、蒸気自動車を改造したもので6人乗り、幌もなかったという。
※空の日
1940(昭和15)年に「航空の日」として制定。戦争中中断されていたが、1953(昭和28)年に復活。運輸省(現在の国土交通省)航空局が1992(平成4)年に「空の日」改称した。
1911(明治44)年のこの日、山田猪三郎が開発した山田式飛行船が、滞空時間1時間の東京上空一周飛行に成功した。
日本で最初の飛行に成功したのは、1910(明治43)年12月19日に東京・代々木錬兵場で徳川大尉が行った飛行実験だった。しかし12月では気候的に「航空日」の行事に適さないため、帝都上空一周飛行が行われた9月20日を「航空日」とした。
※相続・贈与の日
彼岸の時期であり、先祖を供養するために家族が集まる機会も多いこの時期に、相続や贈与についての知識を深め、家族で話し合うきっかけにと、NPO法人・不動産承継支援ネットワークが制定。高齢化社会が進行する中で、相続や贈与の準備、対策を行うことの大切さをアピールするのが目的。春の彼岸の時期の3月20日と秋の彼岸の時期の9月20日を「相続・贈与の日」に制定している。
※お手玉の日
日本のお手玉の会が制定。
1992(平成4)年のこの日、第1回全国お手玉遊び大会が愛媛県新居浜市で開かれた。
お手玉遊びの魅力をPRする日。

<今日の誕生
ローズマリー(まんねんろう)言葉:私を思って」サルビア<赤>言葉:貴方のことばかり思う」
ローズマリー サルビア
タマスダレ言葉:便りがある」
黄花玉簾 ヒガンバナ科 別名 ステルンベルギア

<歴史上の出来事
451年カタラウヌムの戦い
1336年(延元元年/建武3年8月15日)北朝の光明天皇が即位。再び南北朝分離へ。
1378年教会大分裂: 4月に選出されたローマ教皇ウルバヌス6世を支持しないフランス人枢機卿が独自に教皇選挙を行い、その結果ロベール・ド・ジュネーヴがクレメンス7世として即位。教会大分裂の始まり。
1519年マゼランが5隻の軍艦・265人でスペインを出航、世界一周航海に出発。
1620年(元和6年8月24日)伊達政宗の使節としてスペインに赴いた支倉常長が7年ぶりに帰国。
1792年フランス革命: フランスで初の男子普通選挙による議会である国民公会が召集。
1792年フランス革命戦争: ヴァルミーの戦い
1854年クリミア戦争: アルマの戦い(英語)。セヴァストーポリ要塞の攻略を目指すイギリス・フランス・オスマン帝国同盟軍がアルマ河でロシア軍と対戦。
1869年明治政府が蝦夷地を「北海道」と改称する布告。
1875年江華島事件:日本海軍の軍艦「雲揚」が朝鮮漢江河口の江華島附近で朝鮮守備隊と交戦。
1886年大阪紡績が夜間照明に日本の民間初の電灯となるアーク灯を使用。
1909年イギリスで「職業紹介所法」成立、失業保険制度が開始。
1911年山田猪三郎考案の山田式飛行船が東京上空を初飛行。
1925年東京六大学野球リーグ戦が開幕。
1945年「ポツダム」宣言ノ受諾ニ伴ヒ発スル命令ニ関スル件(ポツダム緊急勅令)公布・即日施行。
1945年文部省が教科書の戦時教育部分の削除を通達。生徒に墨で塗りつぶさせる「墨塗り教科書」となる。
1946年第1回カンヌ国際映画祭開催。
1949年武生事件。福井地裁・福井地検武生支部の建物が放火により全焼。
1950年GHQが米兵と日本人女性の結婚禁止令を解除。
1951年詩人・峠三吉が『原爆詩集』をガリ版刷りにより発行。
1957年糸川英夫東京大学教授らが、初の国産観測ロケット「カッパー4C型」の打上げ実験に成功。
1961年武州鉄道汚職事件で楢橋渡元運輸相夫妻を逮捕。
1973年衆議院が、北方領土の返還に関する決議を全会一致で可決。
1977年ベトナム社会主義共和国が国連に加盟。
1986年ウルグアイで開催されたGATT閣僚会議で多角的新貿易交渉(ウルグアイ・ラウンド)の開始を宣言。
1987年第42回国体夏期大会ゅ海邦国体)が沖縄県で開幕し、国体が全都道府県を一巡。
1990年南オセチアがグルジアからの独立を宣言。
1998年ボルチモア・オリオールズのカル・リプケンが2632試合連続出場を達成。
2001年海上自衛隊のたかなみ型汎用護衛艦「おおなみ」(DD-111)が進水
2005年秋田県仙北[せんぼく]市が市制施行
2014年ISILに拉致されていたトルコ人たち46人が無事解放されて帰国した
2017年核兵器禁止条約の署名が開始

<著名人の誕生日>
1535年丹羽長秀[にわ・ながひで](戦国武将) [1585年4月16日]
1885年ジェリー・ロール・モートン(米:ジャズピアニスト(レッド・ホット・ペッパーズ))1890/10/20生とも[1941年7月10日]
1934年ソフィア・ローレン(伊:女優)
1947年小田和正[おだ・かずまさ](シンガーソングライター,ミュージシャン(オフコース/ヴォーカル))
1972年鈴木砂羽[すずき・さわ] (女優)
1976年一青窈[ひとと・よう](歌手)
1977年安室奈美恵[あむろ・なみえ] (歌手)
1988年大本彩乃[おおとも・あやの] (歌手(Perfume))

<著名人の忌日>
1605年山内一豐[やまのうち・かずとよ](武将,土佐藩祖) <数え60歳> [1546年生]
1806年喜多川歌麿[きたがわ・うたまろ](浮世絵師) <数え54歳> [1753年生]
1908年パブロ・デ・サラサーテ (スペイン:作曲家,バイオリン奏者) <64歳>[1844年3月10日生]
1957年ヤン・シベリウス (フィンランド:作曲家『フィンランディア』) <91歳> [1865年12月8日生]
1980年初代林家三平[はやしや・さんぺい1](落語家) <54歳> [1925年11月30日生]
1988年中村汀女[なかむら・ていじょ](俳人) <88歳> [1900年4月11日生]
1990年ニルス・エリック・バンク=ミケルセン (デンマーク:社会運動家,ノーマライゼーションを提唱) <71歳>[1919年3月29日生]
2000年徳間康快[とくま・やすよし] (経営者,徳間書店社長) <78歳>[1921年10月25日生]
2004年白石一郎[しらいし・いちろう] (小説家『海狼伝』『怒涛のごとく』) <72歳>1987年上期直木賞[1931年11月9日生]
2007年4代目望月朴清[もちづき・ぼくせい] (歌舞伎長唄囃子方) <73歳>1998年人間国宝[1934年1月8日生]
2014年土井たか子[どい・たかこ] ,衆議院議長(68代)) <85歳>[1928年11月30日生]

参加してるので、応援してもらえたら嬉しいです``r(^^;)ポリポリ
banner_22.gif 
 (↑ポチ)   (↑ポチ
拍手ボタンのポチポチお願いで~す。まり姫の励みになります、そして皆さんには笑顔をネ(*^^*ゞ
拍手ボタンを押すともっと見たくなりますよm(o´・ω・`o)mペコリン

スポンサーサイト
拍手する                         

theme : あれこれ
genre : 学問・文化・芸術

tag : 浮世絵 写真 出来事 名言 音楽 お気に入り ぼやき

富嶽三十六景&戯言&薩長史観が靖国史観の大元№6&音楽&お気に入り&名言&今日は何の日?

葛飾北斎画「東海道程ケ谷」(富嶽三十六景)
葛飾北斎「東海道程ケ谷」(富嶽三十六景)

「正直、公正。それが安倍晋三」と安倍応援団、恥を知らないねー。
「現職閣僚が対立候補を応援するなら辞任せよ」、批判されたら「名前を言え」とはアホウは懲りないね(--〆)
現職総理が特定の人物とゴルフをくり返していることを問題視されたら「ゴルフがいけないのならテニスや将棋もかー」ってバッカじゃないの!!
まあテレビジャックをしたのはいいけど裏目に出て目が泳ぎっぱなしで安倍応援団はともかく、国民の笑いものになったことだけは確実!!
うん間違いないわ■━⊂( ・∀・)彡ガッ☆`Д゚)ハハ

2018-9-18報ステ

再掲[薩長史観が靖国史観の大元№6](加筆修正)
「明治維新」の立役者と讃えられた吉田松陰とは真っ赤な大ウソでその「真犯人」の先駆けとなった水戸藩士とその同調者たちの狂気と、「明治はよかった」といういわゆる戦後に小説化された司馬遼太郎氏による一連の幕末維新浪士たちを美化した作品群を顕した「司馬史観」が明治の歴史と戦前の昭和史を見誤らせることになった大きな助けになったことは見逃せません。
2017司馬遼太郎
あくまで小説の世界であることと、歴史的史実の司馬氏による誤解が高度な歴史資料価値と錯覚させる司馬氏の作風は、読者や視聴者を惑わせることになっているのも言い換えれば「司馬史観」の罪といえるでしょう。
司馬遼太郎氏は1943年(昭和18)学徒出陣で満州(現中国東北地方)に徴兵され、陸軍戦車学校を経て戦車隊に配属されました。
この学徒出陣が司馬氏をかなり戦前昭和史を明治時代とはまったくかけ離れたものであると誤解させる原因となり、司馬氏の内心のどこかに明治時代に形成された富国強兵策と徴兵制の導入の政治体制づくりに討幕派武士たちがその土台をつくる役割を果たしたことがすっぽり抜け落ちていたとも考えられ、これを利用しようとしたマスメディアやテレビ・映画等での小説の映像化で、歴史上の実在人物とは違う人間像が国民の間に定着してしまったことも見逃せません。
吉田松陰と高杉晋作(しんさく)を主人公にした『世に棲(す)む日日』(1969~70)を初め、大村益次郎の美化をした「神」、西郷隆盛を中心とした「飛ぶが如く」あるいは日露戦争を徹底美化した「坂の上の雲」など、司馬遼太郎氏はこれについては大変な罪を犯しているという歴史研究家もいます。
司馬氏は、すべての暗殺を否定すると断言すると言いつつも、「ただ、桜田門外ノ変だけは『歴史を進展させた』珍しい例外」であるとし、時の幕府大老井伊直弼の暗殺を正当化するテロ行為を高く評価しているのです。
これは歴史小説家として資料等を収集したうえで述べているのであればただの詭弁であるともいえます。
「歴史を進展させた」という一言で、司馬氏がどういう立場で幕末史を語っているかが明白に現れているのではないでしょうか。
その司馬氏は、坂本龍馬、吉田松陰、勝海舟の3人を高く評価しています。
司馬史観というものがあってその中心に「桜田門外ノ変」とこの3人の存在があったとすれば、司馬史観は読者に対して大きな誤解を与えており罪を犯していると言わざるを得ません。
しかも先述したように時の幕府大老井伊直弼は、すでに国際社会の動きを見た上で行動していたことからも、暗殺というテロ行為で抹殺される理由などまったくなく、当時もっとも海外情勢に詳しい進歩的な人物であったことを考えれば、狂気の集団に政治を任せられるはずなどないことも当然視する必要があったはずです。
また徳川幕府史上最高の英才と言ってもいい小栗上野介という有能な外交・経済政策の持ち主だった人材を「薩長」連合は斬首抹殺してしまい、日本の外交、経済、産業政策まで遅れたのもテロリスト集団ならではの行動であり、どんな理由をつけても正当化されるものではありません。
越後長岡藩の家老河合継之助を小説化し、彼が和平を望んでいたことに光を当てたことは評価できますが、ならば西郷隆盛に利用されるだけ利用され挙句に、偽官軍の汚名を着せられたまま諏訪で処刑された赤報隊総裁の相良総三はどうなのか。
江戸近郊の尊王派で西郷隆盛と密約までかわし、江戸騒乱を薩摩藩と共同で引き起こしたことが露見するのを防ぐだけの理由で歴史から消し去ろうとした、こういう不都合な真実まで掘り下げるべきではなかったか、という疑念がつきまといます。
司馬氏が評価した吉田松陰とは前述したように単なるテロリスト煽動家に過ぎなかったということは、資料を調査すれば十分理解できるはずのものです。
体制を批判し(体制批判者なら幕府側にもいた)、悪い奴だと思う人物をこの世から完全に抹殺すれば世の中は変わるという短絡的思考の元に、幾多の暗殺計画を企てた「跳ね上がり者」です。
よくよく考えれば明治新政府を作り上げたのは薩摩と長州、それに過激派下級公家連中による合作そのものなのです。土佐・肥後は添え物扱いでした。(今日で吉田松陰の項は終了する予定でしたがあまりにも文章が長くなり途中で本日分とさせていただき、最後は明日に掲載させていただくことに変更します)
[次回につづく]

[今日の音楽]
日本人歌手ならオペラかミュージカルの一流歌手くらいでないとこれだけの声量のある歌声は無理でしょう。
世界のトップ歌手として長く活躍できる人はみんな迫力満点の歌声の持ち主ばかりですよ(*^^)
Céline Dion - 「The Power Of Love」


[今日のお気に入り写真](画像クリックで拡大)
延命菊
IMG_0034延命菊

[歴史に残る名言]
<石川啄木の名言
「今日聞けば
かの幸(さち)うすきやもめ人(びと)
きたなき恋に身を入(い)るるてふ」

石川啄木[いしかわ・たくぼく](明治の歌人・詩人、1886~1912)『一握の砂』


[今日は何の日?]
<今日のトップニュース>
※金正恩氏、米朝進展に期待 文氏、非核化へ行動説得か
【ソウル共同】北朝鮮の平壌を訪問した韓国の文在寅大統領は18日、金正恩朝鮮労働党委員長と党本部庁舎で2時間にわたり首脳会談を行った。金正恩氏は6月の米朝首脳会談により「周辺地域の情勢が安定し、さらに進んだ結果が予想される」と語り、米朝関係の進展に期待を表明した。
文氏は会談で、非核化を巡る米朝交渉の停滞打開に向け、具体的な行動を取るよう金正恩氏を説得したとみられる。金正恩氏が米朝関係改善に意欲を示したことから、何らかの行動を取る姿勢を示した可能性もある。
韓国取材団によると、金正恩氏は文氏の努力で米朝首脳会談が実現し、米朝関係が改善したと謝意を表明した。2018年9月18日【出典:東京新聞】

※「安保法廃止を」 共闘続く野党と市民団体
安全保障関連法に反対する市民団体と野党は、廃止に向けた訴えを現在も国会内外で続けている。
市民団体「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」が十三日に東京都のJR新宿駅前で開いた街頭演説会には、立憲民主、国民民主、共産など主要野党の国会議員が参加。新執行部が発足した国民民主党からは平野博文幹事長が出席し「安保法は憲法解釈を変え集団的自衛権をできるようにした。許すことはできない」と訴えた。成立からちょうど三年となる十九日には、都内の日比谷野外音楽堂で大規模な集会を開く予定で、市民団体と野党各党が、安保法廃止を訴える。
市民連合は安保法成立を受け、二〇一五年十二月に発足した。一六年二月には、安保法施行を翌月に控え、民進(当時)、共産、社民など野党五党が廃止法案を共同提出。同年七月の参院選では、市民連合が安保法に反対する野党の候補一本化を後押しした。
安保法について、立憲民主の長妻昭代表代行は本紙の取材に「安倍首相が提案する九条改憲で、違憲の安保法制を追認することは許されない」と、反対していく姿勢を強調した。
市民連合は来年夏の参院選に向け、野党各党と政策協定を結び、改選一人区での候補者を一本化する「野党共闘」を促す考えだ。 (木谷孝洋)2018年9月18日【出典:東京新聞】

<ちょっと前のトップニュース>
※大義より「加計隠し」 10月総選挙へ 首相、局面打開図る 野党の準備不足狙う
安倍晋三首相が28日召集の臨時国会冒頭を含む早い段階での衆院解散を決断した背景には、森友、加計(かけ)学園を巡る野党の疑惑追及を回避したいとの思惑がある。野党の選挙態勢は整っておらず、早期解散ならば政権維持は十分可能で、改憲戦略への影響も最小限で抑えられるとの計算もうかがえる。ただ、国民に「加計隠しの大義なき解散」との印象が広がれば、与党は逆風下での戦いを強いられる。首相の狙い通りに局面打開できるかは見通せない。
8月下旬、首相は今井尚哉首相秘書官に冒頭解散の意向を伝達。今井氏が所信表明と代表質問まで終えて解散するよう進言すると、首相は「そうだな」と応じたという。
麻生太郎副総理兼財務相も首相に早期解散を再三、進言していた。ただ、官邸は一枚岩だったわけではない。菅義偉官房長官は、公明党の支持母体の創価学会幹部に「11月のトランプ米大統領の来日後にした方がいい」と伝えた。
それでも首相が早期解散を譲らなかったことについて、自民関係者は「首相の自信喪失ぶりを表している」と解説する。
森友、加計問題などで、安倍政権の内閣支持率は一時20ポイント前後下落。回復傾向にあるとはいえ、臨時国会で野党の追及が繰り返されれば、再び下落に転じる恐れが消えないからだ。
一方、民進は前原誠司代表の就任直後に「看板」と期待された山尾志桜里元政調会長のスキャンダルが発覚。離党騒動も収束せず、党勢回復とは程遠い状態だ。
小池百合子東京都知事が事実上けん引する地域政党「都民ファーストの会」と連動した国政新党も選挙態勢は整っていない。自民関係者によると、衆院選で野党共闘が実現しても、自民が選挙区で失うのは最大十数議席にとどまるとの調査結果もあるという。
秋以降は、北朝鮮情勢がさらに悪化、長期化する恐れもある。官邸筋は「解散は、野党がボロボロの今しかない。勝てば加計問題も決着だ」と話す。
   ◇    ◇
これまでは、改憲勢力が現在持つ憲法改正の国会発議に必要な3分の2超の議席を失いかねないことが、首相に解散をちゅうちょさせているとの見方が一般的だった。だが、首相は最近、周辺に「憲法改正のためには3分の2ない方がいいんだ」と語り始めている。
自公と日本維新の会の改憲勢力だけで発議すれば、国民投票で非自民の有権者の態度が硬化し、過半数の賛成が得られない可能性が高くなるとの見方だ。
きっかけは、改憲に前向きな前原氏の民進代表就任。さらに「小池新党」も9条改正には慎重だが、改憲論議には応じる構えを見せている。もし衆院選で改憲勢力の議席が3分の2を割っても、与野党を巻き込んだ新しい勢力で改憲を目指せるとの読みが、首相の解散判断を後押しした。
   ◇    ◇
「解散は国会で森友、加計学園問題を追及されるのを逃げるためだ」。前原氏は17日、記者団を前に首相の判断を厳しく批判した。
野党は憲法に基づき森友、加計問題を審議する臨時国会召集を要求してきたが、政府は拒否。首相は6月の会見で「国民に丁寧に説明する」と述べたが、解散すればその機会すら失われることになる。
また、首相は17日の北朝鮮の拉致問題に関する集会で「拉致問題は安倍内閣で解決するとの強い覚悟の下、北朝鮮に決断を迫っていく」と訴え、解決に意欲を示した。だが、北朝鮮情勢が「戦後最大の危機」(自民党幹部)にある中、解散で政治空白を生むことに、共産党幹部は「危機管理より個利個略を優先するのか」と憤る。
安倍政権が「成長戦略の中核」と位置付ける働き方改革関連法案の審議も棚上げされる。「仕事人内閣」は結果を残さないまま、選挙後に総辞職となる。自民中堅議員は首相の判断に疑問を投げかける。「解散の『大義』がさっぱり分からない。事実上の追い込まれ解散ではないか」2017年09月18日【出典:西日本新聞】

<もう少し前のトップニュース>
※陸自宿営地 隣で銃撃戦 南スーダンPKO 参加要件に疑問も
【ジュバ=共同】南スーダンの首都ジュバで七月に大規模な戦闘が発生した際、国連平和維持活動(PKO)に参加する陸上自衛隊の宿営地の隣にあるビルで二日間にわたり銃撃戦が起きていたことが分かった。南スーダン政府軍のルアイ報道官が十六日、共同通信に現場を公開した。 
南スーダンPKOへの日本の参加を巡っては、停戦合意などPKO参加五原則は満たされているのか疑問の声が上がっている。安全保障関連法の成立から十九日で一年。同関連法に基づく駆け付け警護など新任務の付与について日本政府が検討する中、PKO参加の是非が改めて問われそうだ。
陸自は、宿営地内で流れ弾とみられる弾頭が見つかったことは発表済みだが、周辺での戦闘の詳細は明らかにしていなかった。
ルアイ報道官によると、銃撃戦があったのは七月十日から十一日にかけて。建設中のビルに立てこもった反政府勢力約二十人と政府軍の間で断続的に続き、政府軍の二人が死亡した。
ビルから宿営地までは約百メートル。報道官は七階建てビルの五階付近に記者を案内し「反政府側はここから狙撃を繰り返した」と説明した。五階からは政府軍本部につながる道路や陸自宿営地が見渡せた。ビルの外壁には砲弾痕が確認できた。
反政府勢力は宿営地の近くにある空港の占拠を狙っていたもよう。宿営地は標的にならなかったという。
ルアイ報道官は「反政府側は弾薬を使い果たした後、武器を捨ててPKO施設内の避難民キャンプに逃げた」と述べた。銃撃戦があった七月当時、陸自宿営地があるPKO施設内にはキャンプが設営され、戦闘により家を追われたジュバ市民を受け入れていた。
七月の戦闘では首都で二百七十人以上が死亡した。陸自隊員にけがはなかった。菅義偉官房長官は「武力紛争が発生したとは考えていない」との認識を示していた。2016年9月18日【東京新聞】

<かなり前のトップニュース>
※さあ、選挙に行こう 「違憲」安保法制 
新しい安全保障法制により、日本はこれまでの平和国家とは違う道に踏み出す。この流れを止めるには投票で民意を示すしかない。さあ、選挙に行こう。
自衛隊が他国同士の戦争に参戦する集団的自衛権を行使できるようになり、これまでの「専守防衛」政策とは異なる道を歩みだす。これが新しい安保法制の本質だ。
戦争放棄の日本国憲法に違反すると、憲法学者らが相次いで指摘し、国会周辺や全国各地で多くの国民が反対を訴えたが、与党議員が耳を傾けることはなかった。戦後七十年の節目の年に印(しる)された、憲政史上に残る汚点である。
△公約集の後ろの方に
安倍晋三首相が新しい安保法制推進の正当性を裏付けるものとして持ち出したのが選挙結果だ。
首相は国会で「さきの総選挙では、昨年七月一日の閣議決定に基づき、平和安全法制の速やかな整備を明確に公約として掲げた。総選挙での主要な論点の一つであり、国民の皆さまから強い支持をいただいた」と答弁している。
確かに、昨年十二月の衆院選で有権者は自民、公明両党に三分の二以上の議席を与え、自民党総裁たる安倍首相に政権を引き続き託したことは事実、ではある。
とはいえ「アベノミクス解散」と名付け、経済政策を最大の争点として国民に信を問うたのも、ほかならぬ安倍首相自身である。
首相が言うように、安保政策も主要争点ではあったが、自民党が衆院選公約として発表した「重点政策集2014」で安保政策は二十六ページ中二十四ページ、全二百九十六項目中二百七十一番目という扱いで、経済政策とは雲泥の差だ。
「集団的自衛権の行使」という文言すらない。これでは憲法違反と指摘される新しい安保法制を、国民が積極的に信任したとはいいがたいのではないか。
△「奴隷」にはならない
もっとも、人民が自由なのは議員を選挙する間だけで、議員が選ばれるやいなや人民は奴隷となる、と議会制民主主義の欠陥を指摘したのは十八世紀のフランスの哲学者ルソーである。
政党や候補者は選挙期間中、支持を集めるために甘言を弄(ろう)するが、選挙が終わった途端、民意を無視して暴走を始めるのは、議会制民主主義の宿痾(しゅくあ)なのだろうか。
しかし、二十一世紀を生きる私たちは、奴隷となることを拒否する。政権が、やむにやまれず発せられる街頭の叫びを受け止めようとしないのなら、選挙で民意を突き付けるしかあるまい。
選挙は有権者にとって政治家や政策を選択する最大の機会だ。誤った選択をしないよう正しい情報を集め、熟慮の上で投票先を決めることは当然だ。同時に、低投票率を克服することが重要である。
安倍政権が進める新しい安保法制について、報道各社の世論調査によると半数以上が依然「反対」「違憲」と答えている。
そう考える人たちが実際に選挙に行き、民意が正しく反映されていれば、政権側が集団的自衛権の行使に道を開き、違憲と指摘される安保法制を強引に進めることはなかっただろう。
昨年の衆院選で全有権者数に占める自民党の得票数、いわゆる絶対得票率は小選挙区で24・4%、比例代表では16・9%にしかすぎない。これが選挙だと言われればそれまでだが、全有権者の二割程度しか支持していないにもかかわらず、半数以上の議席を得て、強権をふるわれてはかなわない。無関心や棄権をなくして民意を実際の投票に反映することが、政治を正しい方向に導く。
幸い、国会周辺で、全国各地で安倍政権の政策に異議を唱えた多くの人たちがいる。その新しい動きが来年夏の参院選、次の衆院選へとつながることを期待したい。
まずは自分が声を上げ、共感の輪を広げる。そして多くの人に投票所に足を運んでもらえるようになれば、政治が誤った方向に進むことを防げるのではないか。
来年の参院選から、選挙権年齢が二十歳以上から十八歳以上に引き下げられる。若い世代には、自らの思いをぜひ一票に託してほしい。それが自分たちの未来を方向づけることになるからだ。
△民意の受け皿つくれ
野党にも注文がある。安保法制反対の共闘で培った信頼関係を発展させて、来年の参院選では安倍自民党政治とは異なる現実的な選択肢を示してほしいのだ。
基本理念・政策が一致すれば新党を結成して有権者に問えばよい。そこに至らなくても、比例代表での統一名簿方式や選挙区での共同推薦方式など方法はある。
野党が党利党略を優先させて、選挙にバラバラで臨むことになれば、民意は受け皿を失い、拡散する。そうなれば自民、公明の与党が漁夫の利を得るだけである。2015/9/19【中日新聞・東京新聞】

<昔のトップニュース>
※チャップリンがマッカーシー旋風にに巻き込まれ事実上のアメリカからの追放
チャップリンは、業界において極めてマルチな才能を示した人物であった。完璧主義で知られ、俳優であることはもちろん、プロデューサー、脚本家、ディレクター、そして自らの映画のために作曲、バレエの振り付けまでをもこなした。数ある映画スターの中でも抜きんでて人脈が広く、スタジオには政界人や文化人が訪ねて来るような類稀な存在であった。
第二次世界大戦前の1936年に発表された問題作『モダン・タイムス』やその後の『独裁者』のあたりから、鋭進的な左右両派からの突き上げが激しくなっていく。
第二次世界大戦が終結し、ソビエト連邦をはじめとする東側諸国との冷戦が始まったアメリカで、そのファシズムを批判する彼の作風が「容共的である」とされ、非難の的とされた。特に1947年公開の『殺人狂時代』以降はバッシングも最高潮に達し、1950年代に入り、ジョセフ・マッカーシー上院議員指揮の下、赤狩りを進める非米活動調査委員会から、他の「容共的である」とされた俳優や監督とともに何度も召喚命令を受けた。しかしそのような中で1948年に、フランス映画批評家協会は彼をノーベル平和賞に推薦した。
その後、1952年に『ライムライト』のロンドンでのプレミアのためにイギリスに向かう最中、トルーマン政権の法務長官から事実上の国外追放命令を受け、その結果、自身の意にはそぐわなかったが、スイス・ローザンヌのアメリカ領事館で再入国許可証を返還。自らに名声や富、成功をもたらす大きな原動力となったアメリカと決別をする]。
尚、ハリウッドに赤狩りが広がったのは、俳優組合の役員だったロナルド・レーガン(のちのアメリカ大統領)の密告によるものということは多くの俳優・監督らの証言で明らかになっている。

<9月19日の記念日>
※敬老の日
「多年にわたり社会に尽くしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う日」というのが祝日法による敬老の日の定義。
1951年(昭和26年)に作られた「としよりの日」が、1966年(昭和41年)に「敬老の日」となった。
※苗字の日
1870(明治3)年、戸籍整理のため、太政官布告により平民も苗字を持つことが許された。
しかし、なかなか苗字を持とうとしなかったため、1875(明治8)年2月13日に、全ての国民が姓を名乗ることが義務づけられた。
※子規忌,糸瓜[へちま]忌,獺祭[だっさい]忌
俳人・歌人の正岡子規[まさおかしき]の1902(明治35)年の忌日。
辞世の句に糸瓜[へちま]を詠んだことから糸瓜忌、獺祭書屋主人という別号を使っていたので獺祭忌とも呼ばれる。

<今日の誕生
女郎[おみなえし]言葉:親切」    菅[すげ]言葉:自重靭草」
女郎花(おみなえし) スゲ
[うつぼぐさ](夏枯草)「花言葉:優しく癒す」
ウツボグサ

<歴史上の出来事
1324年正中の変。六波羅探題が兵を遣し、鎌倉幕府討滅を企てた後醍醐天皇方の土岐頼兼・多治見國長らを殺害し、日野資朝・俊基を捕える。
1870年「平民苗字許可令」により、平民も苗字を名乗ることが許される。5年後に義務化。(新暦10月13日)
1899年ドイツのスパイ容疑で逮捕され、終身刑で服役中だったアルフレド・ドレフュス仏大尉が特赦により釈放。
1921年ドイツ・ベルリン郊外にサーキット兼世界初の自動車専用道路「アヴス」が完成。
1931年日本初の臨時ニュース放送。前日の満洲事変の第一報。
1939年国家総動員法に基づき、物価・賃金などをこの日の水準でストップさせる「価格等統制令」等(9・18ストップ令)を閣議決定。10月20日施行。
1941年内閣情報局の指示により映画制作会社10社を松竹・東宝・大映の三社に統合。
1942年九州電気軌道が北部九州の私鉄4社を吸収合併。9月22日に西日本鉄道に社名変更。
1945年GHQが「プレスコード(新聞紙規定)」を発令。言論統制検閲が始る。
1949年「人事院規則14-7(政治的行為)」を制定し即日施行。公務員の政治活動を制限。
1952年アメリカ法務長官が、『ライムライト』のプレミアのためにロンドンに向かっていたチャップリンのアメリカへの再入国を禁止し、事実上の国外追放。
1955年アルゼンチンで軍部がクーデターを起こし軍事政権を樹立。ペロン大統領は辞任しスペインへ亡命。
1955年原水爆禁止日本協議会(原水協)結成。
1957年アメリカがネバダ核実験場で世界初の地下核実験。
1958年アルジェリア民族解放戦線がカイロでアルジェリア共和国臨時政府の樹立を宣言。
1958年巨人の長嶋茂雄が新人新記録となる28号ホームランを打つが、一塁を踏まなかった為に取り消しに。
1959年静岡県御殿場市に「国立青年の家」ができる。青年の家第1号。
1964年築地署と警視庁少年課が、銀座・みゆき通りにたむろする「みゆき族」の少年少女約百人を一斉補導。
1978年埼玉県行田市の稲荷山古墳で出土した鉄剣(金錯銘鉄剣)の文字115文字の解読に成功。
1982年IBMの研究者Scott Fahlman氏が、世界で初めて顔文字「:-)」を使用する。
1984年自民党本部ビルに向けて中核派メンバーが火炎放射器で放火。
1985年メキシコ西海岸でM8.1の大地震。湖を埋め立てて作られたメキシコシティで液状化現象が起きて多数の建物が倒壊。死者1万人以上。
1987年昭和天皇が吐血。22日に開腹手術を受ける。
1988年昭和天皇の容態が急変し深夜に大量吐血。以後、各地で祭・催事などを自粛。
2006年タイで反タクシン派の軍部・警察による無血クーデター。国連総会出席のためニューヨークにいたタクシン首相はそのまま亡命。
2012年アメリカ株式市場で、アップル株が1株701.91ドルとなり、時価総額は歴代最高額である約6580億ドル(約52兆円)を記録
2015年参院本会議において安全保障関連法案(集団的自衛権の限定的な行使容認を含む安全保障関連法案)の採決が行われ、賛成多数により可決成立
2015年ラグビーの日本代表は2015年ワールドカップイングランド大会、1次リーグB組初戦で過去2回の優勝を誇る強豪・南アフリカに34-32で逆転勝ち。歴史的勝利を収めた

<著名人の誕生日>
1901年沢田美喜[さわだ・みき](社会事業家,エリザベスサンダースホーム創設) [1980年5月12日]
1919年加藤周一[かとう・しゅういち](評論家,小説家,医師) [2008年12月5日]
1922年エミール・ザトペック (チェコ:陸上競技(長距離)「人間汽関車」)[2000年11月21日]
1927年ニニ・ロッソ (伊:ジャズトランペット奏者)[1994年10月5日]
1949年ツィッギー(英:モデル「ミニの女王」,女優,歌手)
1960年鶴田さやか[つるた・さやか] (女優,鶴田浩二の子)
1963年島田歌穂[しまだ・かほ] (女優,歌手)
1966年野村謙二郎[のむら・けんじろう] (野球(内野手・監督))
1980年夏川純[なつかわ・じゅん] (タレント)
1989年IMALU[イマル] (モデル,タレント,明石家さんま・大竹しのぶの子)

<著名人の忌日>
1902年正岡子規[まさおか・しき](俳人,歌人『寒山落木』『竹乃里歌』) <35歳>[1867年9月17日生]
1939年中村樂天[なかむら・らくてん](俳人) <74歳> [1865年7月10日生]
2003年河原崎長一郎[かわらざき・ちょういちろう](俳優) <64歳> [1939年1月11日生]
2008年市川準[いちかわ・じゅん](映画監督,CMディレクター) <59歳> [1948年11月25日生]
2013年山内溥[やまうち・ひろし] (経営者,任天堂社長(3代)) <85歳>[1927年11月7日生]

参加してるので、応援してもらえたら嬉しいです``r(^^;)ポリポリ
banner_22.gif 
 (↑ポチ)   (↑ポチ
拍手ボタンのポチポチお願いで~す。まり姫の励みになります、そして皆さんには笑顔をネ(*^^*ゞ
拍手ボタンを押すともっと見たくなりますよm(o´・ω・`o)mペコリン

拍手する                         

theme : あれこれ
genre : 学問・文化・芸術

tag : 写真 出来事 名言 音楽 浮世絵 お気に入り ぼやき

退院のご挨拶&富嶽三十六景&薩長史観が靖国史観の大元№5&樹木希林さん死去に安室ちゃん引退&音楽&お気に入り&名言&今日は何の日?

[退院のご挨拶]
いつも多くの皆さまにお立ち寄りいただきありがとうございます(*^^)
化学療法の副作用により思わぬ足止めにあって昨日まで病院に入院を強いられてしまいました(-_-;)アセアセ
私が足止めにあっている間に義母(叔母)が胆石で緊急入院したことは義父(叔父)から知らされるまで全く知らず自分のことで精いっぱいだったことに深く反省しています^_^;
退院したその足で義母の病院に駆けつけましたが、義母は意外に元気でほっとしました。
「不治の病でなくてよかった」と義母に言ったら、「あんたのことが心配で死んでも死にきれない。お兄さんに言い訳できないからね」って逆に私の心配をしていたと聞き、家族の絆の強さを改めて感じたときでした。
化学療法の副作用なんかに負けていられないし、たとえ義理の親子であっても親身になってくれるのは父の弟夫婦だけ、二人には感謝してもしすぎではないと思う今回の入院劇でした。
義母も胆石が切除され少しずつ元気を取り戻しているようで、食事もとれるようになり退院もあと一回の検査に問題がなければできそうです。
皆さまにはホントにご心配をおかけしましたがもう少しで眼が見えなくなったドラニャンコをのぞいて普通の暮らしに戻れそうです。
皆さま、ご心配をいただきありがとうございました(*・ω・)*_ _))ペコリ



葛飾北斎画「東海道品川御殿山ノ不二」(富嶽三十六景)
葛飾北斎「東海道品川御殿山ノ不二」(富嶽三十六景)

再掲[薩長史観が靖国史観の大元№5](加筆修正)
前回に続き吉田松陰について触れますが、松陰は、自分が「幕府指弾の先駆者であり、それは国家や社会に対する忠義に準じるという心があるからだ」と傲慢とも思われる自己評価を下しています。
それは精神に異常をきたしている狂気にも似ているとも感じられます(安倍首相にそっくり)。
松陰の狂気の叫びは、やがて松下村塾に集まっていた「跳ね上がりもの」たちをなりふり構わぬ幕府高級官僚や孝明天皇支持派の公家の暗殺・殺戮という狂気のテロ行動に駆り立てていくことになりました。
大老井伊直弼を暗殺したのは水戸藩士らによる単なる尊王派によるものでしたが、これを契機に水戸藩士と長州の桂小五郎(木戸孝允)による攘夷実行と条約破棄の密約「丙辰丸(へいしんまる)盟約」が結ばれ、そして「安藤老中は和宮を降嫁させたあとに、天皇制を廃止することを考えている」という噂が流され、天皇と朝廷を守る尊王思想が攘夷と重なるように長州藩士たちは仕組んだのです。
松陰の過激主義が見事に上士である桂小五郎や松下村塾に屯路していた後輩たちに受け継がれていったと言えるでしょう。
井伊大老が暗殺された2年後の文久2年(1862年)1月、老中安藤信正が江戸城に登城する途中の坂下門で水戸藩士ら6人によって襲撃され負傷しましたが、この襲撃事件の背後には長州の伊藤博文(伊藤俊輔)がいたとされますが、実は伊藤は山尾庸三と同じ文久2年12月に国学者の塙次郎ほか1名を殺害しています。
理由は簡単でうわさになっていた天皇と朝廷を廃止するのではないか、その中心人物が塙次郎だという流言飛語に飛びついただけのことです。
明治の元勲とされた伊藤博文が巷の噂だけで人殺しをするとんでもないテロリストだったことは明らかでしょう。
大老井伊直弼が暗殺された後は京都、江戸市中にテロで暗殺するという尊攘過激派が幅を利かせてしまったのは長州と水戸両藩が深くかかわっていたことが原因で、その元凶は吉田松陰とそのお友だちたちテロリストが闊歩していたことを抜きにして歴史を語ることはできないでしょう。(次回につづく)


個性派俳優樹木希林さんが死去、75歳
2018-9-16樹木希林
個性派俳優としてテレビドラマやCMなどで活躍、お茶の間の人気者だった樹木希林(きき・きりん、本名内田啓子=うちだ・けいこ)さんが15日午前2時45分、東京都渋谷区の自宅で死去されました。75歳。東京都出身。葬儀・告別式は30日午前10時から東京都港区南麻布4の11の25、光林寺で。
1961年に文学座に入り、悠木千帆の芸名でデビュー。テレビドラマ「七人の孫」のお手伝いさん役で一躍有名になりました。
文学座を退団後、主にテレビドラマで活躍。ユニークな脇役として強い個性と存在感を示しました。
ホームドラマ「寺内貫太郎一家」では小林亜星さんが演じた主人公の母親を演じたことでも知られます。
そのほか「時間ですよ」『岡っ引きどぶ」などでも個性を発揮しお茶の区の人気を獲得し、今年のカンヌ映画祭では「万引き家族」の演技が高く評価されました。
惜しい俳優さんを失ったものです。
今年はやけに個性派俳優さんが亡くなっていますね~ヾ(@^(∞)^@)ノ
話は違いますが、バブルが崩壊した90年代初め、沖縄からひとりの少女が大きな夢を抱いて上京しました。
歌って踊ってカッコいい歌手になりたい。それから四半世紀、彼女の音楽と、自分らしさを貫く生き方は人びとを励まし続けました。惜しまれ、感謝されながら安室奈美恵さんが引退しました。10代から40代まで、それぞれの世代でアルバムは100万枚以上売れ、幅広いファンから長く愛され、支持されてきました。
共感は楽曲や「アムラー」と呼ばれたファッションだけではありません。絶頂期の結婚、出産。そしてシングルマザーへ。みずから選んだ道を前向きにブレずに歩む姿に多くの女性たちが自身の人生を重ねてきました。
「同じ時代にあなたと出会えて幸せでした」「過ごした時間は宝物」。ファンからのメッセージにもあるように、うれしいときやつらいときも、彼女の笑顔と歌はそっとみんなの背を押してくれました。
今年5月に沖縄の県民栄誉賞を翁長知事から受けたとき。「帰ってくるたびに初心に戻してくれるやさしい場所。がんばってきて本当に良かった」と涙ぐみながらふるさとに思いを寄せていました。その翁長知事が亡くなったときには、遺志が受け継がれ、これからも多くの人に愛される沖縄であることを願うと(NHKは肝心なところを抜いて報道)。
あふれる愛と、たくさんの思い出。これまでとちがう道を歩んだとしても“安室奈美恵”は人びとの心のなかに生き続けるでしょう。
きみだけのためのヒーロー、どんな日もそばにいるよ。
そう語りかけながら・・・・・・・。

[今日の音楽]
中島みゆきで「糸」


[今日のお気に入り写真](画像クリックで拡大)
しまなみ海道です。
しまなみ海道
松山城ライトアップ
観月にあわせた松山城ライトアップ

[歴史に残る名言]
<石川啄木の名言
「石をもて追はるるごとく
ふるさとを出(い)でしかなしみ
消ゆる時なし」

石川啄木[いしかわ・たくぼく](明治の歌人・詩人、1886~1912)『一握の砂』


[今日は何の日?]
<今日のトップニュース>
※平和条約締結、首相の説明と相違 ロ報道官「本人からの反応なし」
【モスクワ共同】ロシアのペスコフ大統領報道官は16日放映のロシア国営テレビのインタビューで、プーチン大統領が12日に前提条件なしの年内の日本との平和条約締結を安倍晋三首相に提案したことに関連し、安倍氏本人からの反応はなかったと語った。
安倍氏は16日のNHK番組で、プーチン氏の提案があった後に2人でやりとりを交わし、北方領土問題を解決して平和条約を締結するのが日本の原則だと直接反論したと明らかにしたが、ペスコフ氏の説明とは食い違うことになる。
ペスコフ氏は、プーチン氏の提案後に「実際に安倍氏本人から反応はなかった。東京と外交官から反応があった」と話した。2018年9月17日【出典:共同通信】

平和条約は戦争状態を終結させ、国境を画定することを目的としたものです。
「年末までにいかなる前提条件もなし」で平和条約を締結するというプーチン・ロシア大統領の発言は本来、平和条約に値しないばかりか、事実上、領土問題の解決に道を閉ざすことになりかねません。
プーチン氏は発言で、「平和条約に基づき、友人としてすべての係争中の問題に関する議論を続ける」と領土問題を先送りにする考えを明瞭に示しています。
領土問題の解決なしに平和条約の締結はありえないというのが、日本政府の立場でした。
これにも反する発言が目の前でおこなわれながら、なんの反論もしなかった安倍晋三首相の態度も重大です。
プーチン氏が、「晋三は(領土問題への)アプローチを変えようといった」とのべたように、背景には「北方四島」(国後、択捉、歯舞、色丹)での「共同経済活動」を「新しいアプローチ」と称して領土問題の解決を遠のかせてきた安倍政権の方針の破たんがあります。
もともと、日ロ間の領土問題は、第2次世界大戦の際に、「領土不拡大」という連合国の戦後処理の大原則を踏みにじって、旧ソ連のスターリンが千島列島の引き渡しを要求。
米英がこれに応じて、「ヤルタ秘密協定」に書き込まれ、旧ソ連が国内法で自国領土に編入したことが発端です。この不公正を是正することを中心にすえなければ、領土問題の解決がないことは今回の経過からもいっそう明瞭です。
安倍首相の帰国後の発言は欺瞞に満ちたもので、まさにウソとごまかしという安倍首相お得意の国民だましの手法にほかなりません。


<ちょっと前のトップニュース>
※<検証「加計」疑惑> 始まりは15年4月2日
2015年4月2日に首相官邸を訪問した愛媛県今治市の出張記録。応対者は非公表=市職員名は加工処理
PK2017091702100038_size0.jpg
急きょ東京出張の日程が変更になった。二〇一五年四月二日夕。帰りの航空機の便を遅らせて、愛媛県今治市の職員が首相官邸を訪れた。
待っていたのは、柳瀬唯夫(やなせただお)首相秘書官(当時)。県職員と学校法人「加計学園」(岡山市)の幹部も同席した場で、県と市に学園の獣医学部新設を進めるよう対応を迫ったという。
柳瀬氏は、安倍晋三首相が創設した国家戦略特区を担当。アベノミクスの恩恵を全国に波及させるとして、地方創生につながる特区提案を近く募ることになっていた。
市の文書には、この日の午後三時~四時半、「獣医師養成系大学の設置に関する協議」のため、市の担当者が官邸を訪問した出張記録が残る。
しかし、今年七月、国会の閉会中審査で、官邸での面会の事実を問われた柳瀬氏は「記憶にない」を連発。かたくなに面会を否定する政府に対し、県幹部も苦言を呈する。「何で国は隠すんですか」
官邸訪問から二カ月後、県と市が国家戦略特区に提案すると、十年にわたって膠着(こうちゃく)していた獣医学部の計画が一気に動きだす。
政府関係者は言う。「四月二日が『加計ありき』のキックオフだった」
 ◇ 
おごりと慢心。「官邸主導」の政権運営にほころびが見え始めた。加計学園の獣医学部新設を巡っても、国民の疑念に答えようとしない安倍首相への不信感がくすぶる。「加計疑惑」の背景を検証する。
PK2017091702100039_size0.jpg
◆もろ刃の「安倍特区」
昨年十一月五日、愛媛県今治市の菅(かん)良二市長が地元の県議六人を市役所に呼び出した。
「特区を使って獣医学部の話が前に進みそうだ」。菅市長は意気揚々と切り出した。市の担当者らが、首相官邸で柳瀬唯夫(やなせただお)首相秘書官(当時)と会ってから一年半後のことだった。政府は同九日、国家戦略特区で獣医学部新設の方針を決めた。
市と県は二〇〇七年以降、構造改革特区に提案し続けたが、十年にわたって厚い壁に阻まれてきた。「四国新幹線と同じ。夢物語としか見ていなかった」。福田剛(つよし)県議は、配られた資料に「平成三十年四月開学」と明記されていたことに目を見張った。
獣医学部新設が動きだすきっかけとなった国家戦略特区は、第二次安倍政権の目玉政策。これまでの構造改革特区は、自治体などの提案に対し、規制官庁も認定の可否に関わり、思うような成果が上がらなかった。そのため、規制官庁の関与は意見を聴くなどの調整にとどめ、首相のトップダウンで抵抗の強い岩盤規制の突破を図った。
規制改革の実効性が高まる半面、権力の私物化を招きかねない。国会では導入を巡り「あらぬ国民の疑念を招くのでは」と制度の危うさが指摘されていた。
その懸念が現実になった。「友人のために便宜を図り、行政手続きをゆがめたのでは」。特区で獣医学部新設が認められた学校法人「加計(かけ)学園」の加計孝太郎理事長と、特区選定の最高責任者である安倍晋三首相が昵懇(じっこん)だったことから、国民の間に疑念が膨らんだ。
 ◆    ◆ 
米国留学時代に知り合ったという二人。安倍首相は「加計さんが私に対し、地位や立場を利用して、何かを成し遂げようとしたことはただの一度もない」と答弁している。しかし、周辺の人たちの証言から浮かび上がるのは、二人の公私にわたる蜜月ぶりだ。
政権交代が起こった〇九年夏の衆院選直前。学園が、若手職員を出張命令で安倍陣営の選挙応援に動員させようとしているとの情報が流れた。学園の労働組合の元幹部によると、組合が文書で抗議した結果、学園は有給休暇を使って職員が自主的に選挙応援に参加した形にして送り出したという。学園は「出張命令で派遣した事実はない。有給休暇の利用は選挙運動への参加など職員によってさまざま」とし、安倍首相の事務所は「公職選挙法に則(のっと)り、適正に処理している」とコメントしている。
獣医学部新設に関し、安倍首相は「国民から疑念の目が向けられるのはもっともなこと」と言葉足らずを釈明しているが、国民の疑問に答えたとは言い難い。
「事業者が決まった今年一月二十日に加計学園の獣医学部計画を知った」。七月の国会の閉会中審査で、疑念を振り払おうと安倍首相が発した一言は、かえって不信感を高めた。
第二次政権発足後、確認できるだけで二人は、十六回ものゴルフや会食を重ねている。「腹心の友」と公言する加計氏の計画を本当に知らなかったのか。
首相に近い自民党議員は言う。「首相の説明は、説明になっていない。この問題を解決するには、正直に話すしかない」
<加計学園問題> 50年以上抑制してきた獣医学部の新設について、政府は1月、国家戦略特区で愛媛県今治市に限定して設置を認めた。公募の結果、「加計学園」(岡山市)が事業者に選ばれ現在、文部科学省の審議会で審査中。5月、特区担当の内閣府が文科省に「総理の意向」などと早期開学を迫る複数の文書が流出、特区選定の妥当性が疑われている。2017年9月17日【出典:東京新聞】

首相官邸記者会見で厳しく菅官房長官を糾している東京新聞社会部女性記者の望月衣塑子氏を会見場から閉め出そうと画策している産経・読売両紙のいわれのない誹謗中傷がまかり通っています。
ネトウヨによる殺害予告まで捻じ曲げて報道する産経などは報道機関としての資格も品性もない安倍ご用達機関紙であり、東京新聞を市民が徹底して応援すべきでしょう。
s-IMG_7724_20170610183957fdb_20170917210905601.jpg
不当な圧力に屈せず東京新聞はガンバレ!!
良心を捨てない望月衣塑子氏を応援しよう。


<もう少し前のトップニュース>
※7月に陸自宿営地の隣で銃撃戦 南スーダン首都での戦闘
【ジュバ共同】南スーダンの首都ジュバで7月に大規模な戦闘が発生した際、国連平和維持活動(PKO)に参加する陸上自衛隊の宿営地の隣にあるビルで2日間にわたり銃撃戦が起きていたことが分かった。南スーダン政府軍のルアイ報道官が16日、共同通信に現場を公開した。
南スーダンPKOへの日本の参加を巡っては、停戦合意などPKO参加5原則は満たされているのか疑問の声が上がっている。日本政府が駆け付け警護など新任務の付与について検討する中、宿営地と目と鼻の先で銃撃戦が起きたことが判明し、参加の是非があらためて問われそうだ。2016/9/17 【共同通信】

※石原氏、コンクリ検討指示認める 発言を修正
元東京都知事の石原慎太郎氏は17日、都内で報道陣の取材に応じ、豊洲市場の建物下にコンクリートの箱を埋める案について、これまでの発言を修正し、「(自分が)専門家から聞き、都の幹部に検討したらどうだと言っていた」と述べた。
検討を指示した後は「コンクリート(で地下空間)を造る計画は一切報告を受けていない」と説明した。
石原氏は知事だった2008年5月の定例記者会見で、海洋工学の専門家が「(汚染対策は)違う発想で考えたらどうか」と発言していると紹介。長所として工費の安さや工期の短さを挙げ、当時の担当局長にコンクリ案を検討するよう伝えたことを明らかにしていた。(共同)2016年9月17日【東京新聞】

<かなり前のトップニュース>
※与党きょう安保成立方針 野党、内閣不信任案提出へ
国会は18日、集団的自衛権の行使を解禁する安全保障関連法案の成立をめぐり、与野党の攻防が最終局面を迎えた。与党は同日中に参院本会議で可決、成立させる方針。廃案を主張する野党側は、衆院に安倍内閣不信任決議案を提出して抵抗を一段と強める構えだ。民主党が参院に提出した中谷元・防衛相に対する問責決議案は、18日未明の参院本会議で与党などの反対により否決された。
民主、維新、共産、社民、生活の野党5党は18日午前、党首会談を国会内で開く。5党は安保法案の成立は認められないとして内閣不信任案を共同提出する方針で一致しており、会談後にも衆院に提出する見通しだ。2015年9月18日【東京新聞】

[中日新聞社説]2015/9/18
なお、東京新聞社説は本社である中日新聞と同じ文章を掲載しています。
※憲法を再び国民の手に 「違憲」安保法制 
政府が憲法解釈を勝手に変えてしまえば、国民が憲法によって権力を律する「立憲主義」は根底から覆る。憲法を再び国民の手に取り戻さねばならない。
安全保障法制をめぐる安倍政権の強硬姿勢は最後まで変わらなかった。国会周辺や全国各地で響きわたる「九条壊すな」の叫びに、耳を貸さなかったようだ。
他国同士の戦争に参戦する「集団的自衛権の行使」を法的に可能にするのが安倍政権が進める安保法制の柱である。多くの憲法学者らがどんなに「憲法違反」と指摘しても、安倍内閣と与党側は「合憲」と強弁し続ける傲慢(ごうまん)さだ。
歴代内閣が見解踏襲
そもそも集団的自衛権の行使を「憲法違反」としてきたのは、ほかならぬ政府自身である。
戦後、制定された日本国憲法は九条で、国際紛争を解決するための戦争や武力の行使、武力による威嚇は行わないと定めた。
日本国民だけで三百十万人もの犠牲を出し、近隣諸国にも多大な損害を与えた先の大戦に対する痛切な反省に基づく、国際的な宣言でもある。
その後、実力組織である自衛隊を持つには至ったが、自衛権の行使は、日本防衛のための必要最小限度の範囲にとどめる「専守防衛」政策を貫いてきた。
一方、国連憲章で認められた集団的自衛権は有してはいるが、行使は必要最小限の範囲を超えるため、憲法上、認められないというのが、少なくとも四十年以上、自民党を含む歴代内閣が踏襲してきた政府の憲法解釈だ。
この解釈は、国権の最高機関である国会や政府部内での議論の積み重ねの結果、導き出された英知の結集でもある。一内閣が恣意(しい)的に変えることを許せば、憲法の規範性や法的安定性は失われる。そんなことが許されるはずはない。
「禁じ手」の解釈変更
しかし、安倍晋三首相の内閣は昨年七月の閣議決定で、政府のそれまでの憲法解釈を変更し、違憲としてきた集団的自衛権の行使を一転、合憲とした。
集団的自衛権を行使しなければ国民の生命や財産、暮らしが守れないというのなら、その賛否は別にして、衆参両院でそれぞれ三分の二以上の賛成を得て改憲を発議し、国民投票に付すのが憲法に定められた手続きだ。
その労を惜しみ、憲法そのものではなく、閣議決定による解釈変更で、それまで「できない」と言い続けていたことを一転、「できる」ようにするのは、やはり「禁じ手」だ。憲法軽視がすぎる。
首相は、徴兵制は憲法が禁じる苦役に当たるとして否定したが、一内閣の判断で憲法解釈の変更が可能なら、導入を全否定できないのではないか。現行憲法が保障する表現の自由や法の下の平等ですら、制限をもくろむ政権が出てこないとも限らない。
政権が、本来の立法趣旨を逸脱して憲法の解釈を自由に変えることができるのなら、憲法は主権者たる国民の手を離れて、政権の意のままに操られてしまう。
国民は、一連の国政選挙を通じて安倍首相率いる自民党に政権を託したとはいえ、そこまでの全権を委任したわけではない。
報道各社の直近の世論調査でも依然、安保関連法案への「反対」「違憲」は半数を超える。今国会での成立反対も過半数だ。
首相は十四日の参院特別委員会で「法案が成立し、時が経ていく中で間違いなく理解が広がっていく」と語った。どんな根拠に基づいて決めつけることができるのか。
国会周辺をはじめ全国各地で行われている安保関連法案反対のデモは収束するどころか、審議が進むにつれて規模が膨らんだ。
憲法破壊に対する国民の切実な危機感に、首相をはじめ自民、公明両党議員はあまりにも鈍感ではないのか。
憲法はもちろん、国民のものである。特に、膨大な犠牲を経て手にした戦争放棄の九条や国民の権利を定めた諸規定は、いかなる政権も侵すことは許されない。
絶望は愚か者の結論
私たちは違憲と指摘された安保関連法案の廃案を求めてきた。衆院に続いて参院でも採決強行を阻止できなかった自らの非力さには忸怩(じくじ)たるものがある。
しかし、今こそ、英国の政治家で小説家であるディズレーリが残した「絶望とは愚か者の結論である」との言葉を心に刻みたい。
憲法を私し、立憲主義を蔑(ないがし)ろにするような政治を許すわけにはいかない。ここで政権追及の手を緩めれば権力側の思うつぼだ。
憲法を再び国民の手に取り戻すまで、「言わねばならないこと」を言い続ける責任を自らに課したい。それは私たちの新聞にとって「権利の行使」ではなく「義務の履行」だからである。

<9月18日の記念日>
※満洲事変記念日
1931(昭和6)年、満洲事変が起った。
満洲支配をねらう関東軍が、奉天郊外・柳條湖の南満洲鉄道(満鉄)の線路を爆破した。関東軍は、それが中国国民政府軍の犯行であると報告し、満鉄沿線で行動を起こして数日のうちに満洲南部の要地を占拠した。
※しまくとぅばの日 (沖縄県)
沖縄県の言葉「しまくとぅば(島言葉)」を奨励する日。
平成18(2006)年、沖縄県が「しまくとぅばの日に関する条例」により制定。方言に関する記念日が条例により定められるのはこれが初めてである。
「く(9)とぅ(十)ば(8)」の語呂合せ。
※かいわれ大根の日>
日本かいわれ協会が1986(昭和61)年9月の会合で、無農薬の健康野菜である貝割大根にもっと親しんでもらおうと制定。
※蘆花忌
小説家・徳富蘆花[とくとみろか]の1927(昭和2)年の忌日。
※露月忌
俳人・石井露月[いしいろげつ]の1928(昭和3)年の忌日。

<今日の誕生花>
薊[あざみ]「花言葉:厳格」       孔雀草[くじゃくそう]「花言葉:一目惚れ」
薊 (あざみ)  孔雀草
おじぎそう(眠り草)「花言葉:敏感」
おじぎ草

<歴史上の出来事
711年元明天皇の詔勅により太安麻呂が『古事記』の編纂に着手
1428年正長の土一揆。京都・醍醐附近の地下人が徳政を要求して蜂起
1793年ロシアに漂着した大黒屋光太夫が将軍徳川家斉に面会
1814年フランス革命・ナポレオン戦争後の問題処理のウィーン会議が始る。利害紛糾で「会議は踊る、されど進まず」と諷刺される
1863年新選組局長芹沢鴨と平山五郎の葬儀が行われた。
1918年北海道帝国大学が、専科に限り女性の入学を許可
1931年柳条湖事件。柳条湖近くで満鉄の線路が爆破され、関東軍が張学良軍正規兵の犯行であるとして中国軍を攻撃。満洲事変の発端に
1947年アメリカ中央情報局(CIA)が発足
1948年全日本学生自治会総連合(全学連)が結成大会。145校が加盟
1948年木村伊兵衛・土門拳らが「日本写真家集団」を結成
1966年フランスの哲学者サルトルと詩人ボーボワールの夫妻が来日
1971年日清食品が「カップヌードル」を発売
1981年フランスで死刑廃止法案可決。ギロチンも廃止に
1984年厚生省が「離婚白書」をまとめる
1987年在日外国人の指紋押捺を1回限りに改正
1999年新幹線0系電車の東海道新幹線での運用がこの日をもって終了
2001年アメリカ炭疽菌事件: 炭疽菌入りの手紙がニュースメディア事務所や民主党議員に送られ、5人が死亡
2004年プロ野球再編問題: 日本プロ野球史上初のストライキ
2007年ミャンマーでの軍事政権への抗議行動に僧侶たちが加わり、反政府デモへと発展
2009年72年間にわたり放送されたドラマ『ガイディング・ライト』が放送終了
2014年スコットランド独立住民投票で反対票が過半数
2016年ロシア下院選挙で与党が過半数を獲得する

<著名人の誕生日>
1868年横山大観[よこやま・たいかん] (日本画家)[1958年2月26日]
1890年土屋文明[つちや・ぶんめい] (歌人,国文学者)[1990年12月8日]
1905年グレタ・ガルボ (スウェーデン・米:女優)[1990年4月15日]
1957年うじきつよし[うじき・つよし] (タレント,ミュージシャン(子供バンド/ヴォーカル・ギター))
1961年中井貴一[なかい・きいち] (俳優)
1968年旭豪山和泰[きょくごうざん・かずやす] (相撲)
1978年森薫[もり・かおる] (漫画家『エマ』)
1979年稲本潤一[いなもと・じゅんいち] (サッカー(MF))

<著名人の忌日>
1863年芹澤鴨[せりざわ・かも] (水戸藩浪士,新選組局長) <数え37歳>近藤方により粛清[1827年生]
1922年知里幸惠[ちり・ゆきえ] (アイヌ文学記録者『アイヌ神謡集』,知里真志保の姉) <19歳>[1903年6月8日生]
1927年徳冨蘆花[とくとみ・ろか] (小説家『不如帰』,徳冨蘇峰の弟) <58歳>[1868年10月25日生]
1928年石井露月[いしい・ろげつ] (俳人) <55歳> [1873年5月17日生]
1970年ジミ・ヘンドリックス (米:ギタリスト) <27歳> [1942年11月27日生]
2002年ボブ・ヘイズ (米:陸上競技(短距離)「褐色の弾丸」) <59歳>東京五輪金メダリスト[1942年12月20日生]
2004年藤田喬平[ふじた・きょうへい] (ガラス工芸家) <83歳>[1921年4月28日生]
2006年〆さばヒカル(雨空ライポ)[しめさば・ひかる] (漫才師(〆さば)) <37歳>[1969年8月26日生]

参加してるので、応援してもらえたら嬉しいです``r(^^;)ポリポリ
banner_22.gif 
 (↑ポチ)   (↑ポチ
拍手ボタンのポチポチお願いで~す。まり姫の励みになります、そして皆さんには笑顔をネ(*^^*ゞ
拍手ボタンを押すともっと見たくなりますよm(o´・ω・`o)mペコリン

拍手する                         

theme : あれこれ
genre : 学問・文化・芸術

tag : 写真 出来事 名言 音楽 浮世絵 お気に入り おもうこと

アベ政治を許さない!!

安部政治を許さない

時によって変わるメッセージ

プロフィル

marihime

Author:marihime
歴史・平和・歌舞伎・花・
ひとり旅・お酒とボヤキが大好き!
ときどき病院通い(情けない)
自慢できるもの何もありません

こちらからリンクをさせていただいた方をのぞき、原則相互リンクとさせていただいていましたが、かなりの方が自主的にリンクを貼られています。
リンクを貼られている方は管理人までご連絡をよろしくお願いしますね。
拍手大好き人間ですから拍手ボタンを押していただけると、管理人は飛び上がって喜びますσ(゚ー^*)

なお、当ブログへコメントを寄せていただいた皆さまへのレスは省略させていただき、コメント返しは皆さまのブログに書きこませていただきますのでご了解くださいませ。
管理人への誹謗・中傷とも受け取られるようなコメントの書き込みは直ちに削除することもあります。
完全非公開をご希望の方は拍手コメントをご利用くださいませ。(URLのないコメントへのお返事はできません)

当ブログの記事、画像の無断使用及び転載等は厳禁とさせていただきます。


こちらのブログも見てね
⇓⇓⇓⇓
『花と史跡の写真館』

『まり姫のブログ』

投稿カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近記事(新しい順)

カテゴリ

閲覧ありがとうございます

あなたは

閲覧中の方

只今閲覧中の方:

最新コメント(新しい順)

Google動画

お好きな音楽や映画、歌手を検索してお楽しみくださいませ
Loading...
Loading...
developed by 遊ぶブログ

ユーザータグ

写真 出来事  誕生花 名言 音楽 新選組 浮世絵 東海地方 川柳 お気に入り ぼやき おもうこと 史跡めぐり ひとり旅 平和希求  美人画 ひとりごと トラックバックテーマ 葛飾北斎 どうでもいいこと 歌川広重 バラ 史跡 平和 一人旅 喜多川歌麿 土方歳三の生涯 菖蒲  渓斎英泉  中山道 戦国の女性たち 紫陽花 日本の歴史を彩った女性たち 織田信長 花ハス 金子みすゞ 濃姫 原発ゼロ 小林一茶 歌舞伎 定期検査 江戸名所百景 鈴木晴信 新美南吉 上村松園 映画 島田魁 京都 豊臣秀長 戦争 石川啄木 ペット 政治 ひとこと (激-`ェ´-怒) 歴史 時事 !(激-`ェ´-怒) 共謀罪 アヘ政治を許さない 非核平和希求 憲法擁護 歴史検証 短歌 日本近現代史 花火 美濃 国際法 音楽とのごと 悪政糾す 差別反対 猫族 ニュース 小噺 

「日本国憲法」

日本国憲法

「世界人権宣言」

世界人権宣言

ことばの応援歌

今日の気分によってボタンを選んでください

共謀罪法を廃止させよう!!

201702_kyobouzai_plaster-thumb-120xauto-20567.jpg

FC2拍手ランキング

国民の命と暮らしに原発は不要!!

平和と原発は相容れないもの。 すべての原発を廃炉にし、日本の将来を担う子どもたちの安全・安心を一日も早く確保しましょう!! 反核・平和な日本の実現を目指しましょう。

義援金募集

FC2のユーザーの皆さんから 募金を募り、義援金として支援を実施しています。 東北地方太平洋地震で被災された方々への支援を希望される方は 東北地方太平洋沖地震の募金について のページから、ご寄付をお願い致します。
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

「小倉百人一首」

問い合わせ先

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
96位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
19位
アクセスランキングを見る>>

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Ties-page

タイズページ

めざそう原発ゼロと核兵器廃絶を!

すべての原発を廃炉にし、日本の将来を担う子どもたちの安全・安心を一日も早く確保しましょう!!

時間で変わる旬の花時計

アシタカさんのブログパーツを使わせてもらっています

facebook

土岐陽子(まり姫)facebook

おきてがみ

おきてがみ

いつもありがとうございます!

人気ブログランキング

banner_22.gif

FC2ブログランキング

ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

blogram

ブログランキングならblogram

クラシック演奏会

リンクさせていただいた方

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請欄

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

★ 東海地方の歴史・史跡めぐりコミュニティ

ただいまコミュニティへの参加を募集中です。 現在7名にふえています。

まり姫のお友だち

また増えてただいま26人ですよ^^

写真が好き!オリンパス ファン

愛みうmusic 音楽部屋.BLOG

Aki's Photo Gallery 

日本古代史つれづれブログ

アシタカ山荘 花の壁紙

愛犬シェルティや我が家の毎日の出来事

ココロノウタ

写真・旅行・山・鳥の物語

りんごのそら

アルパカ星へようこそ

VODKA37%

アメコカリキの世界

「自分史」ひとくちメモ (by みんなの歴史 編集部)

現代謡曲集 能

のほほんメモリー ~キレイゴトの秘密基地~

「ご冗談でしょう、タッチンさん」

町の歴史ホリオコシ隊

まつうら農園

silver camellia

不思議な不正義

不思議な不正義2

竹林乃方丈庵

月の木漏れ陽亭

雨のち虹。時々とまと

とさを 店主の一言ブログ

Fc2 田舎の浮雲

退職教師の日本史授業

最新トラックバック